Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『ザ・ファブル』あらすじと監督プロフィール。江口カンはCMからテレビドラマ多彩な才能

  • Writer :
  • YUMIKO

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。

原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。凄腕の伝説的殺し屋が、ボスの指令で「誰も殺さず普通に暮らす」ことに悪戦苦闘する様をコミカルに描いたアクション・エンターテイメント作品です。

監督を務めるのは、数々の広告祭で受賞歴を持ちCM界の巨匠と呼ばれ、『めんたいぴりり』監督として知られる江口カン

脚本は『20世紀少年』『GANTZ』などヒット作を手掛けた渡辺雄介が担当しています。

主人公ファブルを演じる岡田准一はじめ、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗など豪華俳優が共演。

この記事では、本作の監督を務める江口カンについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル』の作品情報


(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
南勝久『ザ・ファブル』(講談社)

【監督】
江口カン

【キャスト】
岡田准一、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗、安田顕

【作品概要】

ボスの命令で休業することとなった伝説的な殺し屋・ファブル。「普通」の生活に悪戦苦闘する彼の姿がコメディタッチで描かれます。本格的アクション・エンターテイメント作品です。

岡田准一、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗、安田顕など実力派の豪華俳優陣が集結。

『めんたいぴりり』で知られるCM界の巨匠・江口カン監督と、『20世紀少年』『GANTZ』などヒット作を連発する脚本家・渡辺雄介がタッグを組んでいます。

映画『ザ・ファブル』のあらすじ

「どんな相手も6秒以内に殺す」ことで知られる謎の殺し屋・ファブル。

「ファブル」とは「寓話」という意味。裏社会では誰もが恐れる伝説的存在です。

しかし、仕事をし過ぎていた彼に、育ての親であるボスはある指令を与えます。

「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」

ファブルは佐藤アキラという偽名を使い、兄妹という設定を与えられた相棒・ヨウコと大阪で暮らし始めます。

生まれて初めて一般人としての生活をするようになったファブルは、生活に溶け込むためにインコを飼ったり、バイトをしたりして毎日悪戦苦闘。

徐々に「普通」の生活を満喫し始めるファブルでしたが、彼の命を狙う裏社会の組織や、彼に助けを求める者たちが次々に現れて、事態は思わぬ方向へ発進し…。

スポンサーリンク

江口カン監督のプロフィール

参考映像:映画『めんたいぴりり』(2019)

映画『ザ・ファブル』の監督を務める江口カンは、1967年7月20日生まれ。

福岡県出身のCMディレクター、映像監督。KOO-KI(空気株式会社)代表です。

福岡を拠点に、CMやドラマ、短編映画などのエンターテイメント性の高い作品の演出を数多く手がけています。

高校時代にロッキーのパロディ映画を製作し、それが監督第1作となりました。

1992年九州芸術工科大学画像設計学科卒業。

1997年福岡市を拠点に、大学時代の友人と共に映像製作会社KOO-KIを共同設立します。

2007年~2009年に世界で最も重要な広告賞として知られる「カンヌ国際広告祭」で、2007年銅賞・2008年銅賞・2009年金賞と、3年連続受賞という快挙を成し遂げます。

Boards Magazine(カナダ)主催「Directors to Watch 2009』で14人のうち1人に選出。

2010年から2012年まで、3年連続でアメリカのクリオ賞審査員を務めました。

2012年から、広島県観光PRキャンペーンのブランド構築アドバイザーを務め、「おしい!広島県」を仕掛けます。

Yahoo!映像トピックスアワード2012芸能界・エンタメ部門第1位、観光映像大賞 官公庁長官賞2013年を受賞しました。

その後も、2013年「泣ける!広島県」、2014年・15年の「カンパイ!広島県」を展開。

2013年、東京オリンピック招致PR映像「Tomorrow begins」のクリエイティブ・ディレクションを務めます。

2013年、明太子を初めて日本で製造販売した「ふくや」創業者をモデルにしたテレビドラマ『めんたいぴりり』の監督を務め、平成26年日本民間放送連盟賞優秀賞、ATP賞ドラマ部門奨励賞、ギャラクシー賞奨励賞を受賞。

2015年に続編となる『めんたいぴりり2』で、前作に続いて平成27年日本民間放送連盟賞優秀賞を受賞しました。

参考映像:映画『ガチ星』(2018)

そのほか崖っぷちの男たちのドラマ『ガチ★星』、NHK大河ドラマ『真田丸』スピンオフ『ダメ田十勇士』などの監督を務めています。

2015年企画・監督を務めたWebムービー「TOYOTA G’s『Baseball Party』」はYoutubeで860マンビューを超え、大きな話題となりました。

2016年ゲーム『龍が如く』の完全オリジナルストーリードラマ『龍が如く魂の詩。』の監督を務め、ゲオチャンネルにて配信されました。12日間でレンタル回数10万回を突破しています。

2017年10月24日に広島県がオープンさせた、全国で初の県営SNS「日刊わしら」を手掛けています

CMでは『JR九州「黒豚横丁」』『日清食品「どん兵衛」』『スニッカーズ』『HOME’S「おウチ見つかる、ホームズくん。」』『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』などを手掛けています。

参考映像:CM『スニッカーズ お腹がすくと三田佳子なっちゃう貞子』

参考映像:CM『home’s おウチ見つかるホームズくん』

監督・江口カンの評価は

福岡を拠点に、個性あふれる楽しいCMや、映画作品の監督を手掛けてきた江口カン。

世界で最も重要な広告賞として知られる「カンヌ国際広告祭」で、2007年銅賞・2008年銅賞・2009年金賞と、3年連続受賞という快挙を成し遂げた鬼才として知られています。

2013年、東京オリンピック招致PR映像「Tomorrow begins」のクリエイティブ・ディレクションを務めました。

2013年テレビドラマ『めんたいぴりり』の監督を務め、平成26年日本民間放送連盟賞優秀賞、ATP賞ドラマ部門奨励賞、ギャラクシー賞奨励賞を受賞。

2015年に続編となる『めんたいぴりり2』で、前作に続いて平成27年日本民間放送連盟賞優秀賞を受賞しています。

業界から大変高い評価を受け、2019年には同作の映画公開が決定

その波に乗って、本作『ザ・ファブル』も同年に製作・公開となります。

「こんな映画が撮りたかった!!」と江口自身がコメント。原作の面白さを大切に、大掛かりなアクション、クールな映像表現、そして大笑いのコメディシーンの連続となっています。

「素晴らしいキャストとの現場のエキサイティングな熱を、スクリーンで感じてほしい」とコメントしています。

エンターテイメント性の高い印象的なCM製作。ドラマ・映画監督としての冴えわたる才能。今最も注目される監督の一人である江口カン。

今後の活躍から益々目が離せません!

スポンサーリンク

江口カンの公式SNSの紹介

江口カンの公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ

本格的アクションを交えてのコメディ大作映画として大きな注目を集める『ザ・ファブル』。

キャストには、岡田准一はじめ、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗といった実力派が勢ぞろいしています。

監督を務めたCM界の巨匠・江口カン自身が「こんな映画が撮りたかった!!」と語る、笑えてカッコいいエンターテイメント作品となっています。

CM界で鬼才と知られる、今、最も注目されている映画監督の一人・江口カンが贈る、ノンストップ一大エンターテイメント作品。

アクション・コメディ『ザ・ファブル』は2019年6月21日より全国ロードショーです。



関連記事

アクション映画

映画『クリミナル・アフェア魔警』動画無料視聴方法!ネタバレ感想

動画配信のU-NEXTでひっそり特集が組まれているダンテ・ラム監督。 これまで紹介してきた記事で一番ハードかつ哀愁が漂う作品は『コンシェンス 裏切りの炎』だと思っていたのですが、ここにきて新たな変化球 …

アクション映画

HiGH&LOW2中村蒼(蘭丸)の演技評価と感想!【ハイアンドロー2】

若手俳優として大注目を集める中村蒼が、狂気の悪のカリスマ&ハードアクションに初挑戦! 新たなキャスト中村蒼が演じる林蘭丸の狂気のディザービジュアル&場面ショット、蘭丸が率いる悪名高いスカウト …

アクション映画

映画『新宿スワンⅡ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

綾野剛が映画宣伝を兼ねてテレビ出演をしている様子を見るたびに、彼は人柄を感じる俳優。 昨日2月1日にも、バラエティ番組に出演した際に、過去の映画「20世紀少年』のオーディション・アクターを務めた経験を …

アクション映画

映画『ブラインド・スポット 隠蔽捜査』あらすじとキャスト。最後に挑む事件とは

ベルギーから掘り出し物のいぶし銀な作品をご紹介! 映画『ブラインド・スポット 隠蔽捜査』は、2018年2月10日(土)より特集上映される「未体験ゾーンの映画たち2018」にて公開です。 政界進出を目論 …

アクション映画

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!ネタバレ感想とラスト結末も

映画『レオン』や『LUCY/ルーシー』などで知られるリュック・ベッソンが原案・脚本・製作を担当。 戦争に苦しむ避難民を救う為に、不可能とも思われるミッションに挑む、5人の男達の戦いを描いた『ネイビーシ …

【Cinemarche独占】映画『小さな恋のうた』試写会プレゼント【5/16(木) よみうりホール】
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP