Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

デスノートミュージカル2017キャスト評判と公演日程一覧

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

週刊少年ジャンプに連載された大場つぐみ原作、小畑健作画の人気少年漫画『DEATH NOTE』。

テレビアニメ、映画、テレビドラマ、ミュージカルと、ありとあらゆるビジュアルを展開していますが、2015年に日本と韓国で上演され、熱狂的なファンを生んだ待望のミュージカル版の再演をご紹介します。


netflix『death-note』

スポンサーリンク

1.デスノート THE MUSICAL【先着先行チケット】*先行特典付き*


「DEATH NOTE THE MUSICAL」

【日時】
2017年9月2日(土) ~ 9月24日(日)

【会場】
新国立劇場 中劇場

【料金】
S席13,000円(全席指定・税込)*先行特典付き*


「DEATH NOTE THE MUSICAL」

【キャスト】
浦井健治 ・・・ 夜神 月(ダブルキャスト)
柿澤勇人 ・・・ 夜神 月(ダブルキャスト)
小池徹平 ・・・ L
唯月ふうか ・・・ 弥 海砂
髙橋果鈴 ・・・ 夜神粧裕
濱田めぐみ ・・・ 死神 レム
石井一孝 ・・・ 死神 リューク
別所哲也 ・・・ 夜神総一郎

【イベントに関するお問合せ】
ホリプロチケットセンター:03-3490-4949
(平日10:00~18:00/土曜10:00~13:00/日祝・休)

夜神月役はダブル主演で行われるミージュカル版ですが、その1人である浦井健治は、舞台を中心に活動している30代の実力派俳優。

フジテレビの月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』や日本テレビドラマ『ニーチェ先生』で高い人気を得ました。

また、もう1人の柿澤勇人は、2017年1月に韓国で上演され空前の大ヒットとなった、ミュージカル『フランケンシュタイン』の日本版キャストとして日生劇場を大いに沸かせ、引き続きのミュージカル舞台の出演に立ちます。

そのほか、L役に小池徹平。彼は演技力にも安定感を重ね、足立区発地域ドラマ『千住クレイジーボーイズ』やTBSドラマ『リバース』で活躍。

弥海砂役は、2013年ミュージカル『ピーターパン』で主役の9代目ピーターパン役を射止めた唯月ふうかも参加します。

ぜひ、マンガや映画版をご覧いただいたデスノートファンに、ストーリーを知りつつもミュージカル版の舞台を楽しむことも良いのではないでしょうか。

ぜひ、劇場でご観覧ください!

2.まとめ

もうすでにマンガや映画でご覧いただいたあなたも、舞台ミュージカルは多くは未見かもしれません。

多くの表現コンテンツに分かれるほど人気やその世界観が、大場つぐみ原作&小畑健作画の『DEATH NOTE』にはあるのでしょう。

ぜひ、その世界観の新たな制作者たちの解釈に期待しましょう。

さぁ、あなたも舞台ミュージカル?ぜひ、お見逃しなく!

Category : まとめ記事

Tags :

関連記事

まとめ記事

ブラッド・ピット映画おすすめ5選!野球もアクションもかっこいい!

(C)ColumbiaPictures/Photofest/ゲッティイメージズ “ブラピ”の愛称でおなじみ、ブラッド・ピットは、90年代に『トゥルー・ロマンス』や『セブン』、『ファイトクラブ』などに出 …

まとめ記事

第91回アカデミー作品賞受賞の予想と候補映画まとめ。2019年のオスカーは誰の手に!

来る2019年2月24日(月)(日本時間2月25日)に開催される、第91回アカデミー賞授賞式。 作品賞には、Netflix配給のメキシコ映画『ROMA/ローマ』、レディー・ガガ主演のミュージカル『アリ …

まとめ記事

2018年1月公開の邦画メジャー&ミニシアターおすすめ映画4選!

1月公開のおすすめ邦画は、「新参者」シリーズの加賀恭一郎の知られざる過去が明かされる『祈りの幕が下りる時』から、30年ぶりのシリーズ再開?という、ロックでコミカルな映画の『星くず兄弟の新たな伝説』まで …

まとめ記事

クリストファー・ノーラン監督映画おすすめ5選!最新作を見る前に!

(C)2012 Company Films LLC all rights reserved. イギリス出身の映画監督、クリストファー・ノーラン。これまで『バットマン』シリーズや『インセプション』など、 …

まとめ記事

【Cinemarche映画ライター紹介】森谷秀プロフィール

映画感想レビュー&考察サイトCinemarcheで、お薦め映画のスクリーン・ダイバーとして、作品の深掘り記事を書いているライターさんを紹介するコーナー。 今回は映画ライターの森谷秀さんの紹介 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学