Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

ドラマ銀魂ミツバ篇(北乃きい)激辛せんべいは実際に買えるのか?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

『銀魂』オリジナルドラマ版のタイトルは『銀魂-ミツバ篇-』に決まり、dTVにて配信されることとなりました。

沖田の姉ミツバは病弱でおしとやかな性格、その反面、チョコレートパフェにタバスコをかける強烈キャラ。

そんなヒロインのミツバ役を北乃きいがどのように面白く演じるのか注目を集めています!


(c)空知英秋/集英社 (c)2017映画「銀魂」製作委員会 (c)2017 dTV

スポンサーリンク

1.ドラマ版『銀魂-ミツバ篇-』とは?


(c)空知英秋/集英社 (c)2017映画「銀魂」製作委員会 (c)2017 dTV

漫画家の空知英秋の大人気コミックを原作にした『銀魂』は、パラレルワールドの江戸を舞台に、主人公の万事屋・坂田銀時の活躍を描くアクションエンタテインメント。

銀時役に小栗旬、真選組局長・近藤勲役の中村勘九郎、鬼の副長・土方十四郎役の柳楽優弥、ドSな剣豪・沖田総悟役の吉沢亮が出演。

ドラマ版では7月14日に全国公開となる映画版と同じく、福田雄一監督が演出を務めるためファンにとっては注目の作品!

ドラマは全3話から構成され、沖田の姉・ミツバと土方の悲恋や沖田と土方の確執となる過去を描き、原作『ミツバ篇』にあたるエピソードの映像化。

物語は休暇を与えられた沖田と貿易商への嫁入りを控えた姉ミツバと過ごしますが、弟に友人がいないのを心配配するしたミツバ。

沖田は偶然に通りがかった銀時を親友だといい姉に紹介をします。

一方で江戸に入港する不審船の事件を捜査していた土方は、ミツバの意外との関係を見つけてしまう…。

ミツバ役を務めた北乃きいは次のようにコメントを寄せています。

ミツバ役をとても楽しく演じさせて頂きました。
台本を読んで、自分が皆さまから愛されているストーリーのヒロインを演じられることに非常に感激しました。
撮影では、カットがかかって福田監督が笑ってくれた瞬間に、役者としてホッとした記憶が鮮明に残っています。
切ない物語の中に銀魂ならではのユーモアが加わったストーリーになっておりますので、是非ご覧ください。

北乃きいがミツバが大げさに咳き込むコミカルな場面の見せ場が多くあるようです。

その一方で想いを寄せた土方との別れる場面では、言葉ではなく相手を慕う瞳でその様子を表現もあり、見どころとなっています。

『銀魂』特有の個性的なキャラクターの1人を、北乃きいがどう演じるか?これは要注目ですね。

銀魂 激辛せんべい ミツバ篇


http://www.movic.jp/shop/g/g01250-00319-00167/

また、冒頭にあったティザービジュアルの写真に写るミツバの右手には、激辛せんべいを右手に持っていますね。

現在、その商品が販売されるのか調査中です。

以前に上記のようなアニメ版はありましたね。しばらくお待ちくださいね。

2.『銀魂-ミツバ篇-』の出演者コメントは?


(C)空知英秋/集英社 (C)2017「銀魂」製作委員会

土方十四郎役の柳楽優弥はドラマ版『銀魂-ミツバ篇-』に次のようなコメントを寄せています。

個人的にもミツバ篇を読んで感動していたので、
土方の男気溢れる名台詞やアクションを演じることができて光栄でした!
撮影現場ではアクションシーンでお亮(吉沢)が木刀を頭に当ててきた! お亮、恨みでもあるのかい?(笑)
ミツバ篇の見所は……全部!(笑)ですが沖田との道場でのシーンとアクションは特に見て頂きたいです!
ファンの皆様、ミツバ篇やって、ごめんなさい!(笑)


(C)空知英秋/集英社 (C)2017「銀魂」製作委員会

また、沖田総悟役の吉沢亮は次のようにコメントを寄せています。

ミツバ篇は原作の中でも泣けるエピソードで、真選組の成り立ちやそれぞれの人物像を
本編で描ききれなかったところまで掘り下げています。
沖田を演じた僕としては、映画本編で見せることのなかった殺陣のシーンを見て欲しいです。
撮影現場では殺陣の稽古中に、土方役の柳楽さんの頭を間違えて思いっきり叩いてしまい生きた心地がしませんでした。柳楽さん、本当にすみませんでした!
沖田のドSの仮面の下に隠れている脆さがたくさん出て来るので、ゲラゲラ笑って、ヒィヒィ泣いてください。


(C)空知英秋/集英社 (C)2017「銀魂」製作委員会
さらには、近藤勲役の中村勘九郎はこのようなコメントを寄せています。

ミツバ篇は「銀魂」の数あるエピソードの中でも屈指の泣けるエピソードで、劇場版とはまた違った「銀魂」を感じました。
真選組の仲間達の「絆」が見られるエピソードですので、思いっきりカッコいい真選組を感じてください。
また、劇場版では着ることが少なかった近藤の隊服姿にもご注目ください。


(C)空知英秋/集英社 (C)2017「銀魂」製作委員会

ミツバ篇は、本編では描ききれなかった場面やエピソードの掘り下げに見所は全部だと共演者のコメント。

また、カッコいい新撰組に泣ける場面もありそうですし、やはり、見所は全部なんでしょうね。

劇場版と一味違ったミツバ篇になりそうです。ぜひ、ドラマ版も押さえておきたいですね。

スポンサーリンク

3.まとめ

映画版『銀魂』では決して見ることができない、『銀魂-ミツバ篇-』は7月15日の0時より、dTVにて一挙配信。

銀魂ファンとしては、やはり、両方を観てみたいという気持ちがくすぐられてしまいますね。

『銀魂』ならではの世界観を2倍に以上楽しめる喜びに思いっきり浸りたいところではないでしょうか。

ぜひ、映画版『銀魂』とオリジナルドラマ版『銀魂-ミツバ篇-』に要注目ですよ!

関連記事

アクション映画

深作欣二おすすめ映画『赤穂城断絶』あらすじ。代表作に見られるテーマとは

2月1日にNHK BSプレミアムにて深作欣二監督による忠臣蔵映画『赤穂城断絶』放映されます。 忠臣蔵の季節は過ぎてしまいましたが、この機会に是非、鑑賞しましょう!! スポンサーリンク CONTENTS …

アクション映画

【ミッドウェイ映画2020】エメリッヒ版の評価と見どころは?こだわりの巨大セットとVFXに注目

映画『ミッドウェイ』は2020年9月11日(金)より全国公開。 『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が、歴史的海戦を20年に及ぶリサーチを経て鮮明に描いた映画『ミッドウェイ』。 第二 …

アクション映画

韓国映画『出国 造られた工作員』あらすじネタバレと感想。実話を基にイ・ボムスが北朝鮮スパイとなった男を演じる

全てを奪われスパイにされた男。衝撃の実話を基に描いたスパイ・サスペンス映画大作! 『神の一手』や『オペレーション・クロマイト』などの話題作で知られる、イ・ボムスが主演を務め、北朝鮮スパイとなった男の実 …

アクション映画

映画『バットマン ビギンズ』感想レビューとネタバレ結末も。バットマンの“始まり”に隠された謎とその物語に迫る

『バットマンビギンズ』で新たなバットマン伝説が誕生する。 アメコミ界のレジェンド級ヒーロー「バットマン」の始まりを描いた映画『バットマンビギンズ』。クリストファー・ノーランが監督を手掛けています。 ク …

アクション映画

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』あらすじとキャスト

2018年8月3日(金)に公開予定となっているトム・クルーズ主演のシリーズ第6弾!映画『ミッション:インポッシブル フォールアウト』のご紹介です。 これまで以上に最難関のミッションに挑むイーサン・ハン …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学