Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2020/03/20
Update

【ネタバレ感想】ハーレイクインの華麗なる覚醒|考察で解くジョーカーと別れてBIRDS OF PREYを結成とは

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』は2020年3月20日(金)より全国ロードショー。

『スーサイド・スクワッド』(2016)に登場したダーク・ヒロイン、ハーレイ・クインを主役に据えたアクション映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒BIRDS OF PREY』は3月20日(金)より全国ロードショーされます。

前作に続いてハーレイ・クインを演じる女優、マーゴット・ロビーが製作にも名前を連ねています。彼女の敵となるブラックマスクを演じるのはユアン・マクレガー。

新たなガールズムービーの誕生に胸高鳴る作品となりました。

スポンサーリンク

映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』の作品情報

(C)2019 WBEI and c&TM DC Comics

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
『BIRDS OF PREY(AND THE FANTABULOUS EMANCIPATION OF HARLEY QUINN)』

【監督】
キャシー・ヤン 

【脚本】
クリスティーナ・ハドソン

【キャスト】
マーゴット・ロビー、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ジャーニー・スモレット=ベル、ロージー・ペレス、クリス・メッシーナ、ユアン・マクレガー

【作品概要】
デヴィッド・エアー監督の『スーサイド・スクワッド』(2016)に登場したジョーカーの華麗な恋人ハーレイ・クインを主役に据えたアクション映画。

ジョーカーとの破局を経て新たなステージに立ったハーレイ・クインを引き続きマーゴット・ロビーが快演、プロデューサーも兼任しています。

また共演に極悪ヴィラン・ブラックマスクを演じるユアン・マクレガー。監督は2018年のサンダンス映画祭で審査員特別賞を受賞したキャシー・ヤン。プロデューサーには主演のマーゴット・ロビーや『スーサイド・スクワッド』のデヴィッド・エアー監督が名を連ねています。

映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』のあらすじとネタバレ

(C)2019 WBEI and c&TM DC Comics

稀代の犯罪王ジョーカーに心理カウンセラーとして接していたハーリーン・クインゼルは彼に魅了され悪の道へと走り、ハーレイ・クインとして暴れまわります。

極悪カップルとしてゴッサムシティにその名を轟かせていたジョーカーとハーレイですが、二人の恋は破局。

ハーレイはそのことを隠して、今まで通りに過ごしていましたが、彼女の傍若無人な振る舞いも、ジョーカーという存在が背後にいたから許されていたこと。

ところが、破局が公のものになると、ここぞとばかりに彼女に復讐をしようとする輩が続々と現れます。髪を切って心機一転を図ったハーレイですが、暗黒街の大物ブラックマスクことローマン・シオニスに捕まってしまいました。

ジョーカーが不在の中、勢力拡大を図るローマンは残酷な手段で障害を排除していたのです。

一方ゴッサムシティでは謎の女性暗殺者ハントレスによるギャング狩りが進んでいました。担当刑事のレニー・モントーヤは、独自に事件を追いますが、はぐれ者的な立場の彼女の捜査はなかなか進みません。

ある日、大金の有りかの示すダイヤをすり盗った少女のカサンドラ・ケインがゴッサム市警に捕まり拘留されます。

カサンドラと顔なじみだったローマンの運転手ブラックキャナリーことダイアナ・ランスは、レニーにカサンドラを守るように密かに連絡を取りますが、時すでに遅く刺客が警察に送られてきます。

その刺客こそハーレイでしたが、ジョーカーという後ろ盾が無くなっていたので、ローマンに捕まってしまいました。

そこで、命を助けてくれたらダイヤを取り戻してくるという取引を持ち出し、それを成立させると、完全武装をしてゴッサム市警を急襲します。

ところが、ローマンは同時に多くの刺客を差し向けていました。自分の手でカサンドラを捕まえなくては命が危ないハーレイは、結果的に襲ってくる刺客を撃退、カサンドラを守ることになります。

以下、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』ネタバレ・結末の記載がございます。『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

邪魔ばかりが入り自分の思い通りにいかないハーレイ。警察に愛想をつかしたレニー。ローマンの残虐な手口に嫌気がさしたブラックキャナリー。更にギャング狩りを続けるハントレス。

出自も立場も全く違う4人のヒロインが少女・カサンドラを守るためにやむを得ず共闘関係を築き、ローマン=ブラックマスク率いるギャング団と対決することになりました。

個性がバラバラの4人+カサンドラですが、意外な程に好連携を連発して次々と刺客を撃退していきます。最後はカサンドラを連れ去って逃げるブラックマスクとハーレイとの一騎打ち。

カサンドラとの連携技でブラックマスクを爆殺して決着がつきます。

その後、レニーとブラックキャナリー、ハントレスは自警団バース・オブ・プレイを結成して悪党狩りを続投。

一方でハーレイ・クインはどさくさに紛れてダイヤを手に入れ、大金を手中に…。

ジョーカーとの失恋から完全に立ち直ったハーレイは、カサンドラと共に悠々とゴッサムシティで車を走らせるのでした。

スポンサーリンク

映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』の感想と評価

(C)2019 WBEI and c&TM DC Comics

本作は『スーサイド・スクワッド』のマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインが主役のヒロインアクション作品。原作はDCコミックの幾つかのエピソードで、映画に合わせて脚色しています。

とはいえ、『スーサイド・スクワッド』ともあまりストーリー上に繋がりは無く、単独で十分楽しめる作品になっています。ただし、R15指定作品なのでバリバリのバイオレンス描写がたっぷりです。

かつてのDCコミックは映画では圧倒的な成功者。近年は整合性を欠くバタバタとした作品製作を続けていましたが、ここへきて開き直った感あります。

2013年の『マン・オブ・スティール』から始まったDCEU(=DCエクステンデッド・ユニバース)の一環の作品ですが、2017年の『ジャスティス・リーグ』の不発以降は、作品の世界観を紐づけるようなことはなくなりました。

そんな中で『ジョーカー』(2019)のような怪物作品が登場したことで、「災い転じて福となす」を地で行く展開になったんです。

今後も『ワンダーウーマン1984』や『フラッシュ』、大きく若返りを図っている『ザ・バットマン』『グリーンランタン』などが待機中。

ここ1~2年の間にDCEUという言葉自体を公式には使わなくなり始めたので、同一のユニバースに縛られずに、より独立性の強いヒーロー映画群となるのかもしれません

また、アメリカンコミックの大仕掛けに、“アース”や“ヴァース”(=次元・平行世界)というのがあります。

ドラマの『ARROW/アロー』(2020)のファイナルシーズンを飾るのは大型エピソード「クライシス・オン・インフィニット・アース」では、全く交わることはないと思われたドラマの“フラッシュ”(=グラント・ガスティン)と映画の“フラッシュ”(=エズラ・ミラー)が顔を合わせるサプライズがありました。

同作は60年代のドラマの『バットマン』やティム・バートン監督版『バットマン』も取り込んでいました。

これからの作品もジャンルは異なっても、何かの拍子に並行世界で接点を持つかもと期待感高まります。本作のジョーカーはジャレッド・レトですが、ホアキン・フェニックスのジョーカーとの共演も考えられるのです。

本作はまだまだ余白の多い映画すので、意外なクロスオーバーが楽しめるかもしれません。

まとめ

(C)2019 WBEI and c&TM DC Comics

2002年に視聴率不調で終わったDCコミック原作のヒロインドラマに『ゴッサム・シティ・エンジェル』というものがありました。

ゴッサム市警のゴードン警部の娘のバーバラやバットマンの娘という設定の女暗殺者ハントレスなどが登場、ハーレイ・クインも悪役として登場していました。日本語版DVDも出ていないマイナーな作品ですがこのドラマの原題が『BIRDS OF PREY』でした。

BIRDS OF PREY=バーズ・オブ・プレイとはゴッサムシティを舞台に活躍するヒロインチームのチーム名です。

DCコミックの中でもワンダーウーマン、キャットウーマンに並ぶ人気とヒットを記録した『BIRDS OF PREY』がマーゴット・ロビーのハーレイ・クインという強烈な触媒を得て改めて映画・映像の世界に登場しました。

ハーレイ・クインのインパクトが強いですが、『ジェミニマン』のメアリー・エリザベス・ウィンステッドが演じるハントレスやジャーニー・スモレット=ベルが演じるブラックキャナリーと言ったヴァラエティが豊かな女性戦士が登場します。

本作はハーレイの独り立ちとヒロインチームのバース・オブ・プレイの結成までで終わっているので今後どうなっていくのかが楽しみです。

2021年に『ザ・バットマン』と『スーサイド・スクワッド』などゴッサムシティが舞台になりそうな作品がアナウンスされていますので、今後の再登場に期待が持てます。

映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』は2020年3月20日(金)より全国ロードショー


関連記事

アクション映画

映画『暗黒街』あらすじと感想!ピッポ役キャスト(俳優)の紹介も

“この街は、人間の血と、涙と、性液で、腐敗している” 映画『暗黒街』は、イタリア映画界最高の栄誉であるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞(イタリア・アカデミー賞)で5部門にノミネート。 監督を務めたステフ …

アクション映画

映画『ザ・ファブル』キャストのヨウコ役は木村文乃。演技力とプロフィール紹介も

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。 原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。 凄腕の伝説的殺し屋が、ボスの指令で「誰も …

アクション映画

映画『ライリー・ノース』あらすじネタバレと感想。ペパーミントの意味とはママを怒らせると本当に怖いこと世に知らしめた

映画『ライリー・ノース 復讐の女神(原題:Peppermintペパーミント)」』は、数少ない女性主人公のキック・アス映画 幼い1人娘を目の前で殺害された母親の復讐を描いたアクション・ドラマです。 『デ …

アクション映画

映画トゥームレイダー2018ファーストミッションの新作あらすじとキャスト紹介

アンジェリーナ・ジョリーが強烈な印象を残したアクション映画『トゥームレイダー』から17年後、遂にリブート版『トゥームレイダー ファースト・ミッション』は、3月21日(水)に全国ロードショー! 監督はハ …

アクション映画

映画『SHADOW/影武者』あらすじとネタバレ感想。チャン・イーモウ監督の美学が溢れる武侠アクション

王や貴族の身代わりを務める“影”という存在。 『HERO』、『LOVERS』で最高の武侠アクションを創造したチャン・イーモウ監督の映画『SHADOW/影武者』。 自由と引き換えに無謀な任務に挑む影武者 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学