Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

インタビュー特集

Entry 2018/10/16
Update

【朴璐美(ぱくろみ)インタビュー】『薄墨桜 -GARO-』の星明の役作りと女優としての今を語る

  • Writer :
  • 大窪晶

雨宮慶太による、牙狼の称号を受け継ぐ魔戒騎士が、人間の邪心を元に発生する怪物ホラーとの戦いを描いてきたシリーズ。

このたび劇場版アニメとして映画『薄墨桜-GARO-』が公開されました。


(C)2018「薄墨桜」雨宮慶太/東北新社

映画公開にあわせて、星明役として出演する朴璐美さんにインタビューを行いました。

朴璐美さんは『鋼の錬金術師』『進撃の巨人』『NANA』などでも知られ、「第1回声優アワード」で主演女優賞を受賞するなど声優としては勿論のこと、映画・舞台・アニメ・吹き替え・ナレーション、プロデュースなどその活躍は多岐に渡ります。

今回は映画『薄墨桜-GARO-』の役作りから女優としての想いなど、“今を生きる朴璐美さんの魅力”をお届けします。

スポンサーリンク

星明について


(C)2018「薄墨桜」雨宮慶太/東北新社

ー映画『薄墨桜-GARO-』(以下、『薄墨桜』)で朴さん演じる星明とはどんな役ですか?

朴璐美(以下、朴):魔戒法師で、陰陽師でもあるんですが、正統派の陰陽師というよりは少しアウトローな陰陽師といった役どころです。雷吼という魔戒騎士と一緒に行動している女の子です。この子自身の複雑な生い立ちがテレビシリーズでは描かれていました。

「GARO」シリーズは結構大人な作品で、今回の『薄墨桜』ではあまり描かれていませんが、(星名は)自分の身体を犠牲にした過去もあるんですよ。

ーその複雑な過去が、本作での憂いに通じていました。

:そうですね。雷吼との関係っていうのも、通り一遍等な関係ではなく、つっけんどんにしてるけれど、雷吼なしでは星明はいられないような関係でもありますから。


(C)2018「薄墨桜」雨宮慶太/東北新社

ー強さと弱さが渾然一体となりそこに色気がある。とても朴さんらしい役だと感じました。

:恥ずかしいですね(笑)。

テレビシリーズでは、オファーを受けた当初は宝塚の男役みたいな感じでやって欲しいと言われていたんです。

それで第1話の収録で現場に入ったら、ギャルでやってくれって言われて、星明はいったいどういう役なんだろうと改めて考えさせられ、この星明という役と一緒になるにはどうしたら良いのか、試行錯誤を繰り返しました。

それでやっと、そういうものを踏襲して『薄墨桜』に臨めたかなといったところはあります。

ーテレビシリーズで役に幅があったからこそ行き着いたところもあるのでしょうか?

:そうですね。あれがあったからこそ『薄墨桜』での今のカタチになったんじゃないかというのはありますね。

本物でいたいから「生き様」を「さらす」

ー『鋼の錬金術師』や『NANA』のころから、更に進化していて「大人の女性」という印象を受けました。

:もう46歳ですからね(笑)。いい加減大人にならないと。

いつまでも子供ではいられないので、ちゃんとしないとなって思いながらやってますよ(笑)。

役には結局「生き様」みたいものが出るので、がむしゃらに頑張ってた頃の自分よりも、40代に入って歳を取る事が楽しくなってきているし、歳を重ねたことで精神が自由になってくる。だけども肉体がちょっと追いついてこないっていう、すごいアンバラスな状態を、今とても楽しいなって感じている最中です。

そういった自分の今の状態もあるからこそ、この星明があるんだと思います。

ー「さらす」ことを意識しているのは何故ですか?

:フェイクが嫌いだからですかね。

嘘が嫌いだし、フェイクが嫌い。でも表現はフィクションであってフェイク。だからこそ本物でいたいなと心がけているし、「これは作りものです」とやってしまう事の予定調和がいちばん嫌いなんです。

だから自分をさらせなかったら、あんまり意味が無いかなって思っています。

そこにエネルギーを使って頑張ってる訳では無いですけど、自分の主義として「さらす」ということを選択しているんだと思います。

スポンサーリンク

孤独と向き合い、進化し続ける


(C)Cinemarche

ー朴さんには「孤独」というイメージがあります。

:なにをやるにしても孤独じゃないと出来ないんじゃないかなって思っています。

孤独を自分が知っていれば、自ずと周りも見えてくる。それに孤独じゃない人なんて誰もいないし、誰かと一緒・同じっていう方が私はおかしくない?って感じてしまうんです。

まずは孤独に、独りで向き合ってみよう、というのがあるんじゃないかなって。そんなに意識はしていないんですけどね。

ーしかし、ひとたび共につくるとなると、強く繋がっていく印象もあります。

:「何かをつくる」とか、そういう目的があって、初めて人は一緒になれるのかなって。何もかも永遠に一緒って絶対に不可能だから、今こうした瞬間こそが繋がり得る時だと。

ー作っては消える「舞台」のような生き方ですね。

:そうやって舞台を作り続けるように繰り返し繰り返しやっていくしかないかなって思います。

舞台が終わると、さっきまで立っていた舞台はまた違う色付けがされていくように、凄く刹那的なことを私は選んでいる訳です。もしそこに永遠に続くものを求めるなら、自分が進化し続けるしかない。自分を独りにし続けないと見たい景色は見れないのかなっていうのはあります。

これからについて

ー朴さんは養成所で指導をしています。若い人たちはいかがですか?

:彼らには、声優や役者を育てようと思って私はやってないからと伝えています。

それをやりたいなら他所へ行きなさいと。

先生と呼んで欲しくないですし、あくまでもセッションだと思っています。

ウチの場合は人と上手に馴染むことが苦手な子が多かったりもするけれど、私はそういう子の言葉の方が信じることが出来るという(笑)。

馴染めない子たちって、表にはなかなか出せないけれど、その子なりの発想を持っているはずです。その扉が開いてくれたら嬉しいし「良いんだよ開いて」「自分というものを出して大丈夫なんだよ」っていうところの受け皿を作りたいからやってるんです。大変ですけどね(笑)。

でもそこであがくこと、自分が一生懸命に立ち向かおうとしているっていうことが、生きるエネルギーになるはずです。ひとりでも多くそういう子が増えてくれれば良いなあっていうところでやっています。

まあ、伝わったり伝わらなかったりで、その繰り返しですね(笑)。

ー朴さんご自身もそこで発見がありますか?

:若い子たちが他人に答えを求めて自分で答えを探さないという今の日本が抱えている問題を、その子たちを通して見たり触れたりしています。現代に必要なものを教えてもらっています。

ーパフォーマーとしては2019年に舞台『レ・ミゼラブル』出演が控えていますね

:ねえ!もう、心の臓が痛いです(笑)。この歳になってミュージカルに出るなんて夢にも思っていなかったですから。

ーミュージカルは初めてですか?

:初めてですよ〜。もう今からナーバスです。でも「チャレンジしなさい」っていう人生なんだなって(笑)。

自分の人生ですし、この先どんな風になって行くのか想像もつかないですけど、今あることをがむしゃらにやるしかないかなあって。そこからいろんなことが見えてくるかなあって思っています。

スポンサーリンク

映画『薄墨桜-GARO-』の作品情報


(C)2018「薄墨桜」雨宮慶太/東北新社

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
雨宮慶太

【監督】
西村聡

【キャスト】
中山麻聖、朴璐美、矢島晶子、田中敦子、東啓介、堀内賢雄、浪川大輔、野村勝人、鵜殿麻由、中田譲治、関智一

【作品概要】
平安の世、栄華を誇る美しき都「京」。

見目麗しき二人の陰陽師が出会う時、哀しくも儚い美しい桜が1000年の時を経て咲き乱れます。

キャラクターデザインには『TIGER&BUNNY』『電影少女』など幅広い世代に圧倒的人気を誇る漫画家・桂正和。

脚本には『進撃の巨人』『ジョジョの奇妙な冒険』をはじめジャンルを問わず緻密なストーリーを作り上げる小林靖子。

監督は『うしおととら』『はじめの一歩』などを力強く、躍動感溢れる世界観で描く西村聡が担当します。

まとめ


(C)Cinemarche

いつでも、どこでも、誰に対してもオープンな朴璐美さん。

『薄墨桜-GARO-』の舞台挨拶でも、朴さんの飾らない正直さと溢れ出てくるエネルギーが、会場を明るく包み込んでいました。

そこには自身の孤独を受け入れ今の自分と向かい合い、心のままに「生き様」を生きるという、強さと儚さを併せ持つ朴さんがありました。

また、若い人たちと対峙して今を見つめながら、ともに時代を生き「さらす」ことで人生を謳歌されています。

そこにたどり着くには人知れぬ努力や苦労もあっただろうと推察しますが、そんな事など微塵も感じさせない笑顔でインタビューに答えて下さった朴さん。

朴さんは「孤独」だからこそ、人を抱きとめる優しさと温かさがあるんだと、改めて感じました。

2019年上演の舞台『レ・ミゼラブル』では人生初のミュージカルに挑戦するなど、今後もさらに進化を続ける朴さんにますます期待してしまうばかりです。

インタビューでも「歳を重ねた今、アンバランスな事が面白い」と仰っていたように、本作『薄墨桜-GARO-』星明役では、今でしか表現出来ないアンバランスでいて強い意志を持った朴璐美さんの魅力が詰まっています。

ぜひ映画館で『薄墨桜-GARO-』を、そして朴璐美の「生き様」をご覧ください!

映画『薄墨桜-GARO-』は2018年10月6日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー

インタビュー/大窪晶

朴璐美プロフィール

朴璐美(パクロミ)1月22日生。東京都出身。桐朋学園芸術短期大学演劇科卒業、演劇集団円を経て、2017年11月に新たな活動基盤としてLALを設立。

映画・舞台・アニメ・吹き替え・ナレーション、プロデュースなどその活躍は多岐に渡り、第25回東京国際映画祭出展作品『あかぼし』では実写初主演を務めました。

女優として幅広く活躍する傍ら自身が主宰を務めるボイススクール「studio Cambria」では後進の育成にも力を入れています。

アニメ代表作は『鋼の錬金術師』のエドワード・エルリック役、『∀ガンダム』のロラン・セアック役、『進撃の巨人』のハンジ・ゾエ役、『NANA』の大崎ナナ役、『BLEACH』の日番谷冬獅郎役ほか多数。

「東京国際アニメフェア2004」にて声優賞を受賞。「第1回声優アワード」で、『NANA』の大崎ナナ役で主演女優賞を受賞しました。

映画ではヘレナ・ボナム=カーター、エヴァ・グリーン、レディ・ガガはじめ多くのハリウッド女優の作品を吹き替えています。

一方、海外人気アニメ『アドベンチャー・タイム』のフィン役など、コミカルな役も定評があり、出演作は多数。『金曜ロードSHOW!』や『オイコノミア』ではナレーションも担当。

また、中島かずき作『戯伝写楽 -その男、十郎兵衛−』、『W・シェイクスピア HUMAN』、怪奇シリーズ『神楽坂怪奇譚-棲-』のプロデュースも行いました。

2019年4月より帝国劇場にてミュージカル『レ・ミゼラブル』マダム・テナルディエ役でミュージカル初出演が決定しています。

関連記事

インタビュー特集

【徳永えりインタビュー】映画『月極オトコトモダチ』が描く「男女の友情」という答えのないテーマ

新鋭・穐山茉由監督の長編デビュー映画『月極オトコトモダチ』は、2019年6月8日(土)より順次全国ロードショー! 突然目の前に現れた「レンタルトモダチ」の存在に翻弄される女性・望月那沙役を演じた徳永え …

インタビュー特集

【宗野賢一監督インタビュー】映画『フェイクプラスティックプラネット』貧困女子をリアルと寓話で描き浮かび上がる現代性

『フェイクプラスティックプラネット』は2020年8月15日(土)より大阪・シネ・ヌーヴォ、順次、京都みなみ会館にて公開! 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」のファンタスティック・オフシア …

インタビュー特集

【秋元才加インタビュー】映画『山猫は眠らない8』ハリウッドデビュー通じて“久しぶりに自身の強さのリミッターを外しました”

映画『山猫は眠らない8 暗殺者の終幕』は2020年8月14日(金)より全国劇場公開中! 1993年の第1作目以来、絶大な人気を誇る「山猫は眠らない」シリーズ。主演は、伝説の狙撃手を父に持つブランドン・ …

インタビュー特集

【川井田育美監督インタビュー】映画『おかざき恋愛四鏡』純粋に“面白い”と言ってもらえる作品を「はちみつイズム」で描きたい

愛知県・岡崎市発のオムニバス・ラブストーリー『おかざき恋愛四鏡』 4人の若手監督が全てのロケを愛知県岡崎市で行い、テーマも作風も違う4編のラブストーリーを描いたオムニバス映画『おかざき恋愛四鏡』。オー …

インタビュー特集

【森田博之監督インタビュー】『ラストラブレター』や日本映画大学の前身の今村学校を語る

第24回KAWASAKIしんゆり映画祭2018にて上映される映画『ラストラブレター』。 本作の監督である森田博之さんは、日本映画大学の前身である日本映画学校の卒業生。しんゆり映画祭が開催される新百合ヶ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学