Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『カーマイン・ストリート・ギター』あらすじとキャスト。公開日情報

  • Writer :
  • 石井夏子

数々の映画祭で上映された話題作がついにロードショー

     
©MMXVⅢ Sphinx Productions.  

第31回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門で上映され好評を博したニューヨークにあるギターショップのドキュメンタリー、『カーマイン・ストリート・ギター』

本作が2019年8月10日(土)より、新宿シネマカリテ、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショーすることが決定しました。

併せて、ヴィジュアルが解禁、さらにミュージシャン・斉藤和義からの熱いコメントが到着しましたのでご紹介致します。

スポンサーリンク

映画『カーマイン・ストリート・ギター』のビジュアル

©MMXVⅢ Sphinx Productions.  

今回解禁されたヴィジュアルには、木材が所狭しと並ぶ工房で、店主であり職人のリックの作業姿が写っています。

一見、煩雑にみえる仕事場は、長年の作業を経た彼にとって最適な配置なんです。

そこに職人としてのこだわりと、歴史を感じる印象的なものとなりました。

キャッチコピーには<彼はギターに、ニューヨークの記憶を刻む>と書かれ、街の人々に愛されてきた建物の廃材が、ギターに生まれ変わる瞬間を期待させます。

ミュージシャン斉藤和義のコメント

この度の解禁に併せ、ミュージシャンの斉藤和義から本作に寄せたコメントが到着しましたので、全文を掲載致します。

1999年、ロバート・クワインとレコーディング出来ることになり滞在していたニューヨーク。
毎日のように街を色々と案内してくれました。
その中で1番好きなギター屋だと言って連れて行ってくれたのがカーマイン・ストリート・ギター。
ケリーさんはとても気さくな方で、偏屈者のクワインが心許しているのがすぐに伝わってきました。
2004年、毎日店に顔を出していたクワインが数日来ない事を不審に思い、
警察に届けてくれたのもケリーさん。
映画の中で壁のクワインの写真がズレて直してもまたズレる…。最高のシーンでした。
ロン・マン監督、素敵な映画をありがとう!
ケリーさん、シンディ。いつまでも美しいギターを作り続けてください。また遊びに行きまーす!
―斉藤和義(ミュージシャン)  

無類のギター好きとしても知られる斉藤は、ギタリストのロバート・クワインに案内され、この店を知ったといいます。

その後クワインと斉藤は、共作を発表。

惜しくも2004年にこの世を去ったクワインが愛した、このギターショップ。

自身も魅了された斉藤は初来店以来、店主のリックと交流を深めています。

その長きにわたる関係性が垣間見える熱いコメントとなりました。
                                     

スポンサーリンク

映画『カーマイン・ストリート・ギター』の作品情報

【日本公開】
2019年(日本映画)

【原題】
Carmine Street Guitars

【監督・製作】
ロン・マン

【扇動者】
ジム・ジャームッシュ

【編集】
ロバート・ケネディ

【音楽】
ザ・セイディーズ

【キャスト】
リック・ケリー、ジム・ジャームッシュ(スクワール)、ネルス・クライン(ウィルコ)、カーク・ダグラス(ザ・ルーツ)、ビル・フリゼール、マーク・リーボウ、チャーリー・セクストン(ボブ・ディラン・バンド)

【作品概要】
2018年・第31回東京国際映画祭「ワールド・フォーカス」部門上映作品。

また、第75回ヴェネツィア国際映画祭、第43回トロント国際映画祭、第56回ニューヨーク映画祭など多くの映画祭にて正式出品として上映されました。

ロン・マン監督はカナダとアメリカのポップカルチャーを題材にしたドキュメンタリーを多く手掛けています。

コミックを取り上げた『ザ・ヒストリー・オブ・アメリカン・コミックス』(1988)、ダンスのツイストを追求した『ツイスト』(1992)、マリファナを考察する『グラス―マリファナvsアメリカの60年』、『ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男』(2014)など、ロン・マン監督の関心の幅は広く、いずれも観客をエンターテインさせる魅力を持つ映画となっています。

映画『カーマイン・ストリート・ギター』のあらすじ

グリニッジ・ヴィレッジに位置する「カーマイン・ストリート・ギター」。

パソコンも携帯も持たない寡黙なギター職人のリック・ケリーと、ちょっとパンキッシュな装いの見習いシンディ、そしてリックの母親の3人で経営しています。

世界中のギタリストを魅了する、この店だけの “ルール”。

それは、ニューヨークの建物の廃材を使ってギターを作ること。

チェルシー・ホテル、街で最古のバー・マクソリーズ…、それらは長年愛されてきた街のシンボル。

工事の知らせを聞きつけるたび現場からヴィンテージ廃材を持ち帰るリックは、傷も染みもそのままにギターへ形を変えて行きます。

ルー・リード、ボブ・ディラン、パティ・ スミスら大御所が彼のギターを愛用し、劇中ではビル・フリゼール、マーク・リーボウ、チャーリー・セクストンなど、人気ギタリストたちが次々と来店。

さらには、ニューヨーク・カルチャーを牽引する映画監督、ジム・ジャームッシュの姿も。

足早に表情を変えゆくニューヨークと、変わらずにあり続けるギターショップの一週間を捉えたドキュメンタリーです。

スポンサーリンク

まとめ

伝説のギタリストたちを虜にする職人は、ニューヨークの建物の廃材から、世界でひとつのギターを生み出します。

本作は音楽好きならずとも至福に浸ること必至のドキュメンタリーです。

映画『カーマイン・ストリート・ギター』は2019年8月10日(土)新宿シネマカリテ、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー

関連記事

新作映画ニュース

《動画で見る渡辺紘文監督インタビュー》大田原から“他にはない映画制作”と批判受けても“新しい面白さ”を追求【映画『蒲田前奏曲』】

動画で見る渡辺紘文監督インタビュー映画『蒲田前奏曲』 中川龍太郎、穐山茉由、安川有果、渡辺紘文という4人の監督による連作スタイルの長編映画『蒲田前奏曲』。新しいスタイルのこの作品が、2020年9月25 …

新作映画ニュース

映画スウィンダラーズ|AFTERSCHOOLナナのセクシーな詐欺師の本編映像公開!

アジア各国で絶大な人気と知名度を誇るヒョンビンが、初めて詐欺師を演じた話題作『スウィンダラーズ』が、7月7日(土)より全国ロードショー。 詐欺師だけをダマす詐欺師5人とエリート検事による予測不可能な犯 …

新作映画ニュース

『アイネクライネナハトムジーク』キャストの本間紗季役は多部未華子【演技力の評価とプロフィール】

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊 …

新作映画ニュース

映画『WALKING MAN』あらすじとキャスト。カリスマラッパー【ANARCHY】初監督作の見どころ

人気ラッパーANARCHY初監督作! 日本を代表するカリスマラッパーANARCHYの初監督映画『WALKING MAN』が、2019年10月11日(金)より、全国ロードショーされます。 不幸と極貧のど …

新作映画ニュース

父を想う眼差しから家族の愛が溢れる。映画『長いお別れ』新場面写真が解禁

『長いお別れ』新場面写真が解禁 中野量太監督の映画『長いお別れ』が2019年5月31日(金)にロードショーされます 映画『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016)の中野量太監督が、直木賞受賞作家・中島京子 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学