Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

ゴジラ映画の感想と考察。シリーズ初代の由来と1984年版とシンゴジの共通点を徹底解説|邦画特撮大全21

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第21章

昨年2017年東宝は11月3日を“ゴジラの日”に制定し、日本記念日協会から認定を受けました。

これは東宝が製作した特撮映画『ゴジラ』(1954)の公開日、昭和29年(1954年)11月3日にちなんだものです。

本コラムではその記念日にちなみ11月中は“ゴジラ”シリーズについて特集していきます。

アニメ版ゴジラの最終作『GODZILLA 星を喰う者』の公開が間近に迫り、2019年にはハリウッド製作の『ゴジラ キング・オブ・モンスター』の公開が控えています。

これを機に過去のゴジラ作品を振り返ってみましょう。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

そもそも『ゴジラ』とは

ゴジラは東宝映画に初めて登場した怪獣です。

設定ではジュラ紀から白亜紀にかけて生息していた海棲爬虫類と陸上哺乳類の中間に位置する生物で、原水爆実験によって復活しました。名前は“ゴリラ”と“クジラ”をかけあわせたものです。

ゴジラが製作されたきっかけには第五福竜丸事件があります。

1954年の3月1日にアメリカが南太平洋のビキニ環礁で行った水爆実験で、日本の漁船・第五福竜丸が被曝した事件です。

この事件からヒントを得た田中友幸プロデューサーが、“核の恐怖”をテーマに企画しました。

つまり『ゴジラ』は怪獣が登場する特撮映画でもあり、行き過ぎた科学に警鐘を鳴らす社会問題を扱った映画でもあるのです。

映画自体は大ヒットし成功をおさめましたが、公開当時評論家やメディアからの評価は低い物でした。

一方で公開当時に『ゴジラ』を高く評価した文化人に、作家の三島由紀夫がいます。またに映画監督の小津安二郎、漫画家の手塚治虫と水木しげるといった面々も後にゴジラを絶賛しています。

特に水木しげるは本作からヒントを得たと思われる貸本漫画「怪獣ラバン」(発表当時は東真一郎名義)や、『墓場鬼太郎』の一編「ないしょの話」などを発表しています。

ご存じの通り『ゴジラ』はシリーズ化され人気作品となり、2018年現在アニメーション作品も含めると32作の映画が製作されました。

1984年版『ゴジラ』の概要

今回、主に扱うのは『ゴジラ』(1984)です。ファンの間では“84年版”と呼称される作品ですので、本コラムでは以降本作を“84年版”と呼称することにします。

本作はゴジラ30周年記念作品として製作されました。当時は『メカゴジラの逆襲』(1975)を最後に、ゴジラシリーズの製作は中断されていました。

メインスタッフは監督に『さよならジュピター』(1984)の橋本幸治、脚本に『野良猫ロック』シリーズや『蘇える金狼』(1979)などの作品で知られる永原秀一、特技監督は『メカゴジラの逆襲』から続投の中野昭慶といった布陣で固められています。

84年版は原点回帰を目指したため、登場する怪獣はゴジラのみです。

本作ではシリーズ第2作『ゴジラの逆襲』(1955)から『メカゴジラの逆襲』までの設定がリセットされ、本作のゴジラは第1作目の昭和29年の日本上陸から30年ぶりに出現したという設定になりました。

また第1作目では50mだったゴジラですが、本作では80mに変更されています。これは50mを優に超す高層ビルが、80年代当時には林立していたからです。

スポンサーリンク

『シン・ゴジラ』との共通点

84年版は一昨年に公開され大ヒットとなった『シン・ゴジラ』(2016)との共通点が数多くあります。ではそれらを見て行きましょう。

まず両作とも政府閣僚を中心に物語が展開する点が共通しています。これはリアリティを重視した作劇をとるためで、両作とも政府閣僚による会議が重点的に描写されました。

84年版では三田村総理役の小林桂樹をはじめ、織本順吉や加藤武、小沢栄太郎、金子信雄といった癖の強い名優たちが政治家に扮しています。一方『シン・ゴジラ』でも大杉漣のほか、柄本明や余貴美子、平泉成、矢島健一などといった実力派の俳優たちが顔を並べます。

次にゴジラ駆逐のため日本が諸外国から圧力を受ける点も共通しています。

84年版ではアメリカ・ソ連の両国から、ゴジラ駆逐のため核攻撃を決定し日本に対し強硬な姿勢を見せます。

『シン・ゴジラ』でも同様の理由で、アメリカを中心に結成された多国籍軍による熱核兵器によるゴジラ攻撃を決定されてしまいます。ゴジラとの戦いだけでなく、それを巡る諸外国とのやり取りも作品の緊張度を高めているのです。

その他、細かい点を挙げるとゴジラが都心に現れた際に市民が地下鉄構内に避難する点や、有名人のカメオ出演なども共通しています。

ここまで共通点を挙げていきましたが、もちろん相違点もあります。両作ともリアリティを重視した作品ではありますが、84年版には東宝特撮おなじみのメーサー車や首都圏防衛戦闘機・スーパーXといった超兵器が登場します。

しかし『シン・ゴジラ』にはそういった架空の兵器は登場しません。

そして両作で決定的に違うのは、最終的にゴジラをどのような方法で倒すかです。『シン・ゴジラ』では血液凝固剤による凍結によってゴジラを倒しています。

驚異的な破壊力を見せていましたが、『シン・ゴジラ』では最終的に人間の手によってゴジラが凍結されてしまいます。

一方84年版ではゴジラの帰巣本能を利用して三原山に誘導し、人為的に起こした噴火によってゴジラを倒します。

つまり84年版でのゴジラは、人間の手ではどうにもならず自然の力を借りなければ葬れない存在として扱っているのです。

共通点の多い84年版と『シン・ゴジラ』でしたが、それぞれゴジラの存在の解釈が違っているのです。

次回の邦画特撮大全は…

次回の邦画特撮大全は、金子修介監督による『ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃』(2001)を特集します。

お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『探偵なふたり:リターンズ』あらすじと感想レビュー。クォン・サンウが恐妻家のホームズを演じる|コリアンムービーおすすめ指南8

祝!探偵事務所オープン! シャーロック・ホームズに心酔する推理オタクとハミ出し刑事がコンビを組んで難事件に挑んだ『探偵なふたり』(2015/キム・ジョンフン監督)。 あのコンビが本物の探偵となって再び …

連載コラム

『ロボシャークvsネイビーシールズ』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。サメ映画として革新的な“人間と怪獣の関係性”を描く | B級映画 ザ・虎の穴ロードショー13

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第13回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信サービス【U-NEX …

連載コラム

韓国映画『パラサイト』ポン・ジュノ監督インタビュー【カンヌ2019年パルムドール受賞作】FILMINK-vol.15

FILMINK-vol.15 Bong Joon-ho: Parasite Filmmaker オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海 …

連載コラム

映画『特捜部Q知りすぎたマルコ』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。人気北欧ミステリーシリーズ最新作がキャスト一新で登場!【未体験ゾーンの映画たち2022見破録20】

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」第20回 映画ファン待望の毎年恒例の祭典、今回で11回目となる「未体験ゾーンの映画たち2022」が今年も開催されました。 傑作・珍作に怪作、本格ミステ …

連載コラム

映画『私というパズル』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。亡き小さな命は親子の絆を誕生させる|Netflix映画おすすめ12

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第12回 死産という深い悲しみでバラバラになった心と家族。それはまるでパズルのようなものでした…。 Netflixのおすすめ映画『私というパ …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学