Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/02/15
Update

大坂なおみも絶賛の魅力!アカデミー賞ノミネート『スパイダーマン:スパイダーバース』とは?|最強アメコミ番付評25

  • Writer :
  • 野洲川亮

連載コラム「最強アメコミ番付評」第25回戦

こんにちは、野洲川亮です。

今回はアカデミー賞にノミネートされた、3月8日公開のCGアニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の作品情報を、公開前に解説していきます。

すでに全米で公開され、各所で好評を得る本作はいったいどんな作品かに迫っていきます。

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『スパイダーマン:スパイダーバース』のあらすじ

「スパイダーマンが死んだ」。スパイダーマンことピーター・パーカーの訃報に、ニューヨーク中、そしてピーターの意志を継ぐ、新スパイダーマンの中学生マイルス・モラレスも悲しみに暮れていました。

裏社会に君臨するキングピンが、時空を歪めたことにより発生したこの事態は、さらに別次元同士をも繋げてしまいます。

これにより様々な次元=ユニバースから、それぞれの世界のスパイダーマンたちが出現、力を合わせてキングピンに挑んでいくことになります。

異世界で存在していたスパイダーマンたちが同じ世界に集結するアニメーション映画で、『LEGOムービー』、『くもりときどきミートボール』などの監督・脚本コンビ、フィル・ロードとクリス・ミラーが、脚本と製作総指揮を務めています。

全米での好評!あの大坂なおみも絶賛

本作は日本に先駆けて、全米では2018年12月14日に公開されました。

そして公開されるや否や、評論家、観客が次々とに好評の声を挙げていて、いわゆる玄人受け、一般受けの両方の評価を獲得しています。

ゴールデングローブ賞、英アカデミー賞、アニー賞などを軒並み受賞し、2019年、第91回米アカデミー賞でも長編アニメーション部門にノミネートされています。

好評は各界にも広がっていて、プロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手はツイッターで“『スパイダーマン:スパイダーバース』は最近観た映画で、最も良かった1作。映画を通してこんなにハッピーな気分になれたことはないです”と、本作を絶賛しました。

日米のハーフであり、度々自身の国籍についての報道がされている大坂選手にとって、黒人系のマイルス・モラレスという主人公から浮かび上がるアイデンティティを巡る本作のキャラクター設定。

そして成長していく過程は、自身を鏡写しにしたように共感を呼ぶものだったのかもしれません。

この大坂選手のツイートに、製作総指揮を務めるフィル・ロードは“あなたのプレーにこそ感動した。感動のお返しです”と粋な返信をしています。

今なぜ、マイルスを主人公に描くのか、時代性とのフィット感を感じますね。

また、アメコミ翻訳家の光岡三ツ子さんも“スパイダーバース、革新的な手法を使ったアニメも素晴らしいし、多様性を尊重した作品作りも素晴らしい”と、これまた絶賛評をツイートしています。

素晴らしいスパイダーマン映画であり、史上最高のスパイダーマン映画です

現在最高のスパイダーマン映画の一本でした

温かさとヒロイズム、ユーモアが詰まっていて、スタン・リーも誇りに思うでしょう

ユーモアが駆け抜けていく、まぎれもない(すべての年代にぴったりの)スパイダーマン映画で、アクションは激しくぶっ飛んでいて、この形式でしかできないものとなっています

こうして絶賛評を並べていくだけで、本作への期待感は限界まで高まっていきます。

スポンサーリンク

レンタル移籍中!スパイダーマンの不在から生まれたSUMC

2019年現在では、トム・ホランドが演じる実写版スパイダーマンは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)を皮切りに、「アベンジャーズ」などのMCUシリーズに登場しています。

しかし、本来スパイダーマンの映画化権を持っているのはマーベル及び、親会社ディズニーではなく、ソニーピクチャーズです。

両社の思惑が一致し、スパイダーマンのMCU参戦が決定しますが、その結果ソニーは一定期間スパイダーマン抜きで独自のシリーズ、「SUMC」ソニーズ・ユニバース・オブ・マーベル・キャラクターを進めていくことになります。

その第1弾となったのが、スパイダーマンの宿敵ヴィランを描いた『ヴェノム』でした。

そして『ヴェノム』エンドロール後に、「また別の世界」と紹介される形で本作の特別映像が流されました。

“レンタル移籍中”で、実写映画では登場させられないスパイダーマンの不在を埋めるため、ヴィランやアニメーション作品など、スピンオフ作品の製作へと舵を切ったわけです。

製作に名を連ねるフィル・ロード&クリス・ミラーのコンビは、監督・脚本を務めた『LEGO ムービー』内で、バットマンなどのコミックヒーローを多数登場させ、その原作やキャラクター、エピソードを活かし、パロディとして上手く劇中に落とし込むことに成功していました。

その手腕は、製作に回った続編『レゴバットマン ザ・ムービー』でも発揮されており、『レゴバットマン ザ・ムービー』はどの実写版バットマンよりも、“正しく面白いバットマン像”を作りだし、「全てのバットマン映画の中で最高傑作!」と言われるほどの評価を受けます。

別次元のスパイダーマンたちが集結するという設定は、原作コミック「スパイダーバース」を反映したものになっていますが、この原作をどのような形でフィル・ロード&クリス・ミラーら製作陣が活かしているかも、コミックファンにとっても楽しみの一つになるでしょう。

次回の「最強アメコミ番付評」は…

(C)Marvel Studios 2019

いかがでしたか。

次回の第26回戦は、3月15日公開のMCUシリーズ最新作『キャプテン・マーベル』の公開前情報を解説していきます。

お楽しみに!

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『ファイブ・ウォリアーズ』ネタバレ感想レビュー。異色ウェスタン映画は南アフリカから颯爽と登場!|未体験ゾーンの映画たち2019見破録42

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第42回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は、南アフリカを舞台に描かれた西部劇が登場し …

連載コラム

服部樹咲(新人女優)ってどんな少女?『ミッドナイトスワン』演技派の草彅剛を引っ張った“自然体の演技”|映画という星空を知るひとよ23

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第23回 映画『ミッドナイトスワン』はトランスジェンダー・凪沙が親から愛を注がれずにいた少女・一果を預かることになり、次第に2人の間に一つの絆が生まれる物語。 …

連載コラム

映画『アドリフト』感想とレビュー解説。実話サバイバルとして「41日間の漂流」を絶望と執念で戦う|SF恐怖映画という名の観覧車97

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile097 今週の当コラムは、実話を基にした恐怖と希望の映画『アドリフト 41日間の漂流』(2020)をご紹介させていただきます。 「SF」でも「ホ …

連載コラム

映画『タイガー・スクワッド』あらすじネタバレと感想。アクションスリラーを極限の状況下での会話劇で描く|未体験ゾーンの映画たち2019見破録18

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第18回 1月よりヒューマントラストシネマ渋谷で始まった“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」では、ジャンル・国籍を問わない貴重な58本 …

連載コラム

映画『ジョージ・ワシントン』あらすじと感想。デヴィッド・ゴードン・グリーンが幻のデビュー作で描く人間の純粋な強さ|ルーキー映画祭2019@京都みなみ会館5

2018年3月から一時閉館していた京都みなみ会館が、2019年8月23日(金)に、装いも新たに復活。 リニューアル記念イベントとして、2019年9月6日(金)からグッチーズ・フリースクール×京都みなみ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学