Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

プレゼント応募

Entry 2019/10/10
Update

【座席交換券10名様プレゼント】東京国際映画祭2019コンペ部門を観るチャンス!

  • Writer :
  • 石井夏子

映画祭の顔となる“コンペティション部門”に選出された日本映画たち。

2019年10月28日(月)~11月5日(火)の9日間で開催される、第32回東京国際映画祭

毎年注目を集めているのがのコンペティション部門。

本年も、世界115の国・地域、応募作品1,804本の中から、厳正な審査を経た14本の作品が選ばれました。

選出された2つの日本映画、濱田岳と水川あさみが夫婦役を演じた『喜劇 愛妻物語』や、手塚治虫の漫画を実子である手塚眞が監督し、稲垣吾郎と二階堂ふみがキャストを務める『ばるぼら』についても話題に上がっています。

そんなコンペティション部門作品がどれでも鑑賞いただける、当日座席交換券を10名様にプレゼントいたします。

「東京国際映画祭」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

第32回東京国際映画祭の開催概要

【開催期間】
2019年10月28日(月)~11月5日(火)

【会場】
六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区) 、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか

※詳細につきましては東京国際映画祭公式サイトにてご確認ください。

東京国際映画祭とは

東京国際映画祭(通称 TIFF)は日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の国際映画祭です。

1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生した TIFFは、日本およびアジアの映画産業、文化振興に大きな足跡を残し、アジア最大級の国際映画祭へと成長しました。

いまや最も熱気溢れるアジア映画の最大の拠点である東京に世界中から優れた映画が集まり、国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供しています。

コンペティション部門について

画像:コンペティション部門選出作『ばるぼら』

©Barbara Film Committee

2019年の1月以降に完成した長編を対象に、世界115の国・地域、応募作品1,804本の中から、厳正な審査を経た作品を上映します。

「世界の今」が垣間見られる上映作品の中から、国際的な映画人で構成された審査委員が各賞を選出します。

スポンサーリンク

コンペティション部門作品紹介

『列車旅行のすすめ』


©Morena Films – Senor y Senora – Logical Pictures – Ventajas de Viajar en tren A.I.E

【製作】
2019年(スペイン・フランス合作映画)

【監督】
アリツ・モレノ

【キャスト】
ルイス・トサール、ピラール・カストロ、エルネスト・ アルテリオ

【作品概要】
コソボ戦争に赴いて片腕で帰還した男、不幸な結婚を繰り返す女、正体不明の医師…。

複数のエピソードが互いに絡み合いながら、奇想天外な結末へと邁進する熱量の高い物語。

何が現実で何が虚構か?スペインの新鋭が紡ぐストーリーテリングに注目です。

『アトランティス』


【製作】
2019年(ウクライナ映画)

【監督】
ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ

【キャスト】
アンドリー・リマルーク、リュドミラ・ビレカ、ワシール・アントニャック

【作品概要】
2025年、戦争直後の世界。

深いトラウマを抱えた元兵士の男は、身元不明の死体発掘に携わる女性と出会い、自らの過去と向き合うように。

荒廃した土地を硬質な映像美で描き、驚異のワンシーン・ワンショットに圧倒されるディストピア異色作です。

『喜劇 愛妻物語』

©2020『喜劇 愛妻物語』製作委員会

【製作】
2019年(日本映画)

【監督】
足立紳

【キャスト】
濱田岳、水川あさみ、新津ちせ

【作品概要】
『百円の恋』で数々の映画賞を受賞した足立紳が自身初の自伝的小説「喜劇 愛妻物語」を原作に、自身による脚本・監督で映画化を果たした作品。

売れない脚本家と、夫に悪態をつき続ける恐妻が繰り広げる夫婦賛歌です。

『チャクトゥとサルラ』


【製作】
2019年(中国映画)

【監督】
ワン・ルイ

【キャスト】
ジリムトゥ、タナ、イリチ

【作品概要】
モンゴルの大地で暮らす夫婦。

都会に越したい夫のチャクトゥと、反対する妻のサルラ。そしてモンゴルの平原にも変化が忍び寄り…。

伝統的な絶景描写と現代的な社会問題を盛り込んだ夫婦愛の物語。

北京電影学院の教授も務めるワン監督の長編5作目。

『ディスコ』

© Mer Film | photo by Jørgen Nordby

【製作】
2019年(ノルウェー映画)

【監督】
ヨールン・ミクレブスト・シーヴェシェン

【キャスト】
ヨセフィン・フリーダ・ペターセン、シャスティ・オッデン・シェルダール、ニコライ・クレーヴェ・ブロック

【作品概要】
ミリアムは激しいダンスの大会で優勝を続けます。

しかし出生の秘密に悩み、家族は深く宗教に傾倒していました…。

欧米白人社会において人々が極端なキリスト教にのめりこむ現象を、少女の視点でシャープに切り取った斬新なドラマ。

『湖上のリンゴ』

【製作】
2019年(トルコ映画)

【監督】
レイス・チェリッキ

【キャスト】
タクハン・オマロフ、ズィエティン・アリエフ、マリアム・ブトゥリシュヴィリ

【作品概要】
辺境の地。伝統楽器の名人になる夢を持つ少年は、師匠のお供で遠出をします。

そして女の子にリンゴの土産を約束し…。

伝統と文化を絶景の中で堪能する現代の寓話。チェリッキ監督は『沈黙の夜』で第25回TIFF最優秀アジア映画賞を受賞しました。

『ジャスト 6.5』

【製作】
2019年(イラン映画)

【監督】
サイード・ルスタイ

【キャスト】
ペイマン・モアディ、ナヴィド・モハマドザデー、ファルハド・アスラニ

【作品概要】
イラン警察とドラッグ組織の対決を描く驚異のノンストップ娯楽作。

部長刑事は強引な手法で次々と関係者を連行し、ついに親玉に接近しますが…。

捜査の過程、ジャンキーのたまり場、留置所の様子、全てが規格外の迫力。イランの人気俳優対決も必見です。

『ラ・ヨローナ伝説』


© COPYRIGHT LA CASA DE PRODUCCIÓN – LES FILMS DU VOLCAN 2019

【製作】
2019年(グアテマラ・フランス合作映画)

【監督】
ハイロ・ブスタマンテ

【キャスト】
マリア・メルセデス・コロイ、マルガリタ・ケネフィック、サブリナ・デ・ラ・ホス

【作品概要】
ジェノサイドを指示した罪で告発される将軍とその一家。豪邸では使用人が逃げ出し、新たに謎めいた女性が雇われ…。

中南米に伝わる怪談「ラ・ヨローナ」伝説を取り入れ、虐げられる女性たちの復讐を描く格調高い社会派スリラードラマ。

『マニャニータ』

©TEN17P Films (Black Cap Pictures, Inc.)

【製作】
2019年(フィリピン映画)

【監督】
ポール・ソリアーノ

【キャスト】
ベラ・パディーリャ、ロニー・ラザロ

【作品概要】
顔の半分に痣を持ち、射撃選手出身のヒロインは軍に仕えたが職を解かれ連夜バーで泥酔。そして1本の電話が彼女の運命を動かし…。

淡々としたショットの積み重ねがエモーショナルなドラマへと昇華する逸品。共同脚本にラヴ・ディアス。

『ネヴィア』

【製作】
2019年(イタリア映画)

【監督】
ヌンツィア・デ・ステファノ

【キャスト】
ヴィルジニア・アピチェラ、ピエトラ・モンテコルヴィーノ、ロージ ・フランチェーゼ

【作品概要】
ナポリ近郊、17歳のネヴィアは闇商売でしのぐ祖母と妹の3人で隠れるように暮らしています。

殺風景な地にサーカスがやってきて、ネヴィアは興味を抱き…。

タフに生きる少女の姿がリアルで繊細な青春映画。プロデューサーはマッテオ・ガローネ。

『動物だけが知っている』

©2019 HAUET ET COURT RAZOR FILMS PRODUKTION FRANCE 3 CINÉMA VISA N˚ 150 076 | ©Jean-Claude Lother © Hauet Court

【製作】
2019年(フランス映画)

【監督】
ドミニク・モル

【キャスト】
ドゥニ・メノーシェ、ロール・カラミー、ダミアン・ボナール

【作品概要】
フランス、雪国。女性が失踪し、ひとり暮らしの農夫が怪しまれます。

一方、アフリカ某所、ヤギを背負った青年は祈祷師を訪ね…。複数の視点で明かされる驚愕の真実とは?

『ハリー、見知らぬ友人』(2000)でセザール賞受賞のD・モル監督新作です。

『ばるぼら』

【製作】
2019年(日本・イギリス・ドイツ 合作映画)

【監督】
手塚眞

【キャスト】
稲垣吾郎、二階堂ふみ、渋川清彦、石橋静河

【作品概要】
手塚治虫が70年代に発表していた、禁断の愛とミステリー、芸術とエロス、スキャンダル、オカルティズムなど、様々なタブーに挑戦した問題作「ばるぼら」を、手塚治虫生誕90周年を記念して初映像化されました。

監督は手塚治虫の実子であり、『白痴』(1999)でヴェネチア国際映画祭にて「FUTURE FILM FESTIVAL DIGITAL AWARD VENEZIA」賞を受賞し、『ブラックキス』(2006)では東京国際映画祭出品された、独特の映画美学により国際的に評価される手塚眞。

撮影監督はウォン・カーウァイ監督作品の映像美で知られるクリストファー・ドイル。

『戦場を探す旅』


【製作】
2019年(フランス・コロンビア映画)

【監督】
オーレリアン・ヴェルネ=レルミュジオー

【キャスト】
マリック・ジディ、レイナール・ゴメス、マクサンス・テュアル

【作品概要】
19世紀中頃、仏軍はメキシコの土地で戦争をしていました。

一流報道カメラマンのルイは実態を伝えようと戦地に赴きますが、山越えが困難で戦場にたどり着けません。

過酷な現実に揺れるジャーナリストの魂と、先住民の男との不思議な友情を描きます。

『わたしの叔父さん』

© 2019 88miles

【製作】
2019年(デンマーク映画)

【監督】
フラレ・ピーダセン

【キャスト】
イェデ・スナゴー、ペーダ・ハンセン・テューセン、オーレ・キャスパセン

【作品概要】
若い姪が年老いて体の自由が利かない叔父の面倒を見ています。

ふたりは家畜の世話をしながら黙々と日々を過ごしていましたが、姪には獣医になるという夢があって…。

静かで美しい映像のなかにユーモアも漂い、ヒロインの選択に胸が締め付けられる愛の物語。

コンペティション部門の当日座席交換券プレゼント

画像:コンペティション部門選出作『喜劇 愛妻物語』

©2020『喜劇 愛妻物語』製作委員会

プレゼント内容の情報

第32回東京国際映画祭のコンペティション部門の作品がどれでも鑑賞できる、当日座席交換券についての詳細をお伝えします。

【使用可能会場】
TOHOシネマズ六本木ヒルズ、EXシアター六本木

【鑑賞可能作品】
コンペティション部門14作品の中より1上映

【チケット交換日時】
ご鑑賞当日の9:45~

【交換場所】
TIFFチケットセンター(六本木ヒルズ2F大屋根プラザ)

【交換される際のご注意点】
・本券では上映をご鑑賞いただけません。必ず座席指定券との交換が必要となります。
・お座席はお選びいただけません。
・本券1枚につき座席指定券1枚と交換となります。
・既に完売の上映ではご利用できません。必ず東京国際映画祭公式サイトにて販売状況をご確認下さい。
・交換後のキャンセル・変更等は出来ません。
・交換は鑑賞希望作品の上映開始後20分までとなります。

【お問い合わせ先】
ハローダイヤル(8:00-22:00)03-5777-8600/050-5541-8600

プレゼントの応募受付

【応募方法】
下記コンタクトフォームのメッセージ本文に、必要事項をご入力の上、お送りください。

【応募締切】
2019年10月21日(月)の23時59分まで有効

【当選者数】
10名様

【抽選・当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の発表は個人情報の保護のため、当選者ご本人への発送をもって代えさせていただきます。
*応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。

スポンサーリンク

まとめ

東京国際映画祭の目玉である、コンペティション部門。

世界各国からの新作がグランプリを競いあい、 “世界の今”が映し出されるその14本から、国際的な映画人で構成された審査委員たちが各賞を選出します。

2019年10月28日(月)~11月5日(火)の9日間で開催される、第32回東京国際映画祭コンペティション部門作品がどれでも鑑賞いただける、当日座席交換券を10名様にプレゼントいたします。

どうぞ奮ってご応募ください。

「東京国際映画祭」記事一覧はこちら

関連記事

プレゼント応募

映画『HUMAN LOST 人間失格』プレスシートをプレゼント!劇場公開11月29日に先駆け抽選で10名様に

全人間、失格。 “日本文学の最高峰『人間失格』×ジャパニーズアニメーション”衝撃の融合。 2019年11月29日(金)より全国公開されるアニメーション大作『HUMAN LOST 人間失格』。 太宰治の …

プレゼント応募

【劇場鑑賞券プレゼント】映画『ザ・レセプショニスト』に10名様ご招待。公開日は10月25日!

台湾出身の女性監督が描く衝撃作。 映画『ザ・レセプショニスト』が2019年10月25日(金)よりイオンシネマ板橋・名古屋茶屋・茨木にて、10月26日(土)より新宿K’s cinemaにて …

プレゼント応募

【映画一般試写会プレゼント】『だれもが愛しいチャンピオン』15組30名様ご招待!12月10日(火)東京・千代田区にて

映画『だれもが愛しいチャンピオン』は2019年12月27日(金)より劇場公開。 プロのバスケットボール・コーチとハンディキャップ・チーム“アミーゴス”の出会いと絆を描いた映画『だれもが愛しいチャンピオ …

プレゼント応募

【劇場鑑賞券プレゼント】映画『ぼくと、彼と、』に10名様ご招待!ドキュメンタリーの公開日は11月29日

マイノリティやLGBTQを“一つの個性”として捉えたドキュメンタリー。 国籍、家族など、さまざまな問題。ふたりで手を取り合い、乗り越えて行く。 ベトナム難民2世の青年と介護の必要な母親と暮らす日本人青 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP