Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/09/13
Update

映画『サラバ静寂』SUMIRE(ヒカリ役)演技評価と感想

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『サラバ静寂』は、2018年1月27日より渋谷ユーロスペースほか順次全国公開。

キャスティングは『太陽を掴め』の吉村界人を主演のミズト役を務め、共演に『葛城事件』の若葉竜也をトキオ役で起用。なかでも最も注目をしたいのは今作『サラバ静寂』でスクリーンデビューを果たすモデルのSUMIRE!

彼女の母親はミュージシャン、父親は世界的な映画俳優という大型新人女優。今回は『サラバ静寂』をモデルから映画女優となったSUMIREを中心にご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『サラバ静寂』の作品情報

【公開】
2017年(日本映画)

【企画・脚本・監督】
宇賀那健一

【キャスト】
吉村界人、SUMIRE、若葉竜也

【作品概要】
俳優としても知られる宇賀那健一の監督として第4作目となる作品。音楽が禁止された世界で、音楽に出会ってしまった若者たちのロードムービー的作品。

主演はミズト役には、『太陽を摑め』で主演を果たした吉村界人、トキオ役には『葛城事件』の若葉竜也。

2.映画『サラバ静寂』のあらすじ


(C)「サラバ静寂」製作委員会

音楽や映画、小説といった娯楽が一切禁止される法律「遊楽法」が施行された日本。

ネジ工場に勤務するだけのツマラナイ生活を過ごしていたミズトとトキオ。

ある日、2人は偶然にも根絶されたはずの音楽がたくさん保存されている廃墟を見つけました。

廃墟に通いつめることで音楽に魅了されていく2人は、未だに闇ライブが行われているという「サノバノイズ」の存在を知ります。

彼らはそこへ行くことを夢見て一緒に音楽制作に乗り出します。

そして、音楽を所持している罪で父親の命を奪われた女性ヒカリも、2人のいる廃墟へと歩みを向けていた…。

スポンサーリンク

3.映画『サラバ静寂』の見どころは

今作『サラバ静寂』の監督を務めたのは、初の長編映画『黒い暴動❤』で注目を集めた宇賀那健一監督

2016年に公開された『黒い暴動❤』では、キャストに馬場ふみか、間宮祥太朗、村上虹郎、今井華、柳英里紗といった、誰もが知る有望若手俳優が総出演した映画はスマッシュ・ヒットを記録。

あれから約2年越しの公開作品が『サラバ静寂』となり、宇賀那監督ファン待望の作品と期待も大きいようです。

今作は企画・脚本・監督を務める宇賀那健一の完全オリジナルストーリーとして作られたことにも注目は集まるところですが…。

実はさらなる話題となっているのが大型新人女優のデビュー作という点です。

4.SUMIREの両親はご存知のあのアーティスト⁈

なんと、SUMIREの両親はこのふたりです。

父親は俳優で国際的な映画祭では常連とも呼ぶべき人物で、もちろん、ハリウッド映画に数多く出演する浅野忠信。

原作遠藤周作『沈黙』(2017)

映画『タクシードライバー』などで知られる巨匠マーティン・スコセッシ監督の『沈黙』に出演を果たした、世界的に演技力が認められた俳優なのです。

この作品では浅野忠信は、実力派人気俳優アンドリュー・ガーフィールドとも共演をしていますね。

母親Chara『やさしい気持ち (Special Kiss ver.) ショートバージョン』

また、母親はミュージシャンとして多くのファンを魅了する人物です。

誰もが1度聴いたらその特徴ある独自の歌唱力を忘れることはできない歌手CHARAなのです。

SUMIREは恵まれた両親のもとで長女として生まれ、幼い頃から音楽やアートに親しみながら育ちました。

ここで少し両親の成りそめに触れていきましょう。

父親の浅野忠信は、1995年に岩井俊二監督の映画『PiCNiC』で共演した、6歳年上の歌手のCHARAとの間に子どもを授かったことで結婚。

同年7月に長女SUMIREが誕生しました。やがて、1999年に長男が誕生。浅野忠信とCHARAは公私ともに幸せに過ごしていました。

しかし、2009年7月25日に浅野忠信は、CHARAと協議離婚したことを発表、14年余りの結婚生活にピリオドを打ちます。

そんなふたりの宝でもある長女SUMIREの眼は、誰もが惹きつけられる魅惑的な虹彩をしていて、グリーンに近い茶色しています。

これはカラーコンタクトではなく遺伝による彼女のチャームポイントです。

そんなSUMIREは雑誌『装苑』のモデルを務め、今作がSUMIREが映画初出演となることで、ネットでは彼女の姿を早く映画で観たいと関心の高さは留まるところを知りません。

スポンサーリンク

まとめ

映画『サラバ静寂』は、音楽や映画が禁止された法律が施行された架空の世界感を描いた物語。

主人公ミズトとトキオは音楽に耳をそばだてながらその魅力に魅せられた2人、そこにSUMIRE演じるヒカリはどのように絡んでいくのでしょう。

彼女が演じたヒカリの父は、音楽違法に所持した疑いで命を奪われたという背景があります。

そのような思いを初めてスクリーンで演技力で見せるSUMIREにとっては、自分の育ったバック・ボーンの背景も、上手くヒカリの役どころに落とし込んで滲ませたのでははないでしょうか。

SUMIREのチャームポイントの瞳と、どのような初々しい演技を見せてくれるのか注目ですね。

映画『サラバ静寂』の公開日は、2018年1月27日(土)、渋谷ユーロスペースほか順次全国公開予定。

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ハニーボーイ』レビュー評価と意味解説。ルーカス・ヘッジズがラブーフの現在の姿を演技力で体現

映画『ハニーボーイ』は2020年8月7日(金)よりロードショー。 人気子役からスター俳優への階段を駆け上がったのち、飲酒などのトラブルで世間を騒がせたシャイア・ラブーフ。 ラブーフが、そんな自分自身を …

ヒューマンドラマ映画

映画『エヴァの告白』ネタバレ感想と評価。動画無料視聴方法も

マリオン・コティヤール、ホアキン・フェニックス、ジェレミー・レナーのら大物キャストで捉えた悲劇的ドラマ『エヴァの告白』。 希望を抱いて新天地アメリカへと渡った移民の女性が、避けて通ることが出来なかった …

ヒューマンドラマ映画

映画『漂流ポスト』あらすじ感想と評価解説。震災から10年“一歩踏み出すことが忘れることになりそうで怖い” 色褪せて行くことへの「罪悪感」

東日本大震災から10年。 あの人に伝えたい想いを手紙にして。 「手紙を書くことで心に閉じ込められた悲しみが少しでも和らぎ、新たな一歩を踏み出す助けになるなら」。 東日本大震災で亡くなった人への想いを受 …

ヒューマンドラマ映画

『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』あらすじとキャスト。

カナダで最も有名な画家モード・ルイスが教えてくれる、人生で大切な喜びとは── 3月3日(土)より東劇、新宿ピカデリーをはじめ全国でロードショーされる映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』 …

ヒューマンドラマ映画

『そして、バトンは渡された』映画原作のネタバレあらすじ。ラスト結末まで娘が選ぶ本当の父親が気になるヒューマンドラマ

映画『そして、バトンは渡された』は、2021年10月29日(金)ロードショー。 第16回本屋大賞を受賞した瀬尾まいこの小説『そして、バトンは渡された』。 本書を映画化した『そして、バトンは渡された』が …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学