Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2021/08/01
Update

FGOソロモン映画ネタバレ感想結末『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』ロマニの正体と驚くべき真実に予想外の展開とは⁈

  • Writer :
  • 秋國まゆ

アニメ「Fate/Grand Order 絶対魔獣戦線バビロニア」の続編

赤井俊文が監督を務め、人気スマートフォン向けゲームアプリ『Fate/Grand Order』の第1部の最終エピソードを映像化させた、ファンタジーアニメ映画『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』。

人類最後の魔術師と彼の疑似サーヴァントが、人理焼却を行った魔術王ソロモンを倒そうとする姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

テレビアニメ「Fate/Grand Order 絶対魔獣戦線バビロニア」の続編である、『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』のネタバレあらすじと作品情報をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』の作品情報


(C)TYPE-MOON/FGO7 ANIME PROJECT

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
奈須きのこ、TYPE-MOON

【監督】
赤井俊文

【キャスト】
島崎信長、高橋李依、川澄綾子、鈴村健一、坂本真綾、杉田智和、野島健児、丹下桜、高乃麗、沢城みゆき、宮野真守、小林ゆう、江川央生、置鮎龍太郎、関智一、藤井隼、帆風千春、地蔵堂武大、内山茉莉、菊池康弘、白石兼人

【作品概要】
人気スマートフォン向けゲームアプリ『Fate/Grand Order』の第1部のシナリオを映像化した、テレビアニメ『Fate/Grand Order 絶対魔獣戦線バビロニア』の続編であり、原作ゲーム第1部の最終エピソードが描かれています。

「Fate/Grand Order」シリーズの島崎信長や杉田智和ら、豪華声優陣が出演しています。

映画『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』のあらすじとネタバレ


(C)TYPE-MOON/FGO7 ANIME PROJECT

その男は、生まれながらの王でした。その王は神に祝福され、全知全能の力を与えられたのにも関わらず、力ではなく知識を欲しました。

その王の目には、過去と未来が見ることが出来ました。貧困にあえぎ、悲しむ多くの民を見ていながらも、王は薄ら笑みを浮かべ、助けずただ見ているだけ。

この世の全てを把握しながらも、ただ見ていることしかしない王を、許せない者がいました。

場面転換、ある人物が見たと思われるFGO世界の「冬木市の聖杯戦争」。魔術師の貴族「アニムスフィア家」の先代当主であり、カルデアの創設者マリスビリー・アニムスフィアは、自らが召喚したサーヴァント、紀元前における古代イスラエルの王ソロモンと共に勝利を掴みました。

マリスビリーは巨万の富を聖杯に願い、彼に促されたソロモンもまた、自らを願いを口にします。

場面転換、2016年現在。七つの特異点(本来存在しない過去のこと)での戦いを遂行し、ついに聖杯探索(グランドオーダー)の最終地点、「終局特異点 冠位時間神殿ソロモン」へと到達した人理継続保障機関・カルデア。

人類史を破壊するために、万能の願望器「聖杯」をさまざまな時代に送り込んだ元凶である、魔術王ソロモンを倒し、未来を取り戻す。

その時を間近に控えたカルデア一行は、それぞれの時間を過ごしていました。元カルデアの医療機関のトップを務める医師で、今はカルデアの暫定的な最高責任者であるロマ二・アーキマンは、これから自分が行うであろう選択に。

英霊(サーヴァント)を受け入れるためのデザイナーベビーとして生を受け、人間の器を依代にして召喚されるサーヴァント「疑似サーヴァント(デミ・サーヴァント)」としての能力を有している少女、マシュ・キリエライトは限りのある命に思いを馳せます。

そして最後の作戦を控えた、爆発事件で唯一生き残り、霊子化した魔術師を過去へタイムトラベルさせるシステム「霊子転移(レイシフト)」適性を持つ最後の魔術師(マスター)、藤丸立香は新たな礼装に身を包もうとしていました。

その礼装は、カルデアにおける英霊召喚成功例第三号にして、カルデア技術局の特別名誉顧問を務めるサーヴァント、キャスターのレオナルド・ダ・ヴィンチが開発した「極地消耗型・七天礼装」です。

この「極地消耗型・七天礼装」は、従来の礼装の設計思想であった「マスターである藤丸の生存を最優先にする」のではなく、「何としても人理焼却の原因を排除する」という、最終戦に向けてのカルデアの方針を反映させた特注品のマスター礼装となっています。

今回は他の特異点での聖杯探索とは違い、「終局特異点 冠位時間神殿ソロモン」に直接乗り込むことになっているカルデアの電力が可能となり、体の七ヵ所に具えられたジェネレーターを起動させ、霊脈も触媒もなしに英霊を召喚することができるのです。

ただし、礼装を着用した術者の両手両足の神経を使うため、召喚を行うたびに術者の体にかなりの負担がかかってしまいます。

ダ・ヴィンチ曰く、藤丸の肉体で使用可能な召喚回数は、7回のみ。それを超えて召喚を行えば、文字通り体の内側から神経が「燃える」ことになってしまうのです。

第1特異点から第6特異点まででの聖杯探索で得た、多くの出会い。そして多くの未来を賭け、藤丸とマシュはついに最後の作戦に赴きます。

藤丸とマシュ、そしてこれまでの各特異点の旅路を、彼らと共に歩んできた花の魔術師マーリンの使い魔であるキャスパリーグ、通称「フォウ」はレイシフトで「終局特異点 冠位時間神殿ソロモン」へ向かいました。

その後に続き、カルデアの管制室も「終局特異点 冠位時間神殿ソロモン」へ直接乗り込み、藤丸たちをバックアップしていきます。

藤丸とマシュ、フォウは、ダ・ヴィンチ開発の車に乗って、ソロモン王の玉座が存在する神殿の中央へ向かっていきました。

神殿の中央へ続く扉の前には、2015年にレイシフトルームを爆破し、マシュを含む多くの死傷者を出した裏切り者の魔術師、ソロモン王の先兵レフ・ライノールが藤丸たちを待ち構えていました。

レフは藤丸たちに、「この人理焼却は、3,000年も前から、ソロモン王が企てた計画だった」と明かします。

ソロモン王は、人類を「死を克服できなかった知性体」と評し、死への恐怖心を捨てられなかったなら知性を捨てるべきだったと決めつけてしまいます。

そしてソロモン王は、その己の価値観だけで人類もろとも、人類史全てを焼却しようと目論んだのです。

ソロモン王は、先兵のレフを含めた人間の魔術師、及びキャスタークラスのサーヴァントたちを各特異点に派遣し、人理焼却しようとしました。

しかし、レフが辿り着いた特異点F「炎上汚染都市 冬木」に、彼の学友であるロマ二が藤丸たちを送り込んだことで、スムーズに事が進むはずだった計画が狂ってしまったのです。

ロマ二や藤丸たちへの怒りに震えるレフ、いやソロモン王に仕える七十二柱の魔神の一局、情報を司る魔神フラウロスは、自らの不始末を拭うために藤丸たちを消そうとします。

「顕現せよ。牢記せよ。これに至るは七十二柱の魔神なり。魔神柱出現」

これにより、裂け目のようなものが幾多も走った不気味な肉塊の柱に、無数の赤黒い目が点在するおぞましい外見をした魔神柱が出現。

フラウロス曰く、魔神柱には七十二柱の魔神が宿っており、このソロモン王の居城たる神殿は、その魔神柱の巣窟でもあるのです。

藤丸は早速、サーヴァントを召喚し、特攻したマシュのバックアップを努めます。少年の姿で召喚された騎乗兵(ライダー)のサーヴァント、天秤の守り手アレキサンダー。

さらに暗殺者(アサシン)のサーヴァント、シャルル=アンリ・サンソンを召喚しました。まずアレキサンダーが愛馬ブケファラスに跨ったまま、自らの宝具「始まりの蹂躙制覇(ブケファラス)」を展開。

そしてさらに、最高神ゼウスの息子とされるアレキサンダーは、ゼウスの雷をもって、フラウロスを圧倒していきます。

アレキサンダーの全身全霊の力を持ってしても、倒せなかったフラウロス。アレキサンダーがブケファラスを残したまま消滅した直後、今度はサンソンが自らの宝具、「死は明日への希望なり(ラモール・エスポワール)」を展開し、真の処刑道具ギロチンを具現化してフラウロスを処刑します。

今度こそフラウロスを消滅させた、そう思っていた藤丸たちの前に、再び魔神柱に宿ったフラウロスが出現。フラウロス曰く、神殿の空間そのものが七十二柱の魔神であるため、彼らが宿る魔神柱を全て倒さなければ、何度でも復活できてしまうのです。


(C)TYPE-MOON/FGO7 ANIME PROJECT

フラウロスは、藤丸たちと彼らをバックアップするカルデアの管制室に、それぞれ魔神柱を使って襲撃。

さらにフラウロスは、神殿内にこれまでの特異点全てを出現させます。窮地に陥った藤丸たちの元に、これまで旅してきた各特異点のサーヴァントたちが集結。

救国の聖処女ジャンヌ・ダルクを筆頭に、薔薇の皇帝ネロ・クラウディウス、叛逆の騎士モードレッド。

嵐の航海者フランシス・ドレイク、鋼鉄の白衣ナイチンゲール、天の鎖エルキドゥ。隻腕の騎士ベディヴィエールや、英雄王ギルガメッシュ、吸血鬼と化したルーマニアの王ヴラド三世。

ローマの建国王ロムルスが神格化された神、ロムルスなど、多くのサーヴァントが一度に召喚されました。

ジャンヌは藤丸たちの前に立ち、彼らを守りながらこう言いました。「これは、あなたと私たちによる、未来を取り戻す物語だったでしょう?」

以下、『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』ネタバレ・結末の記載がございます。『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)TYPE-MOON/FGO7 ANIME PROJECT

各特異点では敵同士だったサーヴァントたちは、ジャンヌの指示に従って共闘し、特異点や魔神柱を相手にした掃討戦に挑んでいきます。

サーヴァントたちの強力な援護を得た藤丸たちは、アレキサンダーが残したブケファラスに跨り、一気に神殿の中央へ続く扉まで駆け抜けていきました。

その道中、マシュは手綱を引く藤丸に、これだけは忘れないで欲しいと告げます。「多くの出会いと多くの未来。そういうもののために、私たちは戦ってきたのですから」

そしてついに、辿り着いた神殿の中央、ソロモン王が座す玉座。藤丸たちと対峙したソロモン王は、玉座の真上に地球をぐるりと囲む光の輪「光帯」を出現させます。

聖杯によって特異点化した、各時代の衛星軌道上に出現した光帯。その正体は、ソロモン王の第三宝具「誕生の時きたれり、其は全てを修めるもの(アルス・アルマデル・サロモニス)」でした。

各時代に在った人の痕跡、その全てを凝縮した人類史の結晶とも言うべき輝きを持つ宝具。アーサー王が持つ聖剣を幾億も重ねた規模に及ぶ、この宝具の熱量は、地球上に存在した全ての生命、およそ3,000年分を燃やし尽くすに足る「惑星の最大熱量」に匹敵します。

そう、ソロモン王の真の目的は、人類を滅ぼすことではなく、地球全土の人類をこの宝具の燃料にすることでした。

藤丸たちがいるこの神殿も、ソロモン王の第二宝具「戴冠の時来たれり、基は全てを始めるもの(アルス・パウリナ)」で作られた固有結界、「時間神殿ソロモン」でした。

魔術王の拠城である「神殿」にして、時間と隔絶した虚数空間の工房である「時間神殿ソロモン」は、人類悪と言われた災害の獣「ビースト」の霊基に満ちています。

それにより、この神殿には、ビーストの隷属である魔神柱が蠢いているのです。ソロモン王の真の目的を知った藤丸たちは、それでも彼が間違ったことをしているとし、彼と戦うことにしました。

しかし、藤丸の英霊召喚によるバックアップを得た、マシュによる特攻も、ソロモン王の体に傷1つつけることが出来ません。

マシュを撥ね退けたソロモン王は、実は自分はソロモン王に置いていかれ、ソロモン王の死体を依り代にして召喚された魔神王、ゲーティアであることを明かします。

多くの悲しみと裏切りを知ったゲーティアの目的は、「天体が出来る前に遡り、1から惑星を作り直す」というものでした。

そう高らかに宣言するゲーティアに、藤丸たちの元に馳せ参じたネロとエルキドゥ、フランシス、ジャンヌ。ナイチンゲールとモードレッド、ベディヴィエールが襲撃。

ジャンヌは、自身が持つ旗による絶対防御宝具「我が神はここにありて(リュミノジテ・エテルネッル)」を展開し、藤丸たちを守ります。

その間、ネロやモードレッドたちがゲーティアに攻撃を仕掛け、彼を消滅させようと奮闘しました。

しかし、そんなネロたち強力な助っ人たちを、ゲーティアは召喚式を消して消滅させます。


(C)TYPE-MOON/FGO7 ANIME PROJECT

それに絶望する藤丸たち。ゲーティアは、マシュにこう語りかけました。「生命の無意味さを知っているマシュ、お前にも分かるはずだ」

「ならば共に、人類史を消して欲しい」そう告げるゲーティアに、マシュは強気でこう返しました。

「貴方の主張を否定できずとも、私は人類史の存続を望みます。私は、永遠の命など欲しくありません。ただ一秒でも長く、未来を視ていたいから」

ゲーティアが放つソロモン王の第三宝具に対し、マシュは十字架の意匠をした盾を使った宝具、「いまは遥か理想の城(ロード・キャメロット)」を展開し、藤丸を守ります。

マシュはこの宝具を用いて、ゲーティアの攻撃を完全に防ぎきりましたが、その代償として、マシュ自身の肉体が耐えきれず消滅。

これまで共に戦い旅をしてきた、命の恩人である藤丸への、マシュの感謝の念がこもった盾だけが、神殿に残されました。

藤丸はマシュやこれまでの特異点で出会い、共に戦ってきたサーヴァントたちの思いも込めて、マシュの盾を持ってソロモン王へ一撃入れようとします。

しかしそこへ、カルデアの管制室にいるはずのロマ二が登場。レイシフト適性を持つ彼の正体は、冬木市の聖杯戦争をマリスビリーと共に参加し、勝利した彼のサーヴァント、ソロモン王でした。

聖杯に「人間になりたい」と願い、それを叶え、今までロマ二という人間として生きてきたと言うソロモン王。

神から授かった10本の指にはめる指輪、魔術の祖であり王の証たる「ソロモンの指輪」をはめた彼は、人間になったのと同時に、全知全能の力を失ってしまいました。

力を失う直前、ソロモン王は最後に、千里眼で人類の終焉を見てしまいました。しかし、その直後に力を失ってしまったため、ソロモン王にはいつどこで、誰が終焉へと導くのかが分かりませんでした。

ソロモン王はロマ二として生きながら、世界中を旅して、終焉に導く敵の正体を確かめようとします。

しかし、誰が敵で誰が味方か分からない状況だったので、ロマニは学友だったレフも、カルデアの職員さえも信じることが出来ませんでした。

ダ・ヴィンチや藤丸たちと出会い、彼らの旅をサポートしていくうちに、1人でずっと苦しんでいたロマニの心が変わり、救われていきました。

そう藤丸とゲーティアに話すソロモン王は、自身の第一宝具「訣別の時きたれり。其は、世界を手放すもの(アルス・ノヴァ)」を展開。

彼は自身の存在と引き換えに、この神殿もろとも、自身の写体であるゲーティアを消滅させようとします。

「この選択を、キミとマシュがボクに教えてくれた」そう告げるソロモン王は、藤丸たちがこれまでやって来た聖杯探索における戦いは、「愛と希望の物語」だと言い、藤丸に最後を託して消滅しました。

ソロモン王たちの想いを受け取った藤丸は、マシュの盾を持って、自身に持てる全ての力を使って、七十二柱の魔神とゲーティア討伐に挑みます。

「俺は藤丸立香!多くの人たちに助けられ、多くの人たちの代わりにここにいる、カルデアのマスターだ!」

そう宣言する藤丸は、音楽家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトや巌窟王エドモン・ダンテス、伝説の忍風魔小太郎。

天才の武者である牛若丸、ケルト・アルスター伝説の戦士スカサハなどを召喚。魔神柱と戦い続けてくれる他のサーヴァントたちと一緒に、最終決戦に挑んでいきます。

スカサハや牛若丸たちのおかげで、魔神柱を次々と消滅させていく藤丸。彼はマシュの盾でゲーティアの身体を貫き、最後の令呪を使ってさらに深く貫いていきます。

激しい死闘の末、藤丸たちは七十二柱の魔神とゲーティアを倒し、第三宝具こと消滅させました。

しかしその代償として、限界を超えてサーヴァントを召喚した藤丸の体は、もう立つこともままならないほど消耗してしまいます。

全神経への激しい痛みに苦しみながら、それでも藤丸は立って歩き、生きるためにカルデアへ帰還しようとしました。

あともう少しのところで、消滅しかかっているゲーティアが現れ、藤丸の前に立ちはだかります。

3,000年かけてまで人理焼却を遂行しようとしたゲーティアと、カルデアのマスターとしてこれまでの戦いを生き抜き、生きるためにカルデアに帰還したい藤丸。

2人は、互いに譲れないものを最後まで貫き通すため、満身創痍の体で殴り合いました。

その結果、ゲーティアに勝利し完全消滅させた藤丸は、カルデアへの帰路につこうとします。しかしその道中、藤丸がいた場所は崩壊し、深い奈落の底へ落ちていってしまうのです。

そこで、消滅したはずのマシュが登場。藤丸はマシュのおかげで、無事カルデアへ帰還することが出来ました。

藤丸たちは、人類が存続できた2016年の世界を見るために、吹雪が止み晴天が広がる銀世界へ足を踏み入れ、思う存分外の世界を堪能します。

そんな藤丸たちは、これからもマスターと専属デミ・サーヴァントとして共に戦い、新たな旅に出ることを誓い合いました。

そんな藤丸たちを、カルデアのモニターで見守るダ・ヴィンチは、ロマニの死を悼みながらも、彼の願いが叶ったことを喜んでいました。

スポンサーリンク

映画『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』の感想と評価


(C)TYPE-MOON/FGO7 ANIME PROJECT

藤丸とマシュたちサーヴァントvs魔神王ゲーティア

本作の最大の見どころは、何といっても藤丸たちカルデア一行と、彼らが出会ってきた各特異点のサーヴァントたちvs魔神王ゲーティアと七十二柱の魔神による戦いです。

最初は藤丸とマシュ、ロマニたちカルデア一行で挑んだ最終決戦。それでもやはり、レフの正体である情報を司る魔神フラウロスと七十二柱の魔神は強く、藤丸たちは苦戦を強いられてしまいます。

そこへ登場した、ジャンヌたち、これまで藤丸たちが出会ってきたサーヴァントたち。彼女たちが宝具を展開し、フラウロスたち七十二柱の魔神と戦っていく姿は、大迫力で格好良いアクション場面ばかりです。

サーヴァントたち1人1人の宝具、戦いをじっくりと見たいと思わず願ってしまうほど、彼らの戦いはどれも素晴らしく、格好良く描かれています。

そしてジャンヌたち、最も藤丸たちと縁があるサーヴァントたちが、二度も藤丸たちの窮地を救ってくれるところは、特に感動する場面です。

さらに、マシュが己の命を犠牲にしてまで藤丸を守り、消滅した場面。そこからの復活劇もまた、観ているこちらが泣けてくるほど悲しく、また感動します。

ロマニの正体と驚くべき真実


(C)TYPE-MOON/FGO7 ANIME PROJECT

レフが起こしたレイシフトルーム爆破事件以降、カルデアの暫定責任者として、カルデア職員を率いて、聖杯探索に向かった藤丸たちをサポートしてきたロマニ・アーキマン。

物語の終盤では、ロマニの正体について明かされています。ロマニの口から語られた彼の正体は、冬木市の聖杯戦争を、マリスビリーと共に戦い勝利した、彼のサーヴァント・キャスター、ソロモン王です。

誰がいつ、どこで終焉へ導くのか。それを確かめるためだけに、ロマニはたった1人で、世界中を旅してきて、カルデアに辿り着いたという真実。

そしてさらに、魔術王ソロモンが第一宝具を展開し、自らの命を犠牲にしてまで神殿もろとも、魔神王ゲーティアを消滅させようとした姿。

それらが全て明かされた時、FGOやFateファンはもちろん、観ている人全員を驚かせ、号泣させること間違いなしでしょう。

レフの正体が魔神フラウロスで、藤丸たちを待ち構えていた最強の敵が、魔術王ソロモンではなかった。物語の後半は、予想外の展開が起こりすぎて、とにかく驚愕することばかりです。

まとめ


(C)TYPE-MOON/FGO7 ANIME PROJECT

焼却された人類史を存続させるため、人理焼却を企む魔術王ソロモンと戦うカルデア一行を描いた、ファンタジーアニメ作品でした。

本作の見どころは、藤丸たちと彼らと縁が深いサーヴァントたちvsフラウロスたち七十二柱の魔神と魔神王ゲーティアの戦いと、ロマニやレフの正体が明かされることです。

さらにエンドロール前の映像では、消滅したはずのマシュがどうやって復活したのかが描かれています。マシュはフォウこと、第四魔獣キャスパリーグの力で復活したのです。

キャスパリーグが、マシュを救うために力を使って復活させた。それによりマシュは、残りわずかだった寿命も、人並みに伸びました。

そんなキャスパリーグのものと思われる独白も、また最高に感動するので、ぜひ最後まで見逃さないでください

最後の魔術師と彼に協力する英霊たちが、最強の敵に命懸けで戦っていく、熱き闘いが描かれたファンタジーアニメ映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

アニメーション

『インクレディブルファミリー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ピクサーの大ヒット作待望の続編はなんと前作の1秒後からスタート!?。 燃える超能力バトルに、ヒーローの存在意義を問う悪役、そして父親としての役割に悩む主人公。 ヒーロー映画の王道と誰もが共感する家族の …

アニメーション

『閃光のハサウェイ』ネタバレ感想とラスト結末解説。ガンダム劇場版アニメと原作小説の6つの違いを徹底比較

映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は2021年6月11日(金)よりロードショー! 『機動戦士ガンダム』の富野由悠季監督が手がけた小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』をアニメーション映画化 …

アニメーション

【ネタバレ感想】映画クレヨンしんちゃん2019新婚旅行ハリケーン|野原しんのすけと「失われたひろし」に癒される⁉︎

ひろしがお宝のカギ!?父ちゃんを救え! これが野原家の新婚旅行ラブラブファイヤーだ! 人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版27作目。 今回の舞台はオーストラリアの秘境「グレートババァブリーフ島」。 …

アニメーション

映画『えんとつ町のプペル』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。感動した原作にはないルビッチの父親ブルーノの物語!

信じぬくんだ。たとえ、ひとりになっても。 未来は信じ続けた夢でできている。 お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣が、2016年に発行し、発行部数55万部を超えるベストセラーとなった絵本『えんとつ町の …

アニメーション

映画『ガルパン最終章第3話』ネタバレ感想と結末評価レビュー。シリーズ最後のテーマ“成長”と“変革”の今後を探る

戦車を操る女子高生が対戦する人気アニメ「ガールズ&パンツァー」のOVA「最終章」の第3話劇場公開! 2017年、大人気アニメシリーズ「ガールズ&パンツァー」の最終章と銘打ち、全6話構成での公開を前提に …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学