Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

映画『グッドボーイズ』ネタバレあらすじと解説。下ネタ交じりのトラブルを得て成長する小6男子を描くジュブナイルコメディ

  • Writer :
  • 松平光冬

冴えない小6男子トリオが繰り広げる下ネタ満載コメディ

アメリカでナンバー1を記録した映画『グッド・ボーイズ』が、2020年6月12日(金)より全国ロードショーされます。

女子たちとのパーティに参加しようとする小学生たちが、思わぬ騒動を巻き起こしてしまう様子を描いたコメディ映画です。

監督は本作で長編デビューをはたしたジーン・スタプニツキー。主演は『ルーム』の演技で一躍注目を集めたジェイコブ・トレンブレイが務めます。過激な下ネタが満載のジュブナイルコメディです。

スポンサーリンク

映画『グッド・ボーイズ』の作品情報


(C)Universal Pictures

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
Good Boys

【監督・共同脚本】
ジーン・スタプニツキー

【脚本】
リー・アイゼンバーグ

【製作】
リー・アイゼンバーグ、エヴァン・ゴールドバーグ、セス・ローゲン、ジェームズ・ウィーバー

【製作総指揮】
ネイサン・カヘイン

【キャスト】
ジェイコブ・トレンブレイ、キース・L・ウィリアムズ、ブレイディ・ヌーン、モリー・ゴードン、リル・レル・ハウリー、スティーヴン・マーチャント、ミドリ・フランシス

【作品概要】
女子たちとのパーティに参加しようとする小学生たちが、思わぬ騒動を巻き起こしてしまう様子を描いたコメディ。

主演は、『ルーム』(2016)の演技で一躍注目を集めたジェイコブ・トレンブレイ。製作を、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』(2007)、『ソーセージ・パーティー』(2016)、『ネイバーズ』(2014)などの下ネタ満載コメディを数多く手がける、エヴァン・ゴールドバーグ&セス・ローゲンの名コンビが担当。

監督は、本作で長編デビューをはたしたジーン・スタプニツキー。

本国アメリカでは初登場1位を記録し、世界の累計興行収入120億円を超えるモンスターヒットとなりました。

映画『グッド・ボーイズ』のあらすじとネタバレ

(C)Universal Pictures

小学6年生の男子マックス、ルーカス、ソーは、「ビーンバック・ボーイズ」を名乗る仲良し3人組。

女性に興味を持ち始め、親に隠れてパソコンで検索をするマックス。

両親が離婚することになった、信心深い正直者のルーカス。

そして、天使のような歌声を持つも気弱な性格を隠すあまり、ワイルドを装うソー。

それぞれに好奇心や悩みを持ちながらも、彼らは毎日のように一緒に遊んでいました。

そんなある日、マックスはクラスでイケてるグループのリーダー、ソーレンの家で行われる「初キス・パーティ」に誘われます。

片想いの女子ブリクスリーとキスがしたいマックスは、誘われたのが自分だけだったことから、ルーカスとソーも参加させるよう頼み、了承させます。

しかし、キスの仕方が分からない3人は、パソコンでポルノサイトを検索したり、ソーの家にあった女性の人形(ラブドール)を使って練習しますが、いまいちのみ込めません。

そこでソーは、数日間家を空けるマックスの父親のドローンで、近所に住むティーンエイジャー女子のハンナとリリーを観察しようと提案。

ハンナがボーイフレンドのベンジーとキスしようとする様子をのぞき見しようとした3人でしたが、操縦を誤り、ドローンを奪われてしまいます。

ドローンを取り返そうとした3人と女子2人が揉みあう中、ドローンは壊れてしまい、マックスはハンナのバッグを奪って逃走しました。

バッグを取り戻そうと執拗に追いかける女子たちをなんとか振り切った3人は、新しいドローンを買う資金を作ることに。

ルーカス所有の、ビーンバック結成のきっかけとなった高値のゲームカードを売ることにした3人は、ソーの家に取引相手の男性クロードを招きます。

交渉時、ルーカスが思い出のカードを売るのを渋り出すも、クロードは室内にあったラブドールを買うことで成立。

軍資金を得た3人は、新品のドローンを買いに遠く離れた隣町のショッピングモールに向かいます。

ハンナのバッグにあったピルケースを違法ドラッグ(MDMA)と思い込んだ3人は、周囲の目を気にしながら、なんとかしてモールにたどり着きます。

ところが、取り置きしてもらっていたはずのドローンがありません。

マックスがドローンを欲しがっていたことを知っていたハンナとリリーが、先回りして買っていたのです。

モールの店員づてに、ハンナたちが指定した場所に呼ばれた3人は、ケンカ別れしたボーイフレンドのベンジーからMDMAのモリーを手に入れてくれば、ドローンを返すと言われるのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『グッド・ボーイズ』のネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)Universal Pictures

ベンジーの家に向かい、モリーを手に入れようとした3人でしたが、当然相手にされません。

そこでマックスは、隠し持っていたオモチャの銃でベンジーやその仲間たちを乱射し、彼らが怯んだ隙にモリーを奪って逃げます。

ハンナたちからドローンを返してもらい安堵する3人でしたが、その直後、マックスの父親から間もなく帰宅するとの連絡が。

慌てたマックスはドローンを操縦して自宅内の元の位置に戻そうとしますが失敗、激怒した父親から外出禁止を言い渡されてしまいます。

パーティに参加できなくなったマックスは、トラブルの原因をソーにぶつけ、さらに彼の気弱な性格をもなじり出し、2人はケンカに。

ケンカを止められず泣き出したルーカスを見て2人も号泣、3人はバラバラに帰宅(でも近所同士なので帰路は一緒)しました。

その夜、意気消沈するマックスを訪ねたルーカスは、「ブリクスリーに想いを伝えるべきだ」として、パーティに誘います。

ソーレンの家の前にはソーもおり、仲直りした3人は改めてパーティに参加。

ブリクスリーにプレゼントしようと考えていた手作りネックレスが用意できなかったマックスは、ソーから貰った代用品を差し出します。

それが、SM道具のアナルビーズとは誰も知りません。

お酒を3口飲めば大人の証というソーレンの言葉を受け、ソーは隠し持っていたお酒を出し、無理やり4口飲んで喝采を浴びます。

そして初キス・パーティとは、円状に人が座る中心で、ボトルを回した者とボトルが止まった際に飲み口が向いた者同士がキスするという、ボトルゲームでした。

ブリクスリーがボトルを回して指された相手はソーでしたが、彼はそれを拒否してその場を去ります。

「ブリクスリーに想いを伝えろ」と言われたマックスは、彼女に告白し、キスをするのでした。

ソーレンの家を出ようとしたルーカスとソーの前に、ドラッグでハイテンションとなったハンナとリリーが現れます。

実はソーレンの姉だったリリーに促され、歌を歌うことになったソーは、吹っ切れたかのようにその美声を披露。

それからつるむことなく、バラバラに過ごすようになったビーンバック・ボーイズ。

マックスは次々とガールフレンドを変えるプレイボーイとなり、ルーカスは校内いじめを撲滅する風紀委員SCABに加入し、頭角を現します。

そしてソーは、『ロック・オブ・エイジス』の学校劇オーディションに合格し、ステイシー・ジャックス役を見事に演じ切るのでした。

その後、ソーの家で開かれた劇の成功を祝うパーティで数週間ぶりに顔を合わせた3人は、旧交(?)を温め合います。

ソーは、「家の中でブランコを見つけた」と言って2人を誘います。

変わった形状のブランコにまたがって大はしゃぎする3人に、ソーの妹が言います、「それはセックスの道具よ」。

3人が乗っていたのは、SM用の拘束ブランコでした―。

スポンサーリンク

映画『グッド・ボーイズ』の感想と評価


(C)Universal Pictures

出演の子役たちも観れない下ネタ満載コメディ

本作『グッド・ボーイズ』の製作に大きく関わっているポイント・グレイ・ピクチャーズは、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』(2007)、『ネイバーズ』(2014)、『ソーセージ・パーティー』(2016)といった、過激描写だらけのコメディに定評がある会社です。

そのため、本作もセックス、ドラッグ、アルコール、大人のオモチャに加え、卑猥な言葉もバンバン飛び出します

そんな際どすぎる要素を、変にごまかすことなく小学6年生の男子たちを主人公に描けるあたり、アメリカという国の度量の広さをあらためて感じます。

かといって年齢制限の厳しさは間違いなく設けられており、本作に出演したジェイコブ・トレンブレイを筆頭とする子役たちは、完成した本作を観ることができないという、おかしな事態となっています。

参考映像:『グッド・ボーイズ』プロデューサーのセス・ローゲンが子役たちに視聴不可を伝えるフェイク予告

トラブルや冒険を経て成長するジュブナイル映画


(C)Universal Pictures

下ネタ描写の過激さは、『スーパーバッド』や『ネイバーズ』にも引けを取らないばかりか、主人公が小学生男子ということで、嫌悪感を感じる方もいるかもしれません。

しかしながら、内容はジュブナイル映画の王道に沿っていると、あえて断言しましょう。

いつでもどこでも一緒の仲良し3人組「ビーンバック・ボーイズ」が、思春期の興味をきっかけに思わぬトラブルに直面し、それを乗り越えるべく悪戦苦闘。

そこから、人間はいつまでも一緒にいられるわけではなく、いずれは自らの道を進まければならないことを知っていきます。

プロット的には、男子高校生が主人公の『スーパーバッド』と同じですが、本作が巧みなのは、3人が三者三様の道を歩んで再会するまでの間が、ほんの数週間である点。

たとえ数週間でも、小学生の3人にとっては数年に感じるほどの長さであり、会えば会ったですぐ大はしゃぎできる関係というのが、子どもらしさをより強調しているのです。

「『スタンド・バイ・ミー』以来の感動!」という宣伝コピーも、あながち大げさではないのです。

もっとも、『スーパーバッド』のプロット自体も、『スタンド・バイ・ミー』をなぞっていることは強調しておきたいところですが。

参考映像:『スーパーバッド 童貞ウォーズ』

まとめ


(C)Universal Pictures

日本ではPG-12指定なので、12歳未満でも成人と一緒なら鑑賞可能な本作『グッド・ボーイズ』。

ぜひとも道徳、もしくは性教育の教材として観てみては……と言いたいところですが、一緒に観る成人の方は、劇中で出てくる卑猥な用語や大人のオモチャについて尋ねられた際の対応を、よく考えておいた方がいいかもしれません。

映画『グッド・ボーイズ』は、2020年6月12日(金)より全国ロードショー


関連記事

コメディ映画

幽幻道士キョンシーズあらすじと全5シリーズ放送日!FOXムービーにて

「キョンシー来る来る、今日も来る!お札をおでこに貼り付けて、死んでもお里に帰るため」ご存知カワイイ!テンテンちゃんが帰って来る〜!、もちろん、チビクロ、トンボ、スイカ頭もね。 幽玄道士キョンシーズは日 …

コメディ映画

映画『とんかつDJアゲ太郎』ネタバレあらすじと感想評価レビュー。北村匠海と二宮健監督が贈る元気アゲアゲの抱腹絶倒コメディ

とんかつ屋の3代目・アゲ太郎が「とんかつDJ」 を目指す満腹絶倒コメディ! 二宮健監督の演出による映画『とんかつDJアゲ太郎』は、イーピャオ、小山ゆうじろうの人気ギャクマンガを北村匠海主演で映画化。 …

コメディ映画

映画『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』あらすじと感想レビュー。フィンランド映画界が巨額を投じたコメディムービー

映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』は2019年12月27日(金)より、シネマート新宿、心斎橋ほか全国ロードショー! ヘヴィメタルのカテゴリーにまで成長した、北欧メタルの世界。フィンラ …

コメディ映画

成田凌映画『カツベン!』あらすじネタバレと感想。周防正行監督とキャスト陣が紡ぐ活弁士の時代と映画への愛

日本には真のサイレント映画はなかった。 なぜなら、活動弁士(カツベン)がいたから。 『Shall we ダンス?』『それでもボクはやってない』の周防正行監督、5年ぶりの待望の新作が上映となりました。 …

コメディ映画

映画『今さら言えない小さな秘密』あらすじネタバレと感想。原作絵本の世界観を美しくも優しく描く

南仏プロヴァンスを舞台に、原作絵本の世界を美しくも優しく映画化! フランスを代表する作家・イラストレーター・漫画家であり、雑誌「ニューヨーカー」「パリ・マッチ」で執筆している多才なアーティスト、ジャン …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学