Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

NETFLIXおすすめ映画『シー・ユー・イエスタデイ』ネタバレ感想と結末までのあらすじ|SF恐怖映画という名の観覧車56

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile056

「SF」的な見栄えの良さと脚本の妙が、作品そのものの魅力を高める「タイムトラベル」と言うジャンル。

2019年、遥か昔から数多くの映画が挑んできたこのジャンルにNETFLIXからオリジナル作品が登場しました。

今回は「タイムトラベル」にアメリカで起きている社会的問題を組み合わせた挑戦的な映画『シー・ユー・イエスタデイ』(2019)をネタバレあらすじを交えご紹介していこうと思います。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『シー・ユー・イエスタデイ』の作品情報

【日本公開】
2019年(NETFLIX独占配信)

【原題】
See You Yesterday

【監督】
ステフォン・ブリストル

【キャスト】
エデン・ダンカン=スミス、ダンテ・クリッチロウ、マーシャ・ステファニー・ブレイク、ジョナサン・ニーブス、マイラ・ルクレシア・テイラー、ウェイビー・ジョーンズ、ブライアン・“アストロ”・ブラッドリー、マイケル・J・フォックス

【作品概要】
『マルコムX』(1992)や『ブラック・クランズマン』(2019)など、多くの社会現象を取り入れた作品を監督したことで知られるスパイク・リーが製作を担当したNETFLIX独占配信映画。

ステフォン・ブリストルは本作が長編映画初監督作となります。

主人公の兄カルヴィンを演じたのはラッパーとしても俳優としても高い実績を残しているブライアン・“アストロ”・ブラッドリー。

映画『シー・ユー・イエスタデイ』のあらすじとネタバレ

ブロンクス科学高校に通うCJとセバスチャンはMITを目指すため、化学展示会に向けてタイムマシンこと時空転移装置を開発しています。

担当教師であるロックハートからは、タイムトラベルには倫理的な問題が付きまとうため高評価は出来ないと苦言を示されるものの、ラボの機材の無断使用を黙認するなど2人の実力自体は認めているようでした。

帰り道、CJは近くのコンビニで元カレのジャレッドに絡まれ一触即発の事態となりますが、駆けつけた兄のカルヴィンの仲裁によって事なきを得ます。

カルヴィンはチンピラまがいの出で立ちにより評判は良くありませんが、短気なCJのことを常に心配する心優しい兄でした。

夜、亡き父に想いを馳せながら、あまり仲が良いとは言えなかった兄と和解したCJ。

翌日、セバスチャンと共に時空転移装置の起動に成功。燃料の問題により戻れるのは1日前という制限のあるタイムトラベル行う2人。

時間の連続性を保つため大きな改変を加えてはいけないと言う約束をお互いに交わしましたが、1日前に戻ったCJはジャレッドに絡まれる前にジャレッドにスムージーをかけてしまいます。

激怒したジャレッドはCJを追いかけ、車にはねられ腕を骨折。

時空の渦の限界により10分ほどしか過去に留まることが出来ず、2人は現在へと戻りますが、CJの身勝手な行動にセバスチャンは激怒します。

その日、ホームパーティの最中に骨折したジャレッドが現れ喧嘩になったカルヴィンとカルヴィンの友人は、ホームパーティから出てマルコムX通りへと行きます。

2人組の男とすれ違ったカルヴィンは、その後駆け付けたNY市警の警察官に射殺されてしまうのでした。

カルヴィンとすれ違った2人組の男は強盗犯であり、カルヴィンは強盗犯と間違えられ射殺されたと分かり、警察官による黒人の射殺事件が相次ぐアメリカでは暴動が発生する事態となります。

カルヴィンの死から1週間が経ち、科学展も終わったCJは母の言葉から、時空転移装置を改良し戻れる日付を1日前から1週間前へと大幅に飛躍させることに成功。

このことでカルヴィンを救える目星がついたCJは、セバスチャンに協力を頼みます。

過去を変えることに対する危険さを説くセバスチャンは協力を躊躇いますが、カルヴィンと親しかったためCJへの協力を承諾しました。

1週間前に戻れるようになったものの、事情により1日に10分のみと言う厳しい時間制限もあり、失敗を最小限に収めることを余儀なくされます。

カルヴィンが亡くなる日に戻った2人は、マルコムX通りに向かいますが、腕を折られ憤慨するジャレッドと運悪く出くわし彼に追い回されたことで、兄の死の時間には間に合いませんでした。

現在に戻り、兄の死を止めるためには警察官に殺されるきっかけとなる2人組の強盗犯を止めれば良いと考え直し、強盗発生前に警察に通報する案を立てます。

翌日、CJに好意を抱く同級生のエドワードから量子基盤を借りた2人は、再びタイムトラベルに挑みます。

強盗が起こる前に警察に通報するCJでしたが、時間の5分前になっても警察は到着せず、痺れを切らしたCJはセバスチャンの制止を振り切り、コンビニの中へと入りました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『シー・ユー・イエスタデイ』のネタバレ・結末の記載がございます。『シー・ユー・イエスタデイ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

店員に強盗が発生すると警告するCJでしたが、スムージーを店にぶちまけたCJの印象は悪く、時間に間に合わず強盗は行われてしまいます。

偶然その場にいた過去のセバスチャンがCJを守るために撃たれ、タイムトラベルしたセバスチャンも同じ怪我を負い消滅してしまいます。

現在に戻ると、セバスチャンは死亡し、代わりにカルヴィンが生ている世界に変化していました。

CJの持っていた自身の死亡記事を見つけたカルヴィンは、CJが何かをした結果であること気づきCJを詰問します。

もう一度タイムトラベルをし直したいと言うCJは、時空転移装置の修理をするため、再びエドワードの力を借りることにしました。

エドワードの協力によってタイムトラベルした過去の自分となり替われる機能が完成し、セバスチャンを救う計画を立てるCJ。

カルヴィンとまた会うことを約束し、彼から父のドッグタグを預かりタイムトラベルを決行します。

カルヴィンが亡くなる日にタイムトラベルし、タイムトラベルした過去のセバスチャンと再会するCJ。

コンビニに通報に行く計画だったセバスチャンを無理矢理引き連れ、マルコムX通りに向かいます。

マルコムX通りを歩くカルヴィンとその友達を見つけたCJは今すぐこの場を離れるようにと伝えますが、カルヴィンはCJの言葉を信じず、CJの持っていた自身の死亡記事すら何かのいたずらだと言い始めます。

そうこうしているうちに警察が到着し、身分証明書の提示を求められた4人。

警察の横柄な態度にしびれを切らしたカルヴィンがCJから聞いた強盗の話しを警察官にすると、発生直後の事件を知っていることを不審に感じた警察官が4人を拘束しようとします。

取り押さえられタイムトラベルの機材を触られ暴れるCJを見たカルヴィンは、落ちていた自身の死亡記事がセバスチャンの死亡記事へと変化して行く事に気がつき、意を決します。

伏せているよう命じられていたはずのカルヴィンが立ち上がり、ポケットからスマホを取り出そうとすると、警察官は銃と勘違いしカルヴィンを射殺するのでした。

現在に戻り悲嘆に暮れるCJとセバスチャン。

CJの服装の変化や計画変更の違和感から、CJが自身よりも多くの回数タイムトラベルをしていたことを見抜いていたセバスチャン。詰問されたCJは、セバスチャンが過去に亡くなったことを吐露します。

状況が好転しないことや、自身やCJの身にも危険が及ぶことから、これ以上のタイムトラベルを辞め装置を破壊しようとするセバスチャン。

しかし、CJはセバスチャンの制止を振り払い、もう一度1人でタイムトラベルを行うのでした。

スポンサーリンク

映画『シー・ユー・イエスタデイ』の感想と評価

2014年8月9日、18歳の黒人青年がコンビニから出た際に警察官ともみ合いになり、射殺される事件が発生。

この事件と前後して無実の黒人が白人警察官によって射殺されるケースが多発し、アメリカでは大規模なデモが巻き起こり、報復として警察官が殺害される事件も起きるほどの社会現象となりました。

騒動以後、警察官にカメラによる常時録画が義務付けられたものの、具体的な解決が成されたわけではなく火種はくすぶったままと言えます。

そんな今もなお続く問題を真正面から捕らえた『シー・ユー・イエスタデイ』では、「タイムトラベル」と言う「SF」的なジャンルを描きながらも「人間の業」を中心とした物語が進んでいきます。

作中でははっきりとした言及はないものの、ある人物の自己中心的な行動がその後の全ての災難の元凶となっています。

タイムマシンと言う夢の装置が仮にあったとしても、使う人間の行いによって絶望の未来にもなりかねない、と言うメッセージを感じ取ることの出来る作品でした。

まとめ

本作では、タイムトラベルが巻き起こす倫理的問題を忠告するキャラクターに「タイムトラベル」繋がりで「ある俳優」が登場します。

映画好きには嬉しい小ネタも挟みながら、多感な少年少女が巻き起こす時間旅行の危険さと、社会問題を真正面から描いた『シー・ユー・イエスタデイ』。

1時間半弱というあっさり楽しめる尺でありながら、心に深く残る本作をぜひNETFLIXで楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…


(C)2019 DPC SUB 1A1, LLC

いかがでしたか。

次回のprofile057では、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)の制作陣が放つ写真を題材とした最新ホラー映画『ポラロイド』(2019)の魅力をたっぷりとご紹介させていただきます。

7月10日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『スーサイドスクワッド』ネタバレ解説と内容評価。続編映画はジェームズ・ガン監督が務めるのか?|最強アメコミ番付評21

連載コラム「最強アメコミ番付評」第21回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回はDCEUシリーズ第3弾となる、悪役たちのオールスター映画『スーサイド・スクワッド』を考察していきます。 クイーンの楽曲「ボ …

連載コラム

映画『デスマッチ 檻の中の拳闘』ネタバレあらすじと感想考察。ジェイミーベル×フランクグリロのやばいアクションムービー|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録2

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第2回 ポスト・コロナの映画界で敢然と、世界の埋もれた佳作から迷作、珍作まで紹介する、「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」。第 …

連載コラム

瀬長亀次郎映画2【米軍が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯】レビュー解説。理想と矛盾が同居する沖縄で闘った男の軌跡|だからドキュメンタリー映画は面白い23

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第23回 アメリカ占領下の沖縄で闘った不屈の男の生涯に迫る――。 今回取り上げるのは、2019年8月17日(土)から桜坂劇場で沖縄先行公開、24日(土) …

連載コラム

映画『エスケーピング・マッドハウス』ネタバレ結末の感想とあらすじ解説。クリスティーナ・リッチが19世紀後半の女性ジャーナリストを熱演|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー43

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第43回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

松下恵映画『アラフォーの挑戦 アメリカへ』ネタバレ感想レビュー。語学留学先で見た多様な価値観と本当の行き先とは⁈|だからドキュメンタリー映画は面白い12

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第12回 「アラサー」、「アラフォー」って呼ぶのは“エイハラ”になるって知ってましたか? 『だからドキュメンタリー映画は面白い』第12回は、2019年4 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学