Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

インド映画『燃えよスーリヤ!!』あらすじとキャスト。公開日が12月27日と決定したヒーローアクション作品

  • Writer :
  • 石井夏子

世界中の映画ファンが燃え上がったインド発のカンフーアクションエンターテインメント。

『ロボット』、『バーフバリ』を生み出したインド発、痛み知らずのアクション・ヒーロー・エンターテインメント『Mard Ko Dard Nahi Hota』が『燃えよスーリヤ!!』の邦題にて2019年12月27日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開することが決定しました。

© 2019 RSVP, a division of Unilazer Ventures Private Limited

2018年度、アカデミー賞作品賞に輝いた『グリーンブック』が観客賞を受賞した第43回トロント国際映画祭。

時同じくしてユニークでパワフルな作品が集められ、夜中に上映される<ミッドナイト・マッドネス部門>にて『燃えよスーリヤ!!』は観客賞を受賞

熱狂的な映画ファンたちが騒ぎ立てたインド映画が、遂に日本に上陸します。

スポンサーリンク

映画『燃えよスーリヤ!!』について

参考:ヴァーサン・バーラー監督のツイッター

本作の主人公の名前スーリヤはインド神話における太陽神スーリヤから来ており、太陽を意味します。

スーリヤは何の変哲もない青年。ただし、彼はどんな痛みも感じないという特別な体質の持ち主。

幼い頃に祖父から渡されたカンフー映画に衝撃を受けて以降、街の悪党を倒すことを目標として独自にカンフーの特訓を積んできました。

ある日、スーリヤは離ればなれになっていた幼馴染が街を牛耳る悪の組織に狙われていることを知り、カンフーと痛み知らずの身体を武器に悪の組織との全面戦争を決意し…というのが本作のストーリー。

監督は『めぐり逢わせのお弁当』の製作に携わり、本作で長編監督2本目となるヴァーサン・バーラー

主人公スーリヤを演じるのは本作で銀幕デビューとなるアビマニュ・ダサーニーです。

映画『燃えよスーリヤ!!』のポスター

本記事冒頭に掲載したポスター。

主人公スーリヤがブルース・リーをオマージュしたカンフースタイルのポーズをキメ、 ヒロインのスプリ、スーリヤが憧れる空手マンのマニ、悪の組織のボスである ジミー、スーリヤにアクション映画で英才教育をたたき込む強烈な祖父ら、個性溢れるキャラクターたちが漫画を意識したコマ割りの中で思い思いのポーズをとっています。

「痛みを知らずに悪を討つ!」のコピーとともに、悪の組織に立ち向かう意気込みが溢れだす構図となりました。

スポンサーリンク

映画『燃えよスーリヤ!!』の予告編

予告編では、子ども時代のスーリヤがいじめに会うも痛みを感じず、無理やり「イテッ」と言う様子が映し出されます。

じいちゃんに渡されたVHSを再生すると、胴着の男が片足で「百人組手」に挑むアクションが映し出され「かっけえええ!!」と絶叫。

アクション映画に影響を受け、カンフーヒーローになる道を歩み始めました。

しかし…痛みを感じないスーリヤもヒロインである幼馴染のスプリ登場で胸に痛みが走ります。

恋してしまったんです。

愛する彼女を守るため、憧れの格闘家マニ、その弟子でもあるスプリと共に街を牛耳る悪の組織との壮絶な戦いが幕を開けました。

繰り出すアクションはスローを多用したVFX満載のぶっ飛び映像となっています。

予告のナレーションを担当するのはカンフー界のヒーロー、ジャッキー・チェンの吹き替えを長年務める石丸博也です。

映画『燃えよスーリヤ!!』の作品情報

【日本公開】
2019年(インド映画・ヒンディー語・英語)

【原題】
Mard Ko Dard Nahi Hota

【監督・脚本】
ヴァーサン・バーラー

【キャスト】
アビマニュ・ダサーニー、ラーディカ―・マダン、グルシャン・デーヴァイヤー、マヘーシュ・マーンジュレーカル

【翻訳】
中沢志乃

【ヒンディー語監修】
藤井美佳

スポンサーリンク

映画『燃えよスーリヤ!!』のあらすじ

スーリヤは生まれながらにして痛みを感じなかったため、いじめっ子たちの標的にされていました。

守ってくれるのは幼なじみの女の子スプリだけ。

そんなスーリヤを見かねて祖父はたくさんのアクション映画のVHSを渡します。

空手マンと呼ばれる片足の格闘家マニが魅せる“百人組手”の映像に衝撃を受けるスーリヤ。

成長したスーリヤは、街の悪党たちを相手に特訓を積んだカンフーと痛み知らずの身体を武器に日々戦っていました。

チンピラたちに誘拐されそうになる女性を助けようとしたところ、現れたのは幼い日に離れ離れになってしまったスプリでした。

彼女は空手マンに弟子入りし、道場を経営していたんです。

運命に導かれるように憧れの空手マンに出会えたスーリヤでしたが、彼から双子の弟ジミーが街を牛耳る悪党になってしまい、スプリが危険にさらされると聞かされます。

スーリヤは愛する幼馴染を守るため、悪の組織との全面戦争を決意し…。

まとめ

参考:『燃えよスーリヤ!!』公式ツイッターアカウント

果たして、スーリヤは戦いに勝ち、スプリを守ることができるのか!?

『ロボット』、『バーフバリ』を生み出したインド発、世界がシビれた全く新しいスーパーヒーローが日本のスクリーンを席巻します。

映画『燃えよスーリヤ!!』は2019年12月27日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開です。

関連記事

新作映画ニュース

韓国映画『ラブ・アゲイン2度目のプロポーズ』あらすじ/キャスト/公開日。クォン・サンウが笑えるラブコメに主演!

クォン・サンウ主演の待望のラブコメ復帰作。 2004年から日本で放送されたテレビドラマ『天国の階段』で“涙の貴公子”と称され大変な人気を博したクォン・サンウ。 (C)2019 KTH & L …

新作映画ニュース

映画『ももいろそらを カラー版』あらすじ/公開日/上映館。小林啓一監督作の特集上映とあわせてスクリーンに蘇る!

第24回東京国際映画祭での鮮烈なデビューから10年。 小林啓一監督の原点が“カラー版”としてスクリーンに帰ってくる。 『ぼんとリンちゃん』 (2014)、『逆光の頃』(2017)、『殺さない彼と死なな …

新作映画ニュース

映画『ブレードランナー ファイナル・カット』がIMAXシアターにて2週間限定公開!上映館情報も紹介

時代はついに追いついた! 大スクリーンで“伝説”を体感せよ。 SF映画に革命をもたらした伝説の映画『ブレードランナー』は、フィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作に、 …

新作映画ニュース

エレン・ペイジ映画『CUREDキュアード』あらすじとキャスト。3月20日公開の近未来ゾンビスリラー!

人を噛み殺した記憶は、決して消すことができない―。 ゾンビ・パンデミック終焉後、元感染者が社会復帰した世界。 ゾンビ・ウイルスのパンデミックが収束した“その後”を描く異色の近未来スリラーが誕生しました …

新作映画ニュース

映画『由宇子の天秤』あらすじ/キャスト/上映館。瀧内公美が国際映画祭で女優賞受賞の話題作が劇場公開決定

第20回ラス・パルマス国際映画祭にて 最優秀女優賞(瀧内公美)&CIMA審査員賞をW受賞 瀧内公美(『火口のふたり』、『裏アカ』)を主演に迎えた春本雄二郎監督(『かぞくへ』)の最新作『由宇子の天秤』が …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学