Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/06/01
Update

映画『氷上の王、ジョン・カリー』感想と評価解説。英国人スケーターの栄光と苦悩|だからドキュメンタリー映画は面白い18

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第18回

世界を魅了した名フィギュアスケーターの、栄光と孤独とは。

今回取り上げるのは、2019年5月31日から新宿ピカデリー、東劇、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほかで全国順次公開の『氷上の王、ジョン・カリー』。

44歳で夭折したイギリス人五輪フィギュアスケーター、ジョン・カリーの生涯を、貴重な映像や関係者のインタビューでひも解いていきます。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『氷上の王、ジョン・カリー』の作品情報


(C)New Black Films Skating Limited 2018

【日本公開】
2019年(イギリス映画)

【原題】
The Ice King

【監督】
ジェイムス・エルスキン

【キャスト】
ジョン・カリー、ディック・バトン、ロビン・カズンズ、ジョニー・ウィアー、イアン・ロレッロ

【作品概要】
アイススケートを芸術の領域にまで昇華させることで、メジャースポーツへと押し上げた立役者とされるイギリス人スケーター、ジョン・カリーの生涯を追ったドキュメンタリー。

栄光の裏にあった孤独や、自ら設立したカンパニーでの新たな挑戦、そしてエイズとの闘いを、生前のパフォーマンス映像を織り交ぜつつ、家族や友人、スケート関係者へのインタビューでひも解いていきます。

ナレーションを、『パレードへようこそ』(2014)、『キング・アーサー』(2017)などに出演する俳優フレディ・フォックスが担当。

監督のジェイムス・エルスキンは、早逝したロードレーサー、マルコ・パンターニを追った『パンターニ/海賊と呼ばれたサイクリスト』(2014)をはじめ、スポーツや芸術が絡んだ社会・政治問題をテーマとするドキュメンタリー映画製作に定評があります。

映画『氷上の王、ジョン・カリー』のあらすじ


(C)New Black Films Skating Limited 2018

バレエのメソッドを取り入れた演技を導入し、フィギュアスケート界に革命をもたらしたと云われる、イギリスの男子フィギュアスケート選手のジョン・カリー。

旧ソ連の天才バレエダンサー、ルドルフ・ヌレエフにあやかり、「氷上のヌレエフ」と評された彼のパフォーマンスは、瞬く間に世界を魅了。

1976年のオーストリア・インスブルック冬季五輪では、フィギュアスケート男子シングルで金メダルを獲得し、「氷上の王」の称号を欲しいままとします。

しかし当時のマスコミは、そうした偉業よりも、彼のセクシャリティに関しての報道に終始。

まだ同性愛に対する偏見や差別の目が強かったことから、ゲイであることが明らかになったカリーは、世間を騒がせることとなります。

本作は、そうした好奇の目に晒され、なおかつ病魔に侵されながらも、一人のアスリートとしてアイススケートに情熱を注いだカリーの姿を、貴重なアーカイブ映像や関係者へのインタビューなどを通して明かしていきます。

スポンサーリンク

「氷上の王」、ジョン・カリーとは


(C)New Black Films Skating Limited 2018

1949年9月9日、イギリス・バーミンガムに生まれたカリーは、7歳からアイススケートを習い始めます。

その才能は瞬く間に開花し、1971年、及び1973年から76年まで全英チャンピオンに輝いたのを皮切りに、その後も数々の選手権で優秀な成績を収めます。

さらには、1976年のインスブルックで行われた冬季五輪で金メダルを獲得。

同年の世界選手権のあとにプロに転向し、自身のツアー・カンパニーを起ち上げ、世界中を回るツアー活動に専念しつつ、振付師としても活躍します。

しかし、1987年にHIVと診断され、1991年にエイズを発症したことで同年に引退。

1994年4月15日、エイズによる心臓発作により44歳という若さで亡くなっています。

躍動するカリーの貴重な映像を堪能!


(C)New Black Films Skating Limited 2018

本作では、クロード・ドビュッシーの『「牧神の午後」への前奏曲』や、ニコライ・リムスキー=コルサコフの『シェヘラザード』といった、カリーによる演目が使用されています。

とにかく、ソロや男女混合、カルテットといった種目別で披露する彼のパフォーマンスが圧倒的です。

時には力強く、時には美しく幻想的に舞うその姿は、フィギュアスケートをよく知らない方が見ても、凄いと思うに違いないでしょう。

実は、現存するカリー本人のパフォーマンス映像はあまり残されておらず、そこで監督のジェイムス・エルスキンは、世界中の関係者に映像がないか調査を依頼したとのこと。

そうした努力が実り、1984年に国立代々木競技場体育館で開催された「シンフォニー・オン・アイス」の映像といった、貴重なアーカイブを観ることができます。

また、映像に付く音楽についても、オリジナルの譜面を元に、フルオーケストラによる演奏で再録音した音楽を使用。

それにより、本当にスケート会場にいるかのような体験が味わえます。

参考映像:ジェイムス・エルスキン監督インタビュー

スポンサーリンク

スケーターや経営者として抱える苦悩


(C)New Black Films Skating Limited 2018

1976年の冬季五輪で金メダリストとなったカリーですが、本作では彼のセクシャリティについても触れていきます。

同性愛が公的にも差別されていた時代に、ゲイであることを公表した初めてのメダリストとして、カリーの存在は社会的にも政治的にも論争を巻き起こすことに。

加えてツアー・カンパニーを運営するようになってからは、経営者としての苦労も抱えます。

前述の日本公演では、日本のスタッフ側との意思疎通が上手くいかず、演出面で不備が発生するなどのトラブルに見舞われます。

それでもなお、氷上では素晴らしいパフォーマンスを披露し続けるカリー。

彼にとっては氷上こそが、性差のしがらみも世間の喧騒も忘れ、ありのままの自分を出せる場だったのです。

王の訓示は後世に残る


(C)New Black Films Skating Limited 2018

本作の冒頭と終盤に、現役スケーターのジョニー・ウィアーのインタビューが流れます。

日本では「ジョニ子」なるニックネームで人気を博している彼も、カリーと同じくゲイであることをカミングアウトした人物。

それにより、「男性なのに男性らしい演技をしてない」といった理由で、不本意なジャッジを受けたりもしています。

そうした状況にも屈することなく、自身が輝くパフォーマンスを追求するジョニーの、「カリーが今の僕を創った」という言葉からも、カリーがフィギュアスケート界にもたらした功績の大きさが図り知れます。

カリーが亡くなって約四半世紀経ち、LGBTという言葉も一般的となった昨今。

『ムーンライト』(2016)や『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』(2018)、『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)といった、根底にLGBTをテーマとする映画も数多く製作されています。

今後も、カリーと同じイギリス人で、やはりゲイをカミングアウトしたミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描く『ロケットマン』(2019)が控えます(日本公開は8月23日)。

参考映像:『ロケットマン』予告

なお、エルスキン監督によると、カリーを主人公とした劇映画の製作も進められているとのこと。

ドキュメンタリーとはまた違ったアプローチで、氷上の王の実像をどう描くのか。

今後の続報に期待したいところです。

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『インビジブル 暗殺の旋律を弾く女』ネタバレ感想と評価。映画的サスペンスとは|サスペンスの神様の鼓動1

連載コラム「サスペンスの神様の鼓動」第1回 はじめまして、映画ライターのまこちゃと申します。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 そもそも …

連載コラム

スーパー戦隊はマンネリなのかを考える⁈【黎明期】ゴレンジャーからサンバルカン|邦画特撮大全6

連載コラム「邦画特撮大全」第6章 現在放映中のスーパー戦隊シリーズ第42作目『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』。 2つの戦隊と敵組織による三つ巴の戦いが描かれています。2つの戦隊が …

連載コラム

リベンジ映画『キュクロプス』感想と解説。演技派キャストが生み出した復讐劇を心眼で見よ|SF恐怖映画という名の観覧車47

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile047 いつの時代の映画界でも人気のある、「敵討ち」「逆襲」あるいは「復讐」へと突き進む者を鮮烈に描く“リベンジ”映画。 アメコミ映画界からは世 …

連載コラム

村上由規乃映画『オーファンス・ブルース』感想と評価。工藤梨穂監督の描いた希望を与える光|銀幕の月光遊戯 32

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第32回 終わらない夏、汗ばむ肌、記憶が抜け落ちていく中、彼女は幼馴染を探す旅へ出かける。 「ぴあフィルムフェスティバル2018」にてグランプリを受賞した『オーファンズ・ブ …

連載コラム

映画『ドリラー・キラー マンハッタンの連続猟奇殺人』あらすじと感想レビュー。伝説のカルト作品でアベル・フェラーラが演じた狂気|夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019⑦

2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「第6回夏のホラー秘宝まつり2019」。 日本映画界夏恒例のホラー作品上映イベント「夏のホラー秘宝まつり」。厳選された上映作品の中に、名作ホラ …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP