Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/12/20
Update

映画『The Hand of God』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。パオロ・ソレンティーノ監督が描き出す少年の心の成長|Netflixおすすめ映画79

  • Writer :
  • 山田あゆみ

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第79回

映画『The Hand of God』は、イタリアのナポリを舞台に、悲劇に見舞われた少年の葛藤と成長を描いた物語で、ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(審査員グランプリ)を受賞しました

『グレート・ビューティー 追憶のローマ』でアカデミー賞外国語映画賞を受賞したパオロ・ソレンティーノ監督による自伝的作品でもあり、Netflixで12月15日から配信開始されました。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『The Hand of God』の作品情報


Netflix 『The Hand Of God』

【配信】
2021年(イタリア映画)

【監督】
パオロ・ソレンティーノ

【キャスト】
フィリッポ・スコッティ、トニ・セルビッロ、テレーザ・サポナンジェロ、マーロン・ジュペ―ル、ルイーザ・ラニエリ、レナート・カルペンティエ、マッシミリアーノ・ガッロ、ベッティ・ベトラッツィ、エンツォ・デカーロ

【作品概要】
パオロ・ソレンティーノ監督は『グレート・ビューティ 追憶のローマ』で英米アカデミー賞、ゴールデングローブ賞にて外国語映画賞を受賞するなど、数々の映画賞を受賞しています。

また、2008年『イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男』でカンヌ映画祭審査員賞を受賞。2011年にはショーン・ペン主演の『きっと ここが帰る場所』にてカンヌ国際映画祭エキュメニカル審査員賞を受賞しています。

主演のファビエット役を演じたフィリッポ・スコッティは、100名以上の候補者が集まったオーディションでこの役に選ばれました。そして、本作の演技が評価され第78回ベネチア国際映画祭にてマルチェロマストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞しています。

監督の自伝的作品である本作は、内容のほとんどが事実だと監督自身が認めています。作中にあったように実際に映画監督のアントニオ・カプアーノと出会い、後にカプアーノ監督による『ナポリの埃』を共同脚本しています。

映画『The Hand of God』ネタバレあらすじ


Netflix 『The Hand Of God』

パトリツィアがバスを待っていると、車に乗った謎の男に声を掛けられます。自分は守護聖人で、子どもができない理由を説明してあげるからと言って車に乗せて、家に連れて行きます。

そこには修道士の霊(モナシエロ)とおぼしき少年がいました。その少年がパトリッツィアの鞄にお金を忍ばせました。

頭にキスをするよう言われ、かがむと守護聖人の男からおしりを触られました。「これで子を授かることができる」と言われました。

帰宅するとフランコが、また体を売ったのかとパトリツィアを責め立てて殴りかかります。自室に逃げ込んで姉に電話で助けを求めます。

姉夫婦は息子のファビエットが運転するバイクに3人で乗ってやってきました。

自宅の上の階に住んでいる婦人科医の男爵夫人が会いに来ます。彼女とのおしゃべりに付き合いながら夫の合図でベランダに出るファビエットの母。

バイクに乗ったファビエットと夫に口笛の合図を返します。口笛で会話するのは夫婦の間の愛情表現でした。

週末、アジェーロラで妹の結婚相手に会うために親族が集まりました。緑豊かで、小高い場所にあるその家からは海が見渡せます。

偏屈なジェンティーノ婦人の発言を親戚一同がいつものこととして聞き流したり、近況を話していました。

妹のルイセラが婚約者を連れてやってきました。70歳で声を発することができないので、機械を喉に押し当てながら話す男でした。

親族一同でボートに乗って海に泳ぎに行きます。ファビエットの両親は仲良く2人で泳いでいます。ボートにあがると、パトリツィアが全裸で日光浴していました。その様子を親族全員唖然として見つめます。

男数人が操縦する密漁船が海上警察に追われている様子を横目で見ながら、家へと帰ってきました。

俳優志望のファビエットの兄はオーディションに行きますが、古風な顔だと言われ落とされたと言います。美しい女優の写真に見惚れるファビエットでした。

父が会社の同僚と不倫していることが分かり、母親は気が狂ったかのように叫びます。その声と様子を見てパニックになったファビエはパニック発作のようなものを起こして、兄になだめられました。

ナポリが130億でマラドーナを買ったという知らせを受けました。兄とファビエットは大喜びしました。

ファビエットは誕生祝いにサッカーの試合のチケットを父親から貰います。セラオ広場で妻との出会いの思い出をファビエットに聞かせる父親でした。

家に帰って、母とふたりで昔の誕生日のときに飲んだ牛乳スープを飲みながら思い出話をします。母は父を数日締め出すことにし、木曜から完成した別荘に荷物を運び込む予定だと言いました。

アントニア・カプアーノ監督の撮影現場に立ち寄りました。美しい女性に見とれるファビエット。

その夜、外で物音がして確認しに行った父親でしたが、クマの着ぐるみを着た男に驚かされました。妻のいたずらで、協力してくれた男たちと大笑いする妻でした。

翌日マラドーナの試合を親族全員で大盛り上がりで観戦します。ハンドでゴールを決めた後もマラドーナの活躍は続きます。

ロッカラーゾに夫婦2人は出かけます。ファビエットと兄はマラドーナの試合を観るために残りました。

マラドーナの試合の夜、ファビエの両親は病院にいると聞いて兄に連れられて向かったファビエット。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『The Hand Of God』ネタバレ・結末の記載がございます。『The Hand Of God』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ファビエットと兄は病院で、両親が一酸化炭素中毒で亡くなったことを知らされました。会わせてくれるよう大声で暴れまわり医者に頼みますが、ショックを受けるからと止められます。

失意の中の葬儀で、両親が死んだときに自宅にいなかったことを聞かれ、マラドーナの試合を観るためだったと話したファビエに「マラドーナが救ったんだ」と言われました。

姉のダニエラから、8年前に父親と愛人との間に息子が出来ていたことを聞かされました。

精神科病棟に入院しているパトリツィアに会いに行ったファビエ。ファビエは将来映画監督になりたいと思っていることを打ち明けました。

パトリツィアは一度妊娠したが流産したことを打ち明けます。そして、精神病院に入るか自殺するかどちらかを選びたいと夫に言ったのだと話しました。

ファビエは婦人科医の妻である老女から、こうもりを部屋から追い出すよう頼まれます。そのあと、寝室に行くと髪をブラシでとかすように頼まれます。そして、陰部の毛もブラシでとかすよう誘導されそのままセックスします。

未来のために、前を向かせるためにやったんだという老婆。次は同世代の子とするように言われたのでした。

トレドギャラリー劇場で劇を見た後、密漁船に乗っていた男に偶然会ったファビエット。彼のバイクの後ろに乗って街へと繰り出します。
夜中の間、喧嘩をしたり、舟に乗って花火を見たり誰もいない街中で話したりしました。男はいつか沖合船を操縦したいのだと言いました。

海で泳ぎながら身の上話をします。ふたりは友達になりました。

ストロンボリに噴火する火山のそばのビーチに出かけたファビエ。海を眺めながら両親と3人でバイクに乗ったことを思い出して物思いにふけります。

兄とともに、両親を失った悲しみを話して抱き合います。

ファビエは、密輸船の男に会いに刑務所に行きました。10年ほどの刑期になるかもしれないと話す彼と会話を交わし、以前教えてくれた沖合船の真似をしてファビエットは帰りました。

舞台を観に来ていたファビエット。公演中に突然声を上げ、主演女優に演技のダメ出しを始めた男性がました。

彼は映画監督のアントニオ・カプアーノでした。ファビエは、帰ろうとする彼に話しかけます。現実は辛く、映画を撮りたいのだと話します。

すると、話を聞いていた監督から現実には何か伝えたいことはないのかと聞かれます。勇気を出して吐き出せと言われます。痛みのことは忘れて楽しんで映画を撮るのだと。

「親の最期に会えなかった」と叫ぶファビエット。「壊れるな、ファビオ」と監督から言われます。ローマには行かず、いつでもここに来るといい。一緒に映画を作ろうと言われました。

家に帰ると、テレビでサッカーの試合がやっていてナポリが優勝したと報道されていました。静かにテレビを消して家を出るファビエット。

パトリツィアに会いに行ってから、ローマ行きの電車に乗ったファビエ。途中の駅のホームでパトリツィアが会ったという修道士の霊(モナシエロ)を見かけます。彼は笑顔で手を振っていました。

少年を見て笑顔で振り返すファビエ。そのままヘッドホンで音楽を聞きながら電車に揺られるファビエは目をつぶりました。

スポンサーリンク

映画『The Hand of God』の感想と評価


Netflix 『The Hand Of God』

ナポリを舞台に、悲しみと葛藤を抱える思春期の少年の成長を描いた上質なヒューマンドラマでした。

少年に予期せぬ悲劇が降りかかることで物語は大きく動きだします。その後に彼が経験する出来事や偶然の出会いが、絶望から抜け出し未来を見るすべ、そして自立し夢へと一歩を踏み出す後押しになったといえるでしょう。

思春期の少年の成長


Netflix 『The Hand Of God』

主人公のファビエットに悲劇が起こるまで、彼はサッカー選手のマラドーナと叔母のパトリツィアに夢中でした。

そのふたりは、少年期の憧れの象徴だといえます。サッカーの才能で観衆を魅了し、ハンドできめたゴールすら「神の手」と称えられたマラドーナ。

女性を知らないファビエットにとって最も身近にいた、美しく色香漂う大人の女性である叔母のパトリツィア。

しかしファビエットは、次第にこの2人から離れていく形になります。ただ憧れて受け身だったファビエットがナポリの美しい景色

本作の魅力の一つともいえるのは、広角で映し出された美しいナポリの景色の数々です。

奥行きのある構図で、ナポリの町を細部まで美しく映し出しています。夜を照らす街頭の明かり、そして深い闇。建造仏が落とす影、夏の活き活きとした緑と揺らす風。

それら全てに目を奪われ、スクリーンで観ていたらきっとナポリにやってきたような感覚を味わえたかもしれません。

特に灯りの捉え方がとても絶妙で、暗い部屋の中や屋外で顔を照らすあたたかな輝きが美しいです。幻想的でエロティックで、郷愁的な雰囲気をも抱かせる<独特な美しさです。

まとめ

列車に乗ったファビエットがイヤホンで音楽を聞くシーンがありますが、どこかすっきりとしたような微笑を浮かべた表情が映し出されています。

そのときかかっていた曲の冒頭の歌詞は以下の通りです。

「ナポリは千の色彩 ナポリは千の恐怖 ナポリは生き物の声 ため息と叫び そしてあなたは自分が一人でないことを知る。」

ナポリの美しさとそこに宿る命、そしてファビエットの背中を押すような歌詞が内容とマッチして、素晴らしいシーンとなっています。ぜひ彼の表情に注目して観てはいかがでしょうか。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ザ・ビーチ(2022)』ネタバレ感想とあらすじ結末の解説評価。世紀末と未知なる生物のコズミックホラーをジェフリー・A・ブラウンが描く|未体験ゾーンの映画たち2022見破録4

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」第4回 映画ファン毎年恒例のイベント、今回で11回目となる「未体験ゾーンの映画たち2022」が今年も開催されました。 傑作・珍作に怪作、低予算ホラー映 …

連載コラム

前代未聞の究極ラブストーリー映画『羊とオオカミの恋と殺人』感想と主題歌解説|蟹江まりの映画ともしび研究部3

連載コラム「蟹江まりの映画ともしび研究部」第3回 こんにちは、蟹江まりです。 連載コラム「蟹江まりの映画ともしび研究部」の第3回目に取り上げるのは、2019年11月29日公開予定の『羊とオオカミの恋と …

連載コラム

映画『MAKI マキ』あらすじと感想。サンドバーグ直美演じる日本人女性がNYでとった選択とは|銀幕の月光遊戯9

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第9回 こんにちは、西川ちょりです。 今回取り上げる作品は、11月17日(土)より、ユーロスペースほかにて全国順次ロードショーされる『MAKI マキ』です。 イランの名匠ア …

連載コラム

映画『ノー・ウェイ・アウト』ネタバレ結末あらすじと感想考察。ラストまでアメリカの社会問題とアステカ文明を織り交ぜた恐怖は続く|Netflix映画おすすめ58

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第58回 今回ご紹介するNetflix映画『ノー・ウェイ・アウト』は、イギリスのファンタジー作品に与えられる、オーガストダーレス賞(2015 …

連載コラム

映画『空白』感想と解説評価。ラスト結末で魅せる古田新太の演技こそ“真の父親の表情”だ|映画という星空を知るひとよ73

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第73回 『ヒメアノ~ル』(2016)の吉田恵輔監督による、主演・古田新太×共演・松坂桃李の映画『空白』が、2021年9月23日(木・祝)より全国公開を迎えます …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学