Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/07/22
Update

シャーリズ・セロン映画『タリーと私の秘密の時間』。作品秘話と運命の出会い画像解禁

  • Writer :
  • かりごめあき

かつて夢見た〈未来〉とは違う〈今〉にため息をつく大人たちに、目の覚めるサプライズを贈る、ミステリアスな人生のリフレッシュ・ムービー。

映画『タリーと私の秘密の時間』は、8月17日(金)TOHOシネマズ シャンテほか、全国ロードショー!

シャーリーズ・セロン演じるワンオペ育児で疲れ果てたマーロの元に現れた救世主タリー(ベビーシッター)は、ヘソ出しタンクトップのイマドキ女子!?

マーロとタリーの運命的な出会いの瞬間を収めた場面画像が解禁されました!

そして、脚本家のディアブロ・コディが語る本作のアイディアが生まれたきっかけとは?

スポンサーリンク

お疲れママと救世主の運命の出会い場面画像解禁!

お疲れママの元に現れた救世主はヘソ出しタンクトップのイマドキ女子なベビーシッター!?

この度、お疲れママとベビーシッターの運命の出会いの瞬間を収めた場面画像が解禁されました!

仕事に家事に育児と、何ごとも完璧にこなしてきた“人に頼れない”3人の子供の母親マーロ(シャーリーズ・セロン)。

心身共に疲れ果ててしまったマーロは、戸惑いながらも、夜だけ子供の面倒を見てくれるベビーシッターを雇うことを決意します。

マーロの元にやってきた夜だけのベビーシッター・タリー(マッケンジー・デイヴィス)との出会いが、人生を好転させていきます…。


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
タリーのヘソ出しのショートタンク姿を見て戸惑うマーロの姿


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
手際よく子守道具を確認するタリーの姿


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
澄んだ青い目が特徴的なタリーがマーロに「私を頼って。あなたも同じよ」と子守だけでなく、マーロにも自分に頼って欲しいと優しい言葉をかける姿


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
「2階で休んで、おやすみ」とタリーがマーロに語りかける姿

タリーの若いのに頼りたくなるような不思議な魅力が詰まった場面写真が公開されました。

運命の出会いで、マーロの人生がどのように好転していくのか、その後の展開に期待が膨らみますね!

脚本家が語る『タリーと私の秘密の時間』誕生のきっかけとは


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

今まで誰も描いてこなかった女性像を描く意欲作!

本作『タリーと私の秘密の時間』のアイディアが生まれたのは、プロデューサーで脚本家のディアブロ・コディが3人目の子供を出産してすぐあとのことでした。

すでに2人の幼い子供に時間とエネルギーを費やしていたコディは、自分に赤ちゃんのために必要な体力がないことをはっきりと自覚していたそうです。

そのため彼女は、夜の10時から翌朝までの夜間ベビーシッターを雇いました。

コディはベビーシッターを「救世主のように思えたわ」と語ります。

その経験から生まれた本作は、彼女が脚本家として守っている「今まで一度も見たことがない女性の役を書く」という基準に合致しています。

またコディは「分娩後の気持ちの落ち込みを描いた映画は、観たことがなかったわ」と語っています。

『JUNO/ジュノ』では十代の妊娠、『ヤング≒アダルト』では大人になりきれないダメヒロインと、現実には多くいるのに、誰も描いてこなかった女性像を描いてきたコディ

本作では自身の経験から今まで描かれることがなかった、育児に疲れたママのリアルな現実を描いた誰もが共感できる内容となっています。

脚本家ディアブロ・コディ

ディアブロ・コディは、1978年、アメリカ・イリノイ州生まれ。

脚本家デビュー作であるジェイソン・ライトマン監督の『JUNO/ジュノ』(2007)で、アカデミー賞®、英国アカデミー賞を受賞します。

さらに、ゴールデン・グローブ賞にもノミネートされ、新たな才能の出現と話題となりました。

その後もライトマン監督とは、『ヤング≒アダルト』(2011)と本作『タリーと私の秘密の時間』でタッグを組んでいます。

その他の作品は、『ジェニファーズ・ボディ』(2009)、ジョナサン・デミ監督の『幸せをつかむ歌』(2015)など。

また、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮のTVシリーズ「ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラ」(2009~11)、「ワン・ミシシッピ ~ママの生きた道、ワタシの生きる道~」(2015~16)で、製作総指揮と企画を手掛けています。

スポンサーリンク

映画『タリーと私の秘密の時間』の作品情報


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Tully

【監督】
ジェイソン・ライトマン 

【脚本】
ディアブロ・コディ

【キャスト】
シャーリーズ・セロン、マッケンジー・デイヴィス

【作品概要】
『JUNO/ジュノ』や『マイレージ、マイライフ』で知られるジェイソン・ライトマン監督が、かつて『ヤング≒アダルト』でもタッグを組んだシャーリーズ・セロンを再び主演に迎え、コミカルでハートウォーミングな女性を描いたドラマ。

セロンが主人公マーロ役を務め、『ブレードランナー 2049』で注目されるマッケンジー・デイヴィスがタリーを演じています。

脚本は『JUNO/ジュノ』『ヤング≒アダルト』でライトマン監督と馴染みのディアブロ・コディが担当。

映画『タリーと私の秘密の時間』のあらすじ


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

仕事に家事に育児と、何事も完璧にこなしてきたマーロ。

彼女は3人目の子どもが生まれて、「わたし、ひとに頼れないの」と、ついに心が折れてしまいました。

そんなマーロのもとに夜だけのベビーシッターとしてタリーがやって来ます。

タリーはため口のイマドキ女子なのに仕事は完璧。マーロの悩みも聞き、見事に解決してくれます。

自由奔放なタリーと不思議な絆を深めていくうちに、マーロも本来の輝きを取り戻してきました。

しかし、一方のタリーは何があっても夜開け前に姿を消し、自分の身の上も決して語ることがありませんでした。

やがて、マーロは…。

スポンサーリンク

まとめ


© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

今回、仕事に家事に育児にいっぱいいっぱいな主人公マーロと、イマドキ女子なベビーシッター・タリーの出会いの瞬間を収めた場面画像が解禁されました。

イマドキ女子なのに仕事は完璧なタリーと運命の出会いを果たした後、マーロの生活や心境はどのように変化していくのでしょうか。

そして、マーロは本作の脚本家ディアブロ・コディ自身の経験から誕生していたことも、本作を観るうえで興味深い事実ですね。

シャーリーズ・セロンが体重を18キロ増やしてマーロを熱演したことも話題の本作ですが、もしかしたらその役作りにも、コディ自身の経験が反映されているのかもしれません。

『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞®に2度ノミネートされた名匠ジェイソン・ライトマン監督が、『ヤング≒アダルト』で主演に迎えたシャーリーズ・セロンと再びタッグを組んだ最新作『タリーと私の秘密の時間』。

8月17日(金)TOHOシネマズ シャンテほか、全国で公開です。

ぜひ劇場でお楽しみください!


関連記事

新作映画ニュース

【東京フィルメックス2020】開催時期と上映会場情報!東京国際映画祭と連携して第21回を実施

第21回東京フィルメックスの開催についてのお知らせ。 新型コロナウィルス感染拡大の影響が世界中に広がるなか、東京フィルメックスは2020年も映画祭の開催に向けて最良の方法を模索しつつ、準備を進めていま …

新作映画ニュース

【劇場招待券プレゼント】映画『オーファンズ・ブルース』抽選で10名様にプレゼント!

映画『オーファンズ・ブルース』は2019年5月31日(金)よりテアトル新宿を皮切りに全国順次公開 工藤梨穂監督が2018年に自身の卒業制作として撮り、数々の映画祭にて賞を獲得した映画『オーファンズ・ブ …

新作映画ニュース

映画『ジーザス・イズ・キング』劇場追加上映が池袋グランドシネマサンシャイン決定!公開初日のイベントレポートも

542席の即完売を受けて、12月13日(金)~15日(日)に急遽追加上映が決定。 アメリカ時間10月25日(日本時間10月26日)にリリースされたカニエ・ウェストの最新アルバム『ジーザス・イズ・キング …

新作映画ニュース

ゴヤ賞新人男優賞受賞の映画『だれもが愛しいチャンピオン』ヘスス・ビダルのスピーチ映像紹介!

実在するハンディキャップ・チームとの絆を描く、オンリーワンの感動作! 映画『だれもが愛しいチャンピオン』は、実際に障がいを持つ600人もの中からオーディションで選ばれた10名の“俳優”が出演しています …

新作映画ニュース

勝地涼映画『アンダードッグ』崖っぷち芸人ボクサーのミヤギを熱演【演技評価とプロフィール】

東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」オープニング作品『アンダードッグ』 『銃』『全裸監督』『ホテルローヤル』の武正晴監督が、『百円の恋』以来6年ぶりにボクシングをモチーフに、森山未來、北村匠海 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学