Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/07/07
Update

『とら男』あらすじ感想と解説評価。金沢女性スイミングコーチ殺害事件の“真犯人を追う元刑事の姿”を活写|映画という星空を知るひとよ107

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第107回

刑事歴30数年の元刑事が本人役として主演を務め、かつて自身が捜査にあたった未解決事件の真相に迫る異色ミステリーの映画『とら男』。

時効となった未解決事件は実際に存在し、事件を解決できなかった無念の想いは、それを追っていた刑事の胸の奥にくすぶり続けます。

そんな執念にも似た刑事の‟やり残したこと”にスポットを当てて描かれた映画『とら男』。監督・脚本は、『堕ちる』(2016)の村山和也が務め、事件を担当した実際の刑事が主演を務めました。

映画『とら男』は2022年8月6日(土)ユーロスペースほか全国順次公開です。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『とら男』の作品情報


(C)「とら男」製作委員会

【日本公開】
2022年(日本映画)

【監督・脚本・プロデユーサー】
村山和也

【出演】
西村虎男、加藤才紀子、緒方彩乃、河野朝哉、河野正明、長澤唯史、南一恵、吉田君子、中谷内修、深瀬新、安澄かえで、大塚友則、河原康二、石川まこ

【作品概要】
1992年に起きた金沢女性スイミングコーチ殺人事件が題材。実在する刑事歴30数年の元刑事が本人役として主演を務め、かつて自身が捜査にあたった未解決事件の真相に迫る、セミドキュメンタリータッチの異色ミステリーです。

主人公のとら男役を元・石川県警特捜刑事の西村虎男、女子大生のかや子役を『海辺の映画館 キネマの玉手箱』(2019)の加藤才紀子がそれぞれ演じます。

監督は『堕ちる』(2016)の村山和也。現実とフィクションの二重構造によって、闇に葬られた事件の謎と真実を世間に問いかける作品となっています。

映画『とら男』のあらすじ


(C)「とら男」製作委員会

東京から植物調査に金沢に来た女子大生・かや子は、おでん屋に立ち寄ったときにそこで吞んでいた元刑事のとら男と出会います。

実はとら男には、刑事として後悔にも似た大きな心残りがありました。

1992年に起きた、未解決の金沢女性スイミングコーチ殺人事件で、担当刑事のとら男は、犯人の目星をつけながらも逮捕に至ることができなかったのです。

その事件は、未解決のまま2007年に時効が成立。

そして事件から15年後、警察を退職したとら男は、事件のことが忘れられないまま孤独に暮らしていたのです。

とら男の話に興味を持ったかや子は、当時の事件について調査をスタートさせます。

まずは聞き込みからと当時の状況を知っていそうな人に事件について何か知っていることはないかと、行動を起こすのですが……。

スポンサーリンク

映画『とら男』の感想と評価


(C)「とら男」製作委員会

誰もが多かれ少なかれ過去の出来事について「後悔」を持っているのではないでしょうか? 

社会人ともなれば、仕事で犯したミスや対人関係など、忘れようとしても忘れられない出来事に遭遇することがあります。

映画『とら男』は、そんな後悔を引き摺る元刑事が主人公となっています。

演じているのは実際に事件を担当していた刑事ご本人なので、隠そうとしても隠しようのない事件への思い入れが色濃く描かれています

そんな刑事の心残りを晴らそうと、主人公・とら男の手助けをして、再調査に乗り出すのは、女子大生のかや子。

にわか探偵のかや子の頑張りがどこまで実を結ぶのかと、注目は高まります。

また、未解決事件の犯人は本当に捕まるのでしょうか。犯人を追い詰める刑事ドラマのミステリー作品として、その結末は気になるところです。

けれども、事件の解決という結末よりもリアルに描き出されるのは、おでん屋で呑んだくれ、家庭農園をしている元刑事・とら男の「化石のような思い」

女子大生・かや子視線でストーリー展開する本作ですが、とら男の抱える‟刑事としての執念や後悔”がクローズアップされています。

本作では、時効を迎えても未解決事件はまだ終わっていないこと、また事件を追った刑事がどんな思いでいるのかということを鋭く描いています

まとめ


(C)「とら男」製作委員会

未解決事件の再調査に乗り出した元刑事を描く映画『とら男』をご紹介しました。

元刑事が本人役として主演を務めて、自身が捜査にあたった未解決事件の真相に迫る異色ミステリーです。

未解決事件が時効を迎えても、何の解決にもなりません

本作では、村山和也監督が事件に関わった人々の化石のような未解決事件への複雑な想いを描き出しました。

監督が本作で伝えたかったものとは何か……。鑑賞してみて初めてそれが分かることでしょう。

映画『とら男』は2022年8月6日(土)ユーロスペースほか全国順次公開です。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

星野しげみプロフィール

滋賀県出身の元陸上自衛官。現役時代にはイベントPRなど広報の仕事に携わる。退職後、専業主婦を経て以前から好きだった「書くこと」を追求。2020年よりCinemarcheでの記事執筆・編集業を開始し現在に至る。

時間を見つけて勤しむ読書は年間100冊前後。好きな小説が映画化されるとすぐに観に行き、映像となった活字の世界を楽しむ。


関連記事

連載コラム

映画『ブラックスワン』ネタバレ解説。ラストに向かう悪夢の先はハッピーエンド|偏愛洋画劇場12

連載コラム「偏愛洋画劇場」第12幕 今回の連載は様々な話題を呼んだサイコ・スリラー映画『ブラック・スワン』(2010)です。 監督は低予算ながら斬新な映像とアイディアで数々の賞を受賞した『π』(199 …

連載コラム

Netflix映画『荒れ野』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価解説。ホラーのシチュエーションとしての見えない化け物との戦いを戦争ドラマとして確立させえる!| Netflix映画おすすめ82

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第82回 2022年1月6日(木)にNetflixで配信されたホラー映画『荒れ野』。 19世紀を舞台に、人里離れた土地に住む一家と彼らを襲う …

連載コラム

チャドウィック・ボーズマン映画おすすめ5選!かっこいい黒人俳優が差別や悪習に立ち向かった軌跡|SF恐怖映画という名の観覧車118

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile118 2020年8月23日、「アベンジャーズ」シリーズへの出演で世界的に人気を集めた俳優、チャドウィック・ボーズマンが結腸癌によりこの世を去り …

連載コラム

ゴジラシリーズ『三大怪獣 地球最大の決戦』感想と考察。夏木陽介と星由里子を偲ぶ|邦画特撮大全23

連載コラム「邦画特撮大全」第23章 今回取り上げる作品は『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964)です。 選定理由は本作に登場する怪獣たちが、2019年に公開される『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 …

連載コラム

映画『ブレイブソルジャーズ』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ヒュルトゲンの森での米軍とナチスの死闘を描く|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー34

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第34回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学