Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/10/05
Update

『ムーンライト下落合』あらすじとキャスト!柄本佑監督作に加瀬亮出演!

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

『美しい夏キリシマ』や『フィギュアなあなた』、また『追憶』などの映画で出演で知られる俳優である柄本佑。

その柄本佑が自ら監督を務めた短編映画『ムーンライト下落合』は、11月11日(土)より渋谷ユーロスペースにて公開されます。

出演は日本映画のみならず、海外の『硫黄島からの手紙』『永遠の僕たち』などに出演している加瀬亮と、『舟を編む』『百円の恋』に出演してる宇野祥平。

今回は柄本佑監督作品である短編映画『ムーンライト下落合』に注目します!


©Tasuku EMOTO

スポンサーリンク

1.短編映画『ムーンライト下落合』とは


©Tasuku EMOTO

この作品は、ひとつの部屋のなかで、深夜の数時間を過ごす男ふたりによる会話劇。 原作は劇団東京乾電池に所属する作家の加藤一浩による短編戯曲です。

柄本佑はこれまでも何本か短編映画をつくってきた実績があり、彼が原作戯曲を気に入り、映画化を決意したそうです。

ふたりの登場人物には、柄本が以前から親交があり、尊敬する俳優でもある加瀬亮と宇野祥平。

またスタッフには俳優で同じく監督作もある森岡龍や、柄本主演映画『きみの鳥はうたえる』(2018年公開予定)監督の三宅唱や撮影の四宮秀俊などが参加。

柄本佑監督が気の知れた友人たちと一緒に作り上げ、完成した短編作品です。

2.短編映画『ムーンライト下落合』の作品情報

【公開】
2017年(日本映画)

【脚色・編集・監督】
柄本佑

【キャスト】
加瀬亮 宇野祥平

スポンサーリンク

3.映画『ムーンライト下落合』のあらすじ


©Tasuku EMOTO
肌寒さを感じる、ある秋の深夜。

東京・下落合にある長田のアパートに、友人の三上が泊まりにきます。

そこで眠れぬ夜を過ごすふたり。何気ない会話から少しずつ互いの「いま」が明らかになっていく…。

4.柄本佑のプロフィール


©Tasuku EMOTO
柄本佑(えもと・たすく)は1986年に東京都生まれます。

2001年に映画『美しい夏キリシマ』(2003) で主演デビュー。第77回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞、第13回日本映画批評家大賞新人賞を受賞。

その後の主な出演映画に『17歳の風景~少年は何を見たのか』(2005)に主演、『GONIN サーガ』(2015)、『追憶』(2017) など。

2018年は『素敵なダイナマイトスキャンダル』や、日本・ポルトガル・アメリカの合作映画『Lovers on Borders(仮題)』、『きみの鳥はうたえる』といった主演作の公開。

またすでに短編監督作として『帰郷 プレスリー』(2009)、『3/22 ドーナッツ』(2010)ほかがあります。

柄本佑監督は今作『ムーライト下落合』を制作した経緯について次のように述べています。

劇団東京乾電池の座付き作家に加藤一浩さんという方がいます。僕加藤さんの作品が好きでして、たまにお茶をする関係だったこともありたまに戯曲を読ませてもらっていたわけです。2011年3月にゴールデン街劇場で上演された加藤一浩作・演出『4人あるいは10人の男たちによる断続的な何か』の中の一編が今作の台本になります。そう、戯曲の映画化でした。これは映画になると確信したのが 2016年6月頃だったと思います。それから気心知れつつ、だからこそ常に厳しい視線を交わし合ういわゆる「仲間」に映画化するにはどうしたらいいか相談し、集まり、今作を撮影したのが同年9月です。皆さん、自分のわがままにノッていただきありがとうございました。加藤さん、映画化する事を許してくれてありがとうございました。加えて失礼とは知りつつ直談判という形でオファーさせていただいた加瀬亮さんと宇野祥平さん。加藤さんの台本を楽しんでもらえて本当に嬉しかったです。ありがとうございました。まだまだ企画がありますので皆様にはこれからも付き合っていただきます。もう逃がしません。
そんなこんなで出来上がりました『ムーンライト下落合』。六畳間の中で男2人が繰り広げるアンナコトコンナコト。楽しんでいただけたら、これ幸い。では、チョーン!

柄本佑監督には映画の企画がまだまだあるようですね。しかも「もう逃しません」とはなかなかチャーミングな言い回し。

これからも友人や知人に付き合っていただき、長い長い長編映画も見てみたいですね。まずは柄本佑監督の短編作品の演出の腕前に注目しましょう。

スポンサーリンク

5.加瀬亮のプロフィール


©Tasuku EMOTO
加瀬亮(かせ・りょう)は、1974年神奈川県生まれの俳優。

2000年に石井聰亙監督『五条霊戦記』にてデビュー。2003年には熊切和嘉監督『アンテナ』で初主演。

その後も『それでもボクはやってない』(2006)、『重力ピエロ』(2009)、『はじまりのみち』 (2013)、『劇場版 SPEC』シリーズ (2012~13) などに主演。

また、海外映画ではクリント・イーストウッドの『硫黄島からの手紙』(2006) 、ガス・ヴァン・サント監督の『永遠の僕たち』(2011)、アッバス・キアロスタミ監督 『ライク・サムワン・イン・ラブ』(2012)、ホン・ サンス監督の『自由が丘で』(2014)、マーティ ン・スコセッシ監督の『沈黙-サイレンス-』(2016)、ポール・ ワイツ監督の『Bel Canto』(2018) などにも出演。

6.宇野祥平のプロフィール


©Tasuku EMOTO

宇野祥平(うの・しょうへい)は、1978 年大阪府生まれの俳優。

2000年デビュー以降、数々の映画に出演。近年の出演作に『舟を編む』(2013)、『ぼっちゃん』(2013)、『わたしのハワイの歩きかた』(2014)、『百円の恋』(2014)、『深夜食堂』(2015)、『味園ユニバース』(2015)、『俳優 亀岡拓次』(2016)、『セーラー服と機関銃-卒業-』(2016)、『セトウツミ』(2016)、『まんが島』(2017) など。

最近ではドラマ『セシルのもくろみ』(2017) で主人公の旦那を演じて話題になりました。

まとめ

『ムーライト下落合』は、11月11日(土)より、ユーロスペースにて1週間限定レイトショーとなっています。

また、初日には監督と出演者による上映後トークショーを予定。

そのほか期間中は監督の過去作の上映や、ゲストを呼んでのトークなど、連日イベントを開催されるようです。

この機会は俳優としての魅力ではない、監督としての柄本佑の才能を見れるチャンス!ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『田園の守り人たち』ネタバレ感想と評価レビュー。女性が自力で働き、子どもを養っていく強い姿を描く

第一次世界大戦下のフランス。男たちは戦地へ。 残された女たちにも戦いはありました。 1915年戦下のフランスで、夫や息子を戦場に送り出した女たちの苦悩と暮らしを描いた人間ドラマ『田園の守り人たち』。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ウォール街』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【マイケルダグラス×チャーリーシーンおすすめ代表作】

1987年公開の名匠オリバー・ストーン監督のアメリカ映画『ウォール街』。 世界の金融市場の聖地として知られるアメリカ・ニューヨークのマンハッタンの南端部に位置する細い通りの俗称こそが、このウォール街と …

ヒューマンドラマ映画

映画かさね『累(2018)』あらすじ。キャストの土屋太鳳&芳根京子ダブル主演

映画『累-かさね-』は、9月7日(金)より全国ロードショー! 松浦だるま原作のコミックが豪華キャストでついに映画化。禁断の契約による嫉妬心の連鎖…、そして待つ衝撃の結末。 どんどん泥沼化していく愛憎劇 …

ヒューマンドラマ映画

映画『バベットの晩餐会』ネタバレ感想考察とあらすじ結末の解説。原作小説から料理グルメ映画の最高峰の秘密を探る

80年代ヨーロッパ映画を代表する珠玉の名作を解説 1989年、1本のデンマーク映画が日本で公開されました。そのタイトルは『バベットの晩餐会』。 当時日本ではアート性の高い映画を、“ミニシアター”と呼ば …

ヒューマンドラマ映画

福士蒼汰映画『旅猫リポート』ネタバレ感想。猫ナナの演技力は結末に涙を誘う

旅のリポーターは猫?!1匹と1人の旅は、新たな飼い主探しの旅でした。 人気作家・有川浩が「一生に一本しか書けない物語」と言うほど、思い入れのある小説『旅猫リポート』の映画化です。 ある事情で猫を手放す …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学