Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/08/19
Update

映画『ゆきおんなの夏』あらすじ感想と評価解説。亀山睦実監督が異種恋愛ラブストーリーを描く|インディーズ映画発見伝17

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第17回

日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画をCinemarcheのシネマダイバー 菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見伝」

コラム第17回目では、亀山睦実監督の映画『ゆきおんなの夏』をご紹介いたします。

第14回 田辺・弁慶映画祭の受賞作『マイライフ、ママライフ』(2021)が『田辺・弁慶映画祭セレクション2021』で上映される亀山睦実監督の初期作『ゆきおんなの夏』。

中田クルミ主演、人間に恋をしたゆきおんなのひと夏の恋を描く幻想的で美しい恋の物語。

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ゆきおんなの夏』の作品情報


(C)映画『ゆきおんなの夏』

【公開】
2016年(日本映画)

【監督・脚本】
亀山睦実

【キャスト】
中田クルミ、籾木芳仁、蒼波純、清瀬やえこ、美紀乃、ミネオショウ、森累珠

【作品概要】
監督の亀山睦実は、日本大学芸術学部映画学科監督コース卒業後、2016年にクリエイティブチーム・ノアドに入社。映画、SNSドラマ、広告、テレビ、2.5次元舞台のマッピング映像演出など、幅広いメディアで活躍します。

2015年、クラウドファンディングで制作支援を呼びかけ、当時若干25歳で脚本・監督を亀山睦実が手がけて製作されたのが『ゆきおんなの夏』。

2016年7月に東京・渋谷のアップリンクにて初の単独上映をしました。本作は第10回田辺・弁慶映画祭コンペティション部門入選、数々の映画賞にノミネートされ、TOKYO月イチ映画祭2016年7月グランプリ、第1回Seisho Cinema Fes グランプリを受賞しました。

待機作に、第14回 田辺・弁慶映画祭で観客賞を受賞した『マイライフ、ママライフ』(2021)、『12ヶ月のカイ』(2021)があります。

主演のゆきおんなのゆき役を演じたのは亀山睦実監督の新作『マイライフ、ママライフ』(2021)にも出演している中田クルミ。他の出演作には、『事故物件 恐い間取り』(2020)、『HARAJUKU CINEMA』(2014)など。

他の出演者は『左様なら』(2019)、『集まった人たち』(2013)の籾木芳仁、『放課後ソーダ日和』(2019)、『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(2018)蒼波純。

映画『ゆきおんなの夏』のあらすじ


(C)映画『ゆきおんなの夏』

ゆきおんなのゆき(中田クルミ)は真冬の東京で人間に恋をしました。

温かな彼(籾木芳仁)に触れたいと思ったゆき。

神様はゆきに人間の体を与えましたが、彼に恋をした記憶を消し去ってしまいました。

人間となり、東京の街へ降り立ったゆきは再び彼の元へ。

真夏の東京でゆきは彼が働くカフェで働き始め、次第にゆきは再び恋に落ちていきます……。

スポンサーリンク

映画『ゆきおんなの夏』感想と評価


(C)映画『ゆきおんなの夏』

ゆきおんなと聞いてイメージするのは、人間を凍りつかせてしまう有名な怪談ではないでしょうか。それに反して、一般的に“妖怪”とされているゆきおんなを“恋する乙女”として描いたのが本作。

人は恋をするとその人のことを知りたい、話したい、そして触れたいと思います。しかしそのような全ての好意(行為)は相手を傷つける可能性もあります。

恋した相手に触れたい思いと、相手にどう思われるのか不安な気持ちで人は思い悩みます。

本作では、現代人が誰もが抱える恋の不安や悩みをゆきおんなのゆきを通して描いています。ゆきはゆきおんなであるため、人に触れると凍らせてしまいます。

恋をした記憶を消されてしまったゆきは、自分がゆきおんなであることも忘れています。しかし、ゆきは次第に恋に落ちていき、相手に触れたいと思うようになります。

ゆきの手探りの恋とは対照的に、恋にまっしぐらなのが女子高生のアイコです。アイコはゆきが働くカフェの常連客で同じ常連客の男性に恋をしています。

恋にまっすぐであるが故に、次に進むのを躊躇ってしまいます。しかし、しっかりと自分の気持ちを伝え、前に進むアイコの姿を見てゆきも気持ちを伝えようと思いました。

ゆきおんなというファンタジックな設定ではあるものの、そこに描かれているのは、“恋”という誰もが経験したことのある感情です。ファンタジックな設定は、恋に臆病で不器用な女の子の姿でもあるのです。

ゆきおんなのゆき演じる中田クルミさんは白を基調とした衣装と、透明感のある存在感が光ります。

無機質なゆきの部屋や真夏の東京で一人部屋でアイスを食べている姿など、どこか現実味のない存在感もありながら、生身の人間らしさもある不思議なキャラクターを演じています。

まとめ


亀山睦実監督(C)Cinema Discoveries

ゆきおんなというファンタジックな設定ながら、誰もが経験したことのあるような恋の悩みや不安を描く映画『ゆきおんなの夏』。

ゆきおんなのゆきを演じる中田クルミさんの透明感のあるどこか儚げな雰囲気が、映画の幻想的な世界観を演出します。そして恋をして気持ちを伝えようとするゆきの姿は等身大でもどかしく、愛おしく映ります。

真夏の暑い東京で、誰かが誰かに恋をし、気持ちを伝えようとする。けれど、気持ちを伝えたい、好きな人に触れたいという思いは相手を傷つけるかもしれない、両思いにならないかもしれない。そして、自分が傷つくかもしれない。

そんな恋に対する不安な気持ちをリアルに描きながら、それでも恋をしたい、人は恋をする…ゆきおんなのゆきの気持ちにのせて、観客にそう伝えてくれるような映画です。

亀山睦実Twitter

次回のインディーズ映画発見伝は…

次回の「インディーズ映画発見伝」第18回は、『愛のくだらない』(2021)が公開予定の野本梢監督の初長編作『透明花火』を紹介します。

次回もお楽しみに!

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら





関連記事

連載コラム

『ダークナイトライジング』ネタバレ解説。シリーズのラストに見たスーパーヒーロー終焉の仕方|最強アメコミ番付評15

こんにちは、野洲川亮です。 今回はクリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト」シリーズの第三作にして、完結編となる『ダークナイト ライジング』(2012)を考察していきます。 クリスチャン・ベールが …

連載コラム

映画『ナチュラル・ボーン・キラーズ』考察。世の中の独裁者は誰だ?|偏愛洋画劇場8

連載コラム「偏愛洋画劇場」第8幕 私は今アメリカへ映画を学びに留学中で、前学期は映画史やショットの種類、ライティングの効果の意味や編集などを座学ですが一通り学ぶクラスを取りました。 毎回約一本映画を観 …

連載コラム

映画『ウィッチクラフト』あらすじネタバレと感想。魔術系オカルトファンに贈る昭和テイストな“エコエコがくる‼︎”|未体験ゾーンの映画たち2020見破録6

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第6回 劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で絶賛開催中。2月7日(金)からはシネ・リーブル梅田で実 …

連載コラム

映画『仮面ライダー滅亡迅雷』ネタバレ感想と結末あらすじ。キャストが見せるゼロワンOthersの魅力解説|邦画特撮大全85

連載コラム「邦画特撮大全」第85章 今回の邦画特撮大全は『ゼロワンOthers:仮面ライダー滅亡迅雷』(2021)を紹介します。 2021年3月26日から期間限定で劇場公開されている『ゼロワンOthe …

連載コラム

『ファーストラヴ』中村倫也と北川景子の男女バディ映画!庵野迦葉(かしょう)の淡い初恋に潜む“心の闇”に注目!|映画という星空を知るひとよ51

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第51回 2021年2月11日(木・祝)よりロードショーされている映画『ファーストラヴ』。 父親を殺害した容疑で女子大生・聖山環菜が逮捕されました。 事件を取材 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学