Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/01/23
Update

【ネタバレ感想】ライ麦畑の反逆児ひとりぼっちのサリンジャーのあらすじと映画解説。サリンジャー生誕100周年に思う作家の半生とは

  • Writer :
  • 西川ちょり

普及の名作『ライ麦畑でつかまえて』の著者J・D・サリンジャーの知られざる半生と、名作誕生にまつわる真実の物語!

ニコラス・ホルトがJ・D・サリンジャーを演じた『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』の作品情報


(C)2016 REBEL MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Rebel in the Rye

【原作】
『サリンジャー 生涯91年の真実』(晶文社/ケネス・スラウェンスキー著)

【監督】
ダニー・ストロング

【キャスト】
ニコラス・ホルト、ケビン・スペイシー、ゾーイ・ドウィッチ、サラ・ポールソン、ビクター・ガーバー、ホープ・デイビス、ルーシー・ボイントン、

【作品概要】
アメリカの作家J・D・サリンジャーの半生を描いた伝記ドラマ。サリンジャーにニコラス・ホルトが扮し、小説家志望の若き時代から、『ライ麦畑でつかまえて』で世界的名声を得た後、世の中から姿を隠していく40歳代後半までを演じました。

原作はサリンジャーの死後発表されたケネス・スラウェンスキーによる伝記『サリンジャー 生涯91年の真実』(晶文社)。

映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』のあらすじとネタバレ


(C)2016 REBEL MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

1939年ニューヨーク。

20歳のジェローム・デイヴィッド・サリンジャーは、大学に入学しては退学を繰り返していました。

父は家業の食品輸入業を手伝うように言いますが、彼にその気はありません。彼は小説を書きたいと考えていました。

ジャズバンドの演奏が響くセレブ御用達のナイトクラブ、ストーク・クラブでサリンジャーは劇作家のユージン・オニールの娘、ウーナ・オニールに出逢い一目惚れします。

彼女に近づくと、ブライスとキャロルという娘が彼女をドラッグと男から守るため両隣に陣取っていました。

自分が作家だと名乗ると、「出版されてる?」とウーナは尋ねました。著作がなければ一流の書き手とは認めてもらえないからです。

サリンジャーは本を書いて出版したいとコロンビア大学創作文芸コースに入学します。

父はどうせまた退学するだろう、と反対しましたが、息子には才能があると確信している母が父を説得してくれました。

彼はそこで、文芸誌「ストーリー」の編集長でもあるウィット・バーネット教授に出逢います。

最初は斜めに構えていたサリンジャーでしたが、次第にバーネット教授の教えに耳を傾けるようになります。

彼が初めて提出した「若者たち」という短編をバーネットは評価してくれましたが、「ストーリー」の掲載までには至りませんでした。

「作家にとって最も大切なものは“声”だが、二番目に大事なことは“不採用”に耐えることだ。そして次を書け!」

書いても書いても不採用の通知が届くサリンジャーにバーネットは、たとえ見返りがなくても、生涯をかけて物語を語る意思はあるかと問いかけます。
 
サリンジャーはさらに小説にのめり込んでいきました。


(C)2016 REBEL MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ある日、バーネットが「若者たち」を「ストーリー」誌に掲載したことを告げます。「気に入っていたが、君が本気かどうか見極めていた」と彼は言いました。

原稿料25ドルを手にし、サリンジャーの小説家としてのキャリアがスタートしました。

ウーナとは恋人同士となり、社交界に入り浸るサリンジャーですが、作家としては短編小説を出版社に持ち込むものの、なかなか採用されません。

そんな中、ホールデン・コールフィールドを主人公にした短編「マディソン街の反抗」が権威ある「ニューヨーカー」誌に掲載されることが、出版エージェントのドロシー・オールディングからもたらされました。

ただし、二箇所の訂正が必要だといいます。「従わなかったら? 嘘のない物語を書きたいんだ」とサリンジャーは言いました。

バーネットからは、まるごと一冊使う価値ある長編の物語を書けと言われていました。

そんな矢先、真珠湾攻撃が勃発し、アメリカは戦争に突入します。内容が戦時下には軽薄という理由で「ニューヨーカー」掲載は延期になりました。

翌1942年、サリンジャーは陸軍に入隊。バーネットは「ホールデンについて書け。彼の親友になれ。死ぬんじゃないぞ、何があっても!」と励まします。

防諜部員としてヨーロッパに派兵されたサリンジャーは空き時間を見つけては執筆を続けました。

ところが、ウーナがチャーリー・チャップリンと結婚というニュースが飛び込んできて、彼は激しいショックを受けます。

彼の所属部隊はついに前線に送られることとなりました。書くことだけが彼の心の支えとなっていきます。

ノルマンディー上陸作戦やその後の戦闘は恐ろしく過酷なものでした。目の前で仲間たちが次々に亡くなり、極寒の中、氷ってしまった仲間の遺体を掘り出す作業は絶望的なものでした。

彼はドイツ降伏後もドイツにとどまり、ナチスの捜索などに従事。神経を病み、ドイツの病院に入院します。

1946年。アメリカに帰国したサリンジャーは家族にドイツで結婚した妻を紹介します(後に離婚)。彼はすぐにドイツに戻るつもりでした。今回戻ってきたのはこれまで発表した短編を集めて出版するためでした。彼はそれをバーネットに委ねました。

延期になっていた「マディソン街の反抗」がついに「ニューヨーカー」に掲載されます。しかし、選書の話はうまくいかず、バーネットと絶交状態になってしまいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

戦争の記憶は彼に大きくのしかかり、サリンジャーは苦しみます。彼の心を慰めたのは、“禅”の教えでした。

瞑想にふけり、心を落ち着かせながら執筆を続け、『バナナフィッシュにうってつけの日』などいくつかの短編を発表します。

そしてついに長編『ライ麦畑でつかまえて』を完成させます。出版を巡っては最初に約束していた出版社に拒まれるなど紆余曲折を経ましたが、一度出版されるや、爆発的な人気を呼び大ベストセラーとなりました。

『ライ麦畑でつかまえて』は熱狂的なファンを生み、中にはサリンジャーの帰りを待ち伏せするファンも出てきました。

「どうして僕のことをこんなに知っているのですか?」とファンはサリンジャーに尋ねるほどでしたが、中には彼を追い回して、「あんたもインチキだ!」と叫ぶファンもおり、身の危険を感じることもしばしばでした。

『ライ麦畑でつかまえて』は母に献辞を捧げたものでしたが、父も出版を喜んでくれていました。

父が言うには、父もピアニストになりたかったが、ユダヤ人である父親に「確実に稼げ」と言われてやめさせられた経緯がありました。

そんな話を聞くのは初めてでした。「私のことを思って言ったのはわかっているんだがね」と父は笑い、「次回作が楽しみだよ」と言ってくれました。

けれども『ライ麦畑』の成功も彼の心を晴らすことはできません。誰もかれもが次回作が楽しみだと言い、サリンジャーはふさぎがちになり、パーティーの席からも逃げるように出て行ってしまいます。

そんな彼の背中を観ている女性がいました。クレア・ダグラスでした。彼女は屋上でタバコを吸っているサリンジャーに近づき、「他のインチキな本と同じよ。気負いすぎないで。作家は他にもいるわ」と声をかけました。

そんな辛辣な言葉を投げかけてくる若い女性にサリンジャーは興味を持ち、電話番号を尋ねます。

サリンジャーはニューハンプシャー州コーニィッシュに広大な土地を買い、執筆に専念するために転居しました。

家には誰も寄せ付けませんでしたが、若い人々たちとの対話を頼まれ、高校生たちとのみ交流していました。

しかし、ある女子生徒が高校の新聞にインタビューさせてほしいと頼んできたので、高校の新聞ならと受けたところ、地元紙に掲載されるという事態が起きます。

サリンジャーは「子供まで裏切るのか!」と激怒し、若い人々との交流も絶ってしまいます。

クレア・ダグラスと結婚し、娘が生まれますが、サリンジャーは部屋にこもって書き続け、クレアは子どもと二人きりで置き去りで、友達も話す人もいないと孤独を感じ始めます。

バーネットがオールディングに電話してきて、昔の作品でいいから選集を出したいと頼みますが、オールディングは拒否します。

「成功しているのになぜ?」といつまでも許してもらえないバーネットは悲壮な声をあげました。

ある日、サリンジャーの家にバーネットから電話がかかってきました。サリンジャーは断るようにとクレアに言いますが、クレアは「瞑想しても許しは学べないのね」とぴしゃりと言います。

それを聞いたサリンジャーは電話に出て、バーネットと久しぶりの会話をしました。

彼の要件は、「ストーリー」誌の選集を出すことになったので、序文を書いてほしいというものでした。サリンジャーは引き受け、バーネットを称賛する文章を書きます。

しばらくしてバーネットが尋ねてきました。要件だけなら電話でもいいのになぜ来た?とサリンジャーが問うと、「実は君の文章は載せられないんだ、私のことばかりで不向きなので」とバーネットは応えました。

それを聞いたサリンジャーは愉快そうに笑い、バーネットに「さよなら」を告げます。

「次の作品もグラース家の話かどうか、出版社が聞いてきている」と報告するオールディングに、サリンジャーは打ち明けます。

「出版はもうしないことにした。瞑想の妨げになるんだ。見返りを求めずただ書くことに身を捧げれば、幸せになれるかもしれない」

オールディングは彼の言うことを理解し、受け入れました。

サリンジャーは隠遁生活を長く続け、クレアとの間に男の子も生まれましたが、のちに離婚しまふ。

1951年の発売以来、『ライ麦畑でつかまえて』は全世界で発行部数6500万部を数え、現在でも売れ続け、読み継がれています。

2010年、1月27日、ジェローム・デイヴィッド・サリンジャーは91才で死去しました。

スポンサーリンク

映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』の感想と評価


(C)2016 REBEL MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

長編『ライ麦畑でつかまえて』で知られるアメリカの小説家J・D・サリンジャーの半生を描いた伝記映画です。

若い頃は、セレブ御用達のナイトクラブに友人と共に出入りし、素敵な女の子に声をかける普通の青年だったサリンジャーが、小説家を志し、書くことに全身全霊を注ぐようになり、やがて社会との関わりを嫌い隠遁生活に入っていくまでが描かれています。

1951年に発表された小説『ライ麦畑でつかまえて』は、どうしても社会に適応できない少年の苦しみを描き、多くの人の心を捉え、現在でも世界中で読まれ続けている稀有な作品ですが、その作品がどのようにして生まれてきたのかを映画は丁寧に綴っています。

サリンジャーは生涯、戦争によるPTSDに苦しみ、書くことでしか浄化できず、最後には、社会との関係も切り捨てていきました

『ライ麦畑でつかまえて』について、文学者の、ジョン・スイリーは、”銃弾が一発も発射されない戦争小説”と評していますが、映画を見ると、この批評が確かであることがわかります。

帰還兵たちは、戦争の記憶が脳裏から離れず社会復帰が出来ないのに世間はそれを理解してくれず苦しんでいました。『ライ麦畑につかまえて』を読んだ彼らが自分たちの姿がそこにあると思ったというのもうなずけます。

映画の中でも言及されるように主人公ホールデン・コールフィールドは、サリンジャーの分身であり、この伝記映画はもう一つの『ライ麦畑でつかまえて』だ! と言ってもいいでしょう

サリンジャーを演じたニコラス・ホルトは、繊細で神経質な側面を持つ彼を知的にチャーミングに演じていて、好感が持てます。

また、サリンジャーの産みの親、ウィット・バーネット教授に扮したケビン・スペイシーはさすがの上手さです。


(C)2016 REBEL MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

サリンジャーとバーネットは選書の発行のことで仲違いをしますが、サリンジャーは単に選書の話が流れたことが許せなかったわけではなかったのでしょう。

バーネットが出版社相手に最後まで粘り、尽力を尽くしたことに嘘はないでしょう。しかし、彼はそれを表現するのに「戦争した」「闘った」という表現を用いてしまいました

戦争の痛みがどうしても消えないで苦しんでいるサリンジャーにとって、その言葉は許せないものだったのです。

なぜなら、彼らは言葉を扱う文学者であり、“言葉の強さ”については、彼自身がバーネットから学んだことだからです。

つまり、バーネットは言葉の選択を誤ってしまったのです。“言葉”に生きるもの同士だからこそのこだわりが生んだ確執といえるのではないでしょうか。

若々しく利発なニコラス・ホルトと人生の重みを背負い、少々くたびれたケビン・スペイシーの対象的な外観が相まって、二人の友情と確執が胸に迫ってきます。

また、出版エージェントのドロシー・オールディングに扮するサラ・ポールソンは、TVドラマシリーズ『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』の女性検察官役など、スペシャリルトを演じさせると右にでるものはない女優です。

今回も出版という男性社会で奮闘し、サリンジャーを深く理解する重要な役柄で存在感を見せています。

まとめ


(C)2016 REBEL MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『ライ麦畑でつかまえて』には熱狂的なファンがつき、サリンジャーに一目あって自分の気持ちを伝えたいという人々が多数現れました。

そうした人たちから逃げるように、サリンジャーは、人里離れた場所に引っ越し、誰も近づけないようにします。

2018年に日本でも封切られた『ライ麦畑で出会ったら』(2015/ジェームズ・サドウィズ監督)は、『ライ麦畑でつかまえて』に感銘を受けた孤独な高校生(アレックス・ウルフ)が、主人公です。

彼はこの作品を脚色して舞台化しようと考えます。脚本をサリンジャーに読んでもらおうとしますが、なかなか連絡がとれません。

彼は雑誌からサリンジャーの住まいの見当をつけ、実際にサリンジャーに会いに行きます。

本作『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』を観ていると、こういう読者は招かれざる客で、サリンジャーにとっては、脅威以外の何者でもないことがわかります。

ただ、『ライ麦畑で出会ったら』でクリス・クーパー扮するサリンジャーは、少年の脚本は読まないものの、彼を邪険には扱っていませんでした。

映画『ライ麦畑で出会ったら』は、ジェームズ・サドウィズ監督の実体験によるもので、サリンジャーに会ってからのエピソードは99%実話とのことです。

毎回、このように接していたのかどうかは定かではありません。しかし、サリンジャーという人はどこまでも真摯な人だったに違いありません。それ故に生き辛くもあったのでしょう。

2019年はJ・D・サリンジャーの生誕100周年にあたります。これを機会に映画に本に、たっぷり触れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

斎藤工監督映画blank13は実話?あらすじとキャスト【高橋一生主演】

俳優として人気の斎藤工が長編初監督作品を務めた『blank13』は、2018年2月3日からシネマート新宿で限定公開! 初めて長編映画を演出した斎藤監督は「派手にではなく、じっくりと手渡しの様に劇場にて …

ヒューマンドラマ映画

ピッチ・パーフェクト ラストステージ|あらすじとキャスト。上映館情報も紹介

映画『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』は10月19日(金)は、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー! あの「ピッチ・パーフェクト」シリーズがついに完結!学生から社会人になったベラーズのネク …

ヒューマンドラマ映画

映画『重力ピエロ』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

映画『重力ピエロ』の原作は伊坂幸太郎原作の同名小説。 悲しい過去を背負いながらも力強く生きていこうとする家族を描いたヒューマン・ミステリーです。 『重力ピエロ』のあらすじや作品解説、またパンドラTV( …

ヒューマンドラマ映画

映画『オーバーナイトウォーク』あらすじと感想評価。女優になるために上京した妹と関西に残った姉が真夜中のボケツッコミな道行き

磯部鉄平監督作品が、アップリンク吉祥寺にてレイトショー公開 「大阪アジアン映画祭」インディ・フォーラム部門「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」「Kisssh-Kissssssh映画祭」など、さまざまな …

ヒューマンドラマ映画

映画MR.LONG/ミスター・ロン|あらすじと感想。チャン・チェンが座頭市のような勇姿を見せる!

2017年公開される映画のなかで文句なしにベスト級な作品なのが『MR.LONG/ミスター・ロン』。 ドイツ・香港・台湾・日本合作で製作された本作は、ベルリン映画祭コンペティション部門に正式出品され、主 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学