Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/09/26
Update

映画『ファイティン!』感想と解説。マ・ドンソクの強さと優しさの魅力を探る|コリアンムービーおすすめ指南3

  • Writer :
  • 西川ちょり

連載コラム「コリアンムービーおすすめ指南」第3回

こんにちは西川ちょりです。韓国映画を取り上げる月に一度の連載も今回で3回目。

今回は10月20日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショーされるのを皮切りに全国順次公開されるマ・ドンソク主演の『ファイティン!』の魅力に迫ります!

貧しさ故に幼い頃にアメリカに養子に出された男をマ・ドンソクが演じ、アームレスリングに人生をかけた姿と、これまで孤独に暮らしていた男が“家族”の暖かさに触れていく様を描いています。

ちなみに、タイトルにある「ファイティン!」というのは、日本の「ファイト!」にあたり、「頑張れ!」という意味です。

【連載コラム】『コリアンムービーおすすめ指南』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

マ・ドンソクの過去の出演は


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

マ・ドンソクがアームレスラーを演じると聞いて、瞬時に、彼に勝てる人なんているの?と思った人も多いのではないでしょうか。 

ここは、ドウェイン・ジョンソンかジェイソン・ステイサムあたりを呼んでこなければ勝負にならないのでは?と。

今年日本でもヒットした『犯罪都市』(2017/カン・ユンソン監督)では、マ・ドンソク扮する刑事が、腕周り50cmの上腕筋のせいで、自らの肘や肩の傷が見えないという姿がユーモラスに描かれていました。あの腕で闘うわけですから、こんな発想をしてしまってもおかしくないでしょう。

参考映像:『犯罪都市』(2017)

『犯罪都市』での刃物をこれでもかと振り回す凶悪犯罪者との空港のトイレでの対決シーンは、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』と並ぶ秀逸なド迫力“トイレアクション”として記憶されていくことでしょう。

参考映像:『新感染 ファイナルエクスプレス』(2016)

しかしなんといってもマ・ドンソクの圧倒的な強さと存在感を印象づけたのは、『新感染 ファイナルエクスプレス』(2016)のサンファ役です。

先頭にたって次々と襲ってくるゾンビをなぎ倒し、愛するものを守ろうとする姿は、頼れる男として観るものの心を撃ちます。彼がいなければ、あっという間に乗客は全滅していたことでしょう。

圧倒的に強いドンソクの魅力は親しみやすさ


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

そんなマ・ドンソクですが、韓国ではLovelyをもじった「マブリー」という愛称で親しまれているそうです。

ただの強面でなく、愛されキャラとして人気を博しており、ピンクのエプロン姿でコマーシャルに出演しているのだとか。

確かに上記にあげた作品では、まず超人的な強さが目立ちますが、親しみやすさや、見た目のどこか愛らしい姿も魅力的でした。 

『ファイティン!』では、ヤクザな社長に「キュート」と褒められて「キュートだと!?」と怒るシーンがあるのですが、案外、マ・ドンソクが日常的に言われている言葉なのかもしれません。

『ファイティン!』は、そんなマ・ドンソクの強くてLovelyなキャラクターを巧にいかした作品となっています。

スポンサーリンク

強くなければ優しくなれない


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

マ・ドンソクが演じるマークは、子供の頃に貧しさのため、アメリカに養子に出された男で、アームレスラーとなり頭角を表しますが、人種差別から八百長疑惑をかけられてしまいます。

怒って喧嘩したことで除名され、今はナイトクラブの用心棒や、スーパーの警備員をして暮らしています。

そんな彼に近づいたのが、彼を利用して金儲けしてやろうと考えたジンギという男で、韓国でアームレスリングの大会があるから、と彼を韓国につれてきます。

幼い頃に韓国を離れたマークは韓国料理を食べ慣れておらず、最初は拒否していたのが、次のカットでは何皿も食べているという笑えるシーンもあります。

その食べっぷりにほれぼれする一方、口数の少ない、生真面目なマ・ドンソクの姿が新鮮です。

参考映像:『海にかかる霧』(2014)

マークの“妹”であるスジンに扮するのは、ハン・イェリ。

多数の話題作に出演している女優さんですが、とりわけ、キム・ユンソク等と共演した『海にかかる霧』(2014)では、中国から密入国しようと大勢の仲間とともに船に乗り込んだ女性を演じ、凄惨な展開の中、圧倒的な存在感を示していました。


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

本作『ファイティン!』では、夫を交通事故で亡くし、一人で商売をしながら二人の子供を養う母親を演じています。

借りたお金が返せず、借金取りに追われる毎日。ぎりぎりの生活を続けている女性です。

そんな彼女の二人の子供は、結構毒舌ですが、礼儀正しくしないといけないときは、ちゃんと出来る愛らしい子たちです。孤独だったマークは、 “家族”の暖かさに初めて触れるのです。


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

笑いどころも多い人情喜劇という体ですが、その背景には貧困、格差社会、差別主義という深刻な社会問題もきっちり描かれています。

昨今、韓国映画では社会派映画の傑作が数多く作られていますが、本作にもその流れが確実にあると思われます。作り手の骨太な意思を感じさせます。

それにしても、マ・ドンソク出演作品を観ていると、人に優しくあるためには、強くなくてはいけないのだなぁ、とつくづく思い知らされます。

強いからこそ、愛する人を守ることが出来るし、強いからこそ、真に優しくなれるのです。

強さとは優しさの裏返しであり、逆もまたしかりではないでしょうか。そしてそれは誰もが持てるものではありません。

だから、強くて優しいマ・ドンソクは大勢の人々からLovelyなキャラとして、親しまれ愛されるのでしょう。

名作アームレスリング映画へのリスペクト

参考映像:『オーバー・ザ・トップ』(1987)

マ・ドンソクが見事な上腕筋を披露し、シルベスター・スタローン主演の『オーバー・ザ・トップ』(1987/メナハム・ゴーラン監督)以来の本格的アームレスリング映画として話題の本作。

劇中のテレビ番組でマークの紹介をする際に、「シルベスター・スタローンの映画に影響を受け、アームレスリングを始める」という台詞が登場します。

アームレスリングを通して、父と息子の絆の再生を描いた名作『オーバー・ザ・トップ』への目配せをきっちりしているあたりにも好感が持てました。


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

スタローン演ずるホークが、一世一代の大勝負にのぞむように、マークもまた激戦へと向かいます。彼を突き動かすものは何か?勝負の行方は果たして?!対戦相手も多彩で魅力的です。

次回の『コリアンムービーおすすめ指南』は…

次回は10月、第4回もオススメのコリアンムービーをご紹介します。

お楽しみに!

【連載コラム】『コリアンムービーおすすめ指南』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『君の誕生日』感想レビューと評価。韓国セウォル号沈没事件で大切な人を失った家族の歩み|OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録1

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『君の誕生日』 2014年4月16日、セウォル号沈没事件──残された私たちが迎える、君がいない、君の“誕生日”。 大阪アジアン映画祭の特集企画《祝・韓国映画101周年 …

連載コラム

映画『ふたりのJ・T・リロイ』あらすじと感想レビュー。ベストセラー作家の裏の裏や、海外の出版業界の様子が垣間見られる|銀幕の月光遊戯 53

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第53回 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』が2020年2月14日(金)より新宿シネマカリテほかにて全国公開されます。 2000年代の半ば、アメリカ文 …

連載コラム

映画『樹海村』あらすじ感想と内容解説。実在の心霊スポットと都市伝説をモデルに犬鳴村と異なる“村ホラー”を描く|シニンは映画に生かされて25

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第25回 2021年2月5日(金)より全国ロードショー公開予定のホラー映画『樹海村』。 前作の「犬鳴村」同様、有名な心霊スポットである富士・青木ヶ原樹海にまつわる …

連載コラム

映画『老人ファーム』感想と評価解説。三野龍一監督が描いた「吹き溜まり」に訪れる「決壊」|シニンは映画に生かされて3

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第3回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第3回でご紹介する作品は、老人ホームで働き始めた青年が …

連載コラム

映画『ラストバレット』ネタバレ感想とレビュー評価。ジャンレノの演技力はレオンファン必見|未体験ゾーンの映画たち2020見破録29

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第29回 世界各国の様々な映画集めた劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて実施 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学