Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2022/10/20
Update

『ワイルド・ロード』あらすじ感想と評価考察。マシン・ガン・ケリーが長距離バスで逃亡するアウトローを熱演!

  • Writer :
  • 松平光冬

途中下車は許されない。それは、死線を走る片道切符――

映画『ワイルド・ロード』が、2022年12月2日(金)より全国ロードショーとなります。

ラッパーのマシン・ガン・ケリーことコルソン・ベイカーと、名優ケヴィン・ベーコン共演のノンストップ・サスペンスの見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ワイルド・ロード』の作品情報


(C)2022 INSPIRED CREATIONS FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
One Way

【監督・製作総指揮】
アンドリュー・ベアード

【製作】
マーティン・ブレナン、ライアン・ドネル・スミス、ジブ・ポルヘマス、ティム・パーマー、アレン・チェイニー、ライアン・ウィンタースターン、ネイサン・クリンガー

【脚本】
ベン・コンウェイ

【撮影】
トビア・センピ

【編集】
ジョン・ウォルターズ

【キャスト】
コルソン・ベイカー、ストーム・リード、ドレア・ド・マッテオ、トラヴィス・フィメル、ケヴィン・ベーコン

【作品概要】
米TIME誌が発表した“次世代の100人”のアーティスト部門に選出された、マシン・ガン・ケリー(コルソン・ベイカー名義)主演作。

ケリー演じる青年が、組織の追手から逃れるため乗り込んだ長距離バスで起こる出来事をスリリングに描きます。

共演に、ハリウッドの元祖カメレオン俳優ケヴィン・ベーコン、『ウォークラフト』(2016)のトラヴィス・フィメル、『透明人間』(2020)のストーム・リードなど。

監督は、ガイ・ピアース主演のSFスリラー『ゾーン414』(2021)で長編デビューをはたしたばかりのアンドリュー・ベアードです。

映画『ワイルド・ロード』のあらすじ

(C)2022 INSPIRED CREATIONS FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

組織から金とコカインを盗んだ男フレディ。彼が乗り込んだ長距離バスには、組織の女ボス・ヴィックからの追手が迫っていました。

フレディには何としても逃げ切らなければいけない理由がありました。それは、元恋人クリスティーンと、彼女との間に生まれたひとり娘リリーのため。

しかし彼は、逃走時に追手に撃たれ負傷していました。出血が止まらずに次第に意識が朦朧としていく中、フレディは藁をもすがる思いで、疎遠になっていた父親に助けを求めるも……。

スポンサーリンク

映画『ワイルド・ロード』の感想と評価


(C)2022 INSPIRED CREATIONS FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

俳優としても活躍、超人気ラッパーのマシン・ガン・ケリー

ラッパーとしてデビュー以降、2020年リリースのポップ・パンク・アルバム『チケッツ・トゥ・マイ・ダウンフォール』が全米1位を獲得、米TIME誌発表の“次世代の100人”のアーティスト部門にも選出されるなど、今最も注目されるアーティスト、マシン・ガン・ケリー

俳優としても、本名のコルソン・ベイカー名義で『囚われた国家』(2019)や『プロジェクト・パワー』(2020)などに出演し、今年5月全米公開のコメディ『Good Mourning(原題)』では脚本・監督に初挑戦。

MTVの人気リアリティコメディ『ジャッカス』の劇場版第4作『ジャッカス FOREVER』(2022)では、ジャッカスメンバーのスティーヴォーとフィットネスバイクを漕ぎあい、どちらが巨大な手で相手をプールに叩き落すかを競うゲーム(文字では説明しにくいので、ぜひとも本編を観ましょう)にノリノリで参加するなど、マルチに活躍しています。

『Good Mourning』でも共演したミーガン・フォックスと1月に婚約を発表し、プライベートの話題も事欠かないケリー。そんな彼の主演最新作となるのが、本作『ワイルド・ロード』です。

『Good Mourning(原題)』(2022)

長距離バス内で繰り広げられる予測不能サスペンス

(C)2022 INSPIRED CREATIONS FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

マシン・ガン・ケリー演じるフレディは、犯罪組織から大金とコカインを盗んだ青年。捕まえようとする組織のボス・ヴィックとその手下から逃れようと、長距離バスに乗り込みます。

バス内からスマホとガラケーを使って仲間たちと連絡を取ろうとするも、逃走時に腹部に銃弾を受け、出血が止まらない状態となっていました。

そのうちフレディは、同じバスの乗客である少女レイチェルと会話するように。しきりにフレディから携帯を借りようとするレイチェルは、何やらワケありな事情を抱えていると知ります。

ヴィックによって仲間が次々と殺されていく恐怖と、バスの乗客全員への不信感が高まるあまり、フレディは疎遠になっている父親のスマホを鳴らします――

一夜の出来事の大半を車内で、しかも電話の会話のみで展開する作品といえば、トム・ハーディ主演の『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』(2015)がありましたが、本作は長距離バス内をメイン舞台としたサスペンスとなっています。

バスに乗って逃げているにもかかわらず、負傷したことによって命の危険にも晒されるフレディ。加えて彼を取り巻く人々との人間模様が、観る者に先の展開を読ませません

『ナイトライド 時間は嗤う』(2022)

ちなみに、本作の脚本家ベン・コンウェイは、裏社会から足を洗おうとするドラッグディーラーが、車を奔走させながら仲間に電話して窮地を脱しようとする様を描く『ナイトライド 時間は嗤う』(2022)も手がけています。

本作の脚本プロットを下地に書かれたとあって、設定こそ異なれど車内で繰り広げられる対話劇サスペンスという点で共通しており、94分間ワンショット、しかも実際に運転しながら演技を決行した驚異の撮影手法が見どころ。

『ナイトライド 時間は嗤う』は日本では11月公開なので、『ワイルド・ロード』と比較して観てみるのも面白いかもしれません。

まとめ

アンドリュー・ベアード監督の公式ツイッター

フレディの父親もまた、悪事に手を染めていた人物。そんな父親を軽蔑していたにもかかわらず、自分も犯罪組織の一味となってしまった…。

父親らしいことは何もできなかった償いとして、盗んだ大金を元恋人クリスティーンと娘のリリーに託そうとするフレディでしたが、数年ぶりとなる父との再会が、思わぬ展開を導きます(父親役ケヴィン・ベーコンの怪しさ全開な演技も必見!)。

はたしてフレディの生命は?大金の行方は?あなたは予測不可能なワイルド・ロードへと誘われることでしょう。

映画『ワイルド・ロード』は、2022年12月2日(金)より全国ロードショー

関連記事

サスペンス映画

映画レッド・スパローあらすじとキャスト。ジェニファー・ローレンス紹介も

映画『レッド・スパロー』は3月30日(金)よりTOHOシネマズ他全国映画館にてロードショー! 映画『ハンガー・ゲーム』シリーズでタッグを組んだフランシス・ローレンス監督とジェニファー・ローレンスのWロ …

サスペンス映画

映画『お嬢さん』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【パクチャヌク監督作品】

韓国映画の勢いが止まりません!中でもパク・チャヌク監督の『お嬢さん』に注目です。 サラ・ウォーターズの小説『荊の城』を原作に、舞台を19世紀のイギリスから日本統治下の朝鮮半島に置き換え、豪奢でエキサイ …

サスペンス映画

『シルクロード.com』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。実話という驚愕の“史上最大の闇サイト”を描くダークサスペンス!

パソコンも使えないアナログ捜査官vs天才サイバー犯罪者の戦いを描いたサスペンス! ティラー・ラッセルが脚本・監督を務めた、2021年製作のアメリカのPG12指定のサイバー・ダーク・サスペンス映画『シル …

サスペンス映画

映画『嘘を愛する女』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

2018年に30歳になり大人の女優へと進化を進める長澤まさみと、『おんな城主直虎』『カルテット』で大ブレイクした高橋一生が共演するラブサスペンス。 5年間同棲していた男は名前から何から全て嘘だった。病 …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』4番リョウコ役は橋本環奈。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 メガホンをとるのは、『イニシエーション・ラブ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学