Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/09/10
Update

映画『劇場版 呪術廻戦0』声優キャストの乙骨憂太役は緒方恵美!演技評価とプロフィール

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『劇場版 呪術廻戦 0』は2021年12月24日(金)ロードショー

芥見下々による大ヒットマンガ『呪術廻戦』を原作とした『劇場版 呪術廻戦 0』が、2021年12月24日(金)に公開されます。

人間の負の感情から生まれる呪いと、それを呪術で祓う呪術師との闘いを描くダーク・ファンタジー。既刊16巻にしてシリーズ累計発行部数は驚異の5000万部を突破しています。

本作で描かれるのは、人気のストーリーの一つである「呪術廻戦0 東京都立呪術高等専門学校」、通称“0巻”。

緒方恵美、小松未可子、内山昴輝、関智一、中村悠一ら人気実力派声優が迫力あふれる世界を生み出します。

この記事では主人公・乙骨憂太役の声を演じる緒方恵美(めぐみ)について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『劇場版 呪術廻戦 0』の作品情報


(C)2021「劇場版 呪術廻戦0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】
芥見下々(集英社)

【監督】
朴性厚

【声優】
緒方恵美、小松未可子、内山昴輝、関智一、中村悠一、櫻井孝宏

【作品情報】

原作は、芥見下々による集英社「週刊少年ジャンプ」で連載中の大ヒットマンガ『呪術廻戦』。

2020年から放送されたテレビアニメ版も高い人気を誇り、定額制動画配信サービス全体の視聴者数週間ランキングでも約2カ月に渡って1位を記録し続ける大ブームを巻き起こしました。

辛酸・後悔・恥辱など人間の負の感情から生まれる化け物・呪霊を、呪術を使って祓う呪術師の闘いを描いたダークファンタジー・バトル作品です。

本作では、人気のストーリーの一つである『呪術廻戦』の前日譚、「呪術廻戦0 東京都立呪術高等専門学校」、通称“0巻”が描かれます。

主人公・乙骨憂太を演じるのは『エヴァンゲリオン」シリーズで知られる人気声優の緒方恵美。

小松未可子、内山昴輝、関智一、中村悠一ら実力派声優も顔を揃えます。

映画『劇場版 呪術廻戦 0』のあらすじ


(C)2021「劇場版 呪術廻戦0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社

自身の死刑を望む高校生の乙骨憂太。

幼い頃、結婚の約束を交わした幼馴染の祈本里香を交通事故により目の前で失った彼は、呪いと化した彼女に憑かれて苦しんでいました。

そんな中、「呪い」を祓う為に「呪い」を学ぶ学校“東京都立呪術高等専門学校”の教師・五条悟が現れます。

最強の呪術師でもある五条は、乙骨を呪術高専に転入させます。

呪いと化した里香によって周りの人々を傷つけてしまう日々を送っていた乙骨は、「生きてていいという自信が欲しい――」という思いから、呪術高専で里香の呪いを解くことを決意します。

同級生の禪院真希・狗巻 棘・パンダと共に呪術師として歩みだす憂太でしたが…。

スポンサーリンク

映画『劇場版 呪術廻戦 0』乙骨憂太役は緒方恵美(めぐみ)

参考映像:『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(2021)

映画『劇場版 呪術廻戦 0』で乙骨憂太役を演じる緒方恵美(めぐみ)は1965年6月6日生まれの声優、女優、歌手。東京都出身。Breathe Arts代表。作詞などのクレジット名義は「em:óu」(エムオゥ)。

東宝でミュージカル監督などを務める父、声楽を学んだ母という音楽一家に生まれました。3歳からピアノを始め、バレエ・日舞も習っていたそうです。

音楽学校ミュージカル科を卒業後、ミュージカル女優となりました。

当時のプロデューサーに、「少年役の時に華があるので声優がいいのでは」と勧められ、声優の世界に入ります。

アニメ『幽☆遊☆白書』のオーディションで、自己紹介した地声が「蔵馬だ!」と言われデビューが決定。

少年役から中性的な役、大人の女性まで幅広い役を演じ分ける演技派。

アニメ声楽賞や声優アワードなど多数の賞を受賞しています。

大人気シリーズ『エヴァンゲリオン』では、主人公の碇シンジを長年演じ、好評を博しています。

『暗殺教室』『カードキャプターさくら クリアカード編』『地縛少年花子くん』など多数アニメ作品で活躍中。

映画『劇場版 呪術廻戦 0』乙骨憂太はどんな役?

緒方恵美演じる乙骨憂太は本作の主人公の高校生。

幼い頃に交通事故で亡くなった幼なじみの里香の呪いに苦しんでいましたが、呪術高専でその呪いを解くことを決意します。

スポンサーリンク

緒方恵美(めぐみ)の演技力の評価は

参考映像:『劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード』(1999)

役に憑依する演技派ベテラン声優の緒方恵美。特に少年役で輝きを放つことで知られていますが、大人の女性まで幅広い役を演じられる実力派でもあります。

声優業界で初めて高校生以上の男性役を演じた女性声優である一方、

デビュー作『幽☆遊☆白書』では蔵馬役を演じ人気に。

1994年の第17回アニメグランプリ「声優部門賞」を受賞。この回は男性キャラ部門・蔵馬、女性キャラ部門・天王はるかを始め、全部門が緒方の関係作品関連で埋まるほどの大活躍ぶりでした。

2013年には第7回声優アワード「高橋和枝賞」を受賞。

庵野秀明監督の大ヒット作『エヴァンゲリオン』シリーズで長く主人公の碇シンジを演じ、2021年には『シン・エヴァンゲリオン劇場版』でも好演。熱狂のもと大ヒットさせました。

庵野作品が好きだと公言している、本作『劇場版 呪術廻戦 0』の原作者・芥見下々は中性的で、柔らかさ、優しさがあった上で、大きな感情の振れ幅・落差もあるイメージのある乙骨憂太役は、緒方恵美にピッタリだと思ったと語っています。

乙骨のキャスティングに関しては、本作の監督はじめアニメスタッフでも満場一致で緒方恵美に決定したそうです。

緒方自身は、オファーをもらって本当に驚いたとコメント。

あまりの面白さに原作は0巻から最新巻まで一気に読み、アニメまで全部観終えてから唸ったといいます。

原作イメージを大事に、自分なりの乙骨憂太像をチーム胸を借りながら、誠心誠意創りあげたいと意気込みを語る緒方恵美の演技に益々期待が高まります。

緒方恵美(めぐみ)の公式SNSの紹介

緒方恵美(めぐみ)の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2021「劇場版 呪術廻戦0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社

芥見下々原作の大ヒットマンガ『呪術廻戦』の原点の物語を描く『劇場版 呪術廻戦 0』。

“愛と呪いの物語”をテーマに、迫力あるバトルが繰り広げられるダーク・ファンタジーです。

『エヴァンゲリオン』シリーズで主人公・碇シンジを演じてきた大人気声優の緒方恵美が、主人公の少年・乙骨憂太を演じます。

小松未可子、内山昴輝、関智一、中村悠一ら人気実力派声優陣も集結。

注目の映画『劇場版 呪術廻戦 0』は、2021年12月24日(金)より全国公開です。

関連記事

新作映画ニュース

『天気の子』帆高(ほだか)役の声優は醍醐虎汰朗。プロフィールと演技力の評価

オーディションで抜擢された注目の若手俳優とは。 『君の名は。』(2016)の空前の大ヒットから3年。 期待が高まる新海誠監督の長編映画『天気の子』が、2019年7月19日より全国公開されます。 主人公 …

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストの占い師役はベンガル【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開されます。 監督を務 …

新作映画ニュース

映画『ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記』上映館/公開日/予告編。タイトルの意味に込められた戦争への想いとは⁉︎

『ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記』は3月28日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開。 2月1日(土)~沖縄・桜坂劇場にて先行上映。 沖縄テレビ放送の開局60周年を記念して製作されたドキュメンタリー映 …

新作映画ニュース

『チーズ・イン・ザ・トラップ』パク・ヘジンのコメント映像と画像解禁!

韓国映画『映画チーズ・イン・ザ・トラップ』は、7月14日(土) シネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショー。 大ヒットドラマ×主演パク・ヘジンのタッグ再び!キケンな先輩と不器用女子のハラハラドキ …

新作映画ニュース

映画『藍に響け』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。久保田紗友×紺野彩夏が「和太鼓ガールズ」実写化青春ムービーにW主演!

紺野彩夏&久保田紗友、ダブル主演青春映画が新タイトル『藍に響け』で5月21日公開に決定! 吹越満、筒井真理子ら追加キャストも発表。 すたひろによる漫画『和太鼓†ガールズ』を原作とした実写映画『藍に響け …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学