Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

アムール愛の法廷あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

「大人のラブストーリー」と「法廷劇」という、2つのプロットを巧みに絡み合せたストーリー展開。

2015年ベネチア国際映画祭で脚本賞を受賞した、『アムール、愛の法廷』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『アムール、愛の法廷』の作品情報

【公開】
2017年(フランス映画)

【脚本・監督】
クリスチャン・ヴァンサン

【キャスト】
ファブリス・ルキーニ、シセ・バベット・クヌッセン、コリンヌ・マシエロ、ミカエル・アビブル、ジェニファー・デッカー

【作品概要】
『大統領の料理人』のクリスチャン・バンサン監督が熟年の淡い恋を描いた法廷劇。今作は第75回ベネチア国際映画祭で脚本賞を受賞しています。

ミシェル役をフランスの名優ファブリス・ルキーニが演じて、ベネチア映画祭で男優賞受賞。『王様のためのホログラム』に出演したシセ・バベット・クヌッセンがディット役を務め、第41回セザール賞の助演女優賞受賞。

2.映画『アムール、愛の法廷』のキャスト

ファブリス・ルキーニ(ミシェル・ラシーヌ役)


『アムール、愛の法廷』公式サイトから

今作でベネチア国際映画祭主演男優賞を受賞した、人気と実力ともに兼ね備えた俳優

2010年に『屋根裏部屋のマリアたち』、2012年に『危険なプロット』、2014年に『ボヴァリー夫人とパン屋』など日本でも知られています。

また、『クレールの膝』をはじめ、エリック・ロメール作品にも出演が多い俳優です。

セザール章に6回ノミネートされており、クロード・ルルーシュ監督の『Tout ca… pour ca !』で助演男優賞を受賞しています。

シセ・バベット・クヌッセン(ディット・ロランサン=コトレ役)


『アムール、愛の法廷』公式サイトから

今作にてセザール賞助演女優賞を受賞したデンマーク出身の女優

2016年にトム・ハンクス主演の『インフェルノ』では、エリザベス・シンスキー役で出演。

世界中で放送されたデンマークのテレビドラマ『コペンハーゲン/首相の決断』や、映画『アフター・ウェディング』などに出演しています。

デンマークテレビフェスティバルの主演女優賞を2年連続で受賞。自然な美しさと演技が魅力のデンマークを代表する女優です。

スポンサーリンク

3.映画『アムール、愛の法廷』のクリスチャン・ヴァンサン監督


『アムール、愛の法廷』公式サイトから

フランス出身の監督・脚本家。今作でベネチア国際映画祭脚本賞を受賞。1992年に『恋愛小説ができるまで』ではセザール賞脚本賞受賞

​1994年にイザベル・ユペール主演で『La separation』、2013年に日本公開された『大統領の料理人』など、社会的なテーマある物語を製作するにあたり、入念な下調べを行い、また、それらを巧みな構成力で描く作風が高く評価をされています。

【主な日本公開作のフィルモグラフィ】
2015年:『アムール、愛の法廷』(脚本・監督)  
2012年:『大統領の料理人』(脚本・監督)  
1999年:『パリの確率』(脚本)  
1990年:『恋愛小説ができるまで』(監督・脚本)

4.映画『アムール、愛の法廷』のあらすじとネタバレ

厳格で人間味のない裁判所の所長と、周りから恐れられているミシェル・ラシーヌ。

かつて、ミッシェルは入院中に想いを寄せていた女医のディットと偶然再会します。

ミッシェルが担当する「乳児殺害事件」の公判に陪審員として選ばれたのが、あの時のディットと知り驚きを隠せません。

ミシェルは休憩中にディットにメモを送って、裁判の閉廷後、カフェで2人は落ち合います。

2人はその昔に出会っていた過去があるのです。麻酔医のディットは患者の不安を除くために手を握る。その日もミッシェルの手を握りました。

その行為を“愛”と思い込むミシェルは彼女を独占したいと思うようになります。しかし、退院したミシェルにディットは関心すらありません。

ミシェルにはそんなフラれた過去があったのです。

しかし、今の2人は裁判長と陪審員の関係は個人的に会い、話をすることは望まれることではありませんが、それでも、ミッシェルは胸の高鳴りを抑えきません…。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『アムール、愛の法廷』ネタバレ・結末の記載がございます。『アムール、愛の法廷』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ミッシェルはそのような自己の内面にあった感情に揺さぶられたことで気が付くことがありました。

それは人間は理性では割り切れないのだとつくづく思い知るのです。

やがて、事件に関する調書など、本質的なことからほど遠い意味のない文書であると、ミシェルは被告の若い父親に忖度を示すまでに変化をもたらします。

頑なな態度を取り続けている被告の若い父親にはどんな真実があり、そのようなことが起きたのだろうか?

ミシェルは証人たちの証言にある、事柄が食い違って合わないことを見つけ出し、無罪を主張する被告が自分の息子の亡き命を受け留めてきたかを想像していきます。

また、ミッシェルは自身もディットへ気持ちを押し付けてきのではないかと感じました。でも、今となってはディットのおしゃべりを聞くのがとても楽しい…。関係は始まったばかり、いつか2人はきっと…。

スポンサーリンク

5.映画『アムール、愛の法廷』の見どころは?

ベネチア映画祭の国際映画批評家連盟賞受賞した長編デビューした『恋愛小説ができるまで』のクリスチャン・ヴァンサン監督

今作の脚本も執筆したのはクリスチャン・ヴァンサン監督自身です。2015年に、再び、ベネチア国際映画祭で脚本賞を受賞して注目を集めることになりました。

その物語設定の巧みさや、主人公の心情的な変化を表現させたことによる評価でしょう。

人間の情よりも法の精神を重んじた裁判所の所長ミッシェル。

彼が片思いに焦がれた女性と再会をきっかけに、少しずつ他人の胸中を理解していく、それは彼女や被告人ばかりでなく、自身の内面を見つめていくところが見どころです。

ミシェルは堅物な人物と呼ばれながら司法に身を捧げてきた人生。しかし、それは感情よりも事実しか目に入れなかったのかも知れないからです。

それのミッシェルを演じたのは、『ボヴァリー夫人とパン屋』などでも素晴らしい演技を見せた名優のファブリス・ルキーニ。

クリスチャン・ヴァンサン監督とは今作で25年ぶりのタッグにを組んだ点にも注目です。

クリスチャン監督の抑制のきいた映像は、法廷での2人の絡み合う視線で心の揺れを見せ、観客の思いもくすぐります。

地位や立場のある男性が、それすらを忘れて恋する中年男性になっていく過程は、あなたにもおじさんながらにチャーミングと感じられるのではないでしょうか。

これは人間の心境の変化というだけではなく、誰の心にもあるだろう優しさに気が付かされたからだと思います。

6.まとめ

ゴールデンウィークにメジャー映画を観たあなた。これからどんな映画を観るか迷った時、大人のラブストーリーを観てみるのは良いかもしれません。

ベネチア国際映画祭で見事に、名優のファブリス・ルキーニ男優賞。さらにはクリスチャン・ヴァンサン監督が脚本賞を受賞した、大人の本格的なラブストーリー。

上質でお薦めな映画の1本です。

2017年5月13日(土)から東京のシアターイメージフォーラムにて上映。また、愛知は、5月20日より名演小劇場にて公開。その後、全国順次公開予定。

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ラブストーリー映画

『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

サリー・ホーキンスとイーサン・ホーク、オスカーノミネート実力派2人が紡ぐ夫婦の姿が感動を呼ぶ『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』をご紹介します。 カナダでもっとも有名な画家、モード・ルイス …

ラブストーリー映画

映画『甘いお酒でうがい』感想とレビュー評価。原作はお笑い芸人シソンヌの「じろう」が架空のOL・川嶋佳子の名で著した517日の物語

映画『甘いお酒でうがい』は2020年9月25日(金)から公開。 お笑いコンビ「シソンヌ」のじろうが、長年コントで演じてきたキャラクターを主人公に、何気ない日常を送りながらも、何処か風変わりで少し後ろ向 …

ラブストーリー映画

荻颯太郎映画『地球がこなごなになっても』あらすじと感想。エイリアン襲来に込められた意味とは

2016年度の立命館大学映像学部の卒業成果作品『地球がこなごなになっても』。 荻颯太郎監督によるがSF学園ラブストーリーです。 阪神淡路大震災や東日本大震災から感じたことを巧みフィクションに詰め込んだ …

ラブストーリー映画

映画『寝ても覚めても 』あらすじネタバレ。原作結末は意外なラスト⁈

恋愛映画『寝ても覚めても』は、9月1日(土)よりテアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国公開。 柴崎友香が野間文芸新人賞を受賞した同題小説を、濱口竜介監督が映画化。201 …

ラブストーリー映画

映画『アボカドの固さ』感想レビューと評価解説。キャスト前原瑞樹の実体験をもとに恋人への執着を痛々しくもユーモラスに描く

映画『アボカドの固さ』は2020年9月19日(土)より渋谷・ユーロスペースにて劇場公開。 5年間付き合った恋人に、突然別れを告げられた若者が、復縁を望み悪戦苦闘する30日間の物語、映画『アボカドの固さ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学