Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/11/05
Update

【ソボクSEOBOK】ネタバレ結末考察とラストあらすじ感想。韓国映画が描くSFクローン人間との“絆”|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー63

  • Writer :
  • 西川ちょり

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第63回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」。第63回は韓国映画『SEOBOK/ソボク』を取り上げます。

韓国映画界を代表するスター俳優コン・ユと、韓国のみならずアジアのファンも魅了する若手スター、パク・ボゴムが共演し、スタッフも一流、予算もそれなりに潤沢であったろうと推察される本作を「B級」と定義することに異論を唱える方もいるかもしれません。

しかし、韓国映画ファン以外にその魅力が十分伝わっているとはまだまだいえず、より多くの人にその魅力を伝えるきっかけとして本稿をご覧いただければ幸いです。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『SEOBOK/ソボク』の作品情報


(C)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2021年公開(韓国映画)

【原題】
서복(英題:Seobok)

【監督】
イ・ヨンジュ

【キャスト】
コン・ユ、パク・ボゴム、チャン・ヨンナム、チョ・ウジン、パク・ビョンウン、キム・ジェゴン

【作品概要】
『建築学概論』(2012)のイ・ヨンジュの9年ぶりの監督作品。永遠の命をもつクローンの青年をパク・ボゴム、彼を護衛することになった余命わずかな元情報局員に、コン・ユが扮したSFエンターテインメント。


映画『SEOBOK/ソボク』のあらすじとネタバレ


(C)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED

元情報局エージェントのギホンは激しい頭痛に見舞われ、その場にうずくまりました。脳腫瘍を患う彼は、余命宣告を受けていました。

死を目前にし、明日の生を渇望する彼に、ある任務が舞い込みます。 それは国家の極秘プロジェクトによって誕生した人類初のクローン、ソボクを護衛するというものでした。

最近、ソボクの実験が行われているソイン研究所のアンダーソン所長が何者かに暗殺されるという事件が起き、クローン実験の倫理性に疑問を持ったアメリカ政府はただちに研究を停止すること、ソボクをアメリカに引き渡すことを韓国側に要求していました。そのためソボクを現在地より内密に移動させる必要がありました。

ソボクの骨髄ではiPS細胞が常につくられており疾病で死ぬことはないこと、また、人間の疾患を治療し、治癒させる力があると聞かされたギホンは、臨床試験を受けさせてやろうと言う言葉にすがる思いで仕事を受諾します。

任務早々、何者かが護衛車を襲撃し、ギホンとソボクは敵のトラクターの中に拘束されてしまいます。しかしギホンは銃撃戦の末、ソボクを連れて脱出に成功。

危機的な状況の中、ギホンはソボクに対してたびたび声を荒げますが、ソボクはいつも冷静で、自分の置かれた立場について常に思索していました。

ふたりは国家情報院から指定された隠れ家に身を潜めます。しかしそこに現れた国家情報院のエージェントたちは、ソボクを殺害しようといきなり発砲しはじめました。

驚いたギホンは情報員を阻止しようとしますが、危機に見舞われます。その時、ソボクが不思議な力を発揮します。彼は物や人を動かす超能力を持っていました。

ギホンとソボクは車に乗り逃走。国家情報院はふたりを見つけ次第、殺害せよと警察や軍隊に通達します。

研究所へ連れて行こうとするギホンに対してソボクはそれを拒み、「ウルサンのイミョン聖堂へ連れて行ってください」と頼みます。車を走らせていると、突然ソボクが吐血しました。驚き心配するギホンに大丈夫ですと応えるソボク。

海辺に車を停車させたギホンは「研究所の側には包囲網がはられているだろうからしばらくここで待とう」と口走り、ウルサンに行く気がないのを悟られます。

「あんなに血を吐いて、研究所に行かないと助からないぞ」とギホンは言い、2人は口論となりますが、突然、ギホンが発作を起こし、その場に倒れてしまいます。

ギホンは目覚めると、ソボクは海を見ていました。「なぜ僕を助けたいのですか?」と尋ねるソボク。「俺の命はお前次第だから」と答えるギホン。

「ギホンさんはそれだけの価値のある人ですか?」と問われたギホンは「価値はないが、生きたいんだ」と生への執着を見せました。しかし「俺は生きたいのか、死ぬのが怖いのか」と混乱したように言葉を続けました。

彼はかつて情報院に騙され、仲間を死に至らしめた過去があり、黙って逃げたことを激しく後悔していました。そのことを告白し泣き崩れるギホンの肩にソボクはそっと手をのせました。

ウルサンのイミョン聖堂を訪れたソボクは「一度訪ねてみたかった」のだと、遺骨が祀られた墓の前に立ちました。そこには男の子の写真と家族写真が飾られていました。母親らしき人物は研究所に勤務するイム・セウン博士でした。

「これが僕、ギュンユンです」とソボクは男の子の写真を見て言いました。「お父さんと僕が交通事故で死に、お母さんは悲しくて僕を作った。作ってほしくなかった。ギュンユンにはなれないのに」

再び車を走らせる2人。どこに行くのかとソボクに尋ねられ、自分もわからないと応えるギホン。ソボクは「研究所に行ってください」と言い、「いいのか?」と尋ねるギホンに「他に行くところがない」と答えました。

それによってギホンも助かるし、そのために自分は作られたのだと語るソボク。その時、初めて彼はギホンを「兄さん」と呼びました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『SEOBOK/ソボク』ネタバレ・結末の記載がございます。『SEOBOK/ソボク』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

国家情報院はソボクを拉致しようとした集団が金で動く戦争ヤクザのような軍事企業であることを突き止めます。その後ろにいる人物は、財閥企業の会長でした。

彼はソボクを手に入れることで病気の自分を救い、不死の体を手に入れようと企んでいました。

ソボクは研究所に戻り、自身に与えられた運命を全うしようとしていました。彼はたくさんの管に繋がれ、ベッドに寝かされていました。その姿を不安げに見ていたギホンは、研究員にこれから彼はどうなるのかと尋ねました。

研究員はこの状態が永久的に続くのだと説明し、そのためにソボクは作られたのだと言います。「残酷過ぎる!」と言うギホンに「豚からインシュリンを摂取するのと同じです。彼は人間ではありませんから」と淡々と答えました。

「間違っている。すぐ止めろ!」とギホンは怒鳴りましたが、「誰も止められない」と研究員は答えました。

イム・セウン博士なら止められるのではと尋ねると、亡骸となったイム・セウン博士が運ばれてきました。会長に銃を向けたために撃たれたといいます。

「全員どうかしている。お前らが永遠に生きたらそれこそ地獄だ!」とギホンが叫ぶと、会長に雇われた傭兵が彼を殴打し、ギホンは意識を失いました。

姿を見せた会長はギホンは実験の対象だから傷つけるなと言い、勝ち誇っていましたが、ふと見上げると、横たわっていたはずのソボクがそこに立っていました。ソボクはイム・セウン博士の姿を見て、涙を流していました。

ソボクが睨みつけると、会長の車椅子がめりめりとへこみ、会長は圧迫死します。研究所の外には国家情報院が軍隊を引き連れ、包囲していました。

ソボクは傭兵たちを次々と超能力でなぎ倒し外へと出ていきました。大勢の兵士たちが彼に向かって銃を構えていました。

いっせいに発砲が開始されました。弾丸はソボクの力によって軌道を変えられ当たりません。ついに戦車での砲撃が始まりました。

意識が戻ったギホンは、研究所内にあった装甲車に飛び乗り脱出、ソボクに向かって「乗れ!」と叫びました。しかし彼は「僕は行くところがありません」と言い、前へと歩を進めました。

彼の人間に対する憎悪は頂点に達していました。あたりの地面が一斉に盛り上がり、突然崩落、軍隊はあっという間に落下していきました。

うめき声を上げながら、苦しむ人々。オイルが漏れ、彼らの場所に流れ込んでいました。ソボクはそこに火を放とうとしていました。「やめろ! もう終わった」とギホンは叫びました。

ソボクは「誰かのために意味のあるものになりたかったのに。それだけなのに」と呟きました。そして「僕が生きていれば永遠に終わりません。だから終わらせてください」とギホンを見つめて言いました。

「俺にはできない」と首を振るギホン。「なぜですか。兄さんも死ぬのが怖いから? わかっていますよね。どんなに怖くても逃げられないと」

このままではソボクは全てを焼き尽くしてしまうでしょう。ギホンの前に一丁の拳銃が落ちていました。

「そうだな。お前の言うとおりだ。よくわかっている」そう言うと、彼はソボクを撃ちました。

ソボクはその場に倒れ、「兄さん、眠いです」とつぶやくとそのまま静かに目を閉じました。

スポンサーリンク

映画『SEOBOK/ソボク』感想と評価


(C)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED

2人の男性の孤独がエモーショナルに響く

クローン人間の命や尊厳、葛藤をテーマにした作品は、『ブレードランナー』(1982)をはじめこれまでにも何度も制作されており、本作の設定にはそれほど目新しさは感じられません。

また、このクローン人間をめぐって、いくつもの組織がぶつかり合いますが、国家情報院と金に雇われた傭兵という顔ぶれにも新鮮さはありません。

科学者はソボクの人間性を認めないありふれたマッドサイエンティストですし、ラスボス的な金持ちの会長は自身が抱える病を克服し、不死の体を手に入れようとする、特に面白みのない典型的な悪役として登場します。

このようにメインの物語には正直あまり独創性や新鮮さは感じられないのですが、それでも映画『SEOBOKU/ソボク』は、非常に魅力的な作品に仕上がっていると言えます。

その最大の要因は、クローン人間のソボクと彼を護衛する元情報局員のギホンという男性2人を「どこに行くあてもない人間」として描くエモーショナルな展開にあります。

かたや病では死ぬことのない不死の男。かたや脳腫瘍のため死を目前にしている男。ソボクは自身の存在事態に葛藤を覚えており、一方、ギホンは死を恐れ生に執着しています。

対極ともいえるふたりの不安と苦しみが全編に漂い、行くあてのないことでふたりは繋がっていきます。それがロードムービーという形で描かれることで悲劇性がより顕著になります。車の中で血を吐くソボクの姿は強烈な印象を残します。

監督のイ・ヨンジュは2012年の作品『建築学概論』で恋愛映画の興行成績を塗り替える大ブームを巻き起こしましたが、人間の心理を細やかに見つめ、観客の心を動かす手腕は本作でも健在で、がっちりと心掴まれてしまいます。

確かな技術力と造形の面白さ


(C)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED

SF的な設定の観点からは少し辛口なことを書きましたが、その世界を反映するVFXの技術は素晴らしいものがあります。

ソボクは生まれた際の副産物として、超能力を秘めており、念じると物を動かすことが出来ます。その能力が発揮されるクライマックスの壮絶な展開に手に汗握るのは勿論のこと、海辺で石を積んだり、海の水を不思議な形に動かしたりといった叙情的な表現もあり、アーティスティックで詩的な空間を作り上げています。

また、研究所が造船所内の大型船舶に置かれているというアイデアもユニークです。この作品で最もオリジナリティが発揮されている部分といえるでしょう。

クローン人間の研究という秘密厳守が強いられる場所としてもふさわしく説得力があるのは勿論のこと、この空間を一種の「方舟」として考えることも可能でしょう。

ソボクはこの狭い空間で、人間に都合の良い存在として、痛みを伴いながら、永遠に生き続ける運命にありました。

そんな彼がひょんなことからギホンと行動を共にすることになり、レトロな市場で珍しいものを見たり、服を買ったり、果てはカップ麺を何杯もたいらげたりします。

ここは観ていて思わず微笑んでしまうところですが、研究所という空間と野外での風景や行動の違いが、ソボクの悲劇性をより明確に浮かび上がらせています。

まとめ


(C)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED

生きたいと願うギホンにとって、当初、ソボクとの関係は打算が働いたものでした。しかし、時間を共に過ごすうちに、2人の関係は徐々に変化していきます。

コン・ユとパク・ボゴムという人気俳優が、悲劇の中に宿ったひとつの「信頼関係」を渾身の演技でみせています。

ソボクは人類の救いとして生まれてきましたが、同時に人類の未来を脅かす危険な存在でもあります。いずれに転ぶのかは全て「人間」の思惑にかかっています。

自分の存在意義とは何か、自分はどう生きていくのか、と自身のアイデンティティの問題に苦悩するソボクの姿は、誰よりも人間らしく見えてきます。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

松本大樹映画『みぽりん』感想とレビュー評価。“アイドルとは何か”を狂気なボイストレーナーとの恐怖の5日間で描く|サスペンスの神様の鼓動25

映画『みぽりん』は関西での熱狂上映を終え、東京での劇場上映開始。 池袋シネマ・ロサにて、2019年12月21日より公開! こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映 …

連載コラム

映画『南スーダンの闇と光』感想と考察評価。戦場カメラマンという存在の意義|2020SKIPシティ映画祭2

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020エントリー・ベン・ローレンス監督作品『南スーダンの闇と光』がオンラインにて映画祭上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにて行われるデジタルシネ …

連載コラム

『スリングショット』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。カーアクション必見のおすすめ映画誕生!【未体験ゾーンの映画たち2022見破録19】

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」第19回 映画ファン待望の毎年恒例の祭典、今回で11回目となる「未体験ゾーンの映画たち2022」が今年も開催されました。 傑作・珍作に怪作、迫力あるカ …

連載コラム

映画『コーンフレーク』あらすじと感想考察。観客賞を受賞した磯部鉄平監督が描いた同棲する男女の織りなす“感情の機微”|2020SKIPシティ映画祭5

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020エントリー/磯部鉄平監督作品『コーンフレーク』がオンラインにて映画祭上映。国内コンペティション長編部門で観客賞を受賞! 2004年に埼玉県川口市で誕生した「SK …

連載コラム

【青木まさとインタビュー動画】シアターモーメンツ新作『#マクベス』劇団で果たす役割とは| THEATRE MOMENTS2019⑤

連載コラム『THEATRE MOMENTS2019』第5回 ©︎Cinemarche 「日本発のワールドスタンダード演劇」をモットーに、これまで精力的な取り組みを展開してきた劇団シアターモーメンツ。 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学