Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

インタビュー特集

Entry 2023/02/16
Update

【芋生悠×諏訪珠理インタビュー】映画『浮かぶ』で“かつての自分”を見つめた時に思い直す“今の自分”とは

  • Writer :
  • 河合のび

映画『浮かぶ』は2023年2月3日(金)よりアップリンク吉祥寺にてレイトショー上映中!

天狗の神隠し伝説が残る地に暮らす姉妹の物語を通じて、映画をはじめ芸術において常に存在する「見る」「見られる」の関係性が生む残酷を描いた映画『浮かぶ』。

初監督作『ひとひら』により多数の映画祭での受賞を果たした吉田奈津美監督の初長編作品であり、第22回TAMA NEW WAVEある視点部門、第15回田辺・弁慶映画祭コンペティション部門に選出されました。


photo by 藤咲千明

このたびの劇場公開を記念し、主人公である結衣の妹・佳世を演じられた芋生悠さん、姉妹を見つめる少年・進を演じられた諏訪珠理さんにインタビューを行いました。

それぞれの視点から見た結衣・佳世の姉妹の姿、映画に残された“かつての自分”に対する想いなど、貴重なお話を伺うことができました。

撮影当時の自分と似ていた佳世


photo by 藤咲千明

──吉田監督はインタビューにて、作中ではあえて明確には描かなかった佳世の心情を、芋生さんは理解してくれていたと話されていました。

芋生悠(以下、芋生):吉田監督の作品に出演させていただくのは『ひとひら』に続いて2度目になったんですが、今回の『浮かぶ』の撮影では、吉田監督は佳世という役を自分に任せてくれているんだと強く感じていました。

それは以前の『ひとひら』の撮影の際に、吉田監督とは通じ合うものがあることにお互いが気づけたからこそ、そうしてくれたのかもしれません。

いただいた脚本の中で佳世の心情はあえて描写されていなくて、彼女の背景もほぼ分からない状態だったんですが、不思議と不安は全くありませんでした。当時の自分にすごく似ている、本当にいいタイミングで出会えた役だと思っています。

──佳世のどのような点が、撮影当時の芋生さんと似ていたのでしょうか。

芋生:当時、ポートレート作品として知り合いのカメラマンさんに写真を撮ってもらう機会が度々あったんですが、そうやって写真に撮ってもらっている時間がとても楽しくて、今の自分の状態が形として残ることが、当時の私は純粋にうれしかったんだと思います。

佳世自身もまた、写真を撮ってもらっている時に“生きている心地”を感じていて、カメラマンの前に立っている時間は彼女にとって貴重な時間だったのかもしれないと想像できたのも、当時の自分と通じる部分があったからだと感じています。

“その人にしか見えない世界”を見つめる仕事


photo by 藤咲千明

──吉田監督の「見る人」としての想いが強く反映されている進を演じられるにあたって、諏訪さんご自身は「見る」「見られる」の関係性をどのように捉えられたのでしょうか。

諏訪珠理(以下、諏訪):撮影前から吉田監督には「見る」「見られる」の関係性について伺ってはいたんですが、実際に進を演じる上では、そのことをあまり意識しないようにしていました。

人間は誰しも生きていれば何かの目撃者になるだろうし、その人にしか見えない世界が自然と生まれてくるはずです。そういう意味では誰もが「見る人」であるし、他者とともに生きていれば「見られる人」にもなるんだと思います。

そして、“その人にしか見えない世界”を一番近くで体験できるのが役者という存在で、自分自身の目で“その人にしか見えない世界”を見つめることが、自分にとっての役者という仕事の在り方なのかなと感じています。

役者は「見られる」仕事であり「見る」仕事でもあると思っていたからこそ、進の作中での立ち位置も違和感なく受け取ることができたし、進という役自体が僕に合っていると思えたのも、それが理由かもしれません。

本心という“秘密”に見る三者の関係

──姉妹の妹・佳世を演じられた芋生さん、姉妹を見つめ続ける少年・進を演じられた諏訪さんのそれぞれの視点において、姉妹の姿はどのように映ったのでしょうか。

芋生:家族である以上、姉妹はずっと一緒に過ごすことになるし、その時間が長くなればなるほど、「日常を崩したくない」と感じるようになり、そのせいで大事なことをあまり口にしなくなるんじゃないかと思うんです。

佳世も「日常を崩したくない」と日頃から感じていて、結衣が今までと違う眼差しを自身に向けていると察しつつも「今まで通りの姉妹に戻りたい」と考えていた。ただ、彼女はそこまで事態を重く受け止めていなかったといいますか、結衣のことは「日常を一緒に過ごしたい人」と最後まで感じていたんだと思います。

ただ年を重ねるうちに、姉妹の間で全てを共有することはできなくなり、お互いに“秘密”もできるはずです。だからこそ、日常が崩れていくことはなかったとしても、どうしても変化は避けられないんだと考えています。

それでも佳世は、映画終盤で結衣に髪を結ってもらえた場面で“日常”を感じられたんだと思っています。結衣は本心という秘密を隠しながらも妹の髪を結っているけれど、少なくとも佳世自身は「自分の知っている“お姉ちゃん”だ」と感じられて幸せだったはずです。

諏訪:以前、結衣を演じた田中なつさんに「撮影中、珠理さんが演じていた進と“結衣”として一緒にいる時は、進のことが怖かった」と聞かされたことがあります。

進にとって結衣は、高校生という時期ならではの心の焦燥感も含めて、自身のイラつきを隠さなくていい存在であり、本心というお互いの秘密を共有し合っている存在なんだと思います。

一方で佳世は、進から一番遠くにあり、だからこそ綺麗に見えている存在なんじゃないでしょうか。綺麗に見えているから近づきたいけれど、近づけば近づくほど佳世自身の“解像度”が上がって、一緒にいるのが怖くなってしまう。

写真は、その存在を身近に置く行為でもあるじゃないですか。その行為を佳世にすることは、進にとって非常に繊細な問題だったんだと思います。

かつての自分を見られる“写真”

──撮影から数年の時を経て劇場公開を迎えた本作を改めてご覧になった時、映画の中に残されていた当時のご自身の姿にどのような想いを抱かれたでしょうか。

諏訪:進を演じていた当時、僕は自分自身の抱えている悩みが「世界中で自分だけが抱えている、特別なもの」なんだと考えてました。

ただ「自分だけが抱えている」というのは間違いではないものの、決して「特別なもの」ではないと今は少し理解できるようになりました。

今の自分が進を演じたら全く違う役になっていたでしょうし、試写で映画を観た時にも、当時の自分自身の焦燥感が進に強く反映されていると感じられたのは面白かったですね。

芋生:当時の自分は、どこか心に穴が空いた状態で佳世を演じていました。ただ、撮られることの意味を改めて感じとる中で、心の穴が少しずつ埋まっていったこと、それに当時の自分は幸せを感じていたのを思い出しました。

当時の自分は今よりもずっと不器用だったので、一対一、見る人・見られる人という2人の間にしか分からない“つながり”が必要だったのかもしれません。

ただ今の自分は、以前よりも些細なことで幸せに感じられるように、「他者と幸せを与え合うことのできる関係を作りたい」と思えるようになりました。それは『浮かぶ』の撮影後も役者の仕事を続け、その中でいろんな人の生き方を学べたことで、より多くの幸せを得られる感性に成長できたからだと思います。

インタビュー/河合のび
撮影/藤咲千明

芋生悠×諏訪珠理プロフィール


photo by 藤咲千明

佳世役:芋生悠

1997年生まれ、熊本県出身。

2014年、「ジュノン・ガールズ・コンテスト」にてファイナリストに選出され、2015年から女優業をスタート。2016年に『バレンタインナイトメア』(今野恭成監督)で映画デビュー。

主な映画出演作に『ソワレ』(2020、外山文治監督)、『37セカンズ』(2020、HIKARI監督)、『ひらいて』(2021、首藤凛監督)など。『浮かぶ』は吉田監督のデビュー作『ひとひら』での好演から引き続いての出演となった。

進役:諏訪珠理

1999年生まれ、東京都出身。

2022年には主演作『裸足で鳴らしてみせろ』(工藤梨穂監督)が公開され、第36回高崎映画祭最優秀新進俳優賞を受賞。『浮かぶ』は撮影時、自身初の長編映画デビュー作であった。

その他の主な映画出演作に『蝸牛』(2019、都楳勝監督)、『アルム』(2020、野本梢監督)、『まなみ100%』(川北ゆめき監督)など。

映画『浮かぶ』の作品情報

【公開】
2023年(日本映画)

【監督・脚本・編集】
吉田奈津美

【キャスト】
田中なつ、芋生悠、諏訪珠理 他

【作品概要】
初監督作『ひとひら』によりThe 5th Asia University Film Festival審査員特別賞をはじめ、多数の映画祭での受賞を果たした吉田奈津美監督の初長編作品。本作は、第22回TAMA NEW WAVEある視点部門、第15回田辺・弁慶映画祭コンペティション部門に選出された。

主人公の結衣役はデビュー作『アイスと雨音』(松居大悟監督)で注目を集め、本作が長編映画の初主演作となった田中なつ(本作の撮影当時の芸名は「田中怜子」)。

結衣の妹・佳世役を『ソワレ』(外山文治監督)や『ひらいて』(首藤凜監督)などで知られ、吉田監督のデビュー作『ひとひら』から続けての出演となった芋生悠、姉妹を見守る少年・進役を、本作が長編映画デビュー作となり、のちに『裸足で鳴らしてみせろ』(工藤梨穂監督)で初主演を務めた諏訪珠理が演じた。

映画『浮かぶ』のあらすじ

かつて、木々が鬱蒼と生い茂る大きな森に囲まれていた町。そこには古くから伝わる天狗の神隠し伝説があった。

主人公の結衣は、町に残る最後の林が伐採されることをきっかけに、11年前、神聖な森だったその林で年子の妹である佳世が神隠しにあっていたことを思い出す。

「あの日、佳世の隣には私もいたのに、自分は選んでもらえなかった」風に揺れる木々に誘われるかの様に、伐採前の林へと足を踏み入れていく結衣。

一方姉妹と幼馴染みの進は、そんな結衣の行動に苛立ちを見せるのだった。

ライター:河合のびプロフィール

1995年生まれ、静岡県出身の詩人。

2019年に日本映画大学・理論コースを卒業後、映画情報サイト「Cinemarche」編集部へ加入。主にレビュー記事を執筆する一方で、草彅剛など多数の映画人へのインタビューも手がける(@youzo_kawai)。


photo by 田中舘裕介





関連記事

インタビュー特集

【岡部哲也監督インタビュー】映画『歯まん』に至るまでの下積み時代の楽しさと映像作家として信条を語る

映画『歯まん』は2019年3月2日よりアップリンク渋谷ほかで全国順次公開! 岡部哲也監督が少女の生きる姿を“性と愛を軸に言及”した、映画『歯まん』。 ©︎ Cinemarche 女子高生の遥香は愛する …

インタビュー特集

【須賀川拓監督インタビュー】映画『BORDER 戦場記者×イスラム国』忘れてはならない紛争地の今×家族から受け取るお守りの言葉

映画『BORDER 戦場記者×イスラム国』が3月15日(金)TBSドキュメンタリー映画祭にて上映! イスラム国のイデオロギーが色濃く残る地域に命がけの潜入取材を試みたドキュメンタリー映画『BORDER …

インタビュー特集

【児山隆監督インタビュー】映画『猿楽町で会いましょう』金子大地の“覚悟”と石川瑠華の“実在感”が生んだ人間的な機微

映画『猿楽町で会いましょう』は2021年6月4日(金)より渋谷ホワイトシネクイント、シネ・リーブル池袋ほかにて全国順次ロードショー! “まだこの世に存在しない映画の予告編”を制作し、グランプリ作は本編 …

インタビュー特集

【ヤノベケンジ インタビュー】映画『BOLT』永瀬正敏・林海象らと共に原発と震災が生んだ“リアリティ”を表現する

映画『BOLT』は2021年2月13日(土)より大阪シネ・ヌーヴォにて、2月26日(土)より京都出町座にて、以降も神戸元町映画館ほかにて全国順次ロードショー! 『夢みるように眠りたい』(1986)、『 …

インタビュー特集

【内田佑季監督インタビュー】映画『かかってこいよ世界』で考え抜いた“覚悟”と物語以上に“人”を映し出したい理由

映画『かかってこいよ世界』は2023年8月25日(金)よりテアトル新宿他で全国順次公開! 脚本家志望の主人公が出会った、映画配給会社に勤める男性。次第に好きになっていった彼から、ある日「自分は在日韓国 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学