Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画『アニー・イン・ザ・ターミナル』ネタバレあらすじと感想。マーゴットロビーが全てを手玉に取る悪女を演じた復讐劇

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

夜のロンドンを舞台に、謎に包まれた魅力的な悪女、アニーが仕掛ける復讐劇を描いた映画『アニー・イン・ザ・ターミナル』。

2018年の「アカデミー賞主演女優賞」にもノミネートされ、話題作への出演も続く、人気実力共にトップクラスの女優、マーゴット・ロビーの他、サイモン・ペッグなどの実力派俳優が集結した、本作をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『アニー・イン・ザ・ターミナル』の作品情報


(C)2017, Mr. Lively, LLC. All Rights Reserved.

【公開】
2003年公開(イギリス・ハンガリー・アメリカ・香港合作映画)

【原題】
Terminal

【監督・脚本】
ボーン・ステイン

【キャスト】
マーゴット・ロビー、サイモン・ペッグ、デクスター・フレッチャー、マックス・アイアンズ、マイク・マイヤーズ

【作品概要】
ロンドンの駅構内にある、24時間営業のダイナーでウェイトレスとして働く、謎の美女アニーを中心に、さまざまな人物が錯綜するリベンジスリラー。ハーレー・クイン役が話題になり、トップ女優として活躍するマーゴット・ロビーが、主演に加え、本作ではプロデューサーも務めています。

アニーと出会う、余命わずかな国語教師を、『ショーン・オブ・ザ・デッド』で世界的にブレイクしたサイモン・ペッグ。謎の老駅員を、大ヒットコメディ「オースティン・パワーズ」シリーズのマイク・マイヤーズが演じるなど、実力派の俳優が集結しています。

映画『アニー・イン・ザ・ターミナル』あらすじ


(C)2017, Mr. Lively, LLC. All Rights Reserved.
ロンドンのとある地下鉄。

駅の構内で次の電車を待っていた、国語教師のビルは、夜間の駅を管理する、足の不自由な老駅員から「本日の電車は全て出てしまい、朝の4時まで電車が来ない」事を伝えられます。

困った様子のビルに、老駅員は、24時間営業しているダイナーがある事を伝えます。

ビルは、老駅員から教えてもらったダイナー「終着駅」で、1人で時間を潰していました。

店内には、他に客の姿は無く、金髪のウェイトレス、アニーがいるだけです。

アニーは、咳込みながらも、煙草を吸い続けるビルに興味を示し、話しかけてきます。

ビルは、謎の病を患っており、自身に死が迫っている事を感じていましたが、医者や神父にも助言をもらえず、半ば自暴自棄になっています。

そんなビルに、アニーは「死は自分を自由にするチャンス」と語り、死を迎える事を、楽しむように提案します。

アニーは、ビルに自ら命を絶つ事を勧めましたが、ビルはその提案を拒否します。

アニーが、次に出した提案は、アニーの新しい恋人である殺し屋に、命を狙ってもらうという事でした。


(C)2017, Mr. Lively, LLC. All Rights Reserved.

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『アニー・イン・ザ・ターミナル』ネタバレ・結末の記載がございます。『アニー・イン・ザ・ターミナル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ビルがアニーと出会う3週間前、2人組の殺し屋、ヴィンスとアルフレッドは、ダイナー「終着駅」で仕事の話をしていました。

堅物で切れ者のヴィンスは、軽い性格で、物事を深く考えないアルフレッドに、不満を抱いている様子です。

ヴィンスは、自宅の留守番電話に入っていたメッセージに従い、地下鉄の駅のロッカーを開け、黒いアタッシュケースを手に入れていました。

黒いアタッシュケースには、次に行う指示が書かれています。

この、独特の接触方法から、ヴィンスとアルフレッドは、裏世界の大物、 ミスター・フランクリンが自分たちに仕事を与えようとしていると察し、興奮します。

ヴィンスとアルフレッドは指示通り、ストリップバーを訪ねますが、そこにいたのは、アニーでした。

「終着駅」のウェイトレスのアニーが、ミスター・フランクリンのアタッシュケースを預かる、ダンサーとして現れた事に、ヴィンスは警戒しますが、アニーに好意を抱くアルフレッドは、気にしていない様子でした。

ミスター・フランクリンのアタッシュケースから得られた次の指示は「ある廃墟ビルで直接会い、仕事の話をする」という事でした。

ただし、廃墟ビルには、ヴィンスとアルフレッドの、どちらか1人で来る事が条件です。

ヴィンスが、指定された廃墟ビルに1人で向かうと、そこには、またアニーがいました。

アニーに導かれるように入った部屋には、電話があり、ミスター・フランクリンからの連絡を、ヴィンスは受けます。

一方、1人になったアルフレッドは、「終着駅」にいるアニーに会いに行きます。

そこに、老駅員が現れ、アタッシュケースをアルフレッドに渡します。

ヴィンスとアルフレッドが受け取ったメッセージは同じ。

「ある部屋で待機をして、ターゲットが通ったら連絡するから、そいつを狙撃してほしい」という内容でした。

そして、もう一つ「仕事が終わり次第、パートナーも消す事」と伝えられます。

別々の場所でメッセージを聞いたヴィンスとアルフレッドは、「パートナーも消す」という条件に納得がいかず激高します。

3週間後、ミスター・フランクリンの指示通り、部屋で待機しているヴィンスとアルフレッド。

ターゲットが現れない苛立ちと、お互いへの不信感から、精神的に疲弊した様子を見せます。

ビルは、アニーに連れられて、ロンドン駅構内の地下にある、巨大な穴がある場所へと行きます。

アニーはビルに、穴の中に飛び降りるよう提案しますが、アニーの異常な要求にビルは怒りを覚え「君のような、ありきたりな異常者は山のように見て来た」と、まくしたてます。

そして、ビルはアニーに「悪い子だ!」と叫んだ瞬間、ある記憶が蘇ります。

孤児の子供が集まる施設で、教師をしていたビルは、ある晩、1人の女子生徒に性的な暴行を加えました。

「悪い子だ、おしおきしないと」と言いながら。

そして、成長したその子供こそ、目の前にいるアニーでした。

アニーは、ビルが自分を思い出す瞬間を待っており、自身の罪を謝罪するビルの首筋に刃物を突き刺し、穴の底へと落とします。

3週間以上が経過し、精神的に限界を迎えていた、ヴィンスとアルフレッド。

ですが、突然電話が鳴り、ヴィンスが狙撃用ライフルのスコープを覗くと、そこにいたのはアニーでした。

戸惑うヴィンスに、アルフレッドが銃口を突き付けます。

アニーが部屋に入って来たタイミングで、アルフレッドは「今後は、アニーと組む」事を伝え、アニーを罵るヴィンスを射殺します。

アルフレッドは、部屋の清掃に来た老駅員に、死体の処理を任して、アニーと共に部屋を去ります。

アニーとの、新たな可能性に喜ぶアルフレッドですが、アニーは突然、アルフレッドを拒絶し、アルフレッドの額に銃弾を撃ち込みます。

アニーは、アルフレッドの死体を、老駅員と共に始末し、その場を立ち去ります。

死体を始末した老駅員は、駅員室に戻ります。

老駅員は、入れ歯や顔に張り付けた特殊な皮膚をはがし、変装を解きます。

老駅員こそが、裏世界の大物、ミスター・フランクリンでした。

ミスター・フランクリンは、アニーから、あるゲームを提案されていました。

その内容は「ミスター・フランクリンが雇った殺し屋と、命を懸けたゲームをしたい。アニーが勝利した場合、ある人物を探してほしい。アニーが敗北した場合、その時は死ぬ」というものです。

アニーは、ヴィンスとアルフレッドを始末した事で、ゲームに勝利し、幼少期に自身にトラウマを植え付けた、ビルを探し出してもらい、復讐を果たしたのです。

ミスター・フランクリンが、駅員室を出ると、アニーが待っていました。

アニーの出現に警戒するミスター・フランクリンの後ろに、もう1人アニーが現れます。

アニーは「双子なの」と伝え、ミスター・フランクリンを気絶させます。

椅子に括りつけられた状態の、ミスター・フランクリンが目を覚ますと、そこは地下室で、目の前には拷問道具が並んでおり、ナース姿の2人のアニーがいました。

アニーは、ある過去を語ります。

ミスター・フランクリンは若い頃に、バーで出会った若い女性、クロエと一夜を共にしました。

クロエは双子の女の子を出産しましたが、ミスター・フランクリンが裏の世界の住人である事を知り、逃げるように身を潜めて生活していました。

ですが、ある晩、クロエはミスター・フランクリンが2人の男を射殺する現場に遭遇します。

クロエは自宅に逃げ込みますが、追ってきたミスター・フランクリンは、家ごと燃やしてクロエの命を奪います。

アニーたちは、クロエが最後の力を振り絞り、窓から逃がした双子でした。

絶望の中、アニーたちは、ミスター・フランクリンへの復讐を誓って、辛い人生を生き抜いてきました。

そして、ミスター・フランクリンに復讐する為、接触してきたのです。

ミスター・フランクリンは、アニーたちに命乞いをしますが、聞き入れられず拷問を受けた後、絶命します。

復讐を果たした、アニーたちは、夜のロンドンに消えて行くのでした。

スポンサーリンク

映画『アニー・イン・ザ・ターミナル』感想と評価


(C)2017, Mr. Lively, LLC. All Rights Reserved.
原色のネオンが輝く、独特の世界観を持った、夜のロンドンを舞台に繰り広げられる復讐劇『アニー・イン・ザ・ターミナル』。

本作で、主人公のアニーを演じるマーゴット・ロビーは、話題作にも多く出演し、高い演技力で、本当にさまざまな顔を見せてくれていますが、本作では男を手玉に取る、魅力的な女性を演じています。

『アニー・イン・ザ・ターミナル』は、過去と現在が交差する、少し複雑な構成となっています。

死が間近に迫っている、ビルとアニーの会話劇と、3週間、同じ部屋に待機している2人の殺し屋のエピソードが、交互に進行しますが、全く関係の無い話のように見える為、初見だと、おそらく最後の最後まで、何が起きているのか全体を掴む事は難しいでしょう。

2つのエピソードを繋ぐのは、アニーという存在で、最終的には裏社会の大物、ミスター・フランクリンへの復讐劇へと、物語は収束していきます。

復讐劇の多くは、主人公が、強大な力を持つ闇組織に戦いを挑み「復讐が達成できるか?」が大きな鍵になりますが、本作は、終始アニーが優位な状況で物語が進み「気が付いたら、復讐が果たされていた」という部分が、他とは違う大きな特徴です。

主人公であるはずなのに、終盤まで謎が明かされないアニーに、作中の登場人物だけでなく、映画を観ている、こちら側も翻弄され、最終的には、アニーの完全勝利で幕が閉じます。

終始アニーの手のひらで転がされ続けたような、不思議な感覚に陥る作品となっています。

まとめ


(C)2017, Mr. Lively, LLC. All Rights Reserved.
『アニー・イン・ザ・ターミナル』は、終始夜の場面だけで構成された作品です。

前述したように、夜の世界を彩る原色のネオンなど、ビジュアル面で独特の世界を作り出しており、特に2人のアニーが、ミスター・フランクリンへの復習を果たす、クライマックスが、白を基調とした部屋に、拷問道具が並ぶ異常な空間を作り出しており、悪夢的な印象を与えています。

この独特の世界観で、マーゴット・ロビーが「ウェイトレス」「ダンサー」「殺し屋」など、さまざまな衣装を身に纏い、妖艶で魅力的な悪女を演じており、マーゴット・ロビーの魅力が全開となっています。

時系列が交差する作風ですので、中盤まで混乱するかもしれませんが、最期は分かりやすく全部を説明してくれるので、気軽に楽しめる作品です。

クエンティン・タランティーノの初期の作品や、ガイ・リッチー作品が好きな方には、特におススメの内容となっていますよ。

関連記事

サスペンス映画

映画『ファイトクラブ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【タイラーからオリジナル警告文“WARNING”】

今回取り上げるのは、1999年の公開から約20年以上経った今も熱狂的人気を誇る作品、『ファイト・クラブ』です。 生涯ベストの映画にあげる方も多いであろう本作を、あらすじ、トリビア、解釈とたっぷりお伝え …

サスペンス映画

『眼の壁』原作小説ネタバレとラスト結末の解説。松本清張の犯罪ミステリーで手形詐欺を扱った真犯人とは⁈

小説『眼の壁』がドラマ化され、2022年6月よりWOWOWにて放送・配信スタート! 推理小説界に“社会派”の新風を生みだし、生涯を通じて旺盛な創作活動を展開した大作家松本清張。 彼の代表作『点と線』や …

サスペンス映画

映画『アースクエイクバード』あらすじネタバレと感想。タイトルは何を意味するのか?

死が私について回っている 2001年の英国推理作家協会賞の最優秀新人賞に輝いた、日本在住経験のあるスザンナ・ジョーンズの原作を映画化したNetflixオリジナル作品『アースクエイクバード』が2019年 …

サスペンス映画

映画『インスタキラー』ネタバレ結末感想とあらすじ解説。ケリー・サリヴァンが演じるSNSからのストーカー被害の恐怖

服飾デザイナー志望の少女を襲うストーカーの暴走を描いたサスペンス・スリラー。 クレイグ・ゴールドスタインが監督を務めた、2018年製作のアメリカのサスペンス・スリラー映画、『インスタキラー』。 COP …

サスペンス映画

韓国映画『記憶の夜』ネタバレ結末感想と最後まであらすじ解説。怖いサスペンスに描かれた“家族にまつわる2つの行動”

チャン・ハンジュン監督による韓国サイコスリラー映画『記憶の夜』。 1997年のある春の日、一家4人は新しい家に引っ越してきます。引っ越し先の家に見覚えのある違和感を抱く弟。新しい家で温かい家族生活が始 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学