Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2022/01/11
Update

映画『泥棒成金』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ヒッチコック代表作で金髪女優グレイス・ケリーが泥棒とのラブロマンスを演じる

  • Writer :
  • 星野しげみ

アルフレッド・ヒッチコックによるラブ・サスペンス『泥棒成金』

南仏リビエラを舞台に、汚名を着せられた元宝石泥棒が、自分の手口を真似た神出鬼没の宝石泥棒を捕らえるために大奮闘。

名匠アルフレッド・ヒッチコックが軽快なタッチで描くラブサスペンスです。

主役の宝石泥棒にケイリー・グラント、ヒロインのフランセスはヒッチコック作品3作連続でヒロインに抜擢されることになったグレイス・ケリーが務めます。

もと宝石泥棒は偽者の正体を突き止めて自分の汚名をはらせるのでしょうか。泥棒の正義を追究しながらラブが発生する見応えたっぷりの『泥棒成金』をネタバレありでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『泥棒成金』の作品情報


(C)1954 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

【公開】
1955年(アメリカ映画)

【原作】
デヴィッド・ダッジ

【脚本】
ジョン・マイケル・ヘイズ

【監督】
アルフレッド・ヒッチコック

【音楽】
リン・マーレイ

【キャスト】
ケイリー・グラント、グレイス・ケリー、シャルル・ヴァネル、ブリジット・オーベース、ジェシー・ロイス・ランディス、ジョン・ウィリアムズ

【作品概要】
自分の偽者を追う天才宝石泥棒の恋と冒険を描く、アルフレッド・ヒッチコックのロマンティック・サスペンス『泥棒成金』。

フランセス役はグレイス・ケリー。1954年の『ダイヤルMを廻せ』『裏窓』に続き、3作連続でヒッチコック作品のヒロインを務めました。本作はアカデミー賞の撮影賞受賞作品。

映画『泥棒成金』あらすじとネタバレ


(C)1954 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

ゴージャスなお屋敷が建ち並ぶ南仏リビエラ。そこでは、富裕層の屋敷を狙った宝石泥棒が世間を騒がせていました。

夜の闇に紛れ、屋根伝いに窓から屋敷に忍び込んで、宝石を奪って逃げるという手口は、まるで猫のよう。

かつて「キャット」と呼ばれた宝石泥棒そっくりの手口のため、警察は再び「キャット」ことジョン・ロビーの仕業かと、すでに足を洗っている彼のもとへ向かいます。

しかしジョンは以前に捕まって以来堅気となり、リビエラの別荘で悠々自適の生活を送っていました。

身に覚えが無いにもかかわらず警察に疑われた彼は、かつての仲間に裏切り者がいるのではないかと、当時の仲間ベルタニが経営するレストランを訪ねます。

しかし仲間たちのほうでもジョンの仕業と考えていて、自分たちがとばっちりを受けることを恐れ、ジョンを敵視していました。

そこでジョンは偽者が盗みに入りそうな屋敷に先回りして真犯人を明らかにしようとします。

ベルタニの指示でカンヌのビーチクラブへ行き、そこで保険会社の調査員ヒューソンに会って、宝石を持っている人のリストをもらいました。

その変わりに、盗んだ宝石をヒューソンに渡す取引をしました。

手始めにジョンはヒューソンが会うと言っていたアメリカ人の石油成金スティーブンス母娘に近づきます。

ですが、盗難被害にあったのは他の客でした。その時、ジョンは偽キャットから「深入りするな」という警告のメッセージを受け取りました。

そんなジョンにスティーブンス夫人の娘フランセスが興味を抱き、彼をドライブに誘います。

途中、リストの中にあった貴族の屋敷に立ち寄り下見をしていると、ジョンはそこでベルタニの姿を見かけて不審に思いました。

フランセスはジョンの様子から彼が「キャット」だと見抜き、宝石への欲望を駆り立てようと挑発します。

否定しながらもジョンはフランセスに惹かれ、2人は一夜を共にしました。

そしてその晩ついにスティーブンス夫人の宝石が盗まれたのです。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『泥棒成金』ネタバレ・結末の記載がございます。『泥棒成金』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)1954 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

フランセスはジョンの仕業だと決めつけて警察に通報しますが、スティーブンス夫人はジョンを信じて彼を逃がし、フランセスを諫めました。

再び追われる身となったジョンですが、そこへ偽キャットから犯行予告が届きます。

今度こそ偽者を捕まえようと警察と共に張っていると、底に現れたのはベルタニのレストランで働くフサール。

彼はジョンと格闘した末海に落ちて死んでしまいました。

「偽キャット」がフサールだったことで一件落着したように見えたのですが、彼が義足だったことからジョンは偽キャットはフサールではないと考えました。

彼は下見に訪れた貴族の屋敷でパーティーが開かれることを知り、そこに偽キャットが現れると確認して最終対決を決意。

パーティーの晩、ジョンは屋根の上で偽キャットを待っていました。

すると、深夜になって怪しい影が現れます。捕まえてみるとその人物はフサールの娘ダニエルでした。

屋根から落ちそうになったダニエルは、黒幕がベルタニで、彼の指示でやっていたことを告白しました。

やっと身の潔白が証明され、平穏な生活が戻ったジョンの元にフランセスが訪れます。

彼女は疑ったことを謝罪し、2人は改めて別れを口にします。

「ここがお住まい? きっとお母さん気に入るわ」と言うフランセスを、ジョンはまじまじと見つめます。

スポンサーリンク

映画『泥棒成金』感想と評価


(C)1954 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

「キャット」とよばれる宝石泥棒の手口そっくりの犯行が行われ、引退した本物の「キャット」ことジョン・ロビーが犯人探しにのりだすサスペンス『泥棒成金』。

ただのサスペンスだけで終わらず、そこへ絡めてくるのは、成金母娘との出会いであり成金娘とのラブロマンスです。

成金娘のフランセスを演じるのは、アルフレッド・ヒッチコック監督と3度目のタッグとなるグレイス・ケリー。

ジョン・ロビーを誘って2人でドライブするシーンでは、警察の追っ手を交わすスピード感あふれるドライブテクニックが見られ、成金娘の自由奔放さが伝わってきます。

グレイス・ケリーは、この後本作のロケ地のひとつであったモナコ公国のレーニエ大公と結婚します。

モナコの美しい風景がグレイス・ケリーの心にも強い印象を与え、その後の人生を決定づけたのかもしれません。

成金娘の宝石を狙うと見せかけて、罠をはっていたジョン・ロビーの前に偽者のキャットが現れて捕まったことにより、ジョン・ロビーの汚名は晴れました。

泥棒には泥棒のプライドがあります。自分の流儀を守り切った大泥棒が見せるのは、なんと清々しい笑顔でしょう。

そんな大泥棒に魅かれるフランセスは彼の住まいを訪ねて別れを告げますが、立ち去ろうとしないラストに、今後の2人の行く末が想像されます

機知に富んだ微笑ましいヒッチコックのラブロマンス……。

堂々としたイケメン宝石泥棒のケイリー・グラントに対峙する、美貌のグレイス・ケリーのキュートさが映えるワンシーンです

まとめ


(C)1954 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

『ダイヤルMを廻せ』『裏窓』と名作を生みだしたヒッチコック監督の『泥棒成金』。

サスペンスに満ち溢れた本作は、名匠ヒッチコックの手によって、ラブロマンスも加わり、ミステリーの古典ともいうべき作品です。

ヒッチコック初のワイドスクリーン作品でもあり、バスでケーリー・グラントの隣に座る乗客としてヒッチコックも登場

そして、本作はヒロインを演じたグレイス・ケリーがモナコ王妃となり引退する前年の最後のヒッチコック映画出演作となりました。

話題の多い作品のなかでも注目したいのは、輝くばかりのグレイス・ケリーの美しさでしょう。



関連記事

サスペンス映画

映画『ミスター・ガラス』ネタバレあらすじと感想レビュー。内容解説のアンブレイカブルとスプリットの事前学習も

M.ナイト・シャマラン監督待望の作品『ミスター・ガラス』は、2019年1月18日(金)より公開! M.ナイト・シャマラン監督の『アンブレイカブル』『スプリット』の後受け継ぐ三部作の完結編。 『アンブレ …

サスペンス映画

映画『クローブヒッチキラー』ネタバレ感想とラスト結末の評価解説。父親が殺人鬼?という疑念を抱く少年が昇る究極の大人の階段

未解決事件に挑む少年が目にする衝撃の結末とは? 映画『クローブヒッチ・キラー』の主演俳優は『荒野にて』『ゲティ家の身代金』で注目を集めた若手俳優チャーリー・プラマーを起用し、ダンカン・スキルズ監督が演 …

サスペンス映画

映画『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』ネタバレ感想と評価レビュー。衝撃の事件を犠牲者の側から描く

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で注目を集める、あの事件が映画化された! ハリウッドを震撼させた事件から50年、今再び注目を集めるシャロン・テート殺害事件。 “マンソン・ファミリー”に …

サスペンス映画

映画『あなたの番です』ネタバレ感想と結末ラスト考察。犯人は誰?エンドロール後まで見逃せない“もしも”の殺人劇

繰り返される悲劇と絶望!衝撃の「あな番」ミステリー劇場版 「毎週、死にます。」のキャッチコピーを伴い放映されたドラマシリーズ「あなたの番です」は、毎週繰り返される衝撃展開に話題沸騰となり、2019年の …

サスペンス映画

実写映画『ミスミソウ』のトラウマ漫画の映像化は「赤」に注目!胸キュン場面もある?

乙女心をくすぐる胸キュンな場面写真を解禁!ミスミソウの花言葉は、「あなたを信じます」。 2018年に最も切なく、最も美しくて残酷なトラウマ・サスペンス映画『ミスミソウ』。 壮絶な状況なかでも微かな希望 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学