Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『ブルータル・ジャスティス』ネタバレ感想とラスト結末まであらすじ。メル・ギブソン演じる刑事の正義が炸裂す!

  • Writer :
  • 秋國まゆ

メル・ギブソンが主演のクライム・スリラー映画『ブルータル・ジャスティス』。

日本で2020年8月に公開された、映画『ブルータル・ジャスティス』は、強引な逮捕が原因で6週間の停職処分となった2人の刑事が、家族のために麻薬密売人から金を奪取しようとするクライム・スリラー映画です。

メル・ギブソンが主演を務め、容赦なきバイオレンス描写・独特の世界観を描く“暴力の伝道師”こと、S・クレイグ・ザラー監督が手掛けた日本初公開作品となっている本作は、一体どういう内容の映画なのでしょう。

今回は、映画『ブルータル・ジャスティス』のネタバレ有りのあらすじと作品情報をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『ブルータル・ジャスティス』の作品情報

(C) 2018 DAC FILM, LLC. All RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2020年(アメリカ・カナダ・イギリス合作映画)

【脚本】
S・クレイグ・ザラー

【監督】
S・クレイグ・ザラー

【キャスト】
メル・ギブソン、ヴィンス・ヴォーン、トリー・キトルズ、マイケル・ジェイ・ホワイト、ジェニファー・カーペンター、ウド・キア、ローリー・ホールデン、ジョーダン・アシュレイ・オルソン、フレッド・メラメッド、マイルズ・トゥルート、ヴァネッサ・ベル・キャロウェイ、ノエル・グーリーエミー、トーマス・クレッチマン、プラモ・アロン、ドン・ジョンソン

【作品概要】
メル・ギブソンが主演を務め、容赦ないバイオレンス描写と独特の世界観を持つS・クレイグ・ザラー監督が脚本を手掛けた、日本初公開のクライム・スリラー映画です。

そのほか『戦場のピアニスト』(2002)『タクシー運転手 約束は海を越えて』(2017)に出演したトーマス・クレッチマンが極悪非道の強盗犯を演じている、R15+作品となっています。

本作は批評家から好意的に評価された作品で、第40回ゴールデンラズベリー賞で「人名と公共財を軽視する無謀さに対する最低賞」にノミネートされました。

映画『ブルータル・ジャスティス』のあらすじとネタバレ

(C) 2018 DAC FILM, LLC. All RIGHTS RESERVED

麻薬を売ったり弟をケガさせた相手へ暴行を加えた罪で逮捕され、やっと刑務所から出所したヘンリー・ジョンズは、自宅へ戻る前に友人のビスケットと初恋の女性と再会を果たします。

その後に帰宅したヘンリーでしたが、自分が逮捕されてから母親のジェニファーが酒と麻薬に溺れ、ゲームクリエイター志望の車椅子に乗る弟・イーサンがいるというのに、男を連れ込んで売春していることに腹が立ちました。

ヘンリーはジェニファーと話し合った後、イーサンに会って一緒にゲームしようと誘い、これからは自分が家族を養うために頑張ると告げます。

それから3週間後、ブルーワーク警察の強面のベテラン刑事・ブレット・リッジマンと、彼より20歳年の離れた相棒トニー・ルラセッティは深夜、麻薬密売を行うバスケスとその恋人を横暴なやり方で逮捕しました。

しかし、深夜のアパートで行われた「被疑者を必要以上に痛めつけた」2人の逮捕劇は、その様子を見ていた他の住民によってマスコミにリークされ、ニュースで報道されてしまいます。

これを受けて2人の上司でブレットの元相棒・カルバート警部は、ブレットたちに6週間無給の停職処分にしました。

ブレッドの妻・メラニーは、元警官でしたが病気を患っており、娘のサラはここ2年間、見知らぬ男子たちに酷い嫌がらせを受けていました。

トニーは、恋人へプロポーズしようと思って指輪を購入していましたが、停職処分になった事で躊躇ってしまいます。

ブレットたちが横暴なやり方で逮捕するため、何度も停職処分を受けていることがニュースで報道された頃、覆面を被った男ブラック・グローブはコンビニで強盗殺人を、ヘンリーはビスケットと一緒にラップに包んだ銃を持ってどこかへ向かいました。

病気のせいで鎮痛剤を飲まないと生活できない妻と、治安が悪い街のせいで嫌がらせを受け続ける娘を守るため、引っ越し費用として大金が必要になったブレットは、元麻薬密売人で現在服屋の店主をしているフリードリヒからある情報を入手します。

最近不穏な動きを見せている麻薬密売人ボーゲルマンの情報を得たブレットは、早朝に呼び出したトニーに、「家族のために大金が必要だから、麻薬密売人の取引後に、彼らから金を強奪しよう」という話を持ち掛けました。

これを聞いたトニーは当然反対しましたが、ブレットから「政治や時代の流れに疎い俺は、60歳になるまでの長い間、いつか自分の功績が認められるとずっと信じてきた。だが、大量のドラッグが未成年に渡るのを防いだというのに、横暴なやり方だったからと停職処分を受けた。安月給で治安の悪い街に暮らしているせいで、娘が2年間も嫌がらせに遭って苦しめられている。俺は構わないが、家族には苦労させたくない」と聞き、彼を放っておけなくて渋々協力します。

その頃、覆面を被ったグレー・グローブは、小切手両替所から出てきた2人組の男を襲い、現金を奪ってから協力者の元へ行き、防弾加工されたブルーワーク警備会社の車を手に入れました。

一度帰宅して、恋人との将来を考えてブレットに協力することを躊躇ったトニーでしたが、自分の今後のキャリアを気遣うブレットの言葉を聞いて覚悟を決め、「俺は他の誰かではなく、あんたの相棒でいたい。この計画は最後までやり通すと約束したから」と宣言しました。

「強盗はするが殺人はしない」そう誓ったブレットとトニーは、ようやく動きを見せたボーゲルマンがヘンリーとビスケットを連れて車に乗り込み、金融街へ向かうのを見て彼らを尾行します。

ブルーワーク警備会社の車に乗り換えたボーゲルマンたち、運転席と助手席に座るヘンリーたちは何故か変装しており、この姿を見たブレットたちは、“彼らが人に見られることを想定した何かをしようとしている”と不審に思いながら尾行を続けました。

一方、北ブルーワーク信託銀行で働くケリー・サマーは、産休明けという事で、幼い息子と離れるのは辛いが、息子の姿を見て勇気を出して職場復帰します。

その瞬間、武装したボーゲルマン、グレー、ブラックの3人が、何故か黙ったまま北ブルーワーク信託銀行に強盗として侵入し、カセットテープを通して「警察に連絡を取ったり、不審な動きをしたりしたら処刑する」と脅してくるのです。

武装した覆面の男たちは喋らず、カセットテープに録音された男の声が、ケリーの上司であるエドミントン支店長を指名し、彼に指示を出して金を強奪しようとしました。そのカセットテープは録音されたもののはずなのに、現状を見ているかのように指示を出していくのです。

同僚が警察に連絡しようとするのを阻止したケリーは、武装した男に銃で撃たれて右手と、左手の指を2本失った後、射殺されてしまいました。

信号に捕まってヘンリーたちを見失ったブレットたちは、やはり金より人命が優先だと考え、もし自分たちの企みが相手にバレれば、計画を中止するかもしれないと期待を抱きます。

以下、『ブルータル・ジャスティス』ネタバレ・結末の記載がございます。『ブルータル・ジャスティス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C) 2018 DAC FILM, LLC. All RIGHTS RESERVED

しかしブレットたちが見たブルーワーク警備の車が、北ブルーワーク信託銀行の前に停まっているのを見て、ヘンリーやボーゲルマンが麻薬密売の取引に行ったのではなく、金塊が届けられた銀行へ強盗しにいったことに気づくのです。

ヘンリーたちを近くで様子を窺っていたブレットたちは、ブルーワーク警備の車が盗んだ金を積み込んで移動したのを見て動き出すが、銀行の前を通り過ぎた時、中で銀行員を襲った殺人も行われていたことを知りました。

「5人死亡2人重傷、1人行方不明」と救えたはずの命を救えなかった、ブレットたちはそんなやりきれない思いを抱きながらどこにも通報せず、銀行員の女性を人質に取ったまま逃走する、ヘンリーたちの後を追いかけます。

尾行されていることに気づいたヘンリーとビスケット、ブレットたちはそれぞれ覚悟を決め、高速道路を降りてすぐそばの倉庫へ向かいました。その時トニーは、恋人に遠回しなプロポーズと指輪の隠し場所を留守電に残します。

倉庫の前へ到着後、ヘンリーたちは高圧的な態度で喋るボーゲルマンたちに我慢が出来ず、仲間割れをして銃撃戦を繰り広げていきました。ヘンリーはビスケットに助けられ、車から離れた場所に身を潜めます。

銃声を聞きつけたブレットたちも遅れて到着し、ビスケットの死体を移動させようとする人質の女性に気を取られた瞬間、ボーゲルマンたちに銃で車ごと襲われてしまいました。

武装したブレットたちも車のタイヤを狙撃しようとしますが、エアーレスタイヤのため銃弾が貫通せず困っていると、車内ではボーゲルマンたちがビスケットの死体から胃を切除し、彼が死ぬ間際に飲み込んだ倉庫の鍵を取り出します。

用無しになったビスケットの死体を外に放り出し、ボーゲルマンたちは車内に立て籠もりますが、ブレットたちは動きがない車に自分たちの車を追突させて、わざと横転させて煽り、彼らが人質を連れて出てくるのを待ちました。

膠着状態が続いた後、3発の銃声と男女の悲鳴が聞こえ、中から出てきた女性がトニーの元へ辿り着いた瞬間、銃を持たされ、トニーを攻撃します。それを見てすかさずブレットが、女性に向けて銃を発砲しました。

指輪を見つけた恋人からの留守電を聞いたトニーは、彼女から断られたことを知ってから息を引き取り、これに絶望し怒ったブレットは持ってきた催涙ガスを使って、ボーゲルマンたちを外へ誘き寄せます。

グレーとブラックを射殺し、車の隙間から狙ってきたボーゲルマンも倒したブレットでしたが、今度は今まで身を潜めていたヘンリーから、「金塊と現金を死守するため」だけに殺されそうになるのです。

取っ組み合いになった末、無力化した2人はお互いに大金が必要なことから、「金塊と現金を分け合ってこの場の後始末をする」ということで決着をつけます。

ヘンリーは倉庫にあった逃走用の車に現金と遺体を、ブレットは壊れかけの乗ってきた車に金塊を乗せ、ヘンリーの車に牽引されながらその場を離れました。

沼地がある薄暗い森に到着後、ブレットたちは金塊と現金を同じ車に移し替え、ブレットが乗ってきた壊れた車はボーゲルマンたちの遺体を乗せたまま沼地へ沈めます。

その直後、猜疑心が強いブレットはヘンリーに銃を突きつけ、銃撃戦の一部始終を取った携帯を没収しようとしますが、狭い車内で揉み合いになったせいでブレットは致命傷を負ってしまいました。

瀕死のブレットは、ヘンリーが初めから自分を脅すつもりはなかったことを知って信用し、奪った金を使って自分の妻子の保護と、トニーの遺体を埋葬することを約束させます。

これにヘンリーが応じた途端、安心したブレットは息を引き取りました。

ヘンリーはビスケットとブレッドたちを森の中で埋葬し、それから11カ月後、奪った金と金塊を使って豪邸を買い、家族に何不自由ない暮らしを送らせていました。

一方サラたちは、突如メラニー宛に小包が届きます。ブレットの頼みを遂行したヘンリーからの贈り物で、中には2人への引っ越し費用として用意した金塊が入っていました。

ヘンリーは11カ月前に起きた事件の直前一緒にやっていたゲームをしようとイーサンに頼み、「ライオンを狩るぞ」と告げました。

スポンサーリンク

映画『ブルータル・ジャスティス』の感想と評価

(C) 2018 DAC FILM, LLC. All RIGHTS RESERVED

ブレットとトニーが被疑者を逮捕する際に少し強引なやり方をしていたとはいえ、未然に犯罪の拡大を防いだことは間違いなく、それは褒められるべき行為です。

この仕事を続けていれば、停職処分を受けて追い詰められたブレットが、家族を守るために大金を得ようと、麻薬密売人から金を強奪しようとはしなかったでしょう。

ブレットとトニーの息の合ったコンビプレイは格好良く、彼らの他愛もないやり取りは面白いものです。

同時に、必死にボーゲルマンたちからヘンリーを守ろうとしたビスケットの勇気ある行動と、彼らの友情には感動します。

この2組のコンビには皆生きて欲しかったのですが、ヘンリーだけが生き残る結末だったのが少し残念です。

ブレットを最後まで相棒として信頼したトニー。彼が死ぬ場面が一番胸が締め付けられました。

物語の冒頭にある過激なシーンと、後半にあるグロテスクなシーンには驚きましたが、物語自体は感動と笑いがあり、ドキドキハラハラと興奮できる部分があって、素晴らしい出来ばえの作品となっています。

まとめ

(C) 2018 DAC FILM, LLC. All RIGHTS RESERVED

さて、映画『ブルータル・ジャスティス』について、ネタバレ有りのあらすじと作品情報をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ブルーワーク警察のブレットとトニーのコンビが、麻薬取引後に金を巻き上げようと狙いを定めたボーゲルマンが、ヘンリーたちを巻き込んで強盗殺人を犯すという展開には驚くことでしょう。

アクション場面は思っていたより少ないものの、物語の後半にはブレットたちとボーゲルマンたちの銃撃戦が繰り広げられています。

そこでのブレットたちの戦いは格好良く、ヘンリーが大どんでん返しをするのは必見です。

結末は悲しいものの、それまでの過程がドキドキハラハラして面白いので、2020年公開のクライム・スリラー映画の中で、一番のオススメ作品となっています。

ダンディな俳優メル・ギブソンと、彼の相棒役を務める俳優ヴィンス・ヴォーンの活躍は、男女関係なく魅了されること間違いないでしょう。



関連記事

アクション映画

忍びの国キャストとあらすじ!大野智登場の舞台挨拶や試写会はある?

“和田竜(原作・脚本)× 大野智(主演)× 中村義洋(監督)” 誰も見たことがない戦国エンターテインメント作品『忍びの国』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『忍びの国』の作品情報 …

アクション映画

深作欣二おすすめ映画『赤穂城断絶』あらすじ。代表作に見られるテーマとは

2月1日にNHK BSプレミアムにて深作欣二監督による忠臣蔵映画『赤穂城断絶』放映されます。 忠臣蔵の季節は過ぎてしまいましたが、この機会に是非、鑑賞しましょう!! スポンサーリンク CONTENTS …

アクション映画

韓国映画『悪女AKUJO』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【キム・オクビン×チョンビョンギル監督】

史上最強の女殺し屋登場! 『殺人の告白』で知られるチョン・ビョンギル監督が放つ、究極のスタイリッシュアクション映画『悪女/AKUJO』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS1.映画『悪女 …

アクション映画

『ダークナイト』あらすじとネタバレ考察。映画監督クリストファーノーランが描く“ダークナイト=バットマン”の真の姿

『ダークナイト』が描くバットマンとジョーカーの激闘! 映画『ダークナイト』は、DCコミックスの人気ヒーロー、バットマンの誕生を、クリストファー・ノーラン監督&クリスチャン・ベール主演で描いた『バットマ …

アクション映画

Netflix映画『6アンダーグランド』あらすじネタバレと感想。マイケルベイとライアンレイノルズが描いた「カオスとジョーク」の融合!

Netflixオリジナル映画『6アンダーグラウンド』2019年12月13日(金)より独占配信開始。 ド迫力、ノンストップアクションで破壊しっぱなしの映画『6アンダーグランド』。 『デッドプール』のライ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学