Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2017/09/02
Update

三度目の殺人の原作はある?発売日や映画と小説の結末の違いを調査

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

9月9日(土)より全国の劇場にてロードショーされる映画『三度目の殺人』に大きな注目が集まっています。

今作は2013年に『そして父になる』でカンヌ国際映画祭審査員賞を獲得した、是枝裕和監督と福山雅治主演という再タッグに、世界的に人気俳優の役所広司が高い演技力で被疑者役を怪演していると秋の話題作。

この作品に原作となる小説はあるのでしょうか。また、映画と小説の違いとは何かについて書いてみました。

スポンサーリンク

1.映画『三度目の殺人』はなぜ話題作か?


(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

今作『三度目の殺人』は8月30日から開催中の第74回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品され、現地でも大きな話題となっています。

弁護に“真実”は必要だとは感じず、ただ勝利をするための「法廷戦術」のみを追求してきた、福山雅治が演じる弁護士の重盛。

そんな重盛を事件供述を二転三転させ翻弄させる役所広司の演じる被疑者の三隅。

三隅と被害者の娘である咲江の接点が明らかになるにつれて、重盛は三隅の深い闇に呑まれていきます。

本当に裁かれるべきは誰か、誰がなぜ殺したのか、心の底からそのことに惹かれた重盛の心境を糸口に“真実”を求め始めます。

ヴェネチア国際映画祭の映画賞発表は、現地時間の9月9日になります。円熟期に入った是枝裕和監督の快挙に期待をしましょう!

2.映画『三度目の殺人』のあらすじ

法廷の弁護の勝訴にこだわりを持つ弁護士の重盛が、弁護を担当することになってしまったの容疑者の三隅。この容疑者には30年前にも殺人前科がある人物でした。

仕事を解雇された工場の社長を殺めて、その死体に火をつけた容疑で起訴された三隅。彼は犯行も自供し、死刑はほぼ確実でした。

しかし、調査を進めるにつれ、弁護士の重盛には違和感のようなものが芽生えていきます。

三隅と会うたびに動機が曖昧に変わり、なぜ殺したのか…?本当に彼が殺したのか…?謎の多い三隅に呑まれているのか…?

他人の弁護に真実などは必要ないと信じていた弁護士の重盛が、初めて容疑者の心の真実を知りたいと願うようになります。

やがて、三隅と被害者の娘の咲江に接点があることが明らかになるのです…。

スポンサーリンク

3.是枝裕和監督ってどんな監督なの?

22年前の快挙!初監督作品『幻の光』(1995)

是枝裕和(これえだ・ひろかず)は、1962年に東京都生まれます。早稲田大学卒業後、テレビマンユニオンに参加。

主なテレビ作品に『しかし・・・』(1991/CX/ギャラクシー賞優秀作品賞)など。

初監督した映画『幻の光』(1995)は、第52回ヴェネチア国際映画祭で金のオゼッラ賞を受賞

2004年に『誰も知らない』がカンヌ国際映画祭にて映画祭史上最年少の最優秀男優賞(柳楽優弥)を受賞。

『歩いても 歩いても』(2008)でブルーリボン賞監督賞のほか、多くの映画賞を受賞。

2013年に『そして父になる』で、第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門審査員賞を受賞

2015年にも『海街diary』が同映画祭同部門に選出。2016年には『海よりもまだ深く』が同映画祭「ある視点」部門に正式出品されました。

現在の日本映画監督の牽引的な存在の映画監督で知られ、いよいよ円熟期を迎えて満を時して世界的な俳優である役所広司を起用して、世界三大映画祭の一つ、ヴェネチア国際映画祭に挑んでいます。

4.小説『三度目の殺人』原作本発売される!


(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

宝島社文庫『三度目の殺人』は、映画の原案・脚本を担当した是枝裕和と、ノベライズ作家の佐野晶の共著で発売するそうです。

是枝監督作品のノベライズを宝島社から発売するのは、『そして父になる』に続き2作目。

映画には映し出されない人物背景や背後に潜む感情が細かく描かれており、映画と小説の両方を観て読むことで物語がより深く多面的になりものです。

小説版によって“真実”についての是枝裕和監督のメッセージが言語化されることにとって、より浮き彫りにされことは間違いないでしょう。

また、1度映画を観ただけでは理解しづらい難解な法廷論争やキーワードもわかりやすくなるところも、おすすめなポイントです!

宝島社文庫『三度目の殺人』


宝島社文庫『三度目の殺人』

【発売日】
2017年9月6日

【定価】
650円+税

【発売元】
宝島社

スポンサーリンク

まとめ


(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

映画『三度目の殺人』は9月9日の劇場公開にあわせて、舞台挨拶も行なわれます!

【東京】2017年9月9日(土)
TOHOシネマズ スカラ座 9:50の回 上映終了後/13:10の回 上映開始前
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 12:15の回 上映終了後/15:55の回 上映開始前

詳細は公式ホームページのコチラをご覧ください。http://info.toho.co.jp/sandome_snc/top.html

【大阪・名古屋】9月10日(日)
大阪:TOHOシネマズ 梅田 8:45の回 上映終了後/12:00の回 上映開始前
大阪:TOHOシネマズ なんば 10:55の回 上映終了後
名古屋:ミッドランドスクエア シネマ2 14:05の回 上映終了後/17:05の回 上映開始前

詳細は公式ホームページのコチラをごらんください。http://info.toho.co.jp/sandome_0910/top.html

大きな話題の映画『三度目の殺人』の劇場公開と原作本販売を、お見逃しとお忘れのないよう楽しみにしましょう。

是枝裕和監督のヴェネチア国際映画祭受賞にも乞うご期待!!

関連記事

サスペンス映画

映画『インサイド』感想レビュー。考察『屋敷女』オリジナル作品との比較

補聴器が無いと耳が聞こえない障害を持つ妊娠中の女性が、突然自宅に侵入してきた、正体も目的も不明の女に襲われるサスペンススリラー。 極限の恐怖と緊張感を味わえる、7月13日(金)より全国公開中の映画『イ …

サスペンス映画

映画『暗くなるまで待って』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『ローマの休日』や『ティファニーで朝食を』などで知られるオードリー・ヘプバーン… その美しさだけでなく高い演技力をも知らしめた『暗くなるまで待って』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS …

サスペンス映画

映画『サンセット』あらすじ感想と考察。ネメシュ監督が誘う“解けない謎”とは

『サウルの息子』のネメシュ・ラースロー監督が贈るミステリー 映画『サンセット』は、2019年3月15日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで公開! 初の長編映画『サウルの息子』( …

サスペンス映画

韓国映画『リアル』あらすじとキャスト一覧!公開する劇場情報も

すべてのジャンルを超える新感覚ボーダレスムービー! 韓国の次世代トップ俳優キム・スヒョンが初の一人二役に挑み「20代の代表作」と自ら発言した注目の主演作、『リアル』が4月14日(土)よりシネマート新宿 …

サスペンス映画

映画『リグレッション』のあらすじとキャスト。上映する劇場情報も

映画『リグレッション』9月15日(土)より、新宿武蔵野館ほかにてロードショー! 『アザーズ』で知られるスペインの名監督・アレハンドロ・アメナーバル8年振りの新作がついに日本上陸! 90年代に実際にアメ …

【Cinemarche独占】映画『小さな恋のうた』試写会プレゼント【5/16(木) よみうりホール】
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP