Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/06/17
Update

映画『安全の対価』ネタバレあらすじ感想と結末解説。ラストで明確な勧善懲悪の提示されない真相を考察|Netflix映画オススメ45

  • Writer :
  • 滝澤令央

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第45回

2021年6月16日(水)にNetflixで、配信されたイタリア製作のサスペンス映画『安全の対価』。

海辺の町で若い女性が暴行された事件をきっかけに、調査に乗り出した町のセキュリティ専門家とその家族が、秘密とうそが絡み合う群像劇に巻き込まれていきます。

ヒッチコック的なスリルに満ちたサスペンスが、のどかな町の暗部を映し出し、主人公と観客を翻弄していく映画、『安全の対価』のネタバレあらすじと作品情報をご紹介します。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

Netflix映画『安全の対価』の作品情報


(C)Netflix映画『安全の対価』

【日本公開】
2021年(イタリア映画)

【原題】
Security

【監督】
ピーター・チェルソム

【キャスト】
マルコ・ダモーレ、マヤ・サンサ、シルヴィオ・ムッチーノ

【作品概要】
『セレンディピティ』(2001)『キミとボクの距離』(2017)『ベルリン、アイラブユー』(2019)で知られる英国監督ピーター・チェルソムが、 米国の作家、スティーブン・アミドンの同名小説『Security』をイタリアを舞台に映画化。

主人公ロベルト・サンティーニを演じるのは、テレビシリーズ『Gomorrah (原題)』(2014)で知られるマルコ・ダモーレ。

イタリア人キャストで、イタリアロケを敢行した本作の舞台、フォルテ・デイ・マルミは実在の町。

Netflix映画『安全の対価』のあらすじ


(C)Netflix映画『安全の対価』

絵葉書のような街、フォルテ・デイ・マルミ。美しい砂浜は観光客が夏を満喫するのに最適な場所でした。それはある冬のこと。1人の少女が路地裏にて、周辺住宅のインターホンを鳴らし、助けを求めていました。

「ラファエリ警備」と書かれた玄関前の監視カメラが、彼女の姿を捉えています。警備会社でセキュリティを担当しているロベルトが現場に派遣され、少女の映っていた地域を捜索します。

少女は見つからなかったものの、ロベルトは、道中に飲酒運転と思わしき車を停めました。車の運転手はダリオ。ロベルトが不倫関係のあるエレナの息子でした。

翌朝、自身の市長選を目前に控えた妻クラウディアから、娘の様子を気にするよう忠告されるロベルト。娘の携帯を追跡するなどの詮索はしたくない彼は、親子間の距離の取り方でクラウディアと意見が分かれてしまいます。

両親の会話に聞く耳を持たない娘、アンジェラは通っている高校で同級生のマリアが入院したことを知ります。ロベルトは職場に戻り、通報があった昨夜の映像を確認し、周辺地域で警察による逮捕劇があった事実を知ります。

警察に取り押さえられたのは、ロベルトと旧知の仲のスペッツィ。監視カメラに写っていた少女は、その娘のマリアでした。その後、ロベルトは警察署に出向き、スペッツィの身柄を確認します。

スペッツィは酔って騒いでいるところを近隣住民に通報されたようですが、本人は家出した娘を心配していたのだと供述していました。

学校を終え、彼女の教授であるステファノの部屋へ向かうアンジェラ。彼と関係を持っている彼女は、教授の立場を利用して教え子のジュネ―ベラとも関係を持っているのではないかと詰め寄ります。

クラウディアは市長選に向け、地元の有力者、ピラティ主催の資金集めパーティにて、街の安全保障を強化する意思を表明しました。

スペッツィの住む家へ戻ってきたマリア。スペッツィはマリアに対し、自身が潔白である事を必死に訴えました。

ロベルトは帰りの車内で、市長選のためには卑劣な手段に惜しまないクラウディアを批判します。口論になり、クラウディアからエレナとの関係を引き合いに出されて困惑するロベルト。

ダッシュボードの中にあった精力剤は何かと問い詰められ、身に覚えがないロベルトをクラウディアは疑いものの、領収書からそれがアンジェラのものだと発覚。娘が父親と同世代の男と関係を持っていることに、2人は気付きました。

ロベルトの警備会社の顧客であるピラティの自宅のカメラを調整したロベルトは、通報があった日、マリアとダリオが未成年にも関わらず、ピラティ邸でワインを飲んでいる映像を発見します。

監視カメラの映像にはマリアとダリオ、ピラティともう一人別の男が映っていました。別角度のカメラを確認しようと試みるも、映像はクラウディアによって消去されていました。

クラウディアには関係を絶ったと言ったロベルトは、エレナとの関係を続けていました。ロベルトは、エレナにマリアとダリオのことを明かし、事件があった日のことをダリオから聞き出します。

ダリオは酔った彼女を介抱しようとコーヒーをすすめ、ピラティの車に彼女を乗せて見送っただけだと答えました。

家に戻ったロベルトは、クラウディアとアンジェラの3人で、アンジェラの幼少時に起こった事件について話をします。

公園でクラウディアとはぐれた幼いアンジェラは、メリーゴーランドの裏でスペッツィから精液をかけられているところを発見された過去について話します。

その後ロベルトが見つけて彼を止めたものの、スペッツィは罪を償っていませんでした。ロベルトは精液ではなく尿だったとだけ擁護し、クラウディアとスペッツィの処分について対立します。

以下、『安全の対価』ネタバレ・結末の記載がございます。『安全の対価』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

現在のアンジェラを心配したロベルトは、遂に彼女の携帯を追跡し、ステファノと関係を持っている事を知ります。さらにアンジェラの携帯のデータを辿り、あの夜ピラティ邸にいたもう一人の男もステファノであったことも突き止めました。

クラウディアは事件を隠蔽しようとしているピラティに詰め寄るものの、選挙への影響を心配し、口をつぐむ決断をします。

約束を破ったロベルトはアンジェラと激しい口論になり、アンジェラはロベルトをその場に残し、ステファノの部屋へ向かいました。そこでアンジェラは、ステファノがピラティのゴーストライターをしていたことを知り、幻滅します。

アンジェラは2人で町を出てやり直すよう提案しますが、将来を考えられないステファノは献身的な彼女を見捨てました。

アンジェラから事情を聴いたロベルトがステファノを責めるも、甲斐なし。自宅に戻ると、インターネット上に盗撮されたマリアの父親に対する独白が拡散されていました。

クラウディアを説得し、事件当日の監視カメラの映像を入手したロベルトは、ダリオから聞き出した証言が嘘であった事を知り、警察で真実を話させようとします。

その後ロベルトは拡散された動画を見たらしいスペッツィのもとへも赴き、彼がなぜ無実の罪すら被ろうとしているのかを聞き出します。自分がみじめな酔っ払いであったことを恥じている彼は現在の自分の状況は当然の結果だと受け止めていました。

警察へ連れてこられたダリオは全てを話し始めました。ピラティは、女の子から人気のあるダリオに自宅の管理を任せました。ダリオに彼女たちをピラティ邸へと招待させ、ダリオと彼女たちが行為に及んでいる様子を盗撮するためです。

事件当日、ピラティは自分でマリアを犯すつもりでいました。酔ったマリアを介抱しようとしたダリオを追い払い、彼女に暴力を振るっていました。

ダリオは何とかしてマリアを助けたかったものの、それが叶わなかったことをひどく後悔していました。ロベルトと和解したスペッツィは、刃物を持ってピラティの自宅へ向かいます。

事件当日、ピラティ邸で何があったのかを聞き出そうとするものの、責任はダリオにあるといって邪険にされます。

ロベルトはエレナたちと家族になる決断をし、彼女の家で荷造りをしていました。そこへスペッツィがダリオを殺しに現れます。

ロベルトはピラティの不正を暴く事をスペッツィに誓い彼を落ち着かせました。しかし、そこへ駆けつけた警察によってスペッツィは射殺されてしまいました。

ピラティがコーヒーに薬を仕込んでいる瞬間を捉えた決定的映像を見つけ出したロベルトは、事件の全貌を監視カメラの映像とともに街中に公開しました。

市民たちはその時はじめて身の回りで起こっている惨劇を実感し、危機感を共有することが出来ました。

スポンサーリンク

Netflix映画『安全の対価』の感想と評価


(C)Netflix映画『安全の対価』

古典的な手法でブラシュアップされたサスペンス

主人公ロベルトが不倫相手の息子ダリオを送り届けた後、自室に戻り、ベッドに横たわる彼の枕元の隣に、映画のタイトルが浮かび上がってきます。

画面の左に位置する主人公に添い寝するように出現するタイトル『Security』は、彼の床事情を含めたプライバシーすらも、この町では周知の目に晒される危険性があることを暗示しています。

彼の寝室を見張るハイエナの壁画は、毎日セキュリティ会社で他人を監視している彼自身にも、監視の目は向けられているのではないかという潜在的な恐怖を表しています。

本作の演出面において特筆すべきは、現代的にブラッシュアップされたヒッチコック映画的演出の妙。

あからさまな目配せやオマージュは往年の映画ファンにとっては、食傷気味に感じてしまいますが、細かく散りばめられた演出や手法、画面をピリッとさせる極彩色の色遣いは、単調に見える会話劇やストーリー進行にメリハリを利かせています。

中でも印象的なのは、停車中のロベルトの車に近づく人物の背後を信号の光が不自然に照らし出すシーン。

ここで本作のトーンは豹変し、それまで無かったあからさまな幻覚の演出や素早いカットの切り替わりなど、隠されていた不気味な雰囲気が突如として映画全体を包み込んでいきました。

その他にも、現実に起こった事実と伝え聞いた作り話が混ざり合った脳内のイメージ映像を、会話の途中にわざと挿入するなど、映像を用いた皮肉も秀逸です。

後ろめたさと向き合う群像劇

本作をヒッチコック的なサスペンスと形容できるのは、そのビジュアルだけでなく、物語が普遍的に共感させる後ろ暗い欲望をテーマとしていることにも関係しています。

本作の登場人物たちは、全員、善悪の属性が付与されており、それぞれが後ろめたい過去、現実を抱えています。そして、その後ろめたさから逃避する人物を徹底した悪として描いていました。

主人公ロベルトは、妻や娘と向き合わず、蓄積させたわだかまりに直面します。事件を調査していくうちに、悪や不正に対する視点を変え、町で起こった凄惨な現実を暴力的な手段で、人々の目の前に晒す決断をします。

市長選で勝つためには手段を選ばない野心的な妻クラウディアは、勝つために犠牲にしてきた誠実さや倫理観と向き合い、娘のアンジェラは、自身の教授であるステファノに男性として惹かれ、年の差を感じながらも自分が背伸びすることで、彼についていこうと必死でした。

そのことを間接的に表現しているのが、ステファノの家へ向かうまでの上り坂を登るシーン。

自分よりも一回りも年上の彼と付き合うために、彼女が乗り越えなければならない(誤魔化さなければならない)精神的な幼さを上り坂が視覚的に表現していました。

本作の終盤で彼女がこの坂を下っていくのは、精神的に退行することを意味しているわけではなく、高校生の等身大の自分に戻ったうえで、過去と向き合い、キチンと成長するためです。

また、本作の悪人であるピラティは、自身の欲求を満たすためだけに周囲を翻弄する凡庸な存在として描かれているものの、彼を除く登場人物、ロベルト、クラウディア、アンジェラ、ステファノ、エレナは、現実の価値観、倫理観では裁くことのできない不誠実さ、決して褒められたものではない人間の愚かさを纏っています。

特に、正しさで裁くことのできない存在を代表していたが、スペッツィでした。

彼自身が招いた過去の不幸に悩まされ続け、彼が救われることはなく、町の暗部を人々に知らしめるための犠牲にされてしまいました。

街を監視する視線

本作における難点は、明確な勧善懲悪の提示されないラスト。

第三者の立場からの制裁が下るであろうことを予感させるエンディングには、明確な落としどころが与えられていませんでした。

しかしながら、この宙づりのラストこそが監視社会のディストピアを忠実に描いたとも解釈できます。

ロベルトの警備会社が管理している監視カメラは既に町中に配備されており、個人の生活やプライバシーは既に会社側に委ねられています。

本作で幾度となく登場する、監視カメラが撮影した低解像度の映像は、本作においてはまるで劇中劇かのように、もう一つの世界を見せると同時に、町を監視する視線でもあります。

これらは本作にリアリティを付与する以上に、歪んだ性的欲求に基づいた視姦の目線であり、犠牲者である若者たちを暴力的に搾取する社会の目線です。

本作に登場する若者は性的凌辱にまつわるトラウマに向き合わされます。過去の苦しみを受け入れても、溜飲が下がるようなカタルシスに結び付かない本作の読後感は同じNetflixのドラマシリーズ『13の理由』(2017)を彷彿させました。

まとめ


(C)Netflix映画『安全の対価』

事件の全貌が明かされるまでの前半がやや長く、本作の物語がどこへ向かっているのかは、終盤のダリオの独白まで提示されません。

しかし本作がテーマとしているプライバシーが既に侵されているかもしれないというパラノイア、危機感は、冒頭からいたるところに散りばめられており、住民の相関図が見えてくると同時に、誰しもが抱える後ろ暗さが明らかになっていきます。

映画冒頭、セキュリティ会社がオフィスを構えるビーチ沿いを捉えるカットは、休暇に訪れたくなるような長閑さを感じる反面、町の闇を暗示するロベルトのナレーションから、どことなく不穏な雰囲気を感じさせます。

海からビーチ沿いを眺めた冒頭とは対照的に、砂浜側から海を臨む本作のラストカットは、町の外側からは捉えることのできない悍ましさを包み隠しているかのようです。

邦題『安全の対価』は、ロベルトとクラウディアの決断を表していました。

クラウディアは市長となり、行政を管理することで、町の治安維持を抜本的に解決しようとし、ロベルトはグロテスクな真実すらも人々の目に晒すという極端な手段を選択しました。

それによって何が解決したか、町の治安がどうなったのか、その後は描かれませんし、その必要はありません。

なぜなら生活の全てが誰かの視線によって管理されているというディストピアは、これから訪れるものではないからです。

実際、日本の街角にも、犯罪抑止の目的で「誰か見てるぞ」と書かれた睨む目のステッカーが至る所に貼られています。

誰かに監視されながら生活するディストピアの中で、本作を鑑賞する私たちは既に生活しているのです。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『Mrs Lowry&Son』【ティモシー・スポールへのインタビュー:わびしさの中にある美】FILMINK-vol.31

FILMINK-vol.31「Timothy Spall: The Beauty in Bleakness」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche …

連載コラム

映画『エリック・クラプトン~12小節の人生~』感想と評価。ブルースに捧げた人生とは|映画と美流百科11

連載コラム「映画と美流百科」第11回 今回は2018年11月23日(金・祝)から、TOHOシネマズ シャンテほかにて公開の『エリック・クラプトン~12小節の人生~』をご紹介します。 監督はアカデミー賞 …

連載コラム

香港映画『空山霊雨』あらすじネタバレと感想。キン・フー監督が1979年に制作した時代劇とは|すべての映画はアクションから始まる7

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第7回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアク …

連載コラム

映画『ダイヤルMを廻せ』ネタバレあらすじと感想解説。ヒッチコックが小道具を活かした完全犯罪の行く末にあるものとは|電影19XX年への旅11

連載コラム「電影19XX年への旅」第11回 歴代の巨匠監督たちが映画史に残した名作・傑作の作品を紹介する連載コラム「電影19XX年への旅」。 第11回は、『めまい』や『白い恐怖』など、多くの名作を映画 …

連載コラム

映画『ウルフチームX 特殊救出組織』ネタバレ結末あらすじと感想評価。マイク タイソン演じるギャングボスが傭兵軍団と激突!|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー48

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第48回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学