Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2018/01/13
Update

本日公開!上映中のおすすめ台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』をご存知ですか?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』は、本日1月13日(土)より新宿シネマカリテほか、全国順次公開!

アジア映画はあまり見たことがないというあなた。の台湾映画デビューに、チェン・ウェイハオ監督の体感型サスペンス・スリラーはいかがでしょう。

激しい雨が降った9年前の死亡事故を発端に、当事者は7人。その事件の真相とは?

1.映画『目撃者 闇の中の瞳』の作品情報


©Rise Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved.

【公開】
2018年(台湾映画)

【原題】
目撃者 (英語題:WHO KILLED COCK ROBIN)

【脚本・監督】
チェン・ウェイハオ

【キャスト】
カイザー・チュアン、ティファニー・シュー、アリス・クー、クリストファー・リー、メイソン・リー

【作品概要】
台湾のアカデミー賞「2017年第54回金馬奨」の主演男優賞、助演男優賞、視覚効果賞、編集賞、音響効果賞と5部門ノミネートの快挙を果たした犯罪スリラー。

ある日の事故をきっかけに、過去に偶然目撃した自動車の当て逃げ事故との接点を告げられ、その事件の闇に落ちていく男の行方を描いた作品。

監督はホラー映画『紅衣小女孩』で長編デビューを果たしたチェン・ウェイハオ監督です。

2.映画『目撃者 闇の中の瞳』のあらすじ


©Rise Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved.

2007年。新聞社で実習生として働くワン・イーチー、通称シャオチー。

彼は激しい嵐の夜に、台湾郊外の新店での山道で車両同士の当て逃げ事件を目撃します。

被害者の車は無残にも潰れ、運転席の男性は命を落としており、助手席の女性も瀕死の状態でした。

シャオチーはとっさに現場から逃走車の写真を撮影し、大学院時代の恩師である上司のチウ編集局長に見せますが、ナンバープレートの数字が判読不可能であったために記事には成らず、また犯人が捕まることもありませんでした。

それから9年後…。

スクープを連発する敏腕記者となったシャオチーは、国会議員の不倫疑惑の現場を目撃した帰り道、1ヵ月前に中古で買ったばかりの愛車をぶつけてしまいます。

破損した車を馴染みの自動車修理工場のジーに見せると、その愛車は過去にも事故に遭っていると指摘されました。


©Rise Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved.

時同じくして、順風満帆だったシャオチーのキャリアに危機が訪れてしまいます。

彼が不倫疑惑を報じた国会議員カップルが実は夫婦であり、名誉棄損で新聞社を訴えると言い出したのです。

解雇されたシャオチーは先輩記者マギーの協力を得て、独自に9年前の事故の真相を調べ始めますが…。

3.映画『目撃者 闇の中の瞳』の感想と評価

『目撃者 闇の中の瞳』の先輩記者マギー役のティファニー・シュ


©Rise Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved.

本作演出を務めるチェン・ウェイハオ監督は、自身の短編第2作『Real Sniper(原題。中国語題:狙撃手)』を観た映画祭審査員から、次のように評価を受けました。

「どこから危険が来るのか、誰が次の標的になるのか誰にも分からないという現代都市の危うい空気を的確に描いている。オタクの視点からエリート警察官の視点へと見事に切り替わり、巧妙なエンディングで2人の主人公が結びつけられる。その冷静さと緻密さから、“チェン・ウェイハオが第2のエドワード・ヤンとなる可能性も感じられる”」

この絶賛と受け取れる“先の読めない展開”という評価は、何もこの作品のみのことではありません

長編デビュー作品『紅衣小女孩』や、本作『目撃者 闇の中の瞳』でも、それは同様です。

もし、あまり台湾映画は観ないというあなたでも、注目監督の先物買いで今後期待を集めそうな監督を知っておきたいなら、この作品はオススメな映画です。

好みは分かれるかも⁈それでも今オシテおきたい!


©Rise Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ウェイハオ監督のホラー映画『紅衣小女孩』を完成前の試写で視聴したことがあるのですが、本作『目撃者 闇の中の瞳』は、それよりも陰なる世界観でかなり腕を上げた印象は強いです。

ただ、サスペンス映画とはいえ、ウェイハオ監督の冴えた演出には、一部ホラー的な要素も含まれます。

結構トラウマかも?

それでも映画的な表現知識や芸術的な手法はこの作品にいくつも見られますよ。

*映画の詳細な情報や、感想をお読みになりたい方は以下のバナーからお読みください。

まとめ


©Rise Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved.

チェン・ウェイハオ監督のラストまで先が読めない展開や芸術的なセンスも見られる作品『目撃者 闇の中の瞳』は、1月13日(土)より新宿シネマカリテほか現在公開中です。

また今後、全国順次公開されますので、お見逃しなく!

関連記事

サスペンス映画

映画『ザ・バニシング消失』ネタバレ感想。リメイク版までありながら日本未公開であったサスペンス秀作

映画『ザ・バニシング -消失-』は2019年4月12日(金)ロードショー 旅行先で突然消えた恋人。彼女はなぜ消えたのか、どうなってしまったのか。その真相を男が追っていくうちに、物語はどんどん恐ろしい局 …

サスペンス映画

映画『ブレインゲーム』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『ブレイン・ゲーム』は10月6日から新宿武蔵野館ほか全国順次上映中です。 完全犯罪と思われた連続殺人事件に、FBIが捜査協力を依頼したのは、特殊能力を持つ医師のジョン・クランシー博士でした。 主人 …

サスペンス映画

映画『告白小説、その結末』あらすじとキャスト。上映館情報も

フランスで今もっとも注目されている作家デルフィーヌ・ド・ヴィガンの小説「デルフィーヌの友情」を巨匠ロマン・ポランスキー監督が映画化! 『告白小説、その結末』は6月23日(土)より、ヒューマントラストシ …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』13人目死体役はとまん。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 演出を務めるのは、『イニシエーション・ラブ』 …

サスペンス映画

映画『猿ノ王国』あらすじ感想と内容解説レビュー。“タテ社会の病理”をテレビ局の最上階と最下層の視覚化で描く大人の寓話

映画『猿ノ王国』が、2022年4月2日(土)より「Ksシネマ」にて劇場公開。 「コロナ・ワクチン特集」のオンエアに関する是非を巡り、さまざまな人間の思惑が入り乱れる映画『猿ノ王国』。 テレビ局を舞台に …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学