Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/06/16
Update

映画『ポップスター』ネタバレあらすじと感想。実話ではない架空のスターの壮絶な人生が、ネット社会の危険性に警笛を鳴らす

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

1人のポップスターの壮絶な人生から学ぶネット社会の恐怖

カリスマポップスターとして、スターの階段を駆け上がるセレステの、壮絶な人生を描いた映画『ポップスター』

2000年と2017年の2部構成で展開される、かなり実験的な作風である本作の魅力をご紹介します。

監督と脚本は、2015年の『シークレット・オブ・モンスター』で長編映画監督デビューを果たしたブラディ・コーベット。アカデミー主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマンが主演を務めます。14歳のセレステとセレステの娘・アルビーの1人2役のラフィー・キャシディの演技も見ものです。

スポンサーリンク

映画『ポップスター』の作品情報


(C)2018 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC

【日本公開】
2020年公開(アメリカ映画)

【原題】
Vox Lux

【監督・脚本】
ブラディ・コーベット

【ナレーション】
ウィレム・デフォー

【キャスト】
ナタリー・ポートマン、ジュード・ロウ、ラフィー・キャシディ、ステイシー・マーティン、ジェニファー・イーリー

【作品概要】
2000年に銃乱射事件の被害者となり、一躍世間から注目された少女セレステが、スターとしての栄光と挫折を味わう、波乱万丈な人生に迫った人間ドラマ。

主演に『レオン』(1995)で壮絶なデビューを飾り、『ブラック・スワン』(2011)でアカデミー主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマン。

共演は『リプリー』(1999)でアカデミー助演男優賞後、数々の話題作に出演しているジュード・ロウに加え、ディズニーのSF大作『トゥモローランド』(2015)で、世界的に注目されたラフィー・キャシディが、14歳のセレステと、セレステの娘、アルビーの1人2役で出演しています。

監督と脚本は、2015年の『シークレット・オブ・モンスター』で長編映画監督デビューを果たしたブラディ・コーベット。

映画『ポップスター』のあらすじとネタバレ


(C)2018 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC

2000年、アメリカのある学校で銃乱射事件が発生します。

当時14歳だったセレステは、銃撃により、生死の境を彷徨う重症を負いますが、奇跡的に生還します。

事件の犠牲者を追悼する集会で、セレステは姉のエリーと2人で作った追悼曲を歌い、その様子が全米でテレビ中継された為、レコード化され大ヒットします。

その事をキッカケに、セレステはマネージャーと出会い、本格的に歌手デビューすることになります。

セレステは姉のエリーに見守られながら、レコーディングやダンスレッスンをこなし、発売した2つの曲はヒットします。

曲のヒットを受けて、セレステはヨーロッパでのレコーディング、LAでのミュージックビデオ撮影など、徐々にスターの階段を駆け上り始めますが、出会ったばかりのミュージシャンと一夜を共にするなど、清純さを失い始めていました。

そして、信頼していたマネージャーとエリーが、裏で愛し合っていたことを知り、セレステは心に大きな傷を受けます。

次第に、エリーとの信頼関係にも亀裂が入り始めたセレステは、もう純粋無垢な少女ではありませんでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ポップスター』ネタバレ・結末の記載がございます。『ポップスター』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC

2017年、一時代を築き上げたセレステでしたが、自由奔放な言動がバッシングを受け、すでに人気が落ち始めていました。

セレステは不安から酒に溺れるようになり、それが原因で事故を起こしてしまいます。

ですが、歌への情熱を失っていないセレステは、1年の歳月をかけて、復活の場となるツアーに取り組んでいました。

しかし、そんなセレステに悪いニュースが舞い込みます。

クロアチアのビーチで発生した銃乱射事件の犯人が、セレステの大ヒット曲「ホログラム」のミュージックビデオに使われたマスクを着用しており、この事実を受けて、マスコミへの会見を開く必要が出てきたのです。

銃乱射事件のトラウマから、情緒不安定になったセレステは、娘のアルビーと食事に行きます。

食事に行ったレストランで、自身の曲が売れなくなったことへの不安と、歌手以外の仕事が増えた現状を嘆くセレステ。

やがて怒りは、子育てを任せているエリーへの文句となっていき、それを聞かされたアルビーは戸惑った様子を見せます。

感情が高ぶったセレステは、レストランの店主と揉め、店を出てしまいます。宿泊しているホテルに戻ったセレステは、怒りが収まらず、エリーを罵倒します。

罵倒され泣き出したエリーは「今度、自分を罵倒したら、子育ても曲作りも自分がやっていると暴露する」と言いますが、セレステは気にしていない様子を見せます。

その後、銃乱射事件に関するセレステの会見が開かれますが、セレステは犯人に挑発的な発言をしてしまい、マネージャーに責められます。

また、その後の新曲に関するインタビューも、記者がセレステを意識的に怒らせる質問をした為、セレステは取材を途中で打ち切ります。

部屋に戻ったセレステは、ライブ本番まで精神が落ち着かない為、マネージャーとドラッグを吸ってしまいます。

ホテルからライブ会場まで移動する道中、セレステはドラッグの影響で立てなくなっており、ライブの中止も検討されます。

楽屋に入ったセレステは、エリーと2人になり「皆が私を無視する、誰も私の話なんか聞かない」と泣きじゃくり、エリーはセレステを抱きしめます。

しかし本番直前になると、ステージの裏に現れたセレステは、しっかりした足取りで歩き、スターのオーラを放っていました。

そして、開演されたステージで、セレステは完璧なパフォーマンスを披露し、客席にいるエリーとアルビーを含め、大勢のファンを魅了しました。

スポンサーリンク

映画『ポップスター』感想と評価


(C)2018 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC

頂点を極めたカリスマポップスターの生き様を描いた、映画『ポップスター』。

音楽業界を舞台にした作品といえば、近年では大ヒットした『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)や、2019年のアカデミー賞にノミネートされた『アリー/スター誕生』等がありますが、こういった作品と比較すると『ポップスター』は、かなり異質の作品といえます。

何故かというと、主人公であるセレステが、アーティストとして成功した瞬間から絶頂期を描いていないからです。

本作は2000年から始まり、そこで銃乱射事件の犠牲者となったセレステが、追悼曲を歌い全米から注目される場面から始まります。

その後、レコーディングやダンスレッスンを受けている場面などありますが、発売した曲がヒットしたらしいという情報は、セレステとマネージャーの何気ない会話で終わります。

その後、新曲のミュージックビデオの撮影の為、LAに行き、セレステが少し危険な世界を知った後、唐突にセレステの新曲『ホログラム』のミュージックビデオと、35mmフィルムカメラで撮影された、『ホログラム』のメイキング映像が流れます。

そして、いきなり2017年に時間が流れ、次の場面ではセレステはスターの座から転落しています。

「えっ!いきなり?」という感じです。

何故このような変わった構成の作品になったのでしょうか?

監督のブラディ・コーベットは、ネットのニュース配信が、悲劇のニュースをポップカルチャーの話題と同様に扱われていることに驚き、本作の構想を得たと語っています。

つまり、本作で描かれているのはスターの生涯ではなく、情報化社会の異常さなのです。

本作の印象的なエピソードとして、2000年の銃乱射事件では、アメリカ国民は驚き犠牲者を追悼する集会を開きます。

ですが2017年の、クロアチアのビーチで発生した銃乱射事件では、銃乱射事件という事実より、犯人がセレステのミュージックビデオに登場したマスクを被っていた事に話題が集中します。

つまり17年の間に、世間の感覚が麻痺してきていて、銃乱射事件だけではインパクトが足りず、関心を示さなくなったということです。

日常では暴力や信じられないような事件が溢れており、ネット配信により常に情報が提供され、我々の感覚は確かに麻痺しているかもしれません

そんなネット社会の恐ろしい側面を、セレステという架空のポップスターを通して描いた作品、それが映画『ポップスター』なのです。

まとめ


(C)2018 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC

本作の主人公セレステは、作品の第2部にあたる2017年では、周囲に八つ当たりをし、ドラッグで動けなくなり、本番直前に泣きじゃくるという、かなり情緒不安定で面倒くさい存在となっています。

ですが、新人歌手に挨拶された際には、カリスマポップスターとして対応し、ラストのライブでは、ファンの前で圧巻のパフォーマンスを披露します。

本作でセレステがライブパフォーマンスを見せるのは、ラストシーンのみとなり、それまで面倒くさい部分しか見ていない映画の観客は、そのギャップに驚かされるでしょう。

ですが、これはセレステに染み付いたカリスマポップスターとしての生き方で、悲しい事に、もうこの生き方しか彼女に選択肢はありません

どんなに世の中が異常になり、ネットでの誹謗中傷が増えても、セレステはカリスマポップスターを演じ続けるしかないのです。

本作は、変わった構成である事は前述しましたが、エンドロールの流れ方も変わっており、2000年に14歳のセレステが銃撃され、救急車で運ばれる場面で、1度目のエンドロールが流れます。

それも、鎮魂歌のような暗い音楽に合わせてなので、かなり精神的に重くなります。

そして、映画のラストでセレステが曲を歌い終わり、派手に火柱が上がった所で、突如画面が真っ暗になり2回目のエンドロールが流れます。

エンドロールは黒いステージ衣装のアップみたいな映像をバックに、無音で流れ続けます

当初は、音楽をテーマにした映画でエンドロールが無音なことに驚きましたが、本作で描かれているのは、情報社会の危うさで、この無音のエンドロールは、派手なライブを成功させたセレステの、偶像としての虚しさを表現しているのではないでしょうか?

ただ、このエンドロール、本当に怖くて見ていて不安な気持ちになるので、この実験的な作風も込めて是非体験してみて下さい。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

『チア男子!!』キャストの橋本一馬役は中尾暢樹(まさき)。プロフィールと演技力の評価

映画『チア男子!!』は2019年5月10日(金)ロードショー! 『桐島、部活やめるってよ』『何者』で知られる直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングングチームをモデルに書き上げた『チア男 …

ヒューマンドラマ映画

アンドリュー映画『ブレス しあわせの呼吸』あらすじと感想。キャストの演技力と息づかい

映画『ブレス しあわせの呼吸』は、9月7日(金)角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー。 実在した主人公ロビン役に『ハクソー・リッジ』のアンドリュー・ガーフィールドが好演を見せ、献身的に愛した妻ダイアナ …

ヒューマンドラマ映画

『ある少年の告白』ネタバレ感想。映画の結末で殻を破ることが出来た人間たちの可能性を示唆

NYタイムズ紙がベストセラーに選んだ 胸打つ衝撃の実話を映画化! 今もなお、アメリカ中西部、南部に残る同性愛矯正施設。同性愛を克服するため施設に入れられた少年の体験と、本当の愛とは? ルーカス・ヘッジ …

ヒューマンドラマ映画

映画『サンダーロード』あらすじと感想レビュー。ジムカミングス監督が主演を務めた短編(サンダンス映画祭グランプリ)を長編作品へと昇華!

映画『サンダーロード』は2020年6月19日(金)から新宿武蔵野館ほか全国ロードショー予定。 家庭も崩壊し、仕事ではトラブル続きの警察官ジム・アルノーが、母親の葬式で踊りを披露した事で、新たなトラブル …

ヒューマンドラマ映画

黒木華映画『日日是好日』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

森下典子の同題小説を『セトウツミ』『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣監督が映画化。 茶道を軸に一人の女性・典子が大人になっていく日々を描く物語で、森下の自伝的物語で物語を二十四節気で物語が区切られていく …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学