Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

【スーパーナチュラル】ドラマ解説とあらすじネタバレ。シーズン1〜13まとめ編|海外ドラマ絞りたて1

  • Writer :
  • 奈香じゅん

『スーパーナチュラル』シーズン1〜13までのあらすじを詳細まとめ

人気海外ドラマ『スーパーナチュラル』がいよいよ最終シーズンを迎えます。

本コラムでは、番組のファンとこれから『スーパーナチュラル』を観ようと考えている視聴者に向けてドラマの魅力をお伝えします

第1回となる本コラムでは、シーズン1から13までのあらすじと主要登場人物、そしてキャストをダイジェストでご紹介

2005年に放送を開始した『スーパーナチュラル』は長寿番組へと成長しました。

シーズン15が最終シーズンと公式発表されています。“イケメン兄弟”と冠されることの多い番組ですが、実はコアファンには男性が多くいることでも知られている人気ドラマです。

【連載コラム】『海外ドラマ絞りたて』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『スーパーナチュラル』の3つの魅力を解説


TM&© Warner Bros. Entertainment Inc.

①超自然現象を指す言葉「スーパーナチュラル」

ドラマでは、悪魔、怨霊、魔物、天使、そして死神等あらゆる超自然的な存在が登場し、ハンターであるウィンチェスター兄弟・ディーンとサムが退治して行きます。

キリスト教の国アメリカで制作されているため聖書を基にしたストーリー展開が多い中、日本の妖怪も含め世界各地で伝承される生物がエピソードを飾ることもあり、海外の視聴者を意識した脚本作りがされています。

②ウィンチェスター兄弟に加え、準レギュラー陣がユニークで親近感がある


© 2012 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

例えば、元々神の命を受けディーンのお目付け役として天国から地上へ来た天使のカスティエルは、ウィンチェスター兄弟と行動を共にしている内に人間を理解するようになり、2人を助ける為に天の指示に背き身を犠牲にします。

ファンはご存じのとおり、今ではディーンとサムにとって家族の一員です。

③本ドラマに出演して脚光を浴び、その後活躍するキャストが多数


TM&© Warner Bros. Entertainment Inc.

ウィンチェスター兄妹の父親ジョンを演じたジェフリー・ディーン・モーガンは、『ウォーキング・デッド』のニーガン役、詐欺師ベラを演じたローレン・コーヘンも同番組でマギー役。

そして映画『ロード・オブ・ザ・リング』や『ホビット』で知られるフェリシア・デイも天才ハッカーのチャーリーに扮し物語の要所を担っています。

また、『THIS IS US』のランダル・ピアソン役でエミー賞を受賞したスターリン・K・ブラウンも吸血鬼を狩るハンター、ゴードン・ウォーカーとして登場しています。

登場する主要なキャラクター


© 2018 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

【ウィンチェスター家】
ジョン・ウィンチェスター(ジェフリー・ディーン・モーガン)
メアリー・ウィンチェスター(サマンサ・スミス)
ディーン・ウィンチェスター(ジャンセン・アクレス)
サム・ウィンチェスター(ジャレッド・パダレッキ)

【ウィンチェスター家の背景】
メアリーはハンターであるサミュエル(ミッチ・ピレッジ)を父に持ち、若い頃から悪意のある超自然的存在を狩って来ました。ジョンと出会い恋人同士になってからもその事実は秘密にします。

黄色い目を持つアザゼル(フレドリック・レーン)がサミュエルに憑依しジョンを殺害。悲しみに耐えられないメアリーは、アザゼルと取引をしてジョンを蘇らせます。

しかし、その契約が後に誕生する次男・サムにとって大きな試練となり、長男のディーンも巻き込まれて行きます。

そのほかのキャラクター

ボビー・シンガー(ジム・ビーヴァ―)
ジョンの親友で、ディーンとサムに目を掛けてくれる頼もしい存在。超自然的存在についてはかなりの知識を保有しており、他のハンターのサポートもしています。

チャーリー・ブラッドリー(フェリシア・デイ)
強敵リヴァイアサンのディック・ローマン(ジェームズ・パトリック・スチュアート)が牛耳る会社とは知らずコンピューターのシステムエンジニアとして働くOL。ウィンチェスター兄弟と一緒に闘う勇気ある女性です。

カスティエル(ミーシャ・コリンズ)
天国の命令でディーンを地獄から救い出す天使です。ウィンチェスター兄弟の盟友となり現世界を守るために奔走。但しかなりの天然ボケ…。

ルシファー(マーク・ペリグリノ)
神の怒りを買い天国を追放されたことを根に持つ元大天使です。強力なパワーを持ち悪魔を創造した魔王。狡猾で残忍な性格で、神から信頼されている兄弟のマイケルとは常に敵対しています。

クラウリー(マーク・A・シェパード)
地獄の王。ウィンチェスター兄弟とは対立軸に在りますが、ルシファーに馬鹿にされて以来、兄弟と組みルシファーの抹殺を狙っています。

人間が魂を差し出すことを条件に願いごとを叶える契約を結び、約束の時間が来ると自分に忠実な地獄の猟犬でその人間を襲わせます。

スポンサーリンク

ドラマ「スーパーナチュラル」シーズン1~13のあらすじ

ディーンが4才の時、弟のサムが誕生。ある晩、黄色い目の悪魔アザゼルがベビーベッドで寝ているサムの側に居る所を目撃した母・メアリーは、天井に張りつけにされ、アザゼルの放った火で殺されます。

それ以降、父・ジョンは1人で息子2人を育てながらハンターとして訓練します。ディーンは父を尊敬しハンターとして成長しますが、サムは普通の生活を望みスタンフォード大学へ進学。彼女・ジェシカもできて新生活を楽しみます。

ある日、ディーンがサムを訪れ、ジョンが突然失踪したと告げます。父を見つける為サムはディーンと調査を開始しますが、メアリーと同じ方法でアザゼルがジェシカを殺害したことから、サムはハンターとして生きることを決意しディーンと父を探す旅へ出ます。

兄弟は次々に怪物や怨霊を退治して行きながらジョンと再会します。アザゼルを殺す唯一の物は、サミュエル・コルトが作ったコルト銃だと知り、ディーンとサムは苦戦しながらも入手。

しかしその矢先、悪魔の邪魔に遭い、3人は大怪我を負います。危篤のディーンを助ける為、ジョンは自分の命とコルトを引き換えに、アザゼルと取引をしてディーンを助けます。ジョンが地獄へ落とされる間際、サムを助けられないのなら殺せとディーンに言い残します。

ジョンの死後、親友のボビーが父親代わりに兄弟の面倒を見るようになり、超能力を発揮するようになったサムを心配します。そんな中、アザゼルの野望が明らかになります。

サムの様な能力を持つ人間を集め、地獄の門を開けて祓われた者達を解放して軍隊を作ろうとしていたのです。連れ去られたサムは殺されてしまい、ディーンは父が自分にしたように悪魔と取引をし、寿命1年を残してサムを蘇らせます。

その間、アザゼルが門を開けてしてしまいますが、地獄から這い出てきたジョンがアザゼルを一瞬取り押さえた隙にディーンがコルトを奪い、遂に黄色い目の悪魔を殺します。

兄弟とボビー等ハンターは、地上に自由となった悪魔達を追うことに忙殺されます。そこへ、悪魔でありながらルビーが協力者として現れます。ルシファーが最初に創造し最も古い悪魔のリリスを倒したいと主張。

また、ディーンが寿命を差し出した契約を保持しているのもリリスだと知った兄弟は、リリスの抹殺を最重要課題に置きます。ルビーは、サムの超能力が不可欠だと言いますが、ディーンとボビーは懐疑的です。

そして、兄を救いたいサムの必死な努力も実らず、契約の時間が訪れディーンは地獄の猟犬に殺され地獄へ落ちてしまいます。

天使カスティエルによって地獄から地上へ引き戻されたディーン。リリスが66の封印を破りこの世を終末へ導こうという計画を防ぎたい為、天使はディーンを助けたのです。

ディーンは、自分の不在中、兄を救おうと奔走するサムがルビーと親しくなったことを知り激怒。しかし、よき理解者となったルビーを信頼していたサムは、彼女の悪魔の血を飲み更に強い超能力を身に着けて行きます。

そして、サムは、ディーンやボビーの忠告を無視してルビーと一緒にリリスを倒しに向かいます。

強大な力を得たサムはリリスの息の根を止めますが、実は全てはルビーの罠でした。リリスそのものが魔王を復活させる66番目の封印であり、リリスを殺せるのはサムしか居なかったのです。

ディーンとサムの目の前で、囚われの身となっていたルシファーが蘇ります。

ウィンチェスター兄弟は、この世を終わらせようと企むルシファーを倒そうとしますが、魔王の力は圧倒的でコルトでも役に立ちません。

ウィンチェスター兄弟とボビーは、ルシファーと共に地上世界へ現れた死を支配する4騎士が持つ指輪によって、再び魔王を元の檻へ戻せると地獄の王クラウリーから教えてもらいます。

ルシファーに小馬鹿にされたクラウリーは、自分が従えていた悪魔さえも忠実でなくなった為、ディーンとサムのルシファー退治に協力したのです。

天使達は大天使マイケルの器となる体を持つディーン、そしてルシファーは自分の最適な器であるサムの体を狙っていました。マイケルは過去と同様にルシファーを倒そうと目論んでいたのです。

兄妹は、運命に逆らってでも自分達の選択で生き、世の中を救おうと決意します。カスティエルは、力の弱い人間でありながら、善を行おうとする人間ディーンとサムに共感を覚えるようになります。

しかし、サムは、自分がルビーを信用した為にルシファーを復活させた罪の意識に苛まれ、ルシファーの申し出を受けようと決めます。憑依された直後に4騎士の指輪で檻への入り口を開けて、自ら飛び込むつもりでした。

一方、ディーンは断固天使の命令を拒否。天使達は仕方なくウィンチェスターの異母兄弟であるアダムを説得しマイケルを憑依させます。

大天使と魔王の戦闘が迫る中、ディーンはルシファーの中に居るサムに向けて必死に呼びかけます。

嘲るルシファーはディーンをなぶり殺そうとした最中、サムが一時的にルシファーを封じ指輪で開いた地獄の檻へ飛び込みます。

世界が終末を迎えることを防いだウィンチェスター兄弟。ディーンは、何が起きてもお互いを救う方法を探さないとサムと約束した通り、新たに生きることを模索します。

その姿を神の命でカスティエルに救われたサムは遠くから見つめていました。1年が過ぎた頃、2人は悪魔を追跡していた際に出会います。

クラウリーはより強いパワーを得る為、煉獄に落とされた超自然的存在の魂を求めて暗躍。その結果、神が創造した最古の獣・リヴァイアサンが地上を支配し始めます。

ボビーが命を落とし兄妹は涙に暮れます。預言者の知恵を借りて武器を作り、ディーンは親玉のリヴァイアサンを殺しますが、その際放出されたエネルギーに巻き込まれたディーンは一緒に煉獄へ吸収されてしまいます。

ディーンは日々生き残りをかけて有象無象の怪物と死闘を繰り広げ、超自然的存在でないものが通れる抜け道から帰還します。天国では内戦が勃発してカスティエルは翻弄され、地獄でも権力争いが起きます。

事態の収拾に乗り出したディーンとサムですが、人間を初めて殺害したカインの持つ剣が必要だと分かります。しかし、剣だけでは効果が無く、カインの刻印も継承しなければなりませんでした。

その結果、ディーンにはカインの性質も受け継がれ、殺人の衝動に悩まされます。刻印を消すことに成功するものの、地球誕生より遥か昔から存在し神と同等の力を持つ闇が神の幽閉から解き放たれます。

神に恨みを持つ闇は様々な災難を地上にもたらし、阻止しようとした天使の軍団を一瞬で粉砕。誰もが闇による地上の混乱に危機感を抱き、天国、地獄、魔女達も皆ウィンチェスター兄弟と共に総力戦で闇に挑みます。

そこへ神が現れ闇との長い確執を修復。怒りが静まった闇は自分を解放したディーンに感謝を述べ、お礼にメアリーを蘇らせます。

ディーンとサムに再会したメアリーは2人の成長を喜びますが、アザゼルと取引した為にハンターとしての過酷な人生を送ることになった息子達に罪の意識を感じます。

距離を開けたメアリーは、イギリスの賢人と呼ばれる魔物退治の組織に加わり、ケッチの指示を受けて行動するようになります。その頃、闇と一緒に姿を消した神の不在を狙い、ルシファーが再び暴走し始めます。

アメリカの大統領に憑依したルシファーは、懇意の側近・ケリーを身ごもらせます。ルシファーは元天使。人間との交わりは禁忌です。

その間に生まれる子供・ネフィリムは大きな脅威と見なした天使達は、様々な手を使ってケリーを殺そうとします。一方、悪魔達は、誕生する子供の力を利用しようと彼女を狙っていました。

しかし、カスティエルは、危険だと分かっていても無実のケリーを殺すことが出来ません。そこへクラウリーの命を受けた地獄の王子が現れますが、ケリーの体内に宿るネフェリムがカスティエルを通し抹殺します。

カスティエルは、ネフェリムが驚異的な存在であることを改めて実感すると共に、一瞬繋がった際に感じ取った善の可能性を信じるようになります。

ケリーと子供を守ろうと決意したカスティエルは、ネフェリムの誕生が近づいたある日、時空に亀裂が入ったことを知ります。その向こう側は、ウィンチェスター兄弟が生まれていない終末の世が広がっていました。

クラウリーが自らを犠牲にしてルシファーを終末の世に閉じ込めることに成功しますが、メアリーも巻き込まれてしまいます。

そして、遂にネフェリム・ジャックが誕生。金色の目でじっとサムを見つめる十代の若い男の子でした。

一方、終末の世であるパラレルワールドでは、天使達が支配しており、マイケルが現生との扉を開けて支配を目論んでいます。

ボビーやチャーリーもこの世界では生き延びており、天使に対するレジスタンスを組織しています。扉を開ける為には大天使のグレースが必要なことから、マイケルはルシファーを捉えて精気の源であるグレースを抜き取ります。

ディーンとサム、そしてジャックは、ドリームキャッチャーの協力を得て、パラレルワールドに囚われたメアリーの救助を試みますが、ジャックだけが裂け目を通過します。

魔女の力でディーンとサムも到着し、無事メアリーとジャックに合流。終末の世に居たレジスタンスも連れて現生へ帰還します。

しかし、マイケルの野望を知っていたルシファーは、ジャックを連れて地上を離れようと画策。マイケルも現世界へ戻りたい為、ジャックを手に入れれば地上から手を引くというルシファーと一時的に手を組みます。

父の本性を知ったジャックはルシファーを拒絶します。憤激したルシファーは息子の喉を切ってグレースを吸収。止めようとしたサムと一緒に、絶大な力を得たルシファーは姿を消します。

これまで弟の為に躊躇なく身を挺して来たディーンは、カスティエルが止めるのも聞かず、禁断の方法を選択。マイケルに自分の体を提供する代わりにルシファーを殺せと条件を提示します。

最強の大天使と最強の魔王が死闘を繰り広げ、遂にルシファーは絶命。しかし、ディーンを完全に支配したマイケルは、約束を破りサムとジャックの前から飛び立ってしまいます。

まとめ

SFアクション、スリラー、そしてコメディの要素を含んだ『スーパーナチュラル』は、時に感動溢れる家族と友情の物語。

今後、最終シーズン15に向かうウィンチェスター兄弟がハンターとしてどのような路を歩んで行くのかとても気になります。

過去の人気キャラクター達もゲスト出演することが正式発表されており、ファンにとって楽しみです。

次回の連載コラム【海外ドラマ絞りたて】は…

次回第2回では、シーズン14をじっくりご紹介。あらすじ・ネタバレなど、考察を含めフレッシュな情報もお届けします。

【連載コラム】『海外ドラマ絞りたて』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

韓国映画『目撃者』あらすじとネタバレ感想。キャストの演技力で都会に潜む他人への無関心を描く|未体験ゾーンの映画たち2019見破録41

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第41回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は、韓国で大ヒットした映画を紹介します。 日 …

連載コラム

映画『ブラック・クローラー』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末の人喰いワニのパニックムービーを語る|未体験ゾーンの映画たち2021見破録11

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第11回 公開の危ぶまれる映画から、奇抜なものからお約束映画までそろえた「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第11回で紹介するのは、お馴染みの& …

連載コラム

映画『返校』ネタバレ結末感想とあらすじ考察の解説。NETFLIXドラマとのラストシーンとの違いを徹底検証|SF恐怖映画という名の観覧車149

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile149 ゲーム配信サイト「Steam」で一時世界第3位の売り上げを記録し、世界的に話題となったゲーム『返校 Detention』。 この作品は幽 …

連載コラム

映画『バーバラと心の巨人』感想と結末の考察。想像力はホラーに通じる|SF恐怖映画という名の観覧車18

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile018 前回のコラムの次回予告では、今週はゾンビ映画を題材としたコラムを執筆する予定でした。 しかし、一足先に鑑賞した映画がとても興味深い映画で …

連載コラム

鬼滅の刃 無限列車編名言/場面1|DVD発売に煉獄さんと炭治郎の映画演出を振り返り【鬼滅の刃全集中の考察11】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第11回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 今回からは、原作でも屈指の人 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学