Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/08/08
Update

映画ニドナツ村上虹郎は本当にギターを弾いてる?演技評価や感想も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

若手俳優として実力とともに人気のある村上虹郎。彼の主演する『二度めの夏、二度と会えない君』は2017年9月1日より全国劇場にて公開!

篠原智役を演じていた主演の村上虹郎は、本当にバンドメンバーとしてギターを弾いていたのでしょうか?

今回はヒロイン森山燐に“好きだと言えない”気持ちに悩みながらも、彼女を支え見守る“ギター王子”な村上虹郎の演技に注目してみましょう!

スポンサーリンク

1.映画『二度めの夏、二度と会えない君』作品情報


(C)2017 赤城大空・小学館/「二度めの夏、二度と会えない君」パートナーズ

【公開】
2017年(日本映画)

【監督】
中西健二

【キャスト】
村上虹郎、吉田円佳、加藤玲奈、金城茉奈、山田裕貴、本上まなみ、菊池亜希子

【作品概要】
赤城大空の人気ライトノベルを、『武曲 MUKOKU』の村上虹郎を主演に映画化した青春ラブストーリー。

映画初出演となるガールズバンド「たんこぶちん」の吉田円佳がヒロインの燐役を魅力的に演じています。そのほかの共演に「AKB48」の加藤玲奈、モデルの金城茉奈、俳優の山田裕貴たち注目の若手メンバーが盛り上げています。

2.映画『二度めの夏、二度と会えない君』あらすじ


(C)2017 赤城大空・小学館/「二度めの夏、二度と会えない君」パートナーズ

高校3年生の夏。篠原智の通学する北高校に森山燐が転校してきました。

彼女が転校してきた理由は、憧れのバンド(Animato Animato)が北高校出身であったことから、自分もそこでバンドを結成し、高校生最後の文化祭でライブをやりたいという夢を叶えたかったのです。

ーやがて、燐は念願のライブが実現したことを智と分かち合い仲良く帰る道で、突然、倒れて病院に運ばれてしまいます。

その後、病院の個室で心配する智は燐を見守るなか、燐は目を覚ました…。彼女は病気の治療よりも学校を選びバンドをはじめたこと、思い残すことなほど楽しい時間を過ごせたことを智に伝えます。

それを聞いた智は事態に動揺しながら、とっさに燐にひた隠しにしていた“好きだ”という気持ちを智は伝えます。

燐は悲しげに智を見つめると、「なんで最後にそんなこと言うの…、出って…」。

それが最期に2人が交わした会話となってしまいました…。

智はなぜ、あんな言葉を言ってしまったのかを後悔して悩みます。この日から智の時間は止まり、家に引き篭もってしまいます。

やがて、冬が訪れ、クラスメイトで学級員でもある菅野瑛子は、燐の残した手紙を智に届けると、その後、智は独りで燐と出会った思い出の場所でその手紙を読みます。

すると、あの夏の頃にも聞いた、陽気な燐の鼻歌が聞こえて来た…。

スポンサーリンク

3.村上虹郎の映画『ニドナツ』への想いは?


(C)2017 赤城大空・小学館/「二度めの夏、二度と会えない君」パートナーズ

今作『二度めの夏、二度と会えない君』にて、村上虹郎が演じていた篠原智は、森山燐の夢を叶えてくれる“ギター王子”。

そして、彼自身も高校生活のなかで最も輝いた瞬間、それが燐と一緒にライブにたった最後の文化祭だったのでしょう。

自分のためだけでなく、恋しい人のために生きた“ひと夏”を村上虹郎はどのように演じていたのでしょうか。

村上虹郎は脚本を読んだときの気持ちを次のように述べています。

「タイムリーブものは好きですし、バンドシーンには青春もあっていいなと思いました。物語としてはボーカルの燐が、ギター、ドラム、ベースというように順々にバンドメンバーを集めていく、それはどこかRPGゲームのようでした。特に僕の感じた智はタイムリーブして結末を変えるためにもう一度同じ時間を繰り返す、それもゲーム的感覚もあって面白いと思いました」

さすが実力派の若手俳優だけあって、村上虹郎の言葉には力を感じさせてくれますね。

キーワードにあげた「タイムリーブ、バンド、ゲーム」分かりやすい指摘です。

この作品の本質を突いた村上虹郎ならではの洞察ですね。

近頃ということもないのですが、青春映画といえば「タイムトラベル」ものが多いことに、あなたもお気付きですよね。

例えば、邦画では『時をかける少女』や「君の名は。』。また、洋画なら『バック・トゥ・ザ・フューチャー』とかもそうでしたね。

この作品でも、“あの夏”をもう一度、好きな燐を傷つけないように繰り返して行動するリフレクションするところが見せ場です。

また、村上虹郎は、それを“ゲーム的感覚”と呼び、クリアしていくというRPGの比喩は面白いですね。

あなたも燐を見守る“ギター王子”の智のような気分が感じられたとすれば、村上虹郎とともに楽しんだことになる訳です。

それもまた、この作品の見方の一つかもしれませんね。

バンドメンバーとしてギター担当した村上虹郎は、撮影のためにどのくらい練習したかについて次のように述べています。

「撮影前に少しだけしました。音楽はやっていましたが、軽音部でもないし、バンドを組んだこともなかったので、映画のなかでバンドを経験できたのは楽しかったです。家ではアコギを弾くことが多くて、エレキは持っていますが、スタジオに入ってアンプをつないで鳴らす経験はありません。なので、エレキで爆音を出せるというのも凄く楽しかったです」

村上虹郎の特技である音楽が活かせたようですね。また、実際に弾いているからこそ、燐のみならず、他のメンバーとの絆も深くなったのではないでしょうか。

やっぱり、演技、音楽、仲間って繋がりはカッコイイですよね。

このように村上虹郎の出演している場面は、どれも素敵なのですが、村上虹郎自ら印象的なシーンやお気に入りのシーンがあるのでしょうか。

このことについて村上虹郎は次のように述べています。

「智と燐、2人だけでライブをするシーンです。燐はお面、智はサングラスをつけてステージに立つあのライブシーンは楽しかった。また、二度目の夏を終えて最後のライブ前に、智が屋上で校歌を歌うシーンも好きです。あの言葉(好きという言葉)は使えないから、一生懸命に他の言葉で燐が大切であることを伝えようとする。撮影の2日目だったこともあって、よく覚えています」

初めに智と燐がライブハウスに行ってライブを強行した場面は2人とも光ってましたよね。素敵なシーンでした。

また、屋上で歌う場面は、アーティストである吉田円佳を前に、俳優の村上虹郎は歌うのですから、わざと下手に歌ったとしても気恥ずかったような、なんとも言えない雰囲気は画面に出ていましたね。

村上虹郎ファンのあなたは、この辺りも要注目ですね!

まとめ

“ギター王子”と勝手に名付けましたが、その村上虹郎とともに燐の望んだバンド「primember」のメンバーを紹介する映像がこちら!

劇中でバンドメンバーを見守る生徒会長役を務めた加藤玲奈によるものです。

もともと、音楽が得意な村上虹郎、アーティストで大活躍の吉田円佳のほかに、ドラム担当・花京院姫子役の金城茉奈と、ベース担当・石田六郎役の山田裕貴も撮影にあたり練習を積んだとのこと。

その甲斐あって撮影終了する頃には、メンバーで十分にバンド演奏披露できるほどだったそうですよ。

バンド姿が様になっていく彼らの様子もこの映画の楽しみですね。彼らと一緒に“あの夏”を過ごせる気分も味わえる作品です。

映画『二度めの夏、二度と会えない君』の劇場公開日は、2017年9月1日より全国公開!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『POP!』あらすじ感想と評価解説。小野莉奈がリン役を好演することで見せた“彼女自身の魅力”とは⁈

映画『POP!』は2021年12月17日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。 京阪地域は12月17日(金)よりシネ・リーブル梅田、1月14日(金)より京都みなみ会館、1月15日(土)より …

ヒューマンドラマ映画

映画『闇の歯車』あらすじネタバレと感想。瑛太と橋爪功共演で映像化された藤沢周平の世界

時代劇専門チャンネル開局20周年記念作品『闇の歯車』は、時代劇専門チャンネルにて2019年2月9日(土)放送予定。また1月19日(土)より丸ノ内TOEIほか全国5大都市を中心に期間限定上映。 “時代劇 …

ヒューマンドラマ映画

映画トモシビ(銚子電鉄映画)あらすじとキャスト!上映劇場情報も

関東の最東端にあるローカル線をご存知でしょうか。風光明媚な沿線から車両撮影や、ぬれ煎餅が赤字を救うことで、話題を集めたことで知られる「銚子電鉄」。 原作「トモシビ~銚子電鉄の小さな奇蹟~」をもとに、銚 …

ヒューマンドラマ映画

映画『サラバ静寂』あらすじとキャスト!原作や監督についても

音楽が禁止された世界で、音楽に出会ってしまった若者たちの姿を描いた映画『サラバ静寂』。 キャスティングされた主演は、ドラマと映画ともに『お前はまだグンマを知らない』では轟一矢役を務め、映画『関ヶ原』で …

ヒューマンドラマ映画

映画『枝葉のこと』あらすじと感想レビュー。二ノ宮隆太郎監督紹介も

第70回ロカルノ国際映画祭や第47回ロッテルダム国際映画祭に出品され、海外でも好評を博した二ノ宮隆太郎監督の映画『枝葉のこと』。 シアター・イメージフォーラムにて2018年5月に公開。 劇場デビュー作 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学