Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

『劇場版ハイスクールフリート』ネタバレあらすじと評価・感想。“晴風”が直面する新たな危機とは⁈

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

満を持して、新生「晴風」出港!

仲間と一緒なら、どんな危機(ピンチ)も乗り越えられる。

圧巻の海上戦と重厚な艦船描写、そして海に生きる少女たちの青春を描き人気を博したアニメ『ハイスクール・フリート』がスクリーンに帰ってきました!

テレビシリーズでは登場しなかった艦船「大和」「信濃」「紀伊」も登場。さらにスケールアップされた迫力の艦隊戦が繰り広げられます。

それでは、映画『劇場版 ハイスクール・フリート』、全速前進、ヨーソロー!

スポンサーリンク

映画『劇場版 ハイスクール・フリート』作品情報


(C)AAS/新海上安全整備局

【公開】
2020年(日本映画)

【総監督】
信田ユウ

【監督】
中川淳

【原案】
鈴木貴昭

【脚本】
鈴木貴昭、岡田邦彦

【キャスト】
夏川椎菜、Lynn、古木のぞみ、種﨑敦美、黒瀬ゆうこ、久保ユリカ、澤田美晴、菊地瞳、田中美海、丸山有香、田辺留依、中村桜、彩月ちさと、大地葉、宮島えみ、山下七海、藤田茜、小林ゆう、高森奈津美、相川奈都姫、清水彩香、福沙奈恵、小澤亜李、金子彩花、新田ひより、大橋歩夕、麻倉もも、伊藤かな恵、大津愛理、阿澄佳奈、雨宮天、鶴岡聡、五十嵐裕美、森永千才、高橋未奈美、長縄まりあ、楠木ともり、天野聡美、富田美憂、鈴代紗弓、大空直美

【作品概要】
テレビシリーズ・OVAを経て、ついにアニメ『ハイスクール・フリート』が待望の映画化。

テレビシリーズを手がけた信田ユウが総監督を、『劇場版 ポケットモンスター みんなの物語』や『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』の演出を手がけた中川淳が監督を担当。さらに脚本は、原案・鈴木貴昭とテレビシリーズ脚本を担当した岡田邦彦が共同で手がけています。

映画『劇場版 ハイスクールフリート』あらすじとネタバレ


(C)AAS/新海上安全整備局

「晴風」クラス解散危機の騒動から3ヶ月。

横須賀女子海洋学校には舞鶴・呉・佐世保の各女子海洋学校を代表し、「大和」「信濃」「紀伊」の3隻が来航。文化祭と体育祭をかねたイベント「競闘遊戯会」が開催されていました。

「晴風」艦長兼クラス委員長の岬明乃(夏川椎菜)は副長兼クラス副委員長の宗谷ましろ(Lynn)と共にクラスの面々が催す出店やイベントを廻り、時に手伝い、時にトラブル解決に追われていました。

そんな中、二人は横須賀では見かけたことのない少女に出会います。

屋台のたこ焼きを物ほしそうに見つめる少女にたこ焼きを買い与える明乃とましろに、少女はスー:本名スーザン・レジェス(大空直美)と名乗ります。

父親を探すために日本に来たというスーと親しくなった二人ですが、指導教官の古庄薫(豊口めぐみ)から呼び出されます。

古庄の所を訪れた二人は、彼女から教習艦「比叡」の艦長を務める学生が休学すること、後任の艦長にましろの名が挙がっている事を告げられます。

急な申し出にましろは驚きながらも、心の中では艦長への憧れと「晴風」を離れることへの寂しさがせめぎあっていました。そして明乃もまた、ましろが「晴風」からいなくなるのでは動揺します。

古庄の元を後にした二人は、公園で焚き火をしながら魚を焼いているスーに遭遇します。

公園で野宿しようとしているスーを気遣い、一緒にいようとする明乃のために、ましろはテントと寝袋を用意。三人はテントに泊まることにします。

スーは明乃とましろの様子が昼間と違うことを指摘します。二人は彼女の指摘に上手く答えられずに夜は更けていきます。

翌日、競闘遊戯会二日目、各学校対抗の競技会が開催されていました。

明乃とましろ、「晴風」航海長の知床鈴(久保ユリカ)、記録員の納沙幸子(黒瀬ゆうこ)らとともに内火艇による障害物競走に出場します。

鈴の操舵と幸子の分析で障害を回避しながら進む「晴風」チームですが、ましろは前日の艦長推薦の話に注意を欠いてしまったことで接近する魚雷に気づけず、「晴風」チームは下位でレースを終えます。

続く競技も「晴風」の面々は活躍自体はするものの、良い成果は残せませんでした。

そして迎えた個人戦競技「盤上模擬戦」。自由参加ではあるものの、「各艦の艦長が出場する」という暗黙のルールが存在するこの競技にましろは出場を決意、明乃にも出場を促します。

ましろは各艦長が出場する「盤上模擬戦」を通じて、自身の艦長の素質、そして、これまで背中を見てきた明乃に自分の力がどれだけ通じるかを試そうとしていたのです。

その頃、スーは廃棄予定の小型フロートを牽引するためのタグボートに乗り込んでいました。そしてタグボートの自動操船を解除、フロートを規定のコースから外し移動させ始めます。彼女は無線機によって何者かから指示を受けていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『劇場版 ハイスクール・フリート』ネタバレ・結末の記載がございます。『劇場版 ハイスクール・フリート』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ましろは強豪を次々と撃破し、決勝へと駒を進めます。そして、同じく決勝まで勝ち残った明乃とも熱戦を繰り広げます。

ところが、横須賀女子海洋学校校長にしてましろの母・宗谷真雪(甲斐田裕子)の元に「廃棄されていたはずの海上要塞が海賊によって占拠され日本へ向かっている」「そして海上プラントも占拠され、海上要塞への合流を目指している」という知らせが届きます。

海賊の目的は、廃棄された海上要塞と海上プラントをドッキングすることで要塞を自給自足・移動可能な海上基地にすること、人質たちに要塞の機能を修繕させる事にありました。

そして、全海洋学校や「ブルーマーメイド」「ホワイトドルフィン」を管轄する海上安全整備局によって横須賀基地の「ブルーマーメイド」への出動命令が出されたことを知り、真雪は競闘遊戯会の中止を指示します。

その頃、スーはフロートを横須賀湾の入口に移動させていました。無線機で指示を仰ぐスーですが、返事がありません。次の瞬間、フロートが爆発。スーは海に投げ出されていしまいます。

爆発の衝撃は盤上模擬戦で競う、明乃とましろの元にも伝わっていました。慌てて外へ飛び出す明乃とましろ、「晴風」船員達。明乃は「ブルーマーメイド」隊員に救出されるスーの姿を目撃します。

フロート爆発の知らせを受けた真雪は戦慄します。フロートの残骸により、湾外への艦船の出港が出来なくなったことで、競闘遊戯会のために集っていた多くの「ブルーマーメイド」艦船も出動できなくなったためです。真雪は海上要塞、プラントの占拠と連動した海賊の企てに嵌ってしまった事を悟ります。

その頃、病院に搬送されたスーのところへ駆けつける明乃とましろ。スーは古庄による事情聴取を受けていました。

スーは母国で観光用クルーザーなどの操船の仕事をしていましたが、それに目をつけた海賊に騙され、父親の行方を捜すことを条件にフロートを移動させられ、口封じとしてフロートもろとも爆破されそうになったのです。

しかし、スーが海賊の手引きで日本にやってくる際に海上要塞で過ごし、内部構造を把握している事を知った真雪は、運よく湾外にいたことで出動可能な学生たちの教育艦による海上要塞・プラントの奪回作戦を立案します。

その作戦を知った明乃とましろは自分たちも「晴風」で同行させてほしいと嘆願しますが、真雪は聞き入れません。そこに、明乃の幼馴染で「武蔵」の艦長を務める知名もえか(雨宮天)が現れます。

もえかは真雪に、海上要塞自体の武装は無力化されているため危険は少ない事、旧型の教育艦に関しては「ブルーマーメイド」隊員よりも日頃乗り続けている学生たちのほうが錬度が高い事、すでに各艦の艦長・乗員に作戦参加の了承を受けている事などを理由に、自分たちに作戦実行を任せてほしいと訴えます。

もえかの訴えも却下しようとする真雪ですが、未曾有の危機に政府は全海洋学校を海上安全整備局の指揮下に置き、真雪に参謀本部入りを要請する連絡を受けます。

その連絡を受け、真雪は現場責任者として、宗谷家の長女・宗谷真霜(中原麻衣)を同行。遅れて横須賀入りする予定であったために運よく出動不可能を免れた「ブルーマーメイド」所属の戦闘艦「べんてん」、その艦長にして宗谷家の次女・宗谷真冬(優希知冴)と合流し、全教育艦の出動を許可します。

こうして「武蔵」を旗艦に、各女子海洋学校の「大和」「信濃」「紀伊」やドイツからの留学艦「アドミラルシュペー」、東舞鶴男子海洋学校の潜水艦「伊201」などで構成された学生艦隊「ハイスクール・フリート」を結成。「晴風」は先行艦を担うことになりました。

海上プラントに追いついた「ハイスクール・フリート」はプラントの人質奪回・制圧を「べんてん」「アドミラルシュペー」に任せ、海上要塞に向かいます。

真冬の指揮する救出隊により、全人質を解放。「アドミラルシュペー」の海上攻撃と突入隊による内部制圧により、プラントの奪回に成功します。しかし、海賊の首魁は制圧が完了される間際、腰に備えた発信機のスイッチを押していました。

海上要塞へ到着した「ハイスクール・フリート」は先行して要塞に向かっていた「ホワイトドルフィン」の艦隊と合流。大和型4隻による一斉攻撃で要塞内部に至るゲートを破壊した上でホワイトドルフィン艦隊が突入、内部から要塞を制圧する作戦を立案し、横須賀で総指揮を担う真雪はこれを承認します。

制圧作戦が開始され、大和型各艦の攻撃でゲートの破壊には成功したものの、出来た隙間が狭く、「ホワイトドルフィン」の戦闘艦では通過できません。「ホワイトドルフィン」隊員たちは小型艇「スキッパー」での突入を試みますが、要塞の武装がすでに修繕されていたため、突入は失敗します。

打つ手をなくした「ハイスクール・フリート」ですが、状況を見ていた明乃は「晴風」の大きさなら内部に突入できると考えていました。そのことを察していたましろは急いで突入作戦を立案、「武蔵」を経由して真雪の承認を得ます。

こうして突入作戦を実行する「晴風」。その作戦とは「大和型艦の砲撃が海面に着弾した際に生じる巨大な水柱に身を隠しながら、要塞へと接近する」という驚くべきものでした。

水柱に伴う荒波の中を突破し、要塞の前に躍り出た「晴風」はゲートへ突入。各種アンテナを破損しながらも内部への侵入に成功します。

スーの案内で内部を進む「晴風」ですが、要塞防衛用に設置された自動砲の砲撃に晒されます。しかし、砲術長・立石志摩(古木のぞみ)や見張員・野間マチコ(小林ゆう)、水測員・万里小路楓(中村桜)たちの活躍で自動砲を撃破。「晴風」は要塞の動力部に近づきます。

水雷長・西崎芽依(種﨑敦美)により発射された魚雷で動力部を破壊した……かと思われましたが、動力部を囲む柱に阻まれ、完全な破壊にまでは至りませんでした。主砲による砲撃も届かず、攻め手を欠き、焦る明乃は鈴の「魚雷が曲がればいいのに」というつぶやきにひらめきます。

衛生長・鏑木美波(阿澄佳奈)を艦橋に呼び出した明乃は、美波が普段乗っている電動型立ち乗り二輪車を取り上げると、爆薬をくくりつけ、即席の自走式爆弾を作ります。

自走式爆弾を操る鈴は柱を掻い潜り、動力部の中心部へと到達。爆薬を作動させ「晴風」は動力部の破壊に成功します。

しかし、動力部破壊と同時に要塞も自壊を始めます。出口へと急ぐ「晴風」ですが、侵入してきたゲートの裂け目が閉じられていました。

主砲による砲撃でも出口は開かず、魚雷による雷撃も射出角度が合わず行えないという絶体絶命の状況に、ましろは艦橋を飛び出します。「スキッパー」に飛び乗って走り出したましろにすべてを察した明乃は、手空きの乗員に甲板で待機するように指示します。

ましろは「スキッパー」をゲートを塞ぐ瓦礫のわずかな隙間を目掛けて衝突、自身は直前に飛び降りました。衝突によって「スキッパー」は爆発、その衝撃で瓦礫に亀裂が走ります。

明乃はその亀裂に「晴風」を突入させ、要塞からの脱出を果たします。直後要塞は爆音を上げて崩壊、こうして日本を襲った未曾有の危機は回避されました。

甲板に飛び出す明乃は救出されたましろと対面、ましろは明乃に自分は艦長になることを伝えます。しかし、それは今ではなく、これからもトラブルに巻き込まれるであろう、「晴風」で経験を積んだ後のことであり、今は「晴風」で副長をやっていたいとも語りました。

感極まり、ましろに飛びつく明乃。甲板に集まった「晴風」の乗員たちがその様子を温かく見守る中、いつしか、東の空には朝日が射していました。

スポンサーリンク

映画『劇場版 ハイスクール・フリート』の感想と評価


(C)AAS/新海上安全整備局

本作は2016年4月から6月にかけ放送され、2017年にはOVAも製作された『ハイスクール・フリート』の劇場版になります。

2000年代後半からアニメ作品の題材としてミリタリー物が見られるようになりましたが、本作はそんな「ミリタリー×美少女」物の中でも一線を画す作品ではないでしょうか。

特に、世界観の設定が入念に考えられており、日露戦争後、メタンハイドレートの過採掘により国土が水没したことにより、世界有数の海上国家となった日本で多発する水難事故、横行する海賊行為に対応するため「ブルーマーメイド」が設立されたという背景設定の中で物語が紡がれています。

そして劇場版にあたる本作では、テレビシリーズでは深く語られなかった「世界観」により切り込むような内容となっていました。

劇中で登場した海上要塞や海上プラントは本作の世界観により深みを持たせると共に、海賊の存在、その被害の深刻さを描くことにより、作品のテーマが「艦船に関する学園もの」というよりも「海の安全を守る少女たち」の物語であると強調しています。

それを示すように、劇中で流れるニュースでも海賊被害を知らせるものや海上プラントでの事故等、世界観のリアリティを持たせ、そことなく観客にも意識させる演出が取られていました。

また、本作はミリタリーファンにとっても興味深い作品になったのではないでしょうか。

特に本作では大和型戦艦が4隻登場しますが、実際の3番艦「信濃」は建造途中で空母へと設計変更、「紀伊」に至っては計画のみで建造されない幻の戦艦として知られています。

しかし本作では4隻が並んで航行、何よりも海上要塞へ砲撃を行う際の46センチ砲、4隻合わせて合計36門による砲撃は圧巻の一言に尽きます。それだけでなく、劇中では発射する砲身を入れ替え繰り返し砲撃を行う「交互射撃」が披露されるなど、マニアには堪らない演出となっています。

登場するキャラクターたちにも、テレビシリーズからの成長が見られると共におなじみの姿を見せてくれました。

特筆すべきは明乃とましろの関係性の変化です。

二人が入浴する場面では無意識にまったく同時の動きをしていたり、スーが焚き火を行っていたところに行き当たった場面では阿吽の呼吸で焚き火を消火、まさに以心伝心といった感じでした。テレビシリーズで幾多の困難を、明乃とましろが時に衝突しながらも乗り越えてきたことが垣間見えます。

それだけに、ましろの「比叡」艦長への打診によって生まれるであろう関係性の変化に戸惑い、苦悩する二人の姿が深く描かれていました。

その他にも、留奈の見当はずれなことわざの引用や、ミーナと幸子の「仁義なき」広島弁でのやり取り、麻侖の法被など、おなじみの光景でシリーズファンを楽しませてくれています。因みにラッパ手である楓のラッパ演奏が上達しているので、そこも注目してみてください。

さらに、スマートフォン向けゲームアプリ「ハイスクール・フリート 艦隊バトルでピンチ!」に登場するキャラクターである榊原つむぎ、長澤君江、高橋千華、山辺あゆみも登場しています。それぞれワンカットの登場ではあるものの、個性を存分に発揮し本作を彩っていました。

まとめ


(C)AAS/新海上安全整備局

映画『劇場版 ハイスクール・フリート』のキャッチコピーの一つとして、「仲間と一緒なら、どんな危機(ピンチ)も乗り越えられる」という言葉が挙げられています。

テレビシリーズから、「晴風」の面々は数々の危機(ピンチ)に見舞われてきました。そのたびに一致団結し、乗り越えてきた訳ですが、本作ではこれまで直面したことの無い最大の危機を迎えました。

これまでもそうだったように、本作でも「晴風」は不可能と思えるような状況でも、乗員全員で奮い、励まし、知恵を絞り、困難に打ち勝ってきました。そうして紡いできた「絆の強さ」が「晴風」にとって最大の武器では無いでしょうか。

テレビシリーズでの明乃の台詞で「越えられない嵐はないんだよ!」と言う言葉がありました。

この言葉は、絆の力を何よりも信じる明乃だから言えるのかも知れません。そして、そんな絆の力の強さ、大切さがこの作品に込められているのではないでしょうか。




関連記事

アニメ映画

【ネタバレ評価】『空の青さを知る人よ』感想と考察。秩父三部作の集大成でも町おこしは進化する

秩父アニメの最新作、『空の青さを知る人よ』は2019年10月11日より公開。 『あの花』『ここさけ』の長井龍雪監督が送る、秩父アニメ三部作の三作目『空の青さを知る人よ』が2019年10月11日より公開 …

アニメ映画

映画『きみと、波にのれたら』あらすじネタバレと感想。湯浅政明が独創のアニメーションで紡ぐ青春ラブストーリー

映画『きみと、波にのれたら』は2019年6月21日より全国ロードショー公開 『夜明け告げるルーのうた』『夜は短し歩けよ乙女』など、その独創的な作風のアニメーションと世界観が国内外で高く評価されている、 …

アニメ映画

アニメ映画『フラグタイム』あらすじネタバレと感想・評価。百合漫画を原作に描く成長の物語

映画『フラグタイム』は、2019年11月22日により期間限定劇場公開。 女の子同士の恋愛を描いた『あさがおと加瀬さん。』のスタッフが贈る最新作、『フラグタイム』を紹介します。 2013年「もっと! V …

アニメ映画

アニメ映画『グリンチ(2018)』あらすじとキャスト。イルミネーション・エンターテイメントの動向も

ドクター・スースの代表作『いじわるグリンチのクリスマス』を『ミニオンズ』や『ペット』のイルミネーション・エンターテイメントがフルCGアニメーションとして映画化! 映像化は3度目となるグリンチ。最新技術 …

アニメ映画

『シュガーラッシュオンライン』あらすじとネタバレ感想。ラスト結末も

『シュガーラッシュ』のゲームキャラクター、ラルフとヴァネロペが今度は広大なインターネットの世界へ⁈ 映画『シュガーラッシュ オンライン』は、最新技術でインターネットの世界観をわかりやすく具現化してみせ …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP