Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『シャザム!』ネタバレ感想と評価。子供がスーパーヒーローになる喜び|最強アメコミ番付評32

  • Writer :
  • 野洲川亮

連載コラム「最強アメコミ番付評」第32回戦

こんにちは、野洲川亮です。

今回は4月19日公開の『シャザム!』をネタバレ考察していきます。

DCEUシリーズ第7作目となる異色のヒーロー映画を、少年がスーパーヒーローへと成長する過程を中心に考察していきます。

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『シャザム!』のあらすじとネタバレ

(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

1974年、サデウス・シヴァナは父、兄とともに雪道を車で走っていました。

すると突然、父と兄の姿が消え、サデウスは謎の宮殿へと召喚され、魔術師シャザムと出会います。

シャザムから魔術の力を継承する資格を問われたサデウスでしたが、宮殿に封印されている“七つの大罪”からの誘惑に負ける姿を見せてしまい、シャザムに現実世界へと戻されてしまいます。

時は流れ現在、15歳の少年ビリー・バットソンは、これまで何組もの里親に引き取られてきましたが、幼い頃に生き別れた母親を一人で探そうと度々脱走する問題児でした。

今回も母親は見つからず、警察に保護されたビリーは、また新しい里親のグループホームで引き取られることとなります。

そこでビリーは、足が不自由なフレディ、おしゃべりなダーラ、大学進学を目指すメアリー、ゲーム好きなユージーン、無口なペドロといった個性的なホームの兄弟たちと出会いますが、家族を知らないビリーは馴染もうとはしません。

その頃、サデウス(マーク・ストロング)はシャザムに資格が無いと言われた日から数十年、自分のようにシャザムに召喚された人たちを研究していました。

そして、宮殿へ行く方法を見つけ、再びシャザムの前へと現れたサデウスは、“七つの大罪”を封印する目の力を解き放ち、自らの体に魔物たちの力を取り込んでしまいます。

一方、兄弟たちと同じ学校へ通うことになったビリーは、いじめっ子に絡まれていたフレディが、母親がいないことをなじられていることに怒り、いじめっ子を殴りつけ追いかけられます。

地下鉄に乗って逃れたビリー、しかし目の前から乗客たちが姿を消し、電車を降りると謎の宮殿へと着いていました。

シャザムと出会ったビリーは勇者と認められ、シャザムから力を継承し、スーパーヒーロー・シャザム(ザッカリー・リーヴァイ)へと変身します。

突然、ヒーローのコスチュームをまとった大人の肉体となってしまったビリーは、スーパーヒーローマニアであるフレディを呼び出し、助けを求めました。

フレディはシャザムの超能力を撮影しながら試させ、その力の凄さ、「シャザム!」と叫ぶことで元の姿に戻ることを発見した二人は、人助けや金稼ぎをしながら撮影したビデオを投稿し、シャザムはスーパーヒーローとしての知名度をあげていきます。

ところが、ヒーローの力を自分のためだけに使い、自作自演の救出劇で喝さいを浴び、いじめっ子からも助けてくれようとしないビリーにフレディは怒り、ケンカになってしまいます。

そこへ魔物たちの力を手にして、自分を軽んじてきた父や兄を殺し、シャザムの誕生を知ったサデウスが現れ、シャザムの力を奪おうと襲いかかってきます。

サデウスの力に圧倒され恐怖したビリーは、「シャザム!」と叫んで元の姿に戻り、戦いの混乱に乗じて逃げ出しました。

ビリーを見失ったサデウスは、居合わせたフレディがシャザムの正体を知っていることに気付き、人質に取ります。

何とか逃げ出してグループホームへ戻ったビリーは、ホームの兄弟たちからビリーの母親の居場所がわかったと告げられ、急いでその場所へと向かいます。

母親と再会したビリーは、すでに母親が再婚していること、ビリーと生き別れたのは偶然だったものの、その後シングルマザーとなる不安から、ビリーを探さなかったことを知りショックを受けますが、母を思いその場を去りました。

そこへフレディの携帯を奪ったサデウスから、ホームに戻ってくるようにと連絡が入り、ビリーはシャザムに変身しホームへと急行します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『シャザム!』ネタバレ・結末の記載がございます。『シャザム!』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

兄弟たちを人質に取られたビリーは、サデウスの要求に従って宮殿へと向かい、シャザムの力を奪われそうになりますが、そこへ追いかけて来たフレディたちの助けを借り、現実界へと脱出します。

クリスマスのイベント場所へと逃げ込んだビリーたちでしたが、サデウスと魔物たちが現れ、再びフレディたちが捕まってしまいます。

今度こそ、力を奪われる覚悟をするビリーでしたが、シャザムから力を継承する際のに言われた「兄弟姉妹で力を合わせろ」と言う言葉を思い出し、サデウスの杖を奪って兄弟たちと共にそれを掴みながら「シャザム!」と叫びます。

すると、兄弟たち5人全員がシャザムのパワーを得て、大人の肉体のスーパーヒーローへと変身しました。

力を合わせてサデウスと魔物たちを撃退し、その場に居合わせた人々を救ったビリーたちは喝さいを浴びます。

そして、ビリーはホームの兄弟たちと家族として生きていくことを決意します。

ラストでは、シャザムと友人だと嘘をついたとして、学校で孤立していたフレディの前に変身したビリーが現れ、生徒たちの前でフレディは友人だと宣言します。

さらに、シャザムが連れてきた友人として、胸にSマークを付けた青いコスチュームのヒーローが登場し、、、

子供がスーパーヒーローへと成長する喜び

(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

本作において、主人公ビリーは孤児の15才、数々の里親から見放されるほどの問題児として描かれています。

そんな少年が、純粋で正義の心を認められシャザムとなるわけですが、セリフで本人が述べている通り、「僕はそんな純粋じゃない」キャラクターにしか見えません。

どういう基準でビリーがシャザムに選ばれたかは、最後まで劇中で語られることはなく、脚本上ではあえて言い落されていることがうかがい知れます。

ここまでにビリーが生き別れた母親を探し、家族という絆に飢えている存在であり、里親などに仮初めの家族関係を否定していることは観客にも示されています。

観客は決してヒーローに向いているとは思えないビリーに疑問を持ちますが、それもそのはず、この物語はどこにでもいる少年が、数々の試練や他人との交流の果てに、スーパーヒーローへと成長する過程をこそ楽しむものなのです。

中盤でサデウスとの戦いの末、ビリーはサデウスに心から怯え、ただただ自分がその場から逃げ出すことだけを考えて行動します。

しかし、その後に仲たがいしていたフレディが人質になっていることを知らされると、迷うことなくシャザムへと変身し、フレディの元へと駆け付けます。

それまで自分の利益しか考えず行動していたビリーが、明確に利他的な行動をするのを見て、観客はビリーが人間的な成長を遂げていることを実感します。

その成長が行きついた先に、兄弟たちを心から信頼することで全員がヒーロー・シャザムに変身する、という一見トンデモな展開が感動を呼ぶことになるのです。

スポンサーリンク

9割ボケ続ける純正コメディだからこその感動

(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

初期のDCEUシリーズは『マン・オブ・スティール』(2013)、『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)など、シリアスでリアリティーを重視した、硬質な世界観が築かれてきました。

しかし、その作品傾向は『ジャスティス・リーグ』(2017)あたりから徐々に変化していき、シリーズ前作の『アクアマン』(2019)に至っては、作品全体が陽気でコミカルな雰囲気を前面に押し出していました。

この流れの一つの到達点となったのが本作の、“9割ボケ続ける純正コメディ”仕様のストーリーでしょう。

シャザムに変身し手にした超能力を使い、子供のような遊びに興じていく様をとことんユーモラスに描き、敵との戦闘時も中身が子供という設定を忘れず、大人の姿で放つ子供なセリフが笑いを誘います。

こういったコメディ性をベースとしているからこそ、サデウスが家族を虐殺するシーンの凄惨さに恐怖し、ビリーたちが家族の絆を築く姿に感動しやすくなります。

作品全体に漂う安心感は、スピルバーグ作品や『グーニーズ』(1985)などの、ジュブナイル、SF映画の系譜を継ぐ意志を感じさせます。

MCU作品で言えば、「アントマン」シリーズ、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が好きな人にとっては、本作の持つカラッとした陽気さはとても相性が良いと思われます。

次回の「最強アメコミ番付評」は…

(C)2019 MARVEL

いかがでしたか。

次回の第33回戦は4月26日公開、MCU10年の集大成となる作品『アベンジャーズ/エンドゲーム』を考察していきます。

お楽しみに!

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『狂猿』感想評価とレビュー解説。“デスマッチのカリスマ”葛西純の最強の人生の作り方|映画道シカミミ見聞録56

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第56回 こんにちは、森田です。 今回は、2021年5月28日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて公開されるドキュメンタリー映画『狂猿』を紹介いたします …

連載コラム

シンエヴァンゲリオン考察|ループ説解説=“否定”という庵野秀明の贖罪ד決別”という再会の願い【終わりとシンの狭間で8】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第8回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした新 …

連載コラム

映画『インビジブル・ウィットネス 』あらすじネタバレと感想。リメイク版の元ネタの結末はインビジブルゲストと何が違うか⁈|未体験ゾーンの映画たち2020見破録9

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第9回 様々な映画が大集合した「未体験ゾーンの映画たち2020」が、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催されました。2月7日(金)からはシネ・リー …

連載コラム

清原惟映画『ひとつのバガテル』あらすじと感想レビュー。武蔵野美術大学の卒業制作という“衝撃あるいは事件”|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り3

第10回ちば映画祭「清原惟監督特集」 2018年に東京藝術大学大学院の修了制作として手がけた初長編作品『わたしたちの家』が劇場公開され、鮮烈な映像感覚が大きな注目を集めている清原惟(きよはらゆい)監督 …

連載コラム

【スパイダーバース】ネタバレ感想。アニメ版スパイダーマンは差別や偏見を超えていく|最強アメコミ番付評29

連載コラム「最強アメコミ番付評」第29回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回は3月8日に公開されたアニメ作品『スパイダーマン:スパイダーバース』を考察していきます。 “スパイダーマン映画史上最高傑作” …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学