Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/09/28
Update

映画『エリック・クラプトン~12小節の人生~』感想と評価。ブルースに捧げた人生とは|映画と美流百科11

  • Writer :
  • 篠原愛

連載コラム「映画と美流百科」第11回

今回は2018年11月23日(金・祝)から、TOHOシネマズ シャンテほかにて公開の『エリック・クラプトン~12小節の人生~』をご紹介します。

監督はアカデミー賞作品『ドライビング Miss デイジー』(1989)などの製作を手がけた、リリ・フィニー・ザナックが努めています。

“ギターの神様”とも称されるエリック・クラプトンの音楽や人生に迫った、これまでにないドキュメンタリー映画です。

【連載コラム】『映画と美流百科』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『エリック・クラプトン~12小節の人生~』のあらすじ


© BUSHBRANCH FILMS LTD 2017

伝説のギタリスト、シンガーソングライターとして、世界中の人々にその名を知られるエリック・クラプトンの激動の人生を追ったミュージック・ドキュメンタリー。

クラプトンはヤードバーズ、クリームなどのバンドを経て、ソロ活動に移行してからも常に脚光を浴びてきましたが、その名声の裏にあった苦悩と葛藤の日々とは?

出生の秘密、母親に拒絶された少年時代、数々のバンド遍歴、親友ジョージ・ハリスンの妻との許されざる恋、友の死、ドラッグとアルコールに溺れた日々、空白の3年間、依存症の克服、人生を取り戻そうとした矢先の息子の死、更正施設クロスロード・センターの設立、新たな家族との日々など…。

ミュージシャン仲間たちとの貴重なアーカイブ映像、家族や関係者たちのインタビュー、手書きの手紙やデッサン、幼少期の写真や8ミリフィルムなどとともに、クラプトン自身のナレーションによって赤裸々に語られる、音楽と愛と魂の軌跡です。

出生の秘密とブルース・ギターとの出会い


© BUSHBRANCH FILMS LTD 2017

エリック・クラプトンは、1945年3月30日にイギリスのサリー州リプリーに生まれました。

クラプトンの母親は16歳の時に彼を出産し、カナダ人飛行士だった父親とカナダへ移住してしまったため、残された彼は祖父母に育てられました。

祖父母を両親、母親を姉だと思って育ったクラプトンは、7歳になるまでその真実を知らなかったといいます。

9歳の時に母親が新しい家族を連れて帰国しますが、クラプトンは母親から拒絶され、この経験は彼のトラウマとなり後の人生に大きな影を落とします。

不信感や怒り、寂しさ、拒絶など、その複雑な感情を和らげるために、クラプトンが逃げ込んだのが、ラジオ番組で紹介されていたブルース・ギターの世界でした。

独学で習得したギターの腕前は、後にジェフ・ベック、ジミー・ペイジとともに“世界三大ギタリスト”と称され、クラプトンは速弾きの名手として名を馳せることになります。

スポンサーリンク

音楽活動の遍歴


© BUSHBRANCH FILMS LTD 2017

クラプトンは現在ソロとして活動していますが、当初はバンドに所属しており、片手では足りない程のバンドを渡り歩きました。

1963年1月~8月に初めて参加したバンドはルースターズ。その後ケイシー・ジョーンズ・アンド・ジ・エンジニアズを経て、同年秋にヤードバーズに加入しプロとしてのキャリアをスタートさせます。

ヤードバーズはリズム・アンド・ブルースのバンドでしたが、ポップスに傾いていく方向性に納得できず、クラプトンは脱退します。

お金や名声よりも、純粋にブルースを追求しようとし、音楽性を優先させるクラプトンの姿勢がうかがえる出来事です。

参考楽曲:『ハイダウェイ』ジョン・メイオール・ブルースブレイカーズ

1965年にブルースのみを演奏する、ジョン・メイオール・ブルースブレイカーズに加入。

“ギターの神様”と呼ばれたのはこの頃で、「Clapton is God(クラプトンは神)」という落書きが街中に見られました。

参考楽曲:『クロスロード』クリーム

バンドの環境を窮屈に感じたクラプトンは、1966年に伝説的なバンドとなるクリームを結成。即興中心のジャムセッションで実験的な音楽を追求しますが、人間関係の悪化により解散。

その後は、ブラインド・フェイス、デレク・アンド・ザ・ドミノスなどを経て、ソロ活動をスタートしました。

本作ではギターテクニックだけでなく、整ったルックスの若かりし頃のクラプトンを観ることができます。当時の衣装にも注目してみてください。

人生の苦悩と悲哀

参考映像:『スタンディング・アット・クロス・ロード』

クラプトンに関しては、これまでにいくつもの映像作品が作られてきました。

2005年に発売された『スタンディング・アット・クロス・ロード』もミュージック・ドキュメンタリーですが、本作との大きな違いはクラプトンの音楽活動のみに焦点を当てているという点です。

本作の場合は、クラプトンの音楽にも迫りますが、それ以上に彼自身の人生を真正面から鋭くえぐっています。

監督のリリ・フィニー・ザナックとクラプトンは25年来の友人で、深い信頼関係が築けていたからこそ、驚くほど率直な内容になったと言えます。

そんな監督が心がけたのが「彼をよく知っている」という前提に立たないようにすることでした。

参考楽曲:『いとしのレイラ』エリック・クラプトン

親友ジョージ・ハリスンの妻パティ・ボイドとの許されざる恋が『いとしのレイラ』を生み、人生のどん底だった自分を前向きに変えさせてくれた愛息コニーの死に『ティアーズ・イン・ヘヴン』が捧げられました。

これらは、洋楽好きなら誰もが知っているエピソードですが、他では見られないほどの取材力で真実に肉薄します。

例えば、パティ・ボイド本人がインタビューに登場したり、当時クラプトンから送られた手書きの手紙が紹介されたり。

亡くなった息子コニーが幼い文字で書いた手紙には胸が締めつけられ、それを今でも大切に保管しているクラプトンを想うと涙を禁じえません。

また、ナレーションはクラプトン自らが行っています。その時の心情を率直に語り、赤裸々な人生を浮き彫りにさせています。

「今まで話題にしてこなかったテーマや、忘れてしまっていた話題を話すことは、クラプトンにとって深いカタルシスを感じるひと時だったはずだ」と監督は語っています。

参考楽曲:『ティアーズ・イン・ヘヴン』エリック・クラプトン

スポンサーリンク

まとめ


© BUSHBRANCH FILMS LTD 2017

グラミー賞を18回受賞、ロックの殿堂入りを3回、2015年にはブルースの殿堂入りを果たすなど、世界的に活躍し音楽界を牽引し続けるエリック・クラプトン。

有名すぎて誰もが彼のことを知ったつもりでいますが、本作を観ると想像以上の人生の壮絶さに言葉を失います。

筆舌に尽くしがたい経験の数々ですが、クラプトンはその苦しみや痛み、葛藤、哀感のすべてを音楽へと昇華させています。

本作のタイトル『エリック・クラプトン~12小節の人生~』にある「12小節」とは、ブルースの基本単位です。

ブルースに魅了され追求し、ブルースそのもののような人生を歩んできた、クラプトンにふさわしいタイトルではないでしょうか。

クラプトンの長年のファンでも、彼のことを知らない人でも、それぞれが何かしらを心に持ち帰ることのできるドキュメンタリー作品です。ぜひご覧ください。

次回の『映画と美流百科』は…

次回は、2018年9月29日(土)から公開予定の『太陽の塔』をご紹介します。

お楽しみに!

【連載コラム】『映画と美流百科』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『誰がための日々(一念無明)』感想と考察。ウォン・ジョン作品を香港映画史から読み解く | アジアン電影影戯1

激動の香港映画史を俯瞰する映画『誰がための日々』 連載コラム「アジアン電影影戯」を担当する映画評論家の加賀谷健です。 第1回では、“新香港ニューシネマ”の呼び声が高い新星ウォン・ジョン監督の『誰がため …

連載コラム

『マローボーン家の掟』感想と解説。ラストまでホラー映画と青春ファンタジーが融合した秘密とは⁈|サスペンスの神様の鼓動16

サスペンスの神様の鼓動16 こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回取り上げる作品は、201 …

連載コラム

映画『Noise ノイズ』感想と考察。ノイズミュージックとの関係から希望を考える|映画道シカミミ見聞録36

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第36回 こんにちは、森田です。 今回は3月1日よりテアトル新宿ほかで公開中の映画『Noise ノイズ』を紹介いたします。 秋葉原に代表されるそのノイジーな空間や人間 …

連載コラム

映画『ラブ・エクスペリメント』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ヤバい美女監禁を英国スリラーとして描くも“驚がくな展開”を突く|未体験ゾーンの映画たち2021見破録6

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第6回 世界の様々な映画やキワどい作品を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第6回で紹介するのは、ソリッド・シチュエーションスリラー映画 …

連載コラム

HIKARI監督映画『37セカンズ』東京国際映画祭リポート【光がきらめく】FILMINK-vol.28

FILMINK-vol.28「The Light Shines on 37 Seconds」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海外 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学