Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/04/10
Update

映画『バスケットケース』ネタバレ感想。ラスト結末までのあらすじ紹介も|SF恐怖映画という名の観覧車44

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile044

新宿の映画館「K’s cinema」で6月8日より開催される「奇想天外映画祭 Bizarre Film Festival~Freak and Geek アンダーグラウンドコレクション 2019~」。

見世物小屋を題材とし世界中から非難を浴び、イギリスでは公開禁止の憂き目にもあった『フリークス』(1932)を始めに、世界中の問題作や怪作を集めた奇々怪々なこの企画。

本コラムでは「奇想天外映画祭」開催記念として2週に渡り上映作をネタバレあらすじ含めご紹介していこうと思います。

第1弾となる今回ご紹介させていただくのは、カルト映画的なビジュアルが前面に押し出されながらも、哀しい愛憎劇をしっかりと描いた異色のホラー『バスケット・ケース』(1982)。

単なるカルト映画に収まらない本作の魅力をたっぷりとご紹介していきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『バスケット・ケース』の作品情報


© 1981 The Basket Case Co. All rights reserved.

【原題】
Basket Case

【日本公開】
1982年(アメリカ映画)
2019年に『奇想天外映画祭2019』にて再上映

【監督】
フランク・ヘネンロッター

【キャスト】
ケビン・ヴァン・ヘンテンリック、テリー・スーザン・スミス、ビバリー・ボナー、ロバート・フォーゲル、ロイド・ペース

映画『バスケット・ケース』のあらすじとネタバレ

医者のリフランダーは自宅で何者かに襲われ殺害されます。

バスケット・ケースを抱えた青年ドウェイン・ブラッドリーがニューヨークのホテルにチェックインしますが、彼が身なりの割に大金を持っていることに宿泊客のドノヴァンは驚きました。

ドウェインは部屋に入るなりバスケット・ケースを開けると、その中にいる「何か」と会話し彼に食事を与えていました。

殺害したリフランダーの荷物からニードルマンという医学博士の住所を手に入れたドウェインは、バスケット・ケースを抱えニードルマンを尋ねます。

ドウェインの持った大金が気になるドノヴァンは、ドウェインの部屋を鍵穴越しにのぞいていましたが、同じ宿泊客のケイシーが追い払いました。

ニードルマンの病院を訪ねたドウェインは受付の女性と仲良くなり、翌日に彼女とデートの約束を取り付けます。

ニードルマンの診察を受けるとドウェインの身体に大きな傷があることが分かり、ニードルマンはドウェインの帰宅後大きく動揺します。

ドウェインがバスケット・ケースと共に映画を観ていると、ドウェインが寝てしまった拍子にバスケット・ケースが奪われ、泥棒が「何か」に襲われます。

一方、ニードルマンはドウェインの探すカッターと言う女性医師に連絡を取り、リフランダーに連絡を取れないこととドウェインが訪ねてきたことについて話しますが、カッターは関係ないの一点張りで話を取り合おうとはしませんでした。

夜、ニードルマンが1人になった頃を見計らいドウェインはニードルマンの病院でバスケット・ケースの中にいる「何か」を解き放つと、人間の頭部に手がついたようなその「何か」はニードルマンを惨殺し、カッターの住所録を奪いドウェインのもとに戻りました。

翌日、「何か」のためにテレビと新聞を買ったドウェインはカッターの職場の下見をすると嘘をつき、病院の受付嬢とデートをしていました。

しかし、そのことが「何か」に知れ、彼は怒りのあまりホテルの客室内で暴れ騒ぎとなります。

その騒ぎに乗じ、宿泊者の1人ドノヴァンがドウェインの大金を奪おうと目論みバスケット・ケースを開けたことで「何か」に襲われ惨殺されてしまいます。

実は、「何か」とドウェインには共感覚が存在し、ドノヴァンを襲った時の「何か」の感情の昂ぶりがドウェインにも伝わり、ドウェインはホテルへと急いで戻ります。

警察の尋問を何とかかわしたドウェインは「何か」と合流すると、「何か」に対しカッターのところへ行くと嘘をつきデートをしていたことを白状し謝罪します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『バスケットケース』のネタバレ・結末の記載がございます。『ベルベット・バズソー:血塗られたギャラリー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

夜、バーでケイシーにお酒を飲まされ酔っ払ったドウェインはケイシーに「何か」の存在の真実を話します。

生まれつき2人の子供がひとつの身体を共有したシャム双生児として生まれたドウェインと兄のベリアルは、出産時に母を亡くし、父はドウェインの身体に出来たデキモノのようなベリアルを忌み嫌い切り離すことを計画します。

リフランダー、ニードルマン、カッターの3人の医師はドウェインの父に命じられ2人の身体を切り離す手術を行いました。

切り離された兄のベリアルは、まるでゴミのようにポリ袋に入れられていましたが生きており、共感覚によりドウェインに助けられます。

工具用の巨大カッターを使いベリアルは父を殺害すると、自分を受け入れてくれる叔母と共にドウェインと3人で暮らしました。

しかし、叔母が病死するとベリアルの復讐心に歯止めが効かなくなり現在に至ります。

酔い潰れたドウェインを部屋に送り届けたケイシーは興味本位からバスケット・ケースを開けますが、そこにベリアルはいませんでした。

自分の部屋に戻ったケイシーは部屋に潜り込んでいたベリアルに夜這いをかけられそうになり発狂し騒動となります。

ケイシーの下着を盗みバスケット・ケースに戻ったベリアル。

翌日、目を覚ましたドウェインはベリアルと共にカッターのもとを訪ねます。

しかし、そこにはカッターは獣医と書かれており、ベリアルと自分を獣のように扱ったカッターにさらに怒りがこみ上げます。

自身の素性を明かすと、カッターは普通の人生を送れるようにした自分にむしろ感謝をして欲しいと言います。

バスケット・ケースを開けたカッターをベリアルが襲い、カッターは顔中にメスを刺され絶命。

復讐が終わり部屋に戻ろうとするドウェインのもとに、先日デートをした受付嬢が訪ねてきて関係を持とうとします。

しかし、自分の手に入れられないものに嫉妬したベリアルがバスケット・ケースから飛び出たことで台無しになってしまい、ドウェインとベリアルの関係は険悪なものとなります。

夜、寝ているドウェインを手にかけることを躊躇ったベリアルはドウェインの目を盗み街へと消えます。

一方、ドウェインは寝ている受付嬢を夜這いする夢を見ます。

それが共感覚であることに気がついたドウェインは受付嬢のもとへ走りますが、時すでに遅く暴れる受付嬢を夜這いしようとしたベリアルが彼女を殺してしまった後でした。

怒り狂ったドウェインはベリアルをホテルに持ち帰ると彼と口論を始めます。

ベリアルがドウェインを掴み、ドウェインに怒りをぶつけますが、その拍子に3階の窓を突き破ると2人は看板にぶら下がり危機的状況に陥ります。

落ちそうになるドウェインを助けようと必死に彼を掴むベリアルですが、首をつかんでいたためドウェインは息が出来なくなり意識を失います。

限界を迎えたベリアルは看板から手を離し、2人は落下。

地面に激突した2人は折り重なるように、地面に横たわっていました。

スポンサーリンク

映画『バスケット・ケース』の感想と評価

1982年にフランク・ヘネンロッターにより製作されたカルトホラーの秀作『バスケット・ケース』。

2作の続編の製作、ブルーレイの発売、そして権威あるニューヨーク近代美術館にてコレクション入りを果たすなど未だ根強い人気を持つ本作。

バスケット・ケースの中にいる「何か」によって次々と人が惨殺されるプロットと、チープな映像技術はまさに「カルトホラー」と言った感じであり、数多く製作されてきた「カルトホラー」映画から抜きんでるものではありません。

しかし、本作が「名作」もしくは「迷作」と呼ばれる所以はその哀しい物語にあります。

本作は、バスケット・ケースの中にいる「何か」が他人と違うと言う理由で化物と呼ばれ、ゴミのように扱われたことを発端とし凄惨な復讐劇が始まります。

その復讐の道程で、「何か」の協力者であり運命共同体である主人公のドウェインは様々な苦労をすると同時に、「何か」が決して手に入れることの出来ない幸せを見つけます。

その行為が「何か」による嫉妬心を引き出し、物語はクライマックスへと近づいていきます。

「家族」と言う存在は、相手に嫉妬もすれば別々の運命を歩みたいとすら感じる時もある、突き詰めれば「他人」とすら言える存在。

それでも、結局は「家族」であり2人は運命共同体なんだ、と言うメッセージ性を感じる、他のカルトホラー映画から頭1つ飛びぬけた作品でした。

まとめ


© 1981 The Basket Case Co. All rights reserved.

カルトホラー、復讐劇、家族愛。

これだけの要素をごちゃ混ぜにしておきながら、全てが綺麗に繋がるまさに怪作である『バスケット・ケース』。

作中では一切喋ることのないバスケット・ケースの「何か」の心の動きも実は丁寧に描かれており、切なさをより一層ひき立てています。

カルトホラー好きだけでなく、誰にでもオススメできるイロモノ映画として本コラムイチオシの作品です。

スポンサーリンク

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。


© 1978 KILLER TOMATO ENTERTAINMENT

次回のprofile045では、引き続き『奇想天外映画祭』開催記念第2弾としておバカ映画の伝説的作品『アタック・オブ・ザ・キラー・トマト』(1978)をご紹介させていただきます。

4月17日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

特撮映画としての『釈迦』『敦煌』内容解説とキャスト評価。邦画キングダムが受け継いだ超大作の源泉|邦画特撮大全43

連載コラム「邦画特撮大全」第43章 2019年4月19日の全国公開から大ヒットを打ち出した映画『キングダム』。 (C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会 紀元前の中国・春秋時代 …

連載コラム

『リトル・シングス』ネタバレあらすじ感想と結末考察の評価。犯人の正体と連続殺人の動機とは⁈|増田健の映画屋ジョンと呼んでくれ!4

連載コラム『増田健の映画屋ジョンと呼んでくれ!』第4回 この世には見るべき映画が無数にある。あなたが見なければ、誰がこの映画を見るのか。そんな映画が存在するという信念に従い、独断と偏見で様々な映画を紹 …

連載コラム

映画『シライサン』あらすじと感想評価。乙一が安達寛高として描く新感覚和製ホラー|SF恐怖映画という名の観覧車80

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile080 1996年、僅か17歳にして『夏と花火と私の死体』で華々しく作家デビューを果たした小説家の乙一。 2002年には『GOTH リストカット …

連載コラム

映画『カゾクデッサン』感想評価と考察レビュー。“真の家族とは何か、どんな姿か”を今井文寛監督が描く|映画という星空を知るひとよ6

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第6回 映画『カゾクデッサン』は、事故にあい意識を無くした女の夫と元夫、そしてその息子が織りなす物語を描いた人間ドラマ。初夏の大気の中、東京の下町と郊外で紡がれ …

連載コラム

映画『ファイナル・デッド・ツアー』ネタバレ結末あらすじと感想評価。最強人気No.1と認められた洋画インディーズのコメディホラー⁈|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー59

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第59回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学