Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/07/27
Update

『ワーニング その映画を観るな』感想評価と考察。“観たら死ぬ映画”の類似作の紹介も|SF恐怖映画という名の観覧車113

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile113

連日雨が続き、梅雨の気配が消えないまま8月に入ろうとしている異様な空気の2020年の夏。

新型コロナウイルスの騒動もあり、様々なイベントが開催を断念してきましたが「夏のホラー秘宝まつり」は今年も開催。

今回は「第7回 夏のホラー秘宝まつり 2020」で公開予定の韓国製ホラー映画最新作『ワーニング その映画を観るな』(2020)の魅力をたっぷりとご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ワーニング その映画を観るな』の作品情報

【原題】
Warning: Do Not Play

【公開】
2020年(韓国映画)

【監督】
キム・ジンウォン

【キャスト】
ソ・イェジ、チン・ソンギュ、キム・ボラ

『ワーニング その映画を観るな』のあらすじ


(C)2019 THE CONTENTS ON All Rights Reserved.

才能を認められた新人ホラー映画監督のミジョン(ソ・イェジ)は、納得の出来る新作の脚本を仕上げることが出来ず、プロデューサーや製作会社から見放される寸前まで追い込まれていました。

締め切りを2週間後に伸ばしてもらったミジョンは新作のネタを仕入れるために奔走するなかで、上映会の最中に鑑賞客が死亡したとされるアマチュア映画の存在を聞き…。

スポンサーリンク

「観たら死ぬ?」アマチュア映画を巡る恐怖の物語


(C)2019 THE CONTENTS ON All Rights Reserved.

拷問の様子を全編を通し被害者目線で描いた異色のホラー映画『The Butcher』(2006)で映画監督としてデビューしたキム・ジンウォンが製作した最新作『ワーニング その映画を観るな』(2020)。

本作では新作映画企画の提出リミットが迫る中、新人監督ミジョンが誘われるかのように、死者を出したとされる「呪いの映画」の存在とその在処を調査していく様子が描かれています。

「呪い」による「恐怖シーン」を敢えて序盤に登場させない本作は、「呪い」を追い「呪い」に魅せられ「呪い」の起源を知る、と言う丁寧な主人公の足取りを描写することで終盤の恐怖を増長させていました。

「呪い」の映像を描いた類似映画との比較

「観たら死ぬ」と言うワードは簡潔にして映画好きには恐ろしすぎるうたい文句ですが、このワードは2020年2月にも注目された記憶に新しいものでもあります。

2020年2月に日本で公開されたカナダ映画『アントラム 史上最も呪われた映画』(2020)は、そのあまりの刺激性に日本では試写会が中止になったと言うエピソードを引っ提げ日本に上陸したことでホラー映画業界で一躍話題となりました。

一見すると『アントラム 史上最も呪われた映画』と『ワーニング その映画を観るな』は同じ題材の映画のように思えますが、両作の持つ「ホラー映画」としての方向性は全く異なっています。

『アントラム 史上最も呪われた映画』では、作中に登場する「死を誘発する映画」が実在するかのように描かれ、作中に「インタビュー」や「解説」を含めた「フェイクドキュメンタリー」の様相を呈しています。

一方で『ワーニング その映画を観るな』ではあくまでも1つの物語を動かすアイテムとして「呪いの映画」が登場し、「実在するかも」と言うリアルな恐怖を描く『アントラム 史上最も呪われた映画』とでは「恐怖の種類」が違い、リアリティを重視しなくて良い分全力投球の恐怖を見せてくれます。

真に恐ろしいのは呪いか人か


(C)2019 THE CONTENTS ON All Rights Reserved.

本作では「呪いの映画」が引き起こす圧倒的な恐怖を描くと共に、その映画に「魅せられてしまった」人間たちの狂気の行動も描いています。

哲学者ニーチェによる有名な格言「深淵を覗く時 深淵もまたあなたを覗いている」を想起させるような「好奇心」と「理性」の物語を主軸とした『ワーニング その映画を観るな』。

もし、現実に観たら死ぬと言う「呪いの映画」が存在した場合、果たしてあなたはその映画に興味を示さずにいられるか。

本作はもちろんフィクションであれど、現実にならないとは言えない人間だれしもが持つ「罪」を描いています。

スポンサーリンク

「第7回 夏のホラー秘宝まつり 2020」の注目作品


(C)2020「メビウスの悪女 赤い部屋」製作委員会

「第7回 夏のホラー秘宝まつり 2020」では今回ご紹介させていただいた『ワーニング その映画を観るな』以外にも話題作が大量上映予定。

江戸川乱歩の短編小説「双生児」を現代リメイクした最新作『メビウスの悪女 赤い部屋』(2020)が上映されるだけでなく、ゾンビ映画でありながら殺人逃亡劇として展開される『悪魔の墓場』(1975)やホラー映画の傑作『血ぬられた墓標』(1960)などをリバイバル上映予定。

外出が怖いシーズンが続く今年の夏ですが充分な対策を講じた上で、イタリアンホラーに特化した2020年の「ホラー秘宝まつり」をぜひ劇場で楽しんでください。

まとめ


(C)2019 THE CONTENTS ON All Rights Reserved.

「観たら死ぬ」映画を求め狂気に染まり始めるミジョンと、死をまき散らす「呪いの映画」の謎と恐怖を丁寧な手法で描いた『ワーニング その映画を観るな』。

「その映画を観るな」と題されていますが、ぜひ劇場でご覧になって欲しい本作は8月21日(金)より、東京のキネカ大森を始め全国3劇場で順次ロードショー。

主演女優ソ・イェジの儚げでいて芯の強さも感じることの出来る演技にも注目して欲しい大注目の作品です。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile114では、イギリスの公共放送「Channel4」での最後の「ブラック・ミラー」シリーズであるスペシャルドラマ版『ブラック・ミラー ホワイト・クリスマス』(2014)をネタバレあらすじを交えご紹介させていただきます。

8月5日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

韓国映画『コンジアム』感想と解説。廃病院402号室からYouTube世代へ向けた恐怖の真相を考察|サスペンスの神様の鼓動15

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回取り上げる作品は、2019年3月23日(土)より全国 …

連載コラム

『The Witch魔女』韓国映画の感想レビュー。結末まで目が離せないヒロインをキム・ダミが演じたサイキック&バイオレンス!|コリアンムービーおすすめ指南4

こんにちは西川ちょりです。 今回取り上げる作品はパク・フンジョン監督の新作『The Witch魔女』です。 シネマート新宿、シネマート心斎橋で開催中の「のむコレ2018」のラインナップの一本として公開 …

連載コラム

『アングスト』元の事件から映画を推察。ラストに向けシリアルキラーの独白と不安が加速する|サスペンスの神様の鼓動33

サスペンスの神様の鼓動33 こんにちは「Cinemarche」のシネマダイバー、金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今 …

連載コラム

シンエヴァンゲリオン|ネタバレ感想解説とあらすじ結末。ラスト最後にシンジが語る“希望”と有力考察の真相とは【終わりとシンの狭間で5】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第5回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした新 …

連載コラム

映画『キュクロプス』感想と内容解説。大庭功睦監督が描く「情報が錯綜する現代」で信じるべき“本質”とは|サスペンスの神様の鼓動17

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ご紹介する作品は、2019年5月3日から公開される、 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学