Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

Fate[HF]ネタバレ感想と結末までのあらすじも【劇場版Fate/stay night Heaven’s Feel II. lost butterfly】

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

映画『Fate/stay night Heaven’s Feel II. lost butterfly』はTYPE-MOON原作のビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』の物語を三部作で映画化した第二弾。

本作では10年ぶりに開かれた聖杯戦争が謎の「影」によって大きく歪めれれていく様を描きます。

次々と倒れていく魔術師(マスター)と英霊(サーバント)達。

偶然から魔術師となった少年、衛宮 士郎もまた、自身の英霊・セイバーが謎の「影」に飲まれてしまいます。

「俺の戦うべき相手は―ーまだこの街にいる」

士郎は想いを寄せる少女、間桐 桜を守るため再び立ち上がりますが、桜にもまた黒い「影」の魔の手が迫ります。

スポンサーリンク

映画『Fate/stay night Haven’s Feel Ⅱ. lost butterfly』の作品情報


(C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
須藤友徳
【キャスト】
杉山紀彰、下屋則子、神谷浩史、川澄綾子、植田佳奈

【作品概要】
TYPE-MOON原作のビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』の物語を三部作で映画化した第二弾。

アニメーション制作をufoteble、監督はこれまでFateシリーズにも携わってきた須藤友徳が担当。

謎の「影」の出現で狂い始めた聖杯戦争に望む主人公・士郎と物語の鍵を握る少女、桜の明かされる秘密を描きます。

映画『Fate/stay night Haven’s Feel Ⅱ. lost butterfly』のあらすじとネタバレ


(C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

雪の夜、柳洞寺の境内を衛宮士郎が自身の英霊(サーバント)、セイバーを探し、歩いています。

セイバーの姿を目にし、士郎は追いかけ、池に辿り着きます。

池の上で佇むセイバーに士郎は声をかけますが、池の中から伸びた多数の黒い帯がセイバーを飲み込み、自身もまた飲み込まれてしまいます。

目が覚めた士郎は自室で寝ていたことを思い出し、夢を見ていたことに気付きます。

朝食を摂る士郎に一時的に同居している間桐桜はセイバーの帰国が突然であったことを残念がる一方、夜間の外出が無くなることに安どの表情を見せますが、士郎はこれからも夜間に外出することを桜に告げます。

登校する途中、士郎はマスターである少女、イリヤスフィール=フォン=アインツベルン(イリヤ)と遭遇します。

以前の経緯からイリヤに襲われることを警戒する士郎ですが、イリヤに戦闘の意思は無く、ただ、士郎と会話をしにきただけでした。

士郎はイリヤに自身の義父、切嗣を知っているか問いますがイリヤは急に表情を曇らせると知らないと告げ、立ち去ってしまいます。

イリヤを追う士郎はマスターである遠坂凛に出会い、協力者でもある凛の家に招かれた士郎は今後の方針を相談します。

話し合いを終えた士郎は帰宅しますが、玄関の鍵が開いていることを不審に思います。

すると、電話のベルが鳴り、受話器を取った士郎の表情は見る見る変わり、再び家を飛び出していきます。

自身が通う高校の図書室に辿り着いた士郎を待っていたのは桜の兄、間桐慎二で、桜を人質にとり、傍らに英霊・ライダーを控えさせています。

マスターでもある慎二はかつて士郎に敗北した雪辱を晴らすため、桜の命が惜しければライダーと戦うことを強要、慎二はライダーを士郎へけしかけます。

士郎はライダーの猛攻に一方的にやられてしまい、虚空へ殴り飛ばされ宙を舞う中、空中で体制を変え慎二に襲い掛かり、桜を救出します。

なおもライダーをけしかけようとする慎二ですが、その時、窓を破って凛とその英霊・アーチャーが現れます。

瞬く間にライダーを撃退した凛とアーチャーの出現で慎二の敗北が確定していましたが、諦めない慎二は動けないライダーを無理やり戦わせようとします。

「もうやめて、ライダー!」と突如、叫び声を発した桜の声に重傷を負っていたはずのライダーの傷は癒え、発せられる魔力はこれまでの比ではありませんでした。

それを見ていた凛はライダーの真のマスターが桜であることに気がつきます。

蘇ったライダーを見て喜ぶ慎二は桜に士郎、凛、アーチャーを倒すように命令しますが、桜は拒否します。

いいなりにならない桜に痺れを切らした慎二は、取り出した結晶を割ると、桜の左耳につけられていた同じ結晶の形をしたイヤリングが割れ、中から謎の薬品が飛び散り、桜にかかります。

すると、苦しみ始める桜の周りに次々と黒い球体が表れ、球体からとげが飛び出す現象が発生し、アーチャーは桜が自身の力を制御しきれず暴走していることを見抜きます。

桜を救うためライダーは結界を発動し、周囲の魔力を桜へ供給しようとします。

結界を破壊しようとするアーチャーを阻止するため、ライダーは封じられた魔眼を解放、石化の呪いを三人にかけます。

足が石化し、倒れる凛の目の前に黒い球体が現れ、凛を助けるため、士郎は凛を押しのけ身代わりになり、球体から伸びたとげに貫かれ、それを見た桜は取り乱し、自身のとげに貫かれてしまいます。

目を覚ました士郎は凛に聖杯戦争の監督役、言峰綺礼が住まう言峰教会に桜と共に運ばれていたことを聞かされます。

姿を見せる綺礼が桜の治療が終わり一命を取り留めた事を二人に告げますが、いずれまた暴走し、最後には桜自身が自らを殺してしまうと断言します。

綺礼の話を聞いた凛は桜を殺そうと桜の部屋へ向かいます。

止めようとする士郎に凛は今度は関係の無い人間を巻き込む可能性があり、殺すことが冬木市を管轄する魔術師の務めと言い捨てます。

黙って聞いていた綺礼は「実の妹でもか?」と尋ね、驚く士郎に凛は桜が実の妹であることを明かします。

遠坂家の次女として生まれた桜は魔術師の血が絶えた間桐家へ養子に出されていたのです。

あっけに取られる士郎を尻目に凛は桜が眠る部屋に向かいますが、桜は既に目覚め、教会から出ており、凛はすぐに後を追い、桜を連れ戻そうと説得します。

「私は自分で自分が許せない」と言う桜に、士郎は「たとえ桜が自分を許せなくても俺が桜を許し続ける」といい、桜の手をとり、衛宮家への道を歩き始めます。

途中、凛とすれ違いますが凛は何もいいません。

凛の傍らのアーチャーは士郎へ「桜の手をとったならせめて桜を守れ、いずれ衛宮士郎が衛宮士郎でいられなくなる」と告げます。

翌朝、朝食を取る士郎、桜、桜についてきたライダーは今後の方針を相談し、士郎はイリヤに協力を求めることを決意します。

イリヤの暮らす城を目指す士郎は異変に気付きます。

城では桜の祖父、間桐臓硯とその英霊・アサシンの襲撃をイリヤとその英霊・バーサーカーが受けていました。

そこへかつて士郎の英霊であったセイバーが「影」にのまれ変わり果てた姿、セイバー・オルタが現れます。

臓硯はアサシンにイリヤの身柄を確保するよう指示すると消え去ります。

現れたセイバー・オルタとバーサーカーの対決は熾烈を極め、戦闘の衝撃波を士郎、イリヤを襲いますが、突如張られた障壁に助けられます。

障壁を張ったのは士郎と同じく、イリヤに協力を求め城を訪れていた凛でした。


(C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『Fate/stay night [Haven’s Feel] Ⅱ. lost butterfly』ネタバレ・結末の記載がございます。『Fate/stay night [Haven’s Feel] Ⅱ. lost butterfly』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

セイバー・オルタとバーサーカーの戦闘が続く中、アサシンがイリヤに襲いかかります。

迎え撃つアーチャーは逃げるアサシンを追い詰めますが、セイバー・オルタ及び「影」がもたらした穢れに捕まってしまい身動きが取れなくなってしまいます。

一方、セイバー・オルタはバーサーカーを圧倒、何度も立ち上がるバーサーカーですが、ついには力尽きてしまいます。

影の中に消え去るセイバー・オルタと入れ替わるように現れたアサシンが士郎達に襲い掛かります。

アサシンから逃げる三人ですが次第に追い詰められていき、そこへ助けに現れたのは動けないはずのアーチャーでした。

穢れを受けてなぜ動けるのか問うアサシンにアーチャーは「全うな英霊ではないから多少は体制がある」と答え、アサシンを退けます。

脅威が消え安堵する一同ですが、凛の傍らに「影」が現れ、「影」から凛を守り負傷したアーチャーは「影」の爆発から三人を守ろうと障壁を張ります。

爆発が収まり、凛、イリヤは無事でしたが士郎が左腕を失い、アーチャーは自身の左腕を、士郎に移植しようとします。

ひそかに士郎をつけていたライダーはアーチャーを制止しますが、アーチャーは躊躇無く左腕を切り落としました。

帰宅した士郎を迎えた桜は赤い布を巻かれた左腕と伴った凛、イリヤに驚き、とりわけ、凛の訪問に戸惑いを隠せません。

夜、蔵で士郎の左腕の治療を行う凛は、巻かれた布が「封印」であることを告げ、それを解放するとアーチャーが残した魔術回路と同調に士郎が耐えられず死に至る事を説明します。

その夜、桜は士郎の寝室を訪れます。驚く士郎に桜は「守るといってくれたのは家族としてですか?女の子としてですか?」と問いかけ、士郎は桜への想いを打ち明けます。

士郎の想いに触れた桜は自分を抱くよう懇願し、士郎も桜の想いを受け入れます。その時、士郎は桜が映す影の異変に気がつきます。

翌朝、士郎と凛は大量殺人のニュースを見て、そこに「影」の痕跡を見つけ、危機感を募らせます。

その夜、眠りについた桜は夢を見ていました。

おとぎ話のような世界の中で城に招かれ、いたずらをする幽霊をやっつけた後、幽霊が残した飴玉を食べようとした時、「精が出るな、昨日あれだけ殺しておきながら…」という声が聞こえます。

声の主は金髪赤眼の男、かつて英霊として聖杯戦争を戦ったギルガメッシュで、桜は自身の意思とは無関係に街に出て、道行く人を殺害、その肉を食べていました。

ギルガメッシュは桜を殺害しようとし、空中に呼び出した剣で桜を貫きますが桜は死なず、逆にギルガメッシュは桜の影に飲まれてしまいます。

眠っていた士郎は凛に今までに無い規模の大量殺人が街で起きていることを聞かされ、飛び起きますが、桜の姿が無いことに気がつきます。

桜は玄関脇で血まみれで気を失っていました。

士郎は桜の治療を終えた凛から容態を聞かされます。外見はなんとも無いが筋肉が一度完全に断ち切られており、その傷から一度死んでいるのではないかと言うことでした。

その夜、アサシンが士郎の寝室に現れ、臓硯が呼んでいると伝えます。アサシンに従い、間桐家を尋ね、対面した臓硯は士郎に頼みがあると告げます。

「「影」を殺してほしい、正確にはその「門」だな」そういいかける臓硯の依頼を即座に断る士朗に臓硯は「影」の正体を知っていることを指摘し、その正体は聖杯の中身であり、桜を媒体として出現していたことをつたえます。

「影」を殺すということは、桜を殺すことだと悟っていた士郎は反発しますが「影」がもたらす災厄と猶予が無いことを臓硯は士郎に言い聞かせます。

帰宅した士郎は桜を殺そうとしますが桜との思い出がよぎり、殺すことが出来ません。

桜は士郎が自身の正体を知り、殺そうとした事に気づいており、士郎に迷惑をかけないため、早朝、衛宮家を後にします。

起床した士郎は桜が家にいないことに気がつき、桜を探すため家を飛び出ます。

その頃、桜は間桐家に戻っていて、桜の帰宅に気づき、部屋に入ってきた慎二は桜で性欲を満たそうとしますが、桜は士郎への想いから慎二を拒絶します。

力づくで押し倒され桜は心の中で「こんな人、いなくなればいいのに」と思うと、どこからとも無く伸びた黒い帯が慎二の首を貫き殺害します。

絶命した慎二に気づき、自分が殺したと知った桜は自身の力をとどめることが出来ず、影が冬木市に広がっていきます。

街では突如、人が消えるという奇怪な現象が起き、街のあちらこちらで「影」が出現していました。

絶望に打ちひしがれた桜はついには「影」と同化してしまいました。

映画『Fate/stay night Heaven’s Feel II. lost butterfly』感想と評価


(C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

『Fate/stay night』の3つ目のストーリーを映画化した本作はこれまでのシリーズを周到しつつ新たな『Fate』として楽しめる作品となっています。

本シリーズは魔術や剣戟による迫力のある戦闘シーンが定評ですが、本作では特に緩急をつけた演出で、より迫力のある濃厚な戦闘シーンを表現しています。

そのほかにも、戦闘による大気の流れや日光が当たる角度の変化により霧や土煙、舞う埃などを細かく描写しており、臨場感を感じさせるシーンが多くありました。

また、キャラクターの表情の表面が非常に豊かで、登場人物の心理を濃く反映していたり、逆にキャラクターによっては何を考えているのか読めないなどと演出を付け、重厚なストーリーを彩っています。

本作のヒロインである間桐桜は、他のヒロイン達に比べ非常に残酷な運命に立ち向かうことになります。

その中で、主人公・士郎への想いを強くしていきますが、自分の背負った運命や境遇から、必死に士郎への想いを断ち切ろうとする姿に胸が張り裂けそうになります

桜のすべてを受け入れようとする士郎の覚悟は次作、最終章でより試されることになるでしょう。最終章での二人の結末に注目です。

まとめ


(C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

2004年にPCゲームが発売されて以降、独特の世界観と重厚なストーリーで人々を魅了し続けてきたFateシリーズはこれまで様々なメディアで展開し多くのスピンオフ作品を生んできました。

その正伝たる『Fate/stay night』を織り成す三つのストーリーのうち、ファンからもっとも残酷でもっとも美しい物語とされる『[Haven’s Feel]』の第二章、『lost butterfly』は衝撃的な結末で幕を閉じました。

これから士郎は残酷な現実にどう立ち向かうのでしょうか?そして桜の運命は? 物語の結末に目が離せません。

『Fate/stay night [Haven’s Feel]』最終章、『spring song』は2020年春公開予定です。

関連記事

アニメ映画

【アナ雪続編】主題歌と挿入歌の歌手&歌詞紹介!日本語訳や解説も

3月16日(金)より全国でロードショーされるピクサー作品『リメンバー・ミー』と同時公開の「アナ雪」シリーズの待望のスピンオフムービー『アナと雪の女王 家族の思い出』。 22分間の短編アニメ『アナと雪の …

アニメ映画

崖の上のポニョ|あらすじネタバレと感想!ラスト考察キスの真相は

“生まれてきてよかった”や“子どもの頃の約束は、永遠に忘れない”などのキャッチコピーで、2008年に公開された宮崎駿監督の劇場アニメ『崖の上のポニョ』。 海沿いの街を舞台に人間になりたいことを願った魚 …

アニメ映画

映画『インクレディブル・ファミリー』あらすじとキャスト。吹き替え版の声優は

既にアメリカで6月に公開され、日本でも2018年8月1日(水)に公開されているピクサー・アニメーションの新作映画『インクレディブル・ファミリー』。 2004年に公開された『Mr.インクレディブル』の続 …

アニメ映画

メアリと魔女の花はジブリじゃない?スタジオポノック?原作や監督情報も

2017年7月8日(土)から公開される映画『メアリと魔女の花』ですが、この映画をスタジオジブリ制作だと勘違いされている方も非常に多いのではないでしょうか? 確かに絵のタッチや作風からしていかにもジブリ …

アニメ映画

映画『風の谷のナウシカ』あらすじネタバレと感想。宮崎駿作品のテーマ解説も

『風の谷のナウシカ』は、宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作品目となるSFファンタジーで、ナウシカの世界において勃発した「火の七日間」から千年後の世界を描いています。 スポンサーリンク CONTE …

【Cinemarche独占】映画『小さな恋のうた』試写会プレゼント【5/16(木) よみうりホール】
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP