Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

『ドラゴンボール超』劇場版最新作は2022年公開!映画化に向け鳥山明がコメント発表

  • Writer :
  • 石井夏子

原作者・鳥山明が描く渾身の一作!
ドラゴンボール史を塗り替える最高密度・規格外の超大型企画、始動。

この度、「ドラゴンボール超」の劇場版最新作が製作、2022年に公開される事が決定しました。
(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022 ドラゴンボール超」製作委員会

2015年にスタートした、「ドラゴンボール」原作者・鳥山明原案による新シリーズ「ドラゴンボール超」。
 
『ドラゴンボール超 ブロリー』(2018)公開前から本格始動した超大型企画となる劇場版最新作が遂に動き出します。

また、本作にて原作・脚本・キャラクターデザインを務める鳥山明から、イラスト入りコメントも到着しました。

スポンサーリンク

劇場版『ドラゴンボール超』について

参考動画:『ドラゴンボール超 ブロリー』(2018)予告編

1984年から『週刊少年ジャンプ』で約10年半にわたって連載され、常にトップを走り続けてきた日本を代表する伝説的漫画「DRAGON BALL」

コミックスは全世界累計2億6000万部と驚異的な記録を叩き出し、連載終了後もなお、テレビアニメ・映画・ゲームなど様々なメディアミックスでファンを魅了し、全世界で桁外れの人気を誇っているモンスタータイトルとなっています。

その勢いはとどまる所を知らず、2013年には17年ぶりの劇場版シリーズが復活し立て続けに大ヒットをする中、2015年に原作者・鳥山明原案による新シリーズ「ドラゴンボール超」がスタート。

2018年には、記念すべき劇場版20作品目にして「超」シリーズ初となる『ドラゴンボール超 ブロリー』が公開、全世界興行収入135億円超えとなる「ドラゴンボール」史上最大のヒットを記録。

連載から37年が経った今でも、常に高みを目指し進化し続けてきた「ドラゴンボール」が、新たに挑む超大型企画となる劇場版最新作が遂に動き出します。

『ドラゴンボール超 ブロリー』公開前から本格始動した本企画は、前作の熱気に満ちた興奮を再びファンに届けるため、本作でも原作者・鳥山明が自ら筆を執り、魅力溢れるファン垂涎のエピソードを紡ぎ出しています。

しかも、その壮大なストーリー構成からキャラクターデザイン、セリフの細部に至るまで、徹底的にディテールにこだわった渾身の一作!

原作者が追求した最高密度のクオリティと全てが規格外の本作は、まさにドラゴンボール史を塗り替える類を見ない超大作になる事間違い無しです。

鳥山明のコメント

さらに、原作・脚本・キャラクターデザインを手掛けている鳥山明からコメントも到着しました。


(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022 ドラゴンボール超」製作委員会

その内容から「『ブロリー』に続く劇場版」「意外なキャラが大活躍」「ビジュアルも新鮮」と新たな展開を予感させるファン待望の最新作だということがうかがえますね。

無限の進化を遂げる原作者・鳥山明が魅せる本気、生まれ変わる劇場版『ドラゴンボール超』に是非ご期待下さい!

スポンサーリンク

劇場版『ドラゴンボール超』の作品情報

【タイトル】
劇場版『ドラゴンボール超』(仮) ※超のルビは“スーパー”です。

【公開年】
2022年

【原作・脚本・キャラクターデザイン】
鳥山明







関連記事

新作映画ニュース

映画『まぼろしの市街戦』リバイバル上映劇場情報。4Kデジタル修復版の予告編解禁

フランスの名匠フィリップ・ド・ブロカ監督の代表作! 映画『まぼろしの市街戦』(4Kデジタル修復版)は10月27日(土)新宿K’s cinema他にて公開です。 他に類のない卓越したユーモアたっぷりに戦 …

新作映画ニュース

映画『ハニーレモンソーダ』キャストの三浦界役の実写はラウール(Snow Man)。演技力の評価とプロフィール紹介

映画『ハニーレモンソーダ』は2021年7月9日よりロードショー 人気アイドルグループSnow Manのラウール主演によるときめき青春ラブストーリー『ハニーレモンソーダ』。 雑誌『セブンティーン』で「読 …

新作映画ニュース

映画『アンテベラム』あらすじ/キャスト/上映館。話題のパラドックス・スリラーが2021年日本公開!

『ゲット・アウト』『アス』のプロデューサーが新たな衝撃を呼び起こすパラドックス・スリラー。 大反響を呼んだ『ゲット・アウト』(2017)、『アス』(2019)のプロデューサー、ショーン・マッキトリック …

新作映画ニュース

大阪アジアン映画祭2019のチケット発売開始!エントリー作品の選定と登壇ゲスト情報

第14回大阪アジアン映画祭のチケット購入方法やイベント情報 2019年3月8日(金)から3月17日(日)まで開催される、第14回大阪アジアン映画祭。 第14回大阪アジアン映画祭のチケットは、2月23日 …

新作映画ニュース

坂本サク映画『アラーニェの虫籠』ワールドプレミア決定!アニメを1人で制作したことに世界が注目

坂本サク監督が長きにわたり、たった1人で制作していた、2018年8月公開の劇場用アニメ『アラーニェの虫籠』。 去る6月にフランスで行われた、アヌシー国際アニメーション映画祭に併設された「国際見本市MI …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学