Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/09/16
Update

映画『北の果ての小さな村で』あらすじネタバレと感想。グリーンランドの雄大な自然の中で豊かに暮らす人々

  • Writer :
  • もりのちこ

雄大な自然が教えてくれるもの。
人間はもっとシンプルでいいのかもしれない。


サミュエル・コラルデ監督は、グリーンランドの自然に魅せられ、2年をかけて国中を旅して回り、映画の舞台・チニツキラークにたどり着きます。

狩る、食べる、学ぶ、楽しむ。人生がシンプルで、かつ心豊かに暮らす村人たちと出会い、コラルデ監督はこの村をロケ地に選びました。

そして、登場人物すべてを本人が演じるというリアリティにこだわった、ドキュメンタリー・アプローチの作品となりました。

自然が教えてくれたこと、自然と共に生きるということ、人類の原点の暮らしがここにはありました。

スポンサーリンク

映画『北の果ての小さな村で』の作品情報


(C)2018 Geko Films and France 3 Cinema
【日本公開】
2019年(フランス映画)

【監督】
サミュエル・コラルデ

【キャスト】
アンダース・ビーデゴー、アサー・ボアセン

【作品概要】
グリーンランドのチニツキラークを舞台に、デンマーク人の教師が村の人々との交流で成長していく姿を追った映画『北の果ての小さな村で』。

監督は、カンヌ国際映画祭SACD賞受賞歴を持つ、フランスのサミュエル・コラルデ監督。

監督自ら見せられたグリーンランドの自然、そして逞しく生きる村人の生活が丁寧に描かれています。

作品は2018年のサンダンス映画祭に出品を果たしています。

映画『北の果ての小さな村で』のあらすじとネタバレ


(C)2018 Geko Films and France 3 Cinema
デンマーク人のアンダースは、グリーンランドで先生になろうとしていました。

以前グリーンランドはデンマークの植民地でした。その後、植民地支配はなくなりましたが、内政自治権限の範囲を広げ完全なるデンマークからの独立をめざすためグリーンランドは、学校教育や医療など様々な面で近代化が進んでいます。

どこに赴任したいか聞かれたアンダースは、近代化が進む首都より片田舎が良いと、あえて人口80人のチニツキラークを希望します。

教師として新たな道を歩き出したアンダースに、家族の反応はいまいちでした。彼の家は7代続く農場だったのです。一人息子の決断を受け入れられない父。

アンダースもまた、農場を継ぐべきかどうか迷っていました。グリーンランドでの生活は、一時の自分探しの旅でもありました。

しかし、そんな甘い考えはすぐに打ち砕かれます。言語の違いに、生活習慣の違い。アンダースはチニツキラークの子供たちと上手くコミュニケーションを取ることが出来ません。

授業中におしゃべりを止めない子供たちに、アンダースは思わず「静かに!」と怒鳴ってしまいます。

それでもアンダースは、子供たちを理解しようと家族の絵を書かせます。その絵から両親と一緒に住んでいない子供が多いことに気が付きました。何か問題がある村なのかもしれないと不安になるアンダース。

この小さな村では、生活のため養子縁組で祖父母と暮らす子供も多く、仕事も少ないため両親が町に出稼ぎに出ている家族もあります。

どうしてもデンマークでの暮らしと比べてしまうアンダースは、村人に「デンマーク人は私たちを見下している」と言われてしまいます。

そんなある日、児童のひとりアサーが、連絡もなしに学校を一週間休みます。アサーの家を通訳役のジュリアスと共に訪ねるアンダース。アサーは祖父母と暮らしていました。

学校を休んだ理由を聞けば、祖父のガーディと犬ぞりで狩りの旅に出ていたということでした。

「狩りは楽しいことでしょう。でもアサーも中学生になります。勉強が遅れてしまいますよ」。アンダースは親切心のつもりです。

祖母のトマシーネはそんなアンダースに母国語で話します。「デンマーク流で教育しないで。人生に必要な事は祖父が教えます」。アサーは猟師になるのが夢でした。

犬ぞりの走らせ方、手作りのハーネス、魚の釣り方、銃の扱い、アザラシの肉の捌き方。アサーは祖父母からこの地で生きる術、自然のルールを学んでいました。

子供たちの態度にお手上げのアンダースは、授業もままならず、村人からは孤立気味です。吹雪続きで家の暖房も壊れてしまいます。耐えきれなくなった彼は、母親に電話をかけました。

世界は新しい年を迎えようとしていました。外では新年を祝う歌声と、澄み切った夜空に花火が上がっています。それはとても美しい光景でした。

アンダースは、自らチニツキラークの暮らしを理解し、村人に心を寄せようと努力して行きます。

村の老人に頼み、自分のソリを作ってもらいました。「ソリは乗れるのか?」と聞く老人に「簡単ですよ。乗ってるだけだでしょ」。と笑って答えるアンダース。

完成したソリを犬達が元気に引っ張っています。でも、ソリの上はもぬけの殻です。後ろから落っことされたアンダースが、引きずられていました。初めての犬ぞりに奮闘中のようです。

アンダースはまた、地元の言葉を習うことにしました。デンマークを出る時、グリーンランドの言葉は覚える必要がないと忠告されていたアンダース。その考えは間違っていました。

その土地を理解すること、自分から積極的に村人とコミュニケーションを取ることは、とても大切なことでした。アンダースは次第に、子供たちとも心を通わせていきます。

以下、『北の果ての小さな村で』ネタバレ・結末の記載がございます。『北の果ての小さな村で』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 Geko Films and France 3 Cinema
よく晴れた朝です。ソリに白い棺桶が乗せられいます。アサーの祖父ガーディでした。アサーは気丈に祖父の死を受け入れているかのようです。

アンダースは、アサーのようにここで生きる子供たちのために出来る事はないか考えます。学校の授業を工夫することにしました。地元の猟師トビアスを呼び、子供たちの質問に答えてもらいます。

猟師の話を聞く子供たちの瞳はキラキラ輝いています。土地の伝統を受け継ぎ、この地で暮らしていく知恵を学ぶことは、子供たちが今後の人生を強く生きて行くために必要なことなのです。

アンダースは、猟師トビアスとジュリアスと共に、犬ぞりでの狩りの旅に同行することになります。

アサーも一緒です。心配する祖母トマシーネですが、アサーは祖父ガーディから様々なことを学んでいました。今回の旅もきっと大丈夫でしょう。

見渡す限りの雪原を、2台の犬ぞりが走っています。手つかずの大自然がアンダースを迎えます。

シロクマの足跡がありました。彼らはシロクマの捕獲に乗り出します。坂道をソリを押し登り、魚を釣って食べ、吹雪をやり過ごし、シロクマを追います。

苦悩を共にすることでアンダースとアサーの間に絆が芽生えていきます。父と子のようにじゃれ合う2人。自然を相手に力を合わせることで信頼し合える関係になりました。

吹雪をしのぐために雪を積み上げ作ったシェルターで、ジュリアスはアンダースに聞きます。「今でもデンマークに帰りたいと思うのかい?」。

「僕にも色々あるんだよ。父の農場を継ぎたくなくてここへ来たんだ」。アンダースは正直な気持ちを話します。

「デンマーク人は難しく考えるんだな。君は何をしたいんだい?」。ジュリアスは笑います。

「僕は、後に戻りたくない」。答えは実にシンプルなものなのかもしれません。

朝になり嵐は止みました。シェルターの外では犬達が吠えています。これは何かいる!

外に出ると、シロクマの親子が遠くを歩いています。2頭の子熊を守るように母親のシロクマはこちらを警戒しています。「子供がいる。打つのはよそう」。

一面真っ白な世界に、悠々と佇むシロクマの親子。時が止まったかのようなその光景は、とても美しいものでした。

アンダースとアサーの表情も晴れ晴れとしていました。村に戻ろう。

仲良くカヌーで海に出るアンダースとアサーの姿がありました。すぐ近くに、クジラの群れが一緒に泳いでいます。

今でもアンダースは、チニツキラークで先生をしています。

スポンサーリンク

映画『北の果ての小さな村で』の感想と評価


(C)2018 Geko Films and France 3 Cinema
グリーンランドの雄大の自然。そして、そこで逞しく生きる人々の暮らしぶり。そこだけ見ても貴重な映画です。

さらに、デンマークから来た新人教師アンダースを主演に、登場人物すべてを本人が演じるというリアルとフィクションを融合させた撮影手法に驚きます。

主人公を演じたアンダース・ヴィーデゴーは、今もチニツキラークで先生をして暮らしているのです。

そのリアリティは、この映画を見ている今も、チニツキラークではアンダースとアサーが、雪原の中を犬ぞりで走っているかもしれないという感動を与えてくれます。

日本で日々、忙しく生活しているこの瞬間も、グリーンランドのチニツキラークでは、シロクマの親子が生活しているのです。なんと自分は小さいことか。

雄大な自然と歴史ある伝統の前では、自分の存在はいかに小さいかを思い知らされます。

様々な選択肢がある現代では、自分が求めるものを見失なってしまいがちです。また、便利な生活に慣れてしまって、それを手放すことが出来ません。

大事なのは自分は何をしたいのか?自分の中にある本能、直観を働かせるのに、自然の中は一番良い環境なのかもしれません。

グリーンランドのチニツキラークの人々は、私たちが日々忘れがちな、命への感謝の心を大事にしています。

もっと人はシンプルに生きていいのだと、そして私たちは生かされているのだと、映画『北の果ての小さな村で』は教えてくれます。

まとめ


(C)2018 Geko Films and France 3 Cinema
グリーンランドの東部にある人口80人の村・チニツキラークを舞台に、新人教師アンダースと村人の交流を描いた映画『北の果ての小さな村で』を紹介しました。

氷河の中を進む船、広大な雪原を走る犬ぞり、シロクマの親子、夜空一面のオーロラ、潮を吹くクジラの群れ。

グリーンランドの雄大な自然の中で、シンプルだけど豊かに暮らす人々の強さに心惹かれます。

日々、ごちゃごちゃ考えている人にこそ見て欲しい。同じ地球上で、同じ時間に流れる別空間を感じて欲しいです。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』あらすじネタバレと感想評価。音楽と感動のドラマが勇気を与える

素敵な音楽と感動のドラマ。 人生に悩む時、音楽は生まれる。 元ミュージシャンの父と母親の才能を受け継ぐ娘が、音楽活動を通してお互いの人生を考え、前に進んで行くストーリー。 将来への希望と不安、愛する人 …

ヒューマンドラマ映画

映画『チア男子!!』キャストの坂東晴希役は横浜流星。演技力とプロフィール紹介

映画『チア男子!!』は2019年5月10日(金)ロードショー! 『桐島、部活やめるってよ』『何者』で知られる直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングングチームをモデルに書き上げた『チア男 …

ヒューマンドラマ映画

映画『サラバ静寂』SUMIRE(ヒカリ役)演技評価と感想

映画『サラバ静寂』は、2018年1月27日より渋谷ユーロスペースほか順次全国公開。 キャスティングは『太陽を掴め』の吉村界人を主演のミズト役を務め、共演に『葛城事件』の若葉竜也をトキオ役で起用。なかで …

ヒューマンドラマ映画

映画『怒り』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ー愛した人は、殺人犯なのか?あなたを信じたいー 2010年公開の『悪人』のコンビ、原作・吉田修一と監督・李相日が再び手を組み、邦画史上類を見ない超豪華キャストを迎えて実写映画化された群像ミステリードラ …

ヒューマンドラマ映画

河瀬直美映画『Vision』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

『あん』『光』の記憶も新しい河瀨直美監督の2018年公開作品は、『Vision』は6月8日より全国ロードショー。 2017年のカンヌ国際映画祭で監督と偶然の出会ったフランス人女優ジュリエット・ビノッシ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP