Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『グッバイ、リチャード!』ネタバレ解説と感想レビュー。ジョニデが余命宣告された教授の人生をユーモラスに演じる

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

人生はくそったれで、愛おしい。

映画『グッバイ、リチャード!』が2020年8月21日(金)より、全国公開されています。

初主演から30年目になるジョニー・デップを主役に迎え、マンチェスター映画祭など数々の映画祭で称賛されたウェイン・ロバーツ初監督作品です。

突如余命宣告された大学教授のリチャード。追い討ちをかけるように妻から不倫を告白され、残りの人生を謳歌しようと決意します。怖いものなしのリチャードは今までの自分のルールを破り、マリファナを吸ってみたり、遠慮なく物を言ってみたりと破天荒な行動にでます。

そんなリチャードの言動は周りの生徒や娘、友人にも影響を及ぼしていき、リチャード自身も自分の人生を振り返り、愛おしみはじめますが、リチャードの最期は近づいていき…

ジョニー・デップ自身のキャリアをも投影したかのような役柄、等身大の中年男性の演技と、今までにない新たなジョニー・デップの一面を見ることができ、“人生を歩むこと”の大切さを教えてくれます。

スポンサーリンク

映画『グッバイ、リチャード!』の作品情報

(C)2018 RSG Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【監督】
ウェイン・ロバーツ

【キャスト】
ジョニー・デップ、ローズマリー・デウィット、ダニー・ヒューストン、ゾーイ・ドゥイッチ、ロン・リヴィングストン、オデッサ・ヤング

【作品概要】
初主演映画『クライ・ベイビー』(1990)から30年目になるジョニー・デップ。「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズから『シザーハンズ』(1991)など個性的な役を演じてきたジョニー・デップが演じるのは、突如余命宣告された大学教授。癌による余命宣告をうけるというシリアスな題材をユーモラスに描いたヒューマンドラマ。

共演者には『ゾンビランド:ダブルタップ』(2019)のゾーイ・ドゥイッチや、『レイチェルの結婚』のローズマリー・デウィット、『ワンダーウーマン』のダニー・ヒューストンなどがいます。

監督を務めるのは、初監督作である『グッバイ、ケイティ』(2016・劇場未公開)がマンチェスター映画祭など数々の映画祭で称賛されたウェイン・ロバーツ。

映画『グッバイ、リチャード!』のあらすじとネタバレ

(C)2018 RSG Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

大学教授のリチャードはある日、医者から末期癌であると余命宣告されます。突然のことにショックを受けたリチャードは、茫然と池に飛び込んでいきずぶ濡れになります。

家に帰り、いつものように妻(ローズマリー・デウィット)と娘(オデッサ・ヤング)と食事をしていると、娘が突然自身がレズビアンであることを告白します。

一時の気の迷いだと受け取らない妻に娘は怒り自分の部屋に行ってしまいます。そして気まずい雰囲気の中、妻もリチャードの大学の上司であるヘンリー(ロン・リビングストン)と不倫していることを告白されます。

驚いたリチャードは自分が末期癌と宣告されたことを言えません。

余命宣告のことを言えないまま、妻とお互いに自由に生きようと取り決めをし、残りの人生を謳歌しようと決意します。

リチャードは大学に向かい、生徒に授業に興味がない者は帰っていいと宣言し、残った生徒と共に自由に授業を行い始めます。そして生徒の目の前でマリファナを持っているものは来ることとまで言ってしまいます。

そして、唯一の友人であり、同僚でもあるピーターと飲みに行き、ピーターにだけ自身が末期癌であることを伝えます。

ピーターは動揺し、泣いてしまいます。心配するピーターをよそに、リチャードは自由に授業をし、生徒と飲みに行き、バーのウェイトレスを口説いてみたり破天荒な行動をしていきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『グッバイ、リチャード!』ネタバレ・結末の記載がございます。『グッバイ、リチャード!』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2018 RSG Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

リチャードの破天荒な言動を心配したピーターは、リチャードをグループセラピーに連れていきますが、リチャードは禁酒などする気もなく、ただ最期を待つよりは謳歌したいとききません。

一方でそんな自由に生きるリチャードを目にした大学の生徒たちは次第にリチャードの生き方に影響を受けていきます。

その生徒の一人であるクレア(ゾーイ・ドゥイッチ)とリチャードは親密になっていきます。しかし、病魔は刻一刻とリチャードを蝕んでいきます。クレアと飲み、ダンスしていた最中にリチャードは倒れてしまいます。

自由を謳歌しようとし、今まで良い人生とは言い難かったが、そんなくそったれな人生が愛おしくなってきたリチャードも次第に自分が本当に最期を迎えるということを感じ始めました。

そして、妻の不倫相手であるヘンリーのパーティで妻もいる中大勢の前で、とうとうリチャードは自身の余命が残りわずかなことを伝え、友人や妻に別れの挨拶をします。

その後家に帰り、娘にもリチャードは余命のことを伝え、最期の別れの挨拶を交わし、リチャードは愛犬を連れ一人車に乗り込み最期を迎えようと出発しました。

スポンサーリンク

映画『グッバイ、リチャード!』の感想と評価

(C)2018 RSG Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

余命宣告を受けた男が残りの人生をそう生きるかというシリアスなテーマを題材にしながら重くなりすぎず、ユーモラスに描いています。

しかしながら余命宣告を受け戸惑うリチャードの様子はリアルであり、少しづつ病に蝕まれていくリチャードの様子もあいまって自分の“人生”を生きるということについて考えさせられるヒューマンドラマになっています。

そんなリチャードをキャリアも長く中年に差し掛かったジョニー・デップがユーモラスに演じています。

映画の中での堂々と不倫をする妻の態度や、皮肉を交えあけすけに何でも言うリチャードの様子から良い夫婦関係とは必ずしも言えなかったのではないかと考えられます。

そのような破天荒さはジョニー・デップ自身の半生とも重なって見えてきます。

生徒に対しても自由に授業を行いながらふとした場面で人生について語るリチャードの姿があり、その言葉は生徒の胸にも響いています。

娘と変わらぬ年頃の生徒クレアとの交流や、レズビアンであることや高校生という多感な時期で揺れる娘に対するリチャードの父としての姿も見所の一つです。

まとめ

(C)2018 RSG Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

本作は、“人生”の終わりを迎えることをユーモラスに描いたウェイン・ロバーツの脚本をジョニー・デップが気に入り映画化される運びとなったそうです。

また、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズや「アリス・イン・ワンダーランド」シリーズなど大作の出演が近年目立っていたジョニー・デップが、久しぶりにインディーズで主役に回帰した映画となります。

長いキャリア、私生活で様々な経験をしてきたジョニー・デップが自身を投影したかのような役に挑み、ジョニー・デップならではのユーモラスさと脚本のユーモラスさがあいまってシリアスながらも優しく、くすっと笑えるようなヒューマンドラマに仕上がっています。

それぞれの“人生”を生きるということ、最期が近づいて知る人生の愛おしさがリチャードの言葉に重みを持たせ、観客の涙を誘います。しかし、ラストまでどこかユーモラスさを残した爽やかなリチャードの旅立ちが観賞後に爽やかな気持ちにさせてくれます。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ある女流作家の罪と罰』あらすじネタバレと感想。リー・イスラエルの自伝を映画化

2018年も終わりに近づき、そろそろ来年度のアカデミー賞の動向が気になる季節となりました。 今回ご紹介するのはアカデミー賞前哨戦とも言われる放送映画批評家協会のアワードにノミネートされている注目の作品 …

ヒューマンドラマ映画

『ニューシネマパラダイス』動画無料視聴はこちら!結末ネタバレと感想も

ジュゼッペ・トルナトーレ監督作品『ニュー・シネマ・パラダイス』の日本公開は、イタリアから遅れること翌年1989年12月16日に、東京のミニシアターのシネスイッチ銀座でした。 史上空前の40週間ロングラ …

ヒューマンドラマ映画

映画『赤毛のアン 初恋(2018)』あらすじネタバレと感想。エラ・バレンタインの演じた少女の成長

世界中で愛される名作児童文学『赤毛のアン』 『赤毛のアン』の実写化3部作の第1部が2017年に日本で公開されてから1年。第2部『赤毛のアン 初恋』が公開されました。 13歳の誕生日を前にアンは、複雑な …

ヒューマンドラマ映画

映画『バイス』ネタバレ感想と評価。実話ゆえに国のリーダーを選ぶ真価を問う秀作

バイス=悪徳という意味!? まさかの実話。史上最強で凶悪の副大統領。 主演クリスチャン・ベール、監督アダム・マッケイ、製作ブラッド・ピット、『マネー・ショート華麗なる大逆転』チームが再集結です。 大統 …

ヒューマンドラマ映画

『82年生まれ、キム・ジヨン』原作ネタバレ感想とラストまでのあらすじ。映画で小説結末のその後は描かれるのか?

「韓国の82年生まれの女性で最も多い名前」“ジヨン”に起こった出来事。 チョン・ユミとコン・ユ主演で韓国で大ヒットを記録した映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が2020年10月9日(金)より新宿ピカデ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP