Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/02/21
Update

韓国映画『マルモイ ことばあつめ』あらすじ/キャスト/公開日。実話を感動のエンタメに昇華!

  • Writer :
  • 大塚まき

『タクシー運転手 約束は海を越えて』の脚本家オム・ユナが初監督&脚本!!

『タクシー運転手 約束は海を越えて』(2018)の脚本家オム・ユナが初監督&脚本した話題作、映画『マルモイ ことばあつめ』。


(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved

2020年7月10日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかで映画『マルモイ ことばあつめ』が全国順次公開されることが決定しました。

この度、ポスターのビジュアルが解禁となりましたので併せてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『マルモイ ことばあつめ』について


(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved

本作で初監督のオム・ユナが自身の脚本作『タクシー運転手 約束は海を越えて』と同様に、多くのごく普通の人々が、歴史を作り上げるさまを見事に描き上げました

民族の言葉が消えゆく1940年代の・京城(日本統治時代の韓国・ソウルの呼称)で言葉を守ることによって国を守ろうとした人たちがいました。

実際の史実をヒントに制作された本作は、失われていく朝鮮語(韓国語)を守るために辞書を作ろうと全国の言葉・方言を集める“マルモイ(ことばあつめ)作戦”が描かれます。

主演は、『タクシー運転手 約束は海を越えて』『ベテラン』『王の男』などで高い評価を得ているユ・へジン

もう一人のW主演には、『犯罪都市』『ゴールデンスランバー』などであらゆる役どころを完ぺきに演じる人気実力派俳優ユン・ゲサンが抜擢されました。

その他にも韓国映画を支える一流のスタッフ&キャストが顔をそろえ、素晴らしい感動のエンターテイメントに仕上がっています。

映画『マルモイ ことばあつめ』のポスタービジュアル


(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved

この度、解禁されたポスタービジュアルには、劇中に登場する朝鮮語学会のメンバーが登場。

消えてしまうかもしれない、そんな大切な母国語を守りたい、遺したい…辞書作りのために、懸命に生きた人々の感動の物語」というキャッチコピーから禁じられた朝鮮語の辞書作りへの幕開けに高揚感を与えるビジュアルになっています。

スポンサーリンク

映画『マルモイ ことばあつめ』の作品情報


(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved

【日本公開】
2020年(韓国映画)

【原題】
말모이

【監督・脚本】
オム・ユナ

【キャスト】
ユン・ゲサン、ユ・へジン、キム・ホンパ、ウ・ヒョン、キム・テフン、キム・ソニョン、ミン・ジヌン

映画『マルモイ ことばあつめ』のあらすじ

1940年代・京城(日本統治時代の韓国・ソウルの呼称)。

盗みなどで生計をたてていたお調子者のパンス(ユ・へジン)は、ある日、息子の授業料を払うためにジョンファン(ユン・ゲサン)のバッグを盗みます。

ジョンファンは親日派の父親を持つ裕福な家庭の息子でしたが、彼は父に秘密で、失われていく朝鮮語(韓国語)を守るために朝鮮語の辞書を作ろうと各地の方言などあらゆることばを集めていました。

日本統治下の朝鮮半島では、自分たちの言語から日本語を話すことへ、名前すらも日本式となっていく時代だったのです。

その一方で、パンスはそもそも学校に通ったことがなく、母国語である朝鮮語の読み方や書き方すら知りません。

パンスは盗んだバッグをめぐってジョンファンと出会い、そしてジョンファンの辞書作りを通して、自分の話す母国の言葉の大切さを知りますが…。

スポンサーリンク

まとめ

参考:映画『マルモイ ことばあつめ』公式ツイッター

消えてしまうかもしれない、そんな大切な母国語を守りたい、遺したい…という想いを胸に辞書作りのために、懸命に生きた人々をオム・ユナ監督が『タクシー運転手 約束は海を越えて』と同様に丁寧に描き出しかつ感動のエンターテインメントに仕上げた『マルモイ ことばあつめ』。

本作は、『パラサイト 半地下の家族』がアカデミーで大快挙を成し遂げ、韓国映画に再び大きな注目が集まる中、魂を揺さぶる傑作の公開となり、韓国でも絶賛の嵐を呼んでいます。

映画『マルモイ ことばあつめ』は、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて2020年7月10日(金)より公開です。





関連記事

新作映画ニュース

西島秀俊×小林薫映画『休暇』などリビングルームシアターで配信!話題作『凱里ブルース』は8月2日まで

リビングルームシアターに新たに9タイトルが追加! Covid-19対策として、映画館との共生を理念に5月23日に開設されたオンラインシアター「リビングルームシアター」に、新たに映画配給会社シネマエンジ …

新作映画ニュース

映画『無頼』劇場公開日/上映館/予告編。井筒和幸監督が最新作についてコメントした特別映像!

『パッチギ!』『黄金を抱いて翔べ』の井筒和幸監督、8年ぶり待望の新作 『パッチギ!』(2004)、『黄金を抱いて翔べ』(2012)など、デビュー作以来、社会のあぶれ者、はみ出し者を冷徹かつ共感に満ちた …

新作映画ニュース

20代若手女優の円井わんによる無料配信『コウキの雨鳴き』あらすじ/キャスト。注目のドラマ動画をYouTubeで見る!

監督西川達郎×俳優円井わん 若手コンビによる完全リモート企画の連続モキュメンタリードラマ始動! 映画『向こうの家』で2019年ええじゃないかとよはし映画祭でグランプリを受賞した監督・西川達郎が、新たに …

新作映画ニュース

アイ・ウェイウェイ映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』難民問題の真実を描く

世界的な現代美術家アイ・ウェイウェイ監督最新作の公開決定! 映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』は、2019年1月シアター・イメージフォーラム他全国ロードショー。 全世界に警鐘を鳴らす、衝撃の難民ドキ …

新作映画ニュース

映画『読まれなかった小説』あらすじとキャスト。ヌリ・ビルゲ監督作の公開日は11月29日に決定!

すべての気持ちを原稿にしたためた…。 第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作。 カンヌ8賞の他、世界中で93の賞に輝く世界的巨匠監督ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督。   ヌリ・ビルゲ・ジ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学