Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

今週おすすめテレビ地上波の映画3選!『呪怨2』『推定無罪』『ダレンシャン』【関東版】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

今週1月14日からの1週間、おすすめ映画をテレビ地上波からご紹介します。

「ちょっと気楽に“ながら映画”を楽しみたい」

「休日の時間にお金をかけず良い映画を見たい」etc…


©︎すしぱくモデル:みき。

テレビザッピングで物足りないないと感じたあなたに、テレビでの映画放送のおすすめをご案内します。

スポンサーリンク

1.おすすめJホラー映画『呪怨2』(2003)

TOKYO MX:キネマ麹町

1月14日(日)(15:00-17:00)

映画『呪怨2』のあらすじ

ホラー・クイーンとしての異名を持つ女優の原瀬京子。

彼女は心霊特番のテレビ番組のレポーターとして、呪われたと噂される家を取材します。

その夜、フィアンセの石倉将志の運転する車に乗って帰宅する道すがら、首都高速で猫をひいてしまいます。

その後、車を発進させますが、次の瞬間に運転のコントロールを失い、壁に激突して大破。事故で将志は意識不明となります。

京子も重傷を負って子どもを流産してしまいます。

しかし、それは彼女が体験する恐怖は、まだ始まりに過ぎなかった…。

映画『呪怨2』の解説

この作品はご存知の“呪われた家”をめぐる恐怖を描き、日本のみならず海外でもヒットした『呪怨』の続編です。

脚本・演出は、前作『呪怨』が高く評価され、ハリウッドのリメイク版の監督進出も果たした清水崇。

主演は、意外にも本作で映画初主演を飾る酒井法子。

日曜の午後からホラー見るのは、それはそれで乙なもんですよ。心構えしてご覧になってはいかがでしょう。

2.おすすめ演技派ハリソン映画『推定無罪』(1990)

テレビ東京:午後のロードショー(吹き替え版)

1月15日(月)13:35-15:40

映画『推定無罪』のあらすじ

エリート検事ラスティ・サビッチは仕事も家庭も順風満帆の日々を過ごしていましたが、ある日同僚の女性検事補キャロリンの命が奪われたことを知ります。

上司レイモンドからキャロリン殺害事件を担当するよう命じられたラスティ。

彼は知人であるリップランザー刑事とともに事件の調査に当たります。

現場にある遺留品などから、キャロリンは野心家であったことから、人には言えないある秘密が浮かび上がります。

しかし、ラスティもそれは同じだった…。

映画『推定無罪』の解説

スコット・トゥロー原作のベストセラーを映画化したサスペンス映画。主演ラスティ役を若かりし頃のハリソン・フォードが苦闘する表情や緊張感のある演技を見せてくれます。

演出を担当したアラン・J・パクラ監督は、当初『アラバマ物語』や「サンセット物語』などのプロデューサーとして知られています。

この手腕からその時代に注目されている俳優をいち早くキャストに迎える監督としても知られています。

1971年:ジューン・フォンダ『コールガール』
1974年:ウォーレン・ベイティ『パララックス・ビュー』
1976年:ダスティン・ホフマン&ロバート・レッドフォード『大統領の陰謀』
1983年:メリル・ストリープ『ソフィーの選択』
1994年:ジュリア・ロバーツ&デンゼル・ワシントン『ペリカン文書』
1997年:ブラット・ピット『デビル』(*ハリソン・フォードも)
などで知られています。

アラン監督は俳優を演技派に育てることることでも知られ、ハリソンがその1人であることを伺える作品ですよ!

スポンサーリンク

3.深夜おすすめのファンタジー映画『ダレン・シャン』(2013)

日本テレビ:映画天国(日本語字幕版)

1月16日(火)1:59~3:59(*月曜深夜)

映画『ダレン・シャン』のあらすじ


(C)2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

ダレン・シャンは平凡な家庭に生まれ、何不自由なく育つ普通の高校生。

しかし、親友のスティーブと奇怪なサーカスショーを見に出かけたことで、数奇な運命にのみ込まれていきます。

巨大な毒グモに噛まれた親友の命を救うため、ダレンはバンパイアのクレプスリーと“ハーフ・バンパイア”になる取引をします。

半分人間、半分バンパイアとして闇の世界で生きていくようになったダレンは、風変わりな人々が集うサーカス一座での生活とバンパイアの修行はとても刺激的なものでした。

そんな中、対立する吸血鬼集団バンパイアと因縁の抗争が勃発します。

かつての親友とも宿命の対決を繰り広げることに…。

映画『ダレン・シャン』の解説


(C)2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

原作とコミックシリーズ累計640万部超えのベストセラー!

『アバウト・ア・ボーイ』のポール・ワイツ監督が、世界ベストセラー児童文学を映画化したダーク・ファンタジー。

主演ダレン・シャン役を新鋭クリス・マッソグリアが演じ、共演者にはラーテン・クレプスリー役にジョン・C・ライリー、マダム・トラスカ役にサルマ・ハエックなどが演じています。

なかでも奇妙なミスター・トール役を演じた、渡辺謙に注目です。

深夜の映画鑑賞で夢のような摩訶不思議なファンタジックな世界へ!

まとめ

今週のイチオシは、午後のロードショーは言わずとテレビ鑑賞の強い味方から、アラン・J・パクラ監督の『推定無罪』。

ハン・ソロやインディのイメージを多くもたれがちですが、実はハリソンは演技俳優でもあるんですよね。

このほかにも、『刑事ジョン・ブック 目撃者』や『モスキート・コースト』なども、押さえておきたいところです。

まだご覧になったこののない方は、吹き替えや地上波で、まず観てみることを出会いも良いものですよ。

深夜にゆっくりと観られ、楽しめるフランスのコメディ映画『最高の花婿』です。

また、先週に引き続き、清水崇監督の『呪怨2』も、ヴァアアアアアアアアア………とご覧くださいね。

あなたの映画ライフに、地上波の各放送局で放送される作品もお見逃しなく!

関連記事

まとめ記事

【シネマルシェの映画ライター紹介】作品情報と感想、考察を書く人シネマダイバー。

目的はあなたに映画を届けること この目的を大切にサイトの運営を心がけております。 今回はシネマルシェで映画ライターと活動しているチームのメンバーをご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTSCi …

まとめ記事

『ゴジラ』俳優宝田明があらすじを映画館で語る!イベントサイン会も

2016年に公開された『シン・ゴジラ』の待望のDVDも発売されから、ゴジラファンの間ではどの円盤を買うのか意見が分かれ、ネットでも話題を集めています。 今回は『シン・ゴジラ』と『ゴジラ』映画に関する上 …

まとめ記事

エマ・ワトソン映画おすすめ5選!ハリーポッター以外もかわいい!

(C)2017 Disney. All Rights Reserved. 『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役で人気のエマ・ワトソン。 最新作の実写映画『美女と野獣』でヒロインを演じているこ …

まとめ記事

2021年夏の新作韓国映画おすすめ5選!ソンガンホ『王の願い』やイ・ビョンホン『白頭山大噴火』など話題作を紹介

注目の新作韓国映画おすすめ5選! ソン・ガンホが、独自の文字創製のため命を懸けた世宗大王を演じた史劇エンターテインメント『王の願い ハングルの始まり』が、2021年6月25日(金)より、シネマート新宿 …

まとめ記事

バレンタインデーに観たい2021年新作ラブストーリー映画おすすめ5選!「はな恋」から『ベイビーティース』まで

恋の季節にぴったりなピュアなラブストーリー5選! クロックワークス配給作品『ベイビーティース』が、2021年2月19日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほか全国で公開となります。 映画館 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学