Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

Entry 2017/02/07
Update

アン・ハサウェイ映画おすすめ5選!何歳になってもかわいい!

  • Writer :
  • Yuko

sub1_large
(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
01年『プリティ・プリンセス』の主役で映画デビューして以来、『プラダを着た悪魔』や『レ・ミゼラブル』など数々の映画に出演し、すっかり名女優となったアン・ハサウェイ。

恋をする女性、仕事を頑張る女性など、いつも一生懸命な役柄が世の女性の共感を得ています!

そんな彼女の出演映画の中から、特に見ておきたい作品を5作品ピックアップしました!

スポンサーリンク

1.笑いどころ満載のスパイ・コメディ『ゲット・スマート』(2008)

『ゲット・スマート』の作品概要

2008年アメリカ映画。監督はピーター・シーガル。主人公は「40歳の童貞男」でブレイクしたスティーブ・カレル。

『ゲット・スマート』のあらすじ

極秘諜報機関である「コントロール」で分析官として働いていたスマート。

しかし、国際犯罪組織カオスの襲撃によって全エージェントの身元が割れてしまったことから、代わりにスマートが未知のエージェント86として極秘任務につくことになり…。

『ゲット・スマート』のおすすめポイント

アメリカの人気TVドラマ「それ行けスマート」をリメイクしたスパイコメディです。

映画はアメリカンジョークが飛び交い、笑いどころが満載です。

でも、ストーリーはしっかりとしたスパイ映画に仕上がっていて楽しめる作品だと思います。

アン・ハサウェイは主人公とコンビを組む女スパイを演じていて、とってもセクシーで可愛いです!

2.名女優メリル・ストリープとの共演でヒット!『プラダを着た悪魔』(2006)

『プラダを着た悪魔』の作品概要

2006年アメリカ映画。監督はTVシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ」のデビッド・フランケル。アン・ハサウェイとメリル・ストリープが共演。

『プラダを着た悪魔』のあらすじ

ジャーナリストになるためNYにやって来たアンディ。

オシャレに興味のない彼女が手に入れた仕事は、一流ファッション誌のカリスマ編集長のアシスタントでした。

それはこれまでに何人もの犠牲者を出してきたポストで、その日からアンディはプライベートもなく24時間呼び出される悪夢の日々が始まるのでした…。

『プラダを着た悪魔』のおすすめポイント

恋・仕事・ファッション…女性にとって大切な要素が詰まった、すべての女性におすすめの映画です。

鬼上司に振り回されながらも成長していく姿や働く女性が抱えるジレンマなどがユーモラスに描かれています。

女性なら「わかるわかる!」と思わず共感してしまうこと間違いなしです。

アン・ハサウェイの演技は、どこかにいそうな等身大の女の子といった感じで、とても好感が持てますね。

スポンサーリンク

3.明るく可愛い女の子のイメージから一転『レイチェルの結婚』(2008)

『レイチェルの結婚』の作品概要

2008年アメリカ映画。監督は「羊たちの沈黙」のジョナサン・デミ。主演のアン・ハサウェイが第81回アカデミー主演女優賞にノミネート。

『レイチェルの結婚』のあらすじ

姉レイチェルの結婚式に出席するため治療施設を退院した麻薬中毒患者のキム。

しかし一家の厄介者であるキムが9カ月ぶりに家に帰ってきたことで、家族内の様々な問題が浮かび上がり…。

『レイチェルの結婚』のおすすめポイント

アン・ハサウェイはこれまでの明るい女の子の印象をガラリと変え、この作品ではちょっと陰のある尖った女の子を演じています。

家族の抱える様々な問題に苦しみながら、家族に素直に向き合い、答えを出そうとする姿は感動的です。

家族愛・兄弟愛を感じる、とても考えさせられる映画です。

4.友情と愛情の間で揺れる恋を描いた『ワン・デイ 23年のラブストーリー』(2011)

『ワン・デイ 23年のラブストーリー』の作品概要

2011年アメリカ映画。監督は「17歳の肖像」のロネ・シェルフィグ。アン・ハサウェイ、ジム・スタージェスの共演作。

『ワン・デイ 23年のラブストーリー』のあらすじ

しっかり者のエマと自由奔放で恋多きデクスターは、互いに惹かれ合っていました。

しかしお互い友人でいることを選び、毎年7月15日を親友として一緒に過ごすと決めます。

旅行や恋愛相談など、友人としての付き合いを続ける2人。でもエマはデクスターを秘かに思い続けていました。

あるときデクスターから別の女性と結婚することを告げられてしまいます。

『ワン・デイ 23年のラブストーリー』のおすすめポイント

友人とわかっていながらも好きになってしまう…そんな恋を経験したことにある方は、かなり共感できるラブストーリーではないでしょうか。

毎年7月15日だけにスポットを当てて展開していくので、いろいろな表情のアン・ハサウェイを見ることが出来ます。

切なくて、ロマンチックで、心の温まる素敵な映画です。

スポンサーリンク

5.歌、演技、すべて完璧!感動のミュージカル映画『レ・ミゼラブル』(2012)

『レ・ミゼラブル』の作品概要

2012年イギリス映画。監督は「英国王のスピーチ」でアカデミー監督賞を受賞したトム・フーパー。出演は、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイほか。

『レ・ミゼラブル』のあらすじ

パンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャンは、仮出獄後に再び盗みを働いてしまいます。しかし罪を見逃してくれた司教に感銘を受けて改心。

やがて運命的な出会いを果たした女性ファンテーヌから娘コゼットを託されたバルジャンは、執念深いジャベール警部の追跡を逃れてパリへ。

バルジャンとコゼットは親子として暮らすが、やがて激動の時代の波に飲まれていくことに…。

『レ・ミゼラブル』のおすすめポイント

アン・ハサウェイはこの作品で第85回アカデミー賞助演女優賞に輝きました。

出演した役者さんの演技だけでなく、歌唱力もすばらしく、ミュージカル映画が苦手という方でもどなたでも感動できる作品です。

とくにアン・ハサウェイが必死に娘を想って歌うシーンなどは、本当に苦しくて思わず涙してしまいます。

音楽、歌、演技、演出、ストーリー、すべてにおいて完璧といえるでしょう。

ちなみにアン・ハサウェイはこの映画のために10キロもの減量をしたそうです。また不幸に見舞われるファンティーヌになりきるため、家族とも離れてその役に没頭したのだとか。

まとめ

日本でも人気の高い女優、アン・ハサウェイのおすすめ5作品をピックアップしましたが、いかがでしたか?

他にも、人気のきっかけとなった『プリティ・プリンセス』やこれまでとは一味違った役を演じた『アリス・イン・ワンダーランド』など、たくさんの映画に出演していますので、ぜひ観賞してみて下さいね。

見た目の美しさだけでなく、どんな役をやっても、見ている人に元気を与えてくれる女優さんです!

彼女の今後の活躍に期待したいですね!

関連記事

まとめ記事

フランス歴代のイケメン俳優おすすめ映画5選!人気の美男たちは世界中を魅惑

今回特集するのは“愛を囁くための言語”がある地、フランスを代表する美男たちが輝く映画群です。 日本とは違う価値観が面白いラブストーリー、硬派で洒脱なフレンチ・ノワール。 現在も活躍する俳優陣はもちろん …

まとめ記事

今週オススメ映画!邦画洋画を劇場公開で見るならコレ。動画配信作品も

2018年5月11日(金)より劇場公開のオススメ新作映画の一推しの作品。 そして、ネット配信中のオススメ映画も、Cinemarcheのライターさんがピックアップした作品を、編集部がズラリまとめてご紹介 …

まとめ記事

ウディ・アレン監督映画おすすめ5選!新作から過去作まで

毎年のように新作映画を発表している名匠ウディ・アレン監督。 これまでにアカデミー賞に史上最多の24回ノミネートされ、監督賞を1度、脚本賞を3度受賞している世界を代表する映画監督です。 2017年5月、 …

まとめ記事

【新年の挨拶】明けましておめでとうございます。編集部

新年明けましておめでとうございます! 読者の皆様には健やかに新春を迎えられたことと、 お慶び申し上げます。 旧年中は日頃の映画鑑賞のおともに、 Cinemarcheの記事をお読みいただきましたこと、 …

まとめ記事

キアヌ・リーヴス映画おすすめ5選!イルマーレやマトリックスも

『マトリックス』シリーズ、『ジョン・ウィック』シリーズなどでお馴染みの俳優、キアヌ・リーヴス。 アクション映画のイメージが強いですが、サスペンス、ホラー、恋愛ものなどなど、様々なジャンルの映画に出演し …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP