Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/12/07
Update

映画『THE UPSIDE 最強のふたり』感想とレビュー評価。リメイクでも描かれたのは普遍性のある2人の絆

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『THE UPSIDE/最強のふたり』は2019年12月20日(金)よりロードショー!

大富豪ながら体に大きなハンディキャップを負い心に傷を持つ男と、スラム街出身で完全に運に見放された男。そんな二人がひょんなきっかけで出会うことに。

かくして二人は、衝突し合いながらも人生のアップサイドに向かって奮闘するのでした。

フランスで2011年の興行No.1を獲得し、ヨーロッパ各国、そして日本でも大ヒットを記録した『最強のふたり』がハリウッドでリメイク、オリジナル版の200倍のオープニング成績を上げるという快挙を成し遂げた本作。

監督は『リミットレス』、『ダイバージェント』シリーズなどを手掛けたニール・バーガー。

キャストには『ペット』『ジュマンジ』シリーズなどのケヴィン・ハート、映画『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』でアカデミー賞にノミネートされたブライアン・クランストン、『めぐりあう時間たち』などのニコール・キッドマンら豪華な面子が名を連ねています。

スポンサーリンク

映画『THE UPSIDE/最強のふたり』の作品情報


(C) 2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【英題】
THE UPSIDE

【監督・共同脚本】
ニール・バーガー

【キャスト】
ケヴィン・ハート、ブライアン・クランストン、ニコール・キッドマン

【作品概要】

実在の人間をモデルに作られたフランス映画『最強のふたり』をハリウッドでリメイク、車椅子生活を送る白人の大富豪と介護人の黒人男性の出会いと絆を描きます。監督を務めたのは『リミットレス』、『ダイバージェント』シリーズや『幻影師アイゼンハイム』、人気海外ドラマなどを手掛けたニール・バーガー。

メインキャストには、介護人の黒人デル役には、コメディアンであり『セントラル・インテリジェンス』『ペット』『ジュマンジ』シリーズで俳優としても活躍するケヴィン・ハート、白人の大富豪フィリップには映画『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』でアカデミー賞にノミネートされたブライアン・クランストン。さらにフィリップの秘書を務める女性イヴォンヌに『めぐりあう時間たち』『ラビット・ホール』などのニコール・キッドマンと豪華な面々が共演を果たしています。

映画『THE UPSIDE/最強のふたり』のあらすじ


(C) 2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

スラム街で生まれ育った黒人男性のデルは、現在仮出所中。妻子からは愛想を尽かされ絶望しながら、一方で刑務所の指示により職探しの日々を送っていました。

そんな彼はある日職探しの中で、誤って身体不随で車椅子生活を送っている白人の大富豪フィリップの、介護人の面接会場に紛れ込むことに。

献身的な思いを語る他の介護人候補者とは正反対に、歯に衣着せぬ発言をためらいなく発し、面接会場にいた秘書・イヴォンヌを憤慨させますが、意外にもフィリップは彼に採用と告げます。

介護人という仕事など全く意中にもなく戸惑うデルでしたが、家族のことを考えて介護を引き受けることを決意します。

介護の知識など全くなく、しかも相手が障がい者であるということに全く容赦もないデルに心配を募らせるイヴォンヌでしたが、彼女の心配をよそに、デルとフィリップは次第にお互いを打ち明けられるようになり、充実した毎日を過ごすようになっていくのだが…。

スポンサーリンク

映画『THE UPSIDE/最強のふたり』の感想と評価


(C) 2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

本作『THE UPSIDE/最強のふたり』は、2011年のフランス映画のリメイク作品なだけに、描かれるテーマが改めて普遍的なものであると感じさせる作品となっています。

人気作品のリメイクは、なかなかにその再映画化する方針が決まっていないと、作品の存在価値は危ういものとなってしまいますが、そんな中でこの本作は敢えて物語の方向性を変えず、シンプルにアメリカナイズされたものとして細作されています。

頸椎損傷で気難しく、人を信用しなくなってしまったフィリップ、相手が障がい者などという気遣いは無用とばかりのデル。物語に登場するエピソードはあくまでオリジナル作品より「アメリカ、ハリウッドだったらこうだろう」といった感じで、若干誇張した印象のあるエピソードに置き換えられています。

しかし、本作がそのシンプルな方向性で作り変えられたものであるにも関わらず、良い意味で雰囲気、主題がズレていないところに、高い評価点を与えるところがあるのでしょう。

また、オリジナル作品とは若干登場キャラクターの構成も異なっており、物語ではメインキャストの二人と、ニコール・キッドマンが演じるイヴォンヌという3人の人間の人生にスポットを当てています。


(C) 2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

それでもやはり二人の男性キャストの関係、そしてその描き方の印象が強いためか、大きく変わった印象はありません。その一方で、フィリップとイヴォンヌの関係については若干クローズアップされた感もあり、その点は物語のイメージを膨らませた効果として感じられることでしょう。

恐らくオリジナルと本作、どちらが実話に近いかと聞けば、多くの人がオリジナルのフランス版のものに対してを指すことでしょう。

その意味で本作はアメリカナイズされることで若干カラーの変わったと思われるファンも少なからずいるでしょう。

しかし、それにもかかわらずオリジナル版と本作では作品としてそれぞれ独立している存在でありながら、二人の男性の関係性に何か違った雰囲気は感じられません。

つまりはどんなリメイクバージョンになろうが、二人の人間のつながり自体が、非常に普遍性を持ったストーリーであるということを再認識させてくれる。本作はそんな作品となっています。

まとめ


(C) 2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

オリジナル版は原題が『Intouchables』となっており、意味合いとしては「本来は交わるはずのない二人が…」といった感じのものであります。そして本作の原題は『THE UPSIDE』となっています。

つまりは上昇傾向、二人のタッグが自身の人生に上昇傾向を生み出す、といったところでしょうか。実話に対して製作者それぞれのとらえ方、そして物語の方向性などにはいろんな向きがあるようでもあり、面白く感じられるところでもあります。

その意味ではオリジナルと本作、見比べてみればそれも楽しく、興味深いポイントをあちこちに見つけることでしょう。

映画『THE UPSIDE/最強のふたり』は2019年12月20日(金)より公開されます!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ル・コルビュジエとアイリーン追憶のヴィラ』あらすじとキャスト!

モダニズム華やかなりし時代、2人の天才建築家の惹かれながらも相克する関係を、美しき映像で綴る極上の物語。 映画『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』は、10月14日(土)よりBunkamura …

ヒューマンドラマ映画

映画『怒り』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ー愛した人は、殺人犯なのか?あなたを信じたいー 2010年公開の『悪人』のコンビ、原作・吉田修一と監督・李相日が再び手を組み、邦画史上類を見ない超豪華キャストを迎えて実写映画化された群像ミステリードラ …

ヒューマンドラマ映画

映画『しゃぼん玉』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【市原悦子の演技力とは】

今回ご紹介するのは、直木賞作家の乃南アサのベストセラー小説『しゃぼん玉』を映画化した同名の作品。 人気テレビドラマ『相棒』シリーズで長く監督を務めた、東伸児監督の劇場デビュー作でもあり、これまで多数の …

ヒューマンドラマ映画

映画『チア男子!!』キャストの溝口渉役は浅香航大。プロフィールと演技力の評価

映画『チア男子!!』は2019年5月10日(金)ロードショー! 『桐島、部活やめるってよ』『何者』で知られる直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングングチームをモデルに書き上げた『チア男 …

ヒューマンドラマ映画

映画『孤狼の血』ネタバレ感想と結末解説の評価。タイトルの意味から刑事と暴力団の歪な関係を解く

白石和彌監督×作家柚月裕子 役所広司・松坂桃李で描く映画『孤狼の血』 映画『孤狼の血』は、広島を舞台に「警察小説×『仁義なき戦い』」と評された柚月裕子の同名小説を描いたものです。監督は『凶悪』(201 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学