Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

プレゼント応募

Entry 2019/12/04
Update

【映画感想レビュー募集】2019年劇場公開された新作映画の解説を書いてプレゼントをゲット!

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

Cinemarcheにあなたの好きな映画の感想をお寄せください。

日頃から映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」をご利用いただき、ありがとうございます。

Cinemarcheでは「映画」のひとつの楽しみ方として、表層的に映画を観るだけでなく、より深く作品の内容に潜り込んで鑑賞することをオススメしています。

現在、当サイトでは映画を深掘りする約20名のライターたち、言うなれば「シネマダイバー」たちが日夜記事の執筆に勤しんでいます。

彼ら彼女らは多くの映画を観ているだけでなく、いかに作品の真相やテーマを深掘りしていけるか。広く映画解説をするだけではなく、1つの作品にどれだけ深く潜っていけるか。そんな「シネマダイビング」を心がけています。

今回はサイト開設3周年を記念して、読者のあなたにも「シネマダイビング」の体験していただきたいと、当編集部はプレゼント企画を実施することにいたしまし

2019年最後の締めくくりとして、Cinemarche読者さんの映画感想や映画批評を広く募集いたします。

スポンサーリンク

読者ユーザーさんの映画感想を掲載!

年間に約1200本もの邦画・洋画が劇場で公開されるなか、読者のあなたには、どんな作品が心に残りましたか?

Cinemarcheでは、3周年プレゼント企画として、読者さんが劇場で鑑賞したオススメの新作映画の感想文や作品評を一般募集いたします。映画から感じとったさまざまな思いをライティングし、いま一度映画と共に過ごすことで、大切な映画をより一層楽しんでみませんか?

どんな映画感想を書けばいいの?

Cinemarcheの感想レビュー記事を執筆する「シネマダイバー」なライターたちが掲載した「連載コラム」や「ネタバレ感想」のように、映画を深掘りした「映画感想評」を募集します。

もちろん、ネタバレ要素への言及もOKです。そうでないと映画のテーマ、映画的手法の解説の魅力などに踏み込んでいくことはなかなか難しいからです。

また映画とは、多様性を謳歌し、表現の自由さを知るためのメディアでもあります。あなたの個人的な映画への感想でOKです。「お気に入りの映画の魅力」はきっと、あなただけにしか見つけることができないはずです。

ただし、インターネットは公共性をもつ空間です。個人への誹謗中傷、攻撃性が含まれる映画感想については、編集部の判断で掲載を控えさせていただくこともあります。何卒ご了承ください。

スポンサーリンク

映画感想を書いてプレゼントまでゲット!

映画感想文をお寄せいただいた読者さんには、Cinemarche編集部と「シネマダイバー」なライターたちで拝読させていただき、その中から「面白い映画感想」や「『なるほど!』と唸った作品」を推薦してもらい、厳選された30名の読者さんにAmazonギフト券1000円をプレゼントさせていただきます

募集要項は以下のようになります。

映画感想の応募要項

【対象となる映画】
2019年に最新作として日本で劇場公開された作品のほか、映画祭・特集上映で上映された作品、日本未公開作品も対象にいたします。

【応募資格】
プロアマに関わらず、映画を愛する人であればどなたでも応募可能です。
あなたのご応募を心よりお待ちしております。

【鑑賞評の文字数】
3000文字以上とさせていただきます。

【ペンネーム】
感想執筆はペンネームでもOKです。
ただし、他者に不快感を抱かせうる言葉を含むものはご遠慮ください。
あくまで公共性の有るものを用いてくださると幸いです。

【募集期間】
2019年12月3日(水)~2020年1月13日(火)

【感想の内容へのアドバイス】
今回はネットを介した「シネマテーク」のようなカタチを模索した企画でもあります。「映画と当サイトを愛読されている読者たちとの語り合いの場」を作りたいという当編集部の思いも、今回の企画には込められているのです。

その語り合いの中では、ストーリーや結末、また登場人物のキャラクターの「ネタバレ」に触れることもあります。ですが、それは決して良くないことではありません。多少「ネタバレ」に触れなくては、あなた自身が映画を観て感じとった思いをより深く伝えることができないからです。

そこで、まだ作品をご覧になっていない方はもちろん、より多くの方々が安心して記事を楽しんでいただくためにも、記事タイトルの冒頭には、ネタバレへの注意喚起を行う表記として「【ネタバレ感想】映画『(作品タイトル)』」と記載させていただきます。

関連記事

プレゼント応募

【映画完成披露 試写会プレゼント】上田慎一郎監督の最新作『ポプラン』5組10名様ご招待。12月20日(月)東京都内にて開催

映画『ポプラン』の完成披露試写会が決定!監督・キャスト登壇予定 上田慎一郎監督が、構想10年で作り上げたカルト的な題材を普遍的なエンターテイメントに昇華させた異色作『ポプラン』。 監督が『カメラを止め …

プレゼント応募

【映画招待券プレゼント応募】『横須賀綺譚』抽選チケット20名様へ。7月11日よりケイズシネマにてレイトショー公開

大塚信一監督の『横須賀綺譚』劇場鑑賞券20名様にプレゼント! 名匠・長谷川和彦を師とする大塚信一監督は吠える……「世の中を変えるために映画を撮りたい。せめて“今の世の中はクソだ!”ぐらいは言いたい」。 …

プレゼント応募

リチャード・ジュエルの映画オリジナルグッズをプレゼント!Tシャツとボールペンを抽選で合計9名さまに

『リチャード・ジュエル』は、2020年1月17日(金)より日本全国ロードショー。 『アメリカン・スナイパー』(2014)、『ハドソン川の奇跡』(2016)、『15時17分、パリ行き』(2018)、『運 …

プレゼント応募

【映画上映会プレゼント】『オーファンズ・ブルース』工藤梨穂監督と一緒に見て語る会《開催中止のお知らせ》

『オーファンズ・ブルース』を「工藤梨穂監督と一緒に見て語るCinemarcheオフ会」ご招待。 2020年3月22日(日)に開催を予定しておりました、『オーファンズ・ブルース』工藤梨穂監督と一緒に見て …

プレゼント応募

【完成披露試写会プレゼント】吉川愛・萩原みのり・今泉佑唯映画『転がるビー玉』5組10名様ご招待!1月14日渋谷シネクイントにて

キャスト登壇の試写会にご招待。 カエルム株式会社より発行している女性ファッション誌『NYLON JAPAN(ナイロン ジャパン)』の創刊15周年プロジェクトとして製作された長編映画『転がるビー玉』。 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学